@IT Special は、アイティメディア株式会社が、ITリーディング企業と協業して発信する記事/サービスなどの広告企画の総称です。
掲載期間:2003年1月〜12月



@IT Special 記事企画
ソニーの法人向けインターネット通信サービス「bit-drive」
ソニーが実現した超低価格VPNの秘密
圧倒的な低価格と、優れた付加価値を武器にシェアを伸ばしている「bit-drive」。法人向け光ファイバーサービスの全国展開、非接触型ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を使ったリモートアクセスサービスなど、次々に新しい付加価値機能が追加されている。低価格サービス実現と、人気の付加価値の秘密に迫った。 (2003年11月)



@IT Special 記事企画
SPSS 事例探求シリーズ 第12回 インタースコープ編
「マーケティング分野における、新しい分析手法の台頭」
インターネット調査を手がけるインタースコープでは「共分散構造分析」が可能なSPSS「Amos」を導入した。同社では、ダイエット関連の機能性飲料について、「因果関係」を示す分析モデルの構築に成功したという。単なる現状把握にとどまらない、調査分析の真価とは?(2003年11月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Office Systemの実力 第1回
バックエンド・システムとの連携を強化するXMLスキーマ対応
マイクロソフトが提供するビジネス・アプリケーションの最新版、Microsoft Office System。各アプリケーションの機能向上だけでなく、XMLベースのカスタム・スキーマ対応や、Webサービス対応により、可能性が大きく広げられている。ビジネス・コンピューティングに新たにもたらされる価値を探る
(2003年11月)



@IT Special 記事企画
インテル&シスコシステムズ 特別対談
ギガビット・イーサネット、その威力
インテル、シスコ両社の現場経験豊富な第一人者たちが、イーサネットの主役ともいえるギガビット・イーサネットの生い立ちと、ユーザ・メリット、そして今後の展望について縦横無尽に語りあった。企業だけではなく、家庭にも拡大するギガビット・イーサネット。その技術の魅力とはどのようなものなのだろうか(2003年11月)



@IT Special 記事企画
セミナーレポート
@IT実践セキュリティセミナー
〜企業ネットワークを守るためのセキュリティ対策〜

ファイアウォールの内外に存在するセキュリティの脅威に対し、管理者はどう対処すればよいのか? セキュリティの専門家によるセミナーと公開座談会から、管理者がなすべきことが見えてくる! 管理者必見のセキュリティセミナーレポート(2003年11月)



@IT Special 記事企画
セミナーレポート
FlashとColdFusion MXによる
エンタープライズアプリケーション構築セミナー
Flashを活用したリッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)がもたらすメリット、RIAを容易に構築することができるColdFusion MXの紹介、そしてColdFusion MXを使った最新のユーザー事例、実践的システム構築例が分かるセミナーレポート(2003年11月)



@IT Special 記事企画
Windows Server 2003導入事例:住友ゴム工業株式会社
製品開発支援システムのパフォーマンス向上とコスト削減に成功
― 将来のWindows Server 2003への全面移行に大きな期待

住友ゴム工業株式会社は、新製品開発を支える既存の支援システム群をWindows Server 2003上へ移行することに成功した。NECのIAサーバ「Express5800シリーズ」の採用によるパフォーマンスと信頼性の確立に併せ、管理コストの削減、利便性の向上を実現している(2003年10月)



@IT Special Special
Windows Server 2003の機能を徹底紹介(3)
乱立したサーバーを統合し、管理コストを低減させる
― Windows Server 2003でサーバー統合を実現

乱立するサーバー群を整理し、可能なものは1台のサーバーに統合するにはどうすればいいのか。そのメリットは? 具体的なシナリオとは? WindowsNTからWindows Server 2003へのアップグレード方法を軸に、問題解決の糸口を提示する。(2003年10月)



@IT Special 記事企画
業界別データマイニングソリューション第2回
TIS導入からひもとくソリューションベンダとしてのSASの魅力
SAS Institute Japanが長年にわたって蓄積した経営支援ソリューションを、最も効率よく導入できるのが「SAS Industry Intelligence Solution」だ。今回は通信業界向けソリューションを例に、単なるツールベンダではないSASのコンサルティングサービスを紹介する(2003年10月)



@IT Special 記事企画
業界別データマイニングソリューション第1回
ビジネスの拡大、リスクの減少、戦略実行支援のための
統合ビジネスインテリジェンスソリューション

厳しいビジネス環境の中、企業が勝ち残る策は1つ。全社共通の分析基盤を構築し、あらゆるビジネスゴール応じた戦略を立てることだ。そこで今回は、SAS Institute Japanが提供する勝ち組企業へなるための“秘策”を紹介しよう(2003年10月)



@IT Special 記事企画
Networks as Platforms 第5回 Infrastructure Catalyst 6500
ネットワークインフラをビジネスインフラに変える第3世代スイッチ
10ギガビットイーサネット規格の登場により、MAN/WANでもイーサネットが本格的に利用できるようになり、企業の拠点接続や通信事業者のネットワークインフラの基盤技術として注目されている。いち早く複数ポートの10ギガビットイーサネット・インターフェイスモジュールを提供したCisco Catalyst 6500は見逃せない製品だ(2003年10月)



@IT Special 記事企画
Borland Together
チーム開発レベルを底上げする方法
〜チャートで分かる! プロジェクトの問題点と対策〜

チーム開発がうまくいかないのはなぜか? あなたのプロジェクトのどこに問題があるのか? チャートを使って問題点を洗い出し、パターンごとに改善方法を紹介。開発プロセスのちょっとした見直しやツールによる強制力が、意外なほど効果的なのだ(2003年9月)



@IT Special 記事企画
SPSS 事例探求シリーズ 第11回 TOTO編
「商品開発のための砂金探し〜テキストマイニング活用事例」
水まわりの設備から、水まわりの総合サービス提供を目指すTOTOが、リモデル(リフォーム)事業を手がけるようになって、必然的に取り組みはじめたデータマイニング。その中でも、特に期待されているテキストマイニングへの取り組みを紹介する(2003年10月)



@IT Special 記事企画
Networks as Platforms 第4回 Mobility/セキュリティ スイッチシリーズ
有線/無線一貫セキュリティを実現、シスコのIEEE802.1X製品
いま企業において無線LANを使ったネットワーク環境は注目の的。しかし便利な半面、新たなセキュリティ上の懸念がある。そこでその課題を克服するユーザー認証技術IEEE802.1Xが登場した。シスコは、この認証規格をサポートし、有線/無線にかかわらず、一元的なユーザー認証が可能な、セキュリティ基盤を提供する(2003年10月)



@IT Special 記事企画
ネットワークエンジニアのための3日間
NETWORKERS 2003は見どころ、聞きどころがいっぱい
2003年10月29〜31日にシスコが開催する「NETWORKERS 2003」は、ネットワークの最先端コアテクノロジーに対するシスコの取り組みから、今後のネットワークアーキテクチャなど、企業内ネットワークの導入を検討中の方や既存システムの開発担当者の方にとっては、シスコの情報を直接得られる、見逃せないチャンスだ(2003年10月)



@IT Special Special
Windows Server 2003の機能を徹底紹介(2)
Windows NT 4.0ドメインからActive Directoryへ
― セキュリティ強化と管理コストの削減を実現する

「Active Directoryは面倒ばかりで得るところが少ない」という先入観は間違っている。これを実感するために、本稿では、企業ネットワークが直面している数々の深刻な問題に対し、Active Directoryがどのような解決策を与えてくれるのかを再確認しよう(2003年9月)



@IT Special Special
リッチインターネットアプリケーション時代の到来 第3回
ColdFusion MXでリッチインターネットアプリケーションを体験
マクロメディアのサイトから無償でダウンロードできるColdFusion MX 6.1トライアル版を使い、実際にリッチインターネットアプリケーションを体験する。体験するアプリケーションは、サンのBlueprintのモデルアプリケーション「Java Pet Store」をFlash化した「Pet Market」(2003年9月)
特集インデックス:リッチインターネットアプリケーション時代の到来



@IT Special 記事企画
Symantec Gateway Security 5400 Series
統合型アプライアンスでトータル・セキュリティ・ソリューション
情報システムに対する外部からの攻撃が複雑・強力化し、社内ネットワークのセキュリティ確保は、セキュリティの専門家でなければ手に負えない状況になりつつある。重大な責務を負う管理者のために、トータル・セキュリティ・ソリューションを提供する統合型アプライアンスを紹介する(2003年9月)



@IT Special 記事企画
Networks as Platforms 第3回 セキュリティ
単なるオールインワンを超えたセキュリティアプライアンス
大企業でも帯域比コストの高い通信事業者のVPNサービスやISDNによるダイヤルアップ接続から、低価格のADSLなどに乗り換えようとする動きがある。その際、課題となるのがセキュリティの確保だ。「ビジネスを守る」ということに焦点を当てた、統合型セキュリティ製品Cisco PIX501セキュリティアプライアンスを紹介する(2003年10月)



@IT Special 記事企画
SPSS 事例探求シリーズ 第10回 日経BPコンサルティング編
「テキストマイニングで浮き彫りなった企業ブランドの本質」
最大規模を誇るブランドイメージ調査「ブランド・ジャパン2003」だが、ユーザーからはより深い分析結果を求める声があがっていたという。そのニーズにこたえるため、SPSSと共同で、今回初めて取り組んだ「Text Mining for Clementine」によるテキストマイニング事例をご紹介する(2003年6月)



@IT Special 記事企画
FlashとColdFusionMXで実現するシステム構築
FlashとColdFusionMXによる
エンタープライズアプリケーション構築セミナー

大規模ミッションクリティカルシステムにもたらすリッチ・インターネット・アプリケーションの必要性をパフォーマンス向上や使いやすさをポイントに、開発の生産性を最大化するための方法を具体的に説明していきます。 (2003年9月)



@IT Special Special
Windows Server 2003の機能を徹底紹介(1)
「Windows Server 2003 導入実践特集」インデックスページ
第1回 「NT 4.0のファイル&プリント・サーバー環境を移行する」

Windows Server 2003では、さまざまな新機能追加や機能改良がなされている。しかしWindows NT 4.0からの移行によるメリットを理解している管理者はまだ少数だ。そこでまずは、既存環境にWindows Server 2003を追加し、評価しながら少しずつ拡張していく方法を紹介する(2003年8月)



@IT Special 記事企画
Networks as Platforms 第2回
IPテレフォニーが新たなワークスタイルを生む
IPテレフォニーはいまや、企業のIT担当者が最も注目するテーマの1つ。音声通話をIPネットワーク上に統合することで、電話ネットワークやPBXといった無駄なコストを削減し、高度な社内コミュニケーションを実現できる
。そのためにはネットワーク機器、IP電話機、アプリケーション連携と、構成要素を単一ベンダでまかない、単一のインテグレーション・パートナーによる導入支援が近道だろう(2003年8月)



@IT Special 記事企画
Networks as Platforms 第1回
企業の生産性向上とコスト削減を実現する
インフラへと進化するネットワーク

企業の生産性向上および情報リソースやコミュニケーションの管理コスト低下を実現するプラットフォームとして、ネットワークは、いままで以上に高信頼性、高性能、セキュリティ、柔軟性が求められている。シスコシステムズは「ネットワークを高度かつ統合されたインフラストラクチャ」へと高めることに取り組んでいる(2003年8月)



@IT Special 記事企画
「Unisys-Doctors」の課題解決手法
「Unisys-Doctors」が実現するミッション
クリティカルWindowsとES7000の機能性

日本ユニシスが立ち上げたITソリューションサイト「Unisys-Doctors」。ミッションクリティカル、システム開発、Eビジネスなど8分野の専門家が、無料で相談に乗ってくれるサービスだ。さらに上記3分野では、専用の会議室を設けてフリーディスカッションを行うコミュニティもオープン。クライアントの課題解決に挑む彼らの活躍ぶりを紹介しよう(2003年8月)



@IT Special Special
リッチインターネットアプリケーション時代の到来 第2回
リッチインターネットアプリケーションを実現「ColdFusion MX」
次に来るWebコンピューティングは、ユーザーにインタラクティブでリアルな体験をもたらすリッチクライアントモデルだ。そして、これを実現するテクノロジーの最右翼がFlashによるリッチクライアントを提供するFlash Remotingだ。今回はFlash Remotingを内蔵し、リッチインターネットアプリケーションを実現する新世代のアプリケーションサーバ「ColdFusion MX」を紹介しよう(2003年7月)



@IT Special Special
リッチインターネットアプリケーション時代の到来 第1回
次に来るWebコンピューティングの未来像とは
Webコンピューティングは、インターネット時代の新しいビジネスの展開に大きく貢献した。しかしその一方で、そのアーキテクチャに起因する操作性の乏しいGUI、開発における生産性の低下という大きな課題に遭遇している。この解決にFlashテクノロジーの採用で挑戦するデベロッパー クールサイトとFlashによるリッチインターネットアプリケーション構築のソリューションを提供するマクロメディアの2社に聞いた(2003年6月)



@IT Special Special
Windows Server 2003 導入実践特集
Windows Server 2003の機能を徹底紹介
いまでも多くの企業で稼働しているWinodws NT 4.0。しかし、同OSは、サポート切れ、セキュリティFIXの提供停止、ハードウェアのリソース停止といったさまざまな問題点を抱えている。本特集では、まず、このような環境をWindows Server 2003に切り替えることで一気に解決する道筋を順序を追って解説していき、その後、Active Directoryの活用、サーバ統合の方法へと展開していく予定(2003年8月)



@IT Special 記事企画
セキュリティセミナー
事例で見る 内部情報漏えいと不正アクセス対策の実践
外部からの不正アタックやWebの改ざんなど、企業システムのセキュリティは絶えず脅威にさらされている。中でも現在、担当者を最も悩ませているのが「情報流出問題」だ。故意・過失を問わず、情報流出を防ぐためには、企業内部のセキュリティ対策の確立が必至となる。本セミナーでは国内外のセキュリティ対策事例を交えながら、それを実現するセキュリティ技術の最新動向を紹介する(2003年8月)



@IT Special 記事企画
事例で見る 内部情報漏えいと不正アクセス対策の実践セミナー
「故意/過失による情報流出を防止し、安心して仕事ができるIT環境を作る」
今、企業が直面しているセキュリティの課題は、故意/過失による企業内情報の流出です。内部不正アクセスに対する技術動向と防止策について国内外の導入事例を交えてご紹介。また具体的な製品の機能もあますことなくご説明します (2003年6月)



@IT Special 記事企画
次世代企業ポータル「SharePoint Portal Server 2003」
高機能でスケーラブルなポータルを実現する
SharePoint Portal Server 2003

マイクロソフトから2003年に登場予定の企業ポータル製品「Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003」。刷新されたアーキテクチャと利便性を追求した新機能に着目し、SharePoint Portal Server 2003の魅力を検証する (2003年7月)



@IT Special 記事企画
生まれ変わる2つのSharePoint
SharePoint Portal Serverで実現する新しいワークスタイル
マイクロソフトから2003年に登場予定の企業ポータル製品「Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003」と、Windows Server 2003のアドオンコンポーネントとして提供される「Microsoft Windows SharePoint Services」。両製品の位置付けと導入のメリットとは? (2003年6月)



@IT Special 記事企画
PDFとXMLの融合によるビジネスプロセス変革
販促媒体から申請書、出力帳票まで 統合力を目指すPDFの世界
Adobeの文書生成サーバ、「Output Server」、セットで使用する帳票設計ツール「Output Designer」をご存知だろうか。文書でビジネスを改革する「Document Solution」の中でも出力にフォーカスした製品だ。岐阜県庁の事例を挙げながら、これら2つの製品の特徴と動作の仕組みを解説する。 (2003年7月)



@IT Special 記事企画
PDFソリューションセミナー
「システム構築からのPDFソリューション」
ビジネスプロセスの電子化・自動化を実現する上で、システムエンジニアなら必ず知っておくべきPDFの適用方法、情報インフラとしてのPDFを具体的な事例を交えてご紹介します。 さらに、XMLとの連携事例も多数公開(2003年6月)



@IT Special 記事企画
J2EEソリューションセミナー
「J2EEミッションクリティカル時代のソリューションセミナー」
基幹システムなどミッションクリティカルなシステムにおけるJ2EEの適用が本格化してきた。そこで課題として浮かび上がってきたのが、パフォーマンスなど安定性・高可用性の確保だ。さまざまなコンポーネントを組み合わせるオープンなJ2EE開発において、ミッションクリティカルシステムを実現するための手法やツールを、SI・ベンダ・アウトソーサー各社が提示する。(2003年7月)



@IT Special Special
いま見えてきた「基幹システム・オープン化」への道 第6回
早く、安く、最適なオープンシステムを実現する
“実践型実装モデル”をライブデモ

翼システムではオープン環境・テクノロジで適切な情報システムを構築する「オープンサイジング」と、実証済みのミドルウェアとツール群によって素早く、低コストなシステム構築を可能とする「実践型実装モデル」を提供する。今回は、「翼システムカンファレンス2003」におけるライブデモをレポートする
(2003年7月)



@IT Special Special
いま見えてきた「基幹システム・オープン化」への道 第5回
@IT読者調査に見る 基幹システム・オープン化の実態と課題
これまではソリューションを提供するベンダサイドに話を聞いてきた。一方、実際に基幹システムの構築/運用に携わる現場のエンジニアは、オープン化に対してどのように考えているのだろうか? 第5回では、@ITに集うITエキスパート読者を対象に実施したアンケート調査から、その状況をレポートした (2003年7月)



@IT Special Special
いま見えてきた「基幹システム・オープン化」への道 第4回
ホスト基幹システムを“再生”するミドルウェア
基幹システムのオープン化への流れは次第にはっきりとしたものになってきている。とはいえ、置き換えは全面的なリビルドよりは、できるところから順次、行っていくという“漸進主義”が多いようだ。このようにメインフレームを残しながら、全体としては“アダプティブ”なシステムに運用するためには上手なミドルウェア活用が重要になる。今回はミドルウェア・ベンダ各社にその活用法と動向を聞いた(2003年6月)



@IT Special Special
ミッション・クリティカルなIT基盤「BEA WebLogic Portal」
総合評価で選択するならBEA WebLogic Portal
松下電器産業株式会社 半導体社 事業本部 アナログLSI事業部が社内ポータルシステムを構築しようとしたとき、当初、候補に上ったのは6製品だった。Linuxに対応していないということでまず1つが落ち、開発環境などの機能拡張の将来性やベンダによるサポート体制のない運用面での不安からフリーのPortalサーバも脱落した。結局、最後に残ったのは、BEA WebLogic Portalだったのである(2003年7月)



@IT Special 記事企画
最新型ASPサービスを支えるBEA WebLogic Server
高可用性とコンポーネントベースのサービス環境を実現
NECの「ユア・インターネットサービス」は、顧客のIT投資を軽減しながら、顧客のビジネスの成長に合わせたITインフラとアプリケーションを提供するサービスである。ユア・インターネットサービスにおける、アプリケーションプラットフォームの根幹に据えられているのが実は、BEA WebLogic Serverだった (2003年6月)



@IT Special 記事企画
Oracle9iAS Java Edition(3)
無料トレーニングと新資格で目指すはOracle9iASエンジニア
Oracle9iAS Java Editionに関する専門書籍はあるが、技術者なら実践的な形でスキルを身に付けたいと考えるだろう。 そうしたニーズに応じるために、日本オラクルは「Oracle9i TOPGunプログラム」を用意している。4000名の受講者数を突破しても、目標受講者数を5000名に引き上げ、展開期間を延長することも視野に入れている。トレーニングでは何が身に付くのか? 無料のプログラムの中身に迫る(2003年6月)



@IT Special 記事企画
Oracle9iAS Java Edition(2)
Oracle9iAS Java Edition、その中身と役割を知る
日本オラクルがWebアプリケーション・サーバ市場に投入したOracle9i Application Server Java Editionとは何なのか? 競合製品と比較して、価格が格段に安く設定されていることは前回のレポートでお伝えした。今回は気になるOracle9i AS Java Editionの中身に焦点を当て、Oracle9iASファミリのStandard Edition、Enterprise Editionと比較し、Java Editionの位置付けや機能の実態を明らかにする(2003年6月)



@IT Special 記事企画
Oracle9iAS Java Edition(1)
Webアプリサーバ市場の起爆剤、 Oracle9iAS Java Edition
5月19日、日本オラクルからWebアプリケーション・サーバ市場を活性化させる起爆剤「Oracle9i Application Server Java Edition」が投入された。競合製品に比べ半値の価格設定や、パートナー企業とユーザーへの無償サービスが提供される。始動したばかりの日本オラクルのアプリケーション・サーバの強化戦略の詳細を紹介する(2003年5月)



@IT Special 記事企画
ノベルの新戦略「one Net」を支える最先端技術(3)
ノベル「exteNd」、開発者重視のWebサービスを実現
新規システムに対する投資額の大きさ、セキュリティ問題など、Webサービスに対する不安は、ユーザーのWebサービス導入意欲をそぐ大きな原因となっている。これらの課題を解決するソリューションとして注目を集め、また導入が着実に進んでいるのがノベルのWebサービスソリューション「exteNd」だ。開発者重視のWebサービス実現を全面に掲げた「exteNd」の詳細を解説しよう (2003年6月)



@IT Special 記事企画
ノベルの新戦略「one Net」を支える最先端技術(1)
投資対効果を最大限に引き出すone Net戦略
激しい競争環境の中で、既存のITシステムは今後も十分な働きができるのだろうか? 多くの企業経営者やCIOは「No」というだろう。ではどこに問題があり、何を改善すればレガシーなITシステムの再生を実現することができるのだろうか。その答えはノベルが打ち出した新戦略「one Net」にある。「one Net」とは分散した既存システムを柔軟に連携させ、IT投資に対するROIを最大化するソリューション戦略だ (2003年2月)



@IT Special Special
いま見えてきた「基幹システム・オープン化」への道 第3回
システムインテグレータが取り組む基幹システムオープン化
システム開発の最前線にいるイステムインテグレータ各社は、基幹システムのオープン化の波をどのようにとらえようとしているのだろうか? 欧米で実績あるインドのNIIT社とタッグを組んでLMMソリューション推進を開始したCAC、いち早い取り組みとそれ以来の具体的ノウハウを武器にこの市場に切り込むCTCの2社に聞いた(2003年6月)



@IT Special 記事企画
ユーザーのニーズや規模に合わせた組み合わせが可能!
ウイルス対策にマカフィーが提供する3つのソリューション
企業にとってウイルス対策の課題は、いかに確実かつ効果的に、適切な運用コストで最新の対策を行えるかである。しかも企業ごとに、「できるだけ手間をかけたくない」ケースから「徹底的に対策を行っていく」ケースまでニーズはさまざまだ。マカフィーが提供する3つのウイルス対策ソリューションは、こうしたニーズに柔軟に対応する(2003年6月)



@IT Special 記事企画
@IT主催、第2回 実践Windowsセキュリティセミナー・レポート
クライアント100台からのシステム構築と管理
好評を博した「第1回」に引き続き、開催されたセミナーをレポート。今回は、多数のクライアントコンピュータを抱えるネットワーク/セキュリティ管理者に向けて、セキュリティ対策の実践的なノウハウを中心に紹介した。講師陣は、前回に引き続きマイクロソフト セキュリティレスポンスチームの方を始めとする専門家の面々だけに注目だ(2003年6月)



@IT Special 記事企画
いま、現場が抱えている問題を洗い出せ!
J2EEミッションクリティカル時代の課題とは?
J2EEベースのオープンシステムでミッションクリティカルなシステムを構築する案件が増えてきた。しかし、導入が進むにつれて従来のやり方に限界があることも明らかである。そこで、ベンダ、開発に携わるソリューションベンダ、運用者と、立場の異なる6つの企業の担当者が集結し、IT業界が克服すべき課題について議論を交わした(2003年5月)



@IT Special Special
いま見えてきた「基幹システム・オープン化」への道 第2回
ハードウェア系ベンダ各社が語る基幹システムオープン化
ハードウェア系ベンダ各社は、基幹システムのオープン化にどのように対応しようとしているのか。ホスト置き換えに3つのソリューションを示すサン・マイクロシステムズ、オープン化に取り組んで8年の実績を誇るNEC、豊富なノウハウとサービス&ハードウェアのフルラインナップをアピールする日本HP。3社の考えと動向をリポートする(2003年5月)



@IT Special 記事企画
ドキュメント・人・ビジネスを統合する〜PDFとXMLの融合による変革
Acrobat 6.0とアドビサーバ製品群との親和性
2003年5月にアドビシステムズからアナウンスされたAcrobat 6.0の新機能をご存知だろうか? 多くのフォーマットからPDFへの変換が可能となったがそれだけではない。電子フォーム機能や、新サーバ製品群との連携ソリューションを紹介する。PDFとXMLとの融合による業務プロセスの変革を技術的背景からみてみよう(2003年5月)



@IT Special 記事企画
SPSS 事例探求シリーズ 第9回 多摩大学編
「データマイニングがこれからの学校経営を支える」
社会人教育にいち早く取り組み、“Clementine”を用いたデータマイニング講座で実績をあげている多摩大学は、学部教育内容においても、SPSSの“AnswerTree”を用いて、データマイニングによる授業改善に取り組んでいるという。なぜデータマイニングを社会人高度教育講座(通称:ルネ大学)に取り入れたのか?同大学 経営情報学部 学部長 今泉氏に聞いた(2003年5月)



@IT Special 記事企画
ミッション・クリティカルなIT基盤 「BEA WebLogic Server 8.1J」第2回
BEA WebLogic Server 8.1J:新機能群 詳細解説編
第1回で概観したBEA WebLogic Server 8.1J(WLS8.1J)の機能群をさらに掘り下げ、全10項目に分けて詳細に解説する。開発サイクルの最適化、エラーチェックの改善、エラーメッセージ・カタログの充実化など、WLS8.1Jはあらゆる開発者にとって生産性が向上する環境を提供できるようになった(2003年4月)



@IT Special 記事企画
ミッション・クリティカルなIT基盤 「BEA WebLogic Server 8.1J」第1回
BEA WebLogic Server 8.1J:顧客の夢を形にした新機能群
国内の金融業、通信業に多くの顧客を持つBEA WebLogic Serverの最新機能群は、信頼性の向上に焦点をあてて開発、実装された。堅牢・強固なシステムを構築し、いかにスムーズ運用していくか。この視点こそ、ミッション・クリティカルな用途でBEA WebLogic Serverを活用する顧客が最も望むものだった(2003年4月)



@IT Special 記事企画
Webサイト構築・運用のキホン! 負荷テストツール「e-Load」
Web負荷テストの押さえるべきポイントとは
いまやビジネスにとってWebサイトは重要なツールの1つであることはいうまでもない。しかし、そのWebサイトが不安定な状態で、顧客が不快な思いをしたり、使えない状況の場合は、かえってビジネスにはマイナスだ。今回は、Webサイトを正しく構築・運用する上で、公開前に実施してほしい“負荷テスト”について焦点を当ててみよう(2003年5月)



@IT Special 記事企画
Sunの「ネットワーク・アイデンティティ戦略」に基づくソリューション
リバティ・アライアンスの中核をなす『ネットワーク・アイデンティティ』その技術的背景と戦略的価値を分析する
サン・マイクロシステムズが世界の160の企業・団体と推進する「リバティ・アライアンス・プロジェクト」。彼らが、Webサービス実現のためのキーワードとして掲げる、『ネットワーク・アイデンティティ』とは何か? アイデンティティ情報を連携させるソリューションの将来像とコアとなる最新技術を解説する(2003年3月)


 
@IT Special Special
いま見えてきた「基幹システム・オープン化」への道 第1回
オープン化時代の基幹システムの現状と課題
従来、大型汎用機で構成されていた企業の基幹システムに、オープン化の波が押し寄せている。その潮流、どのような方向に向かっているのか。そして、IT業界はその要求にどのように応えるべきなのか。アイ・ティ・アールの内山悟志氏と電通国際情報サービスの芝田氏に話をうかがった(2003年4月)



@IT Special 記事企画
SPSS 事例探求シリーズ 第8回 インテージ編
情報系システムと基幹系システムとの連携でデータマイニングはさらに進化する
データマイニングへの投資対効果を最大化するには、より多くのデータを、より多角的に分析し、より多くの知見を得ることが重要だ。今後は、マーケティング部門に限らず、全社的に、自由に分析できるような仕組みが必要になる。その仕組みとして、分析者にとって最適な分析環境「分析ポータル」を提供するのが、「SPSS WebApp」だ(2003年4月)



@IT Special セミナー
システムエンジニアのためのPDFセミナー
PDFとXMLがシステムと人を変える
PDFはアウトプットフォーマット……と思い込んでいませんか?フロントエンドプロセスの電子化・自動化を実現する上で、システムエンジニアなら必ず知っておくべきPDFの適用方法、情報インフラとしてのPDFを具体的な事例を交えてご紹介します(2003年4月)



@IT Special 記事企画
J2EEミッションクリティカル時代のソリューション「hp OpenView」(2)
J2EEエキスパートが語るHP OpenViewの魅力
HP OpenView Webサービス管理ソリューションは、J2EE環境下でのJ2EEコンポーネントを監視、その健康状態を診断するための情報を得るだけでなく、一歩踏み込んでJ2EEコンポーネントの詳細な動作状況をモニター、分析する。製品としては、J2EEアプリケーションサーバとして高いシェアを誇るBEA WebLogic Serverに対応。そこでBEAシステムズのエンジニアに、その魅力を聞いた
(2003年1月)



@IT Special 記事企画
J2EEミッションクリティカル時代のソリューション「hp OpenView」(1)
ビジネス利用が進む J2EEの大きな課題とは?
企業の業務システム構築に、J2EEが本格的に利用されるようになってきた。しかし、J2EEのオープンシステムは、多様なビジネスに合わせて柔軟なシステムを構築できる反面、日常的な運用管理に大きな課題があり、ネットワーク管理ツールのスタンダード「hp OpenView」にも、これまでとは異なった機能が取り込まれ始めた。
J2EEシステムに求められる運用・管理の課題について見てみよう (2003年1月)



@IT Special 記事企画
バックアップ「やらず嫌い」を解消する最新ソリューション
ネットワーク環境でバックアップを一元管理
VERITAS Backup Exec 9.0 for Windows Servers

誰もが必要性を感じつつ、ついおろそかにしてしまうバックアップ。その原因の1つが運用の煩雑さだが、それは単なる「やらず嫌い」ではないか? あるいは、最適なソリューションを手にしていないのではないか? Backup Exec 9.0が、すべてを解決してくれるだろう2003年2月)



@IT Special 記事企画
マイクロソフト システム構築ガイド「MSA」
Microsoft System Architecture:最適システム構築事例集
どうしても回避できなかったシステム導入における「企画から設計、構築、展開、運用」のすべての局面で発生するリスクシステム設計のノウハウを凝縮したマイクロソフトのシステム構築ガイドは、そういったジレンマを抱えた担当者たちにとって必見の資料です。マイクロソフトのWebサイトから入手できます(2003年2月)



@IT Special 記事企画
HotFixマネージメントを省力化し、ネットワーク管理者を支援するツール
高度なWindowsセキュリティを維持可能にする
UpdateEXPERT Ver.5.1登場
システムのセキュリティ・ホールをふさぐために、マイクロソフトは修正モジュール(HotFix)を公開しているが、その適用作業は複雑であり、適用による副作用もぬぐい切れない。管理者はセキュリティ・ホールの修正か、安定運用かという板ばさみにあるのが現状だ。こうした課題を解消するツールがUpdateEXPERTだ (2003年2月)



@IT Special 記事企画
@IT主催、マイクロソフト協賛 Windowsセキュリティセミナー・レポート
安全なWindowsシステム環境の実現
マイクロソフトでセキュリティ情報関連を担当しているセキュリティレスポンスチームのメンバーなどが講演を行い、Windowsネットワークを安全に管理・運用するための実践的なノウハウを紹介した。ネットワーク/セキュリティ管理者必見のセミナーをレポートする(2003年2月)
第1部 セッションレポート
第2部 パネルディスカッション



@IT Special 記事企画
ノベルの新戦略「one Net」を支える最先端技術(2)
XMLで実現するノベルのシングルサインオン技術を詳細分析
ノベルの新戦略「one Net」の中でいち早く製品化されたのが「Novell Nsure」「Novell Nterprise」を構成するツール群だ。すなわち、ディレクトリ製品「Novell eDirectory 8.7」、異なるアプリケーション間の相互接続を可能にするメタディレクトリ製品「DirXML 1.1a」、OSのアカウントを統合する「Novell Account Management 3」。第2回は技術的な側面から「one Net」の威力を分析する (2003年2月)



@IT Special 記事企画
ノベルの新戦略「one Net」を支える最先端技術(1)
投資対効果を最大限に引き出すone Net戦略
激しい競争環境の中で、既存のITシステムは今後も十分な働きができるのだろうか? 多くの企業経営者やCIOは「No」というだろう。ではどこに問題があり、何を改善すればレガシーなITシステムの再生を実現することができるのだろうか。その答えはノベルが打ち出した新戦略「one Net」にある。「one Net」とは分散した既存システムを柔軟に連携させ、IT投資に対するROIを最大化するソリューション戦略だ (2003年2月)



@IT Special セミナー
アットマーク・アイティ、パソナ共催セミナー「ITエンジニアの未来診断」
キャリアを診断してもらうときっと見えてくるあなたの未来
アットマーク・アイティとパソナの初の共催セミナー「ITエンジニアの未来診断」が2月15日(土)渋谷で開催。3年間で100名以上のITエンジニアを採用した元人事採用責任者や経験豊富なキャリアコンサルタントがこれから必要とされるエンジニアの条件を語る。また現在のスキルとキャリアを診断しこれから作り上げていくキャリアパスのヒントを個人個人にアドバイス (2003年1月)

(1) 2000年9月 〜 2001年12月
(2) 2002年1月 〜 12月
(3) 2003年1月 〜 12月
(4) 2004年1月 〜 12月
(5) 2005年1月 〜 12月
(6) 2006年1月 〜 12月
(7) 2007年1月 〜 12月
(8) 2008年1月 〜 12月
(9) 2009年1月 〜 12月

 
@IT Special とは?
@IT Special は、
アイティメディア株式会社が
ITリーディング企業と協業して発信する
記事/サービスなどの広告企画の総称です。

製品情報、技術解説、事例、インタビュー、
セミナー、モニター、プレゼントなど、
読者のみなさまのお役にたつ情報を
お届けしてまいります。

ぜひ、ご参照ください。



印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ

アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー