@IT Special は、アイティメディア株式会社が、ITリーディング企業と協業して発信する記事/サービスなどの広告企画の総称です。
掲載期間:2004年1月〜12月



@IT Special 記事企画
サーバの改ざんを見逃さない!
Tripwire 4.5 日本語版の上手な使い方
サーバの改ざん検知システムとして有名な「Tripwire」。オープンソース版に比べると商用版では管理者の痒いところに手が届く親切設計となっている。日本語化された最新バージョン「Tripwire for Servers」と管理コンソール「Tripwire Manager」の上手な使い方を紹介しよう(2004年12月)



@IT Special 記事企画
[2004年12月近況レポート] IPA未踏プロジェクトの技術紹介
2004年度第2回公募で選ばれたプロジェクトとは
情報処理推進機構(IPA)の「未踏ソフトウェア創造事業」の2004年度第2回公募で採択されたプロジェクトを紹介。採択されたのは3プロジェクト。「確率モデルに基づくCDN を応用した障害耐性サーバーの開発」「逆PROXY型Webサーバ拡張システム」「共用著作物を利用したコンテンツ作成システムのためのフレームワークの開発」(2004年12月)



@IT Special 記事企画
スキーマ変更が及ぼすインパクトを徹底検証する[Java編]
Xprioriで始めるXMLDBプログラミング(2)
RDBの欠点はスキーマ変更に多大な工数を要すること。これに対してXMLDBでは、スキーマ変更の影響はアプリケーション側にのみ発生し、データベースの変更は不要だ。JavaとXprioriを使った簡単なサンプルを動かして、XMLDBがいかにスキーマ変更に強いソリューションであるかを証明しよう(2004年12月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェア開発4つの課題(4)
アーキテクチャの記述方法
アーキテクチャをモデル化(記述)するための方法を紹介する。ツールにはRational Unified Process(RUP)におけるアーキテクチャ表現「4+1ビュー」を利用する。RUPでは、開発プロセスに関与する特定の利害関係者がシステムに対して持っている各自の関心事項を扱うために「ビュー」を定義している (2004年12月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェア開発の悩みを解決する
ソフトウェア開発者ギルド/上をめざす開発者のための仮想組合
「価値あるモノを産み出す」というところから軸足をはずすことなく、お互いに研鑽を積むことのできる場、"ソフトウェア開発という職人芸への一里塚"。そんなコミュニティにしたい、との思いを込めて"ソフトウェア開発ギルド"と名付けた(2004年6月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第10回 座談会:SIerから見たLinuxとWindows
これまで、用途別に、主に機能面などからLinuxとWindowsを比較検討してきた。しかし単純な機能比較だけでは、システム導入の現実は語れない。そこで今回と次回は、本シリーズの総まとめとして、実際に企業のシステム導入、運用管理を担当されている開発者および管理者にお集まりいただき、現場の実情やニーズを踏まえたうえで、プロの視点から見たLinuxとWindowsについて語っていただく(2004年12月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
最終回 座談会:SIerから見たLinuxとWindows(後編)
第10回に引き続き、SIerや管理者として、企業での実際のシステム導入、管理を担当されているエンジニア3名による座談会後編をお届けする。Linux、Windowsともに特徴があり、それぞれに長所短所がある。導入環境や用途、管理者のスキルなどを背景に、それらをきちんと見極めたうえで両者を位置づけ、使い分けることが重要だ(2004年12月)



@IT Special 記事企画
[2004年11月近況レポート] IPA未踏プロジェクト 開発者アンケート
ラストスパートをかける各開発プロジェクト
情報処理推進機構(IPA)の「未踏ソフトウェア創造事業」に採択された今年度の開発プロジェクトの期間は2005年2月まで。現在、各プロジェクトの担当者は開発のラストスパートをかけ始めたところだ。開発は予定通り進んでいるのか、これまでに実装した機能など、追い込みをかける担当者に聞いた(2004年11月)



@IT Special 記事企画
SPSS Open House 2004
「SPSS Open House 2004 イベントレポート 前編」
「SPSS Open House 2004 イベントレポート 後編」
11月9、10日の2日間にわたり開催されたSPSS最大のイベントを独自取材。「関係性マーケティング」に関する基調講演から、SPSSソリューションの核となる新製品紹介、最新のSPSS製品導入事例紹介を一挙にレポートする(2004年11月)



@IT Special 記事企画
どこからでも、どんな端末からでもセキュアなリモートアクセス
Nokia Secure Access System 3.0の実力
VPN接続で重要視すべきは、どれだけセキュリティ面が充実しているかということだ。しかし、セキュリティを強化すると、接続性がトレードオフになってしまう問題があった。ノキアがリリースするSAS3.0は、その両者を絶妙なバランスで両立させた自信作である(2004年11月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第9回 可用性、スケーラビリティを備えたシステム開発
設計当初は想定しなかった負荷分散や可用性向上の対策が後から必要だと分かる場合もある。こうした予想外の要求にもある程度柔軟に対応できるかどうかは、結果として情報システムへの投資効率を高めることになる。今回は、可用性や負荷耐性などをOSレベルの機能で一段進めたクラスのシステムを念頭に、LinuxとWindowsのスケーラビリティに注目してみる(2004年11月)



@IT Special 記事企画
SAP Netweaverが変える企業システム構築
企業IT基盤の技術課題に応えるSAP
ERPベンダの雄・SAPがESA(Enterprise Services Architecture)というコンセプトを打ち出し、それを具現化するアプリケーション実行基盤群である「SAP NetWeaver」をリリースしたのは2003年のこと。NetWeaverが提供する「データ・プロセス・UIの統合」「WebSphereとMicrosoft .NETとの互換性」は企業システム構築をどう変えるのか?(2004年11月)



@IT Special 記事企画
RDBMSからXMLDBへのデータ移行
Xprioriで始めるXMLDBプログラミング
RDBのデータをJavaアプリケーションで動的にXML文書に変換し、それをXprioriに格納する実作業の流れを紹介する。RDBの正規化された一連のテーブル群をJOINし、フラットな構造に変換してXMLDBに格納すれば容易にデータ移行が完了する。まずはNXDBがどのようなものか、その感触を体験するための第1歩となるサンプルだ(2004年11月)



@IT Special 記事企画
サーバ増強の“最適解”──「サーバ仮想化」最前線(2)
高負荷時は数秒でサーバ増強。仮想スケールアウトの凄さ
前回紹介したパーティショニング技術vParsやpset、PRMなどはマニュアル操作が必要だった。今回は日々のサーバ負荷をリアルタイムに計測し、昼のWebアクセス集中や夜間のバッチ処理というような、負荷変動に応じて、PRMにプロセッサ・リソースの割り当て変更を指示するHP Work Load Manager(WLM)を紹介しよう(2004年11月)



@IT Special 記事企画
エンジニア座談会
見えてきた全社IT基盤構築の道筋
ビジネスプロセスの変更に柔軟に対応できるIT基盤――こうしたシステムを開発するために、WebサービスやSOAなど新しい技術や考え方が注目されている。そうしたIT基盤の開発は、実現可能なのか。実際にIT基盤構築プロジェクトに携わる4人のトップエンジニアに、IT基盤構築の課題とその解決について語ってもらった(2004年11月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第8回 Linux+フリーJavaは安いのか?
LinuxとフリーJava製品を組み合わせれば、OSからアプリケーション・サーバ、開発フレームワークや開発環境まで、すべてライセンス料ゼロで準備できる。しかしその後のソフトウェア開発や展開、運用、管理には莫大なコストがかかる。全体をトータルに考慮しないと、結果としては高くつくケースも少なくない。またプラットフォーム選択では、将来への柔軟性、拡張性も気になるところだ(2004年11月)



@IT Special 記事企画
インテルが切り開く64ビット・サーバ・ソリューション
インテル(R) Itanium(R) 2プロセッサとインテル(R) Xeon(TM) プロセッサの使い分けは適材適所で
IA-32を64ビット拡張した「インテル Xeonプロセッサ」の投入により、インテルの64ビット・プロセッサは「インテル Itanium 2プロセッサ」と「インテル Xeonプロセッサ」の2種類となった。ここでは、両プロセッサの特徴と、その特徴を生かす用途について解説する。それぞれどのような目的で選択するのがよいのだろうか?(2004年11月)



@IT Special 記事企画
SAPジャパンの新ソリューション
中小企業に新たな成長力を! SAP Business Oneがサポート
中堅・中小企業もシステムやデータ、業務の連動、統合に課題を抱えている。そうした課題に対して、ERPのリーディングベンダー、SAPジャパンが出した答えが「SAP Business One」だ。財務/管理会計、販売/仕入/在庫管理、CRM/SFAの機能をすべて含んだ構成になっているSAP Business Oneは、経営スピード、顧客志向、適応力のある企業を実現するソリューションだ(2004年10月)



@IT Special 記事企画
[2004年10月近況レポート] IPA未踏プロジェクト 開発者アンケート
採択者に聞く「開発の醍醐味、辛いときは?」
情報処理推進機構(IPA)の「未踏ソフトウェア創造事業」に採択された開発者はソフトウェア開発をどう考えているのか。「開発の心得」や「関心のあるプロジェクト」「開発の醍醐味、辛いとき」「利用している開発環境」などこれまであまり語られなかったことをアンケートで聞いた。採択者らの“生の声”をお届けする(2004年10月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェア開発4つの課題(3)
アーキテクチャ基礎講義
「アーキテクチャ」。この言葉が意味するものはあまりにも幅広く、その存在を正確に捉えている人はとても少ないようだ。今回はRational Unified Process(RUP)で定義されている「アーキテクチャ」を軸に、初心者にもわかりやすくアーキテクチャの真髄を解き明かしていく。キーワードは、コンポーネントとインターフェイスにある(2004年10月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第7回 WebホスティングはUNIX/Linuxの独壇場か?
「大規模なWebサーバ・プラットフォームといえば、UNIX/Linuxでなければ安心できない」という声がある。これは本当か。グローバルメディアオンライン(株)は、Windows Server 2003ベースのWebホスティング・サービス事業を開始し、構築や運用管理にかかるコストを圧縮、サービスの低価格化によりシェアを拡大を進めている(2004年11月)



@IT Special 記事企画
RSDCスペシャル・レポート
2人のIBMエバンジェリストと最新の技術動向
「IBM RATIONAL SOFTWARE DEVELOPMENT CONFERENCE 2004」(RSDC)が10月7日、8日の2日間にわたって開催された。本稿は、IBMソフトウェアの技術動向およびソフトウェア開発を巡る最新議論が展開された同カンファレンスの中から2つのセッションを厳選し、その内容をまとめたものである(2004年10月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第6回 Webサーバ・プラットフォームとしてのLinuxとWindows
Webサーバ・プラットフォーム選びにおいて、Windows+IISは「実績がなく、不安定でセキュリティ的にも脆弱」という先入観がある。これは本当か? 主要企業が利用するWebサーバ・プラットフォームシェア、統合性を生かした展開、管理の容易さ、スケーラビリティなどを考えると、これは裏付けのない単なる先入観だと分かる(2004年11月)



@IT Special 記事企画
サーバ増強の“最適解”──「サーバ仮想化」最前線(1)
サーバ仮想化の新発想「仮想スケールアウト」とは
サーバ負荷の増大に頭を悩ますシステム管理者の方も多いだろう。サーバを増強する場合、今日ではサーバ台数を増やしていくスケールアウト策を取ることが多い。しかし、スケールアウト構成で構築されたシステムはいくつかのやっかいな問題を抱えることになる。それに対する有効な解決策が「サーバ仮想化」だ(2004年10月)



@IT Special 記事企画
ビジネス継続性を阻害するサーバルームの諸問題とは?
電源、ラック、空調をあわせて考える
──解決策としての「NCPI」と「InfraStruXure」

システム構築時、サーバ設置のために電源や空調、ラックといった物理インフラも一定の拡張性を持たせて導入される。しかし、後々実際にサーバを追加・増強すると、電流量不足や熱暴走などのトラブルが発生する場合がある。それを回避するには、サーバが動作する物理レベルの環境をトータルにマネジメントするという発想が必要だ(2004年10月)



@IT Special 記事企画
いま、社内LANのセキュリティ対策に求められているソリューション
増大するセキュリティ対策、あなたにできますか?
社員の持ち込みPCによるウイルス/ワーム感染やIDSから出力される膨大なアラートのチェックなど、社内LANのセキュリティ対策に必要な負荷は増すばかり。また、高い技術力を持ったスタッフでなければ、それらに適切に対処することはできない。あなたは、あるいはあなたの会社は、24時間365日常に対応できるだろうか? もはや、すべてを自社で行う時代は終わったのである(2004年10月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第5回 Office互換ソフトの実力とリスク
Linux環境では、オープンソース・ベースのビジネス・アプリケーション「OpenOffice」が利用可能だ。OpenOfficeはMS Officeとのデータ互換性を強くうたっており、額面上ではMS Officeの安価な代替ソフトとして使えるように見える。しかし実際は、MS Officeで作成した既存資産の活用や、社外のMS Officeユーザーとの相互運用は困難を極める(2004年11月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第4回 LinuxはWindowsより安全か?
情報セキュリティという観点で見たとき、Windowsは危険でLinuxは安全だという意見がある。これは本当なのか? 裏付けのない印象だけでなく、第三者機関が公表したデータなどを元に、この「Linuxセキュリティ神話」の実際を再評価しよう
(2004年10月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第3回 Linuxファイル・サーバの本当のTCO
Linux+Sambaで見かけ上はWindows NT 4.0相当のファイル/プリント・サーバを実現できるが、環境移行や展開、運用/管理、学習/教育コスト、障害時のリスクなど、高可用性と信頼性を求められる企業での導入にあたっては、考慮しなければならない点が数多く、これら全体を網羅したTCOを評価すると、必ずしも「Linuxは安くない」ことが分かる(2004年10月)



@IT Special 記事企画
シアトル・マリナーズも認めた統合セキュリティ対策のMVP
迷惑メールをシャットアウト!
ネットワーク・クリーナー「eTrust SCM」の実力

個人情報保護法の全面施行で企業は情報漏えい対策を施すことが急務だ。迷惑メールや業務時間中の私用Webサーフィンが企業に与える損害金額を計算してみると、決して看過することはできない数字になる。これらの問題を一気に解決する「eTrust SCM」のメリットを紹介する(2004年10月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェア開発4つの課題(2)
反復の企画・運営の仕方
方向づけ/推敲/作成/移行、 何をどこまでやるか?

反復型開発プロセスとは、「方向づけ」「推敲」「作成」「移行」という4つのフェイズを繰り返しながら成果物を最終段階まで運んでいく方法論の総体を指す。このこと自体を理解するのは簡単だが、繰り返される各フェイズの詳細について把握するのはなかなか難しい(2004年9月)



@IT Special 記事企画
[2004年9月近況レポート] IPA未踏プロジェクト 開発者アンケート
オープンソースによる開発実験プロジェクト 採択者に本音を聞く
情報処理推進機構(IPA)の「未踏ソフトウェア創造事業」に採択された開発者らはどのような考えでプロジェクトを進めているのか。ロードマップや開発に対する考え、姿勢を各プロジェクトの開発者に聞いた。お答えいただいたのは
奥一穂氏(Webアプリケーション統合開発環境)大崎洋平氏(XAAフレームワークの拡張)池添浩之氏(ブラウザ「風博士」の開発)の3氏(2004年9月)



@IT Special 記事企画
[@IT]ユーザー座談会
ERPで業務は変わるか?
中堅・中小企業の基幹システムの「現状と課題」

IT化/情報化は規模にかかわらず、すべての企業にとっての大きな課題となっている。しかし、中堅・中小企業のシステムはさまざまな面で大企業とは異なる課題を抱えている。今回は、従業員数200名以下のユーザー企業の方々に集まっていただき、その具体的な"生の声"を大いに語ってもらった(2004年9月)



@IT Special 記事企画
[@IT]システム管理アンケート結果から
トラブル経験率は63%──
しかし、IT物理インフラ脆弱性への意識はこれから

企業の業務オペレーションがITへの依存度を高める中、システムの信頼性、可用性確保の重要性に異論の余地はない。しかし実際には、意外なところに落とし穴が待ちかまえている。@IT読者へのアンケートの結果からは、電源、空調、ラックシステムといった物理インフラへの意識の低さが明らかになった(2004年9月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第2回 ネットワーク管理に不可欠なディレクトリ・サービス
企業のネットワーク管理では、もはやディレクトリ・サービスは不可欠である。OpenLDAPにより、Linux+Samba環境でもディレクトリ・サービスは利用できるが、設定や管理には十分な知識がいる。対するActive Directoryは、シングル・サインオン環境やグループ・ポリシーによるクライアントの一括管理などを統合的にサポートし、管理には使い慣れたWindows GUIを利用できる(2004年10月)



@IT Special 記事企画
中小規模システムにマッチしたOracle 10g SE Oneの実力
Oracle 10g SE Oneでビジネスチャンス到来
Oracle 10gのライセンス体系が見直されたことで、ユーザー企業のボリュームゾーンである中小企業の開発案件にもOracleを提案できるようになった。特にOracle 10g Standard Edition Oneは、オープンソースDBやMS SQL Serverなどに限られていた低予算案件にも対抗できる。Oracleに精通した開発会社にとって、新たなビジネスチャンスが到来したといえるだろう(2004年10月)



@IT Special 記事企画
Linuxの真実、Windowsの真実
第1回 ファイル/プリント・サーバの基本機能比較
Linuxは本当に「安い」のか?

「Windowsに比較して、Linuxの機能は劣らず、しかも安い」という声がある。これは本当なのか? 目先のコストだけでなく、サーバの導入・展開、運用管理に必要なスキルや労力、それらから算出される本当のコストを見極めるとともに、Windowsが現在および将来に向けて提供する数々の新機能やテクノロジの価値を評価する必要がある(2004年9月)



@IT Special 記事企画
SOAのパフォーマンス問題を一気に解決する「DataPower」
SOAのジレンマ
パフォーマンスと標準技術のトレードオフ

サービス指向アーキテクチャ(SOA)に向かって、IT業界全体を巻き込むうねりが起こっている。ところが、SOAを実用化するにはビジネス用途に耐えるパフォーマンスを獲得しなければならない。標準技術に準拠しつつ、これを実現させる斬新なSOA対応製品を紹介しよう(2004年9月)



@IT Special 記事企画
ネットワークを流れるコンテンツの増加と新たなセキュリティ対策
多様なコンテンツから不要な情報を取り除く
ネットワーク・クリーナー「eTrust SCM」

セキュアコンテンツマネジメント(SCM)という新しい概念がセキュリティ分野に生まれている。ネットワークを流れるデータ、つまりコンテンツの中から不要なものを選び出し、自動的に余分なゴミを削除するものだ。eTrust SCMは、ウイルス対策や迷惑メール対策、コンテンツフィルタリングなどで構成された統合管理製品である(2004年8月)



@IT Special 記事企画
「定義ファイル更新要らず」NECのワーム対策の最新テクノロジを探る
ワームの社内感染拡大を自動防御する
定義ファイル更新不要なテクノロジー

危険性の増加が指摘されているワームのセキュリティ脅威。特にネットワーク感染型ワームは、従来のワーム対策の常識を根底から覆すパワーを持ち、ネットワークに依存した企業システムの基盤を揺るがしている。一般のワーム対策の問題点を掘り下げつつ、NECのネットワークセキュリティ機器の最新テクノロジを探ってみよう(2004年8月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェア開発4つの課題
第1回 反復型プロセスの導入
RUPはカボチャを馬車にできるか?

ソフトウェア開発の複雑性を解消する"魔法の杖"は果たして存在するのだろうか? 反復型プロセスを導入することで複雑性を緩和できるという意見もあるが……。反復型プロセスの代表格「RUP(Rational Unified Process)」で検証する(2004年8月)



@IT Special 記事企画
SPSS Satellite Square
SPSS製品 導入事例探求シリーズ 第14回 UCカード編
「既存のデータ資産を生かし、新リスクモデルの構築に成功!」

「お客様支持ナンバーワン」を掲げるUCカードが従来の経験則に頼るリスクモデルから脱却。既存のデータ資産を生かしてデータマイニング、多様化する顧客のリスクモデル構築に成功した(2004年8月)



@IT Special 記事企画
「やわらかい」XMLデータベース、NeoCoreで行こう! vol 4
これなら簡単、RDBからXMLDBへのデータ移行
XMLデータベースの利点を知りつつも、RDBに執着してしまうエンジニアは少なくない。これはXMLのツリー構造でデータを定義した経験がないから。そこで本記事では、いったんRDBのテーブル構造に格納した既存データを、XMLのツリー構造で再定義するまでの過程をやさしく解説し、RDB派のXMLアレルギーを解消してみよう。(2004年8月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
Webアプリケーション(Apache/Perl)統合開発環境の開発
Apache/Perl環境でのWebアプリケーション開発では通常、開発用サーバと運用サーバを別々に設置する。しかし、サーバが別々になることでバージョン管理が煩雑になるなど開発の効率性が低下するケースもある。このプロジェクトは開発用サーバと運用サーバを統合した開発環境フレームワークの開発を目指している(2004年8月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
XAAフレームワークの拡張
2年連続採択となったプロジェクト。目指すのはXMLベースの開発環境アーキテクチャ。GUIを採用し、MVCパターンにおけるModel部分のコーディングを簡単にする。採択2年目の今年はデータの上位互換性を維持する仕組みとWebサービス連携の機能を追加する。Webサービス機能を強化することで将来的なビジネス展開も狙う(2004年8月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
効率的な情報アクセスを可能にするブラウザの開発
必要な情報に簡単にアクセスできる新しいWebブラウザの開発を目指すプロジェクト。RSS(RDF Site Summary)をブックマークに取り込み、リアルタイムでWebサイトの更新情報を確認できる機能や、閲覧したWebサイトの履歴から情報を検索できる機能などを実装。プロジェクトの自由な議論から生まれるさまざまな機能が追加されている(2004年8月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
オープンソースによる開発実験プロジェクト
情報処理推進機構(IPA)が実施する「未踏ソフトウェア創造事業」にオープンソース開発をテーマとする公募があった。多数の応募の中から採択されたプロジェクトは、いずれもオープン性と実用性を兼ねそろえる。革新的なソフトは現れるか。採択されたプロジェクトの技術紹介と、採択したプロジェクト・マネージャのメッセージを伝える(2004年8月)



@IT Special 記事企画
「ObjectCache」が切り開く新たなデータストア・ソリューション
RDBのボトルネックを解消する「キャッシング技術」とは?
バックエンドにリレーショナル・データベースを据えたWebアプリケーションで、運用フェイズに入ってから露見するパフォーマンス不足が深刻化している。「ObjectCache」はこの問題を一気に解決できるミドルウェア製品だ。その洗練されたキャッシング技術が可能にする新たなデータストア戦略を紹介しよう。(2004年7月)



@IT Special 記事企画
「やわらかい」XMLデータベース、NeoCoreで行こう! vol 3
徹底比較! RDB vs XMLDB
RDBの抱える構造的な問題を解決する選択肢として、XMLデータベースへの注目が高まっている。その一方で、XMLデータベースとは何か、いまひとつピンとこないエンジニアも多いようだ。本記事では、RDBに慣れ親しんだ読者を対象に、RDBとXMLデータベースの本質的な違いについて、現実的なサンプルを使って解説していく。(2004年8月)



@IT Special 記事企画
富士通プライムソフトテクノロジの優位性とは?
ESECリポート:最先端組込みソリューションを一挙紹介
2004年7月7日〜9日の3日間、東京ビッグサイトで「組込みシステム開発技術展」(ESEC)が開催された。富士通プライムソフトテクノロジは、これまでに紹介したRFID、intent、組込みLinuxを中心に、興味深いデモを行っていた。同社の展示やデモの内容をとおして、最先端の組込みソリューションを紹介する。(2004年8月)



@IT Special 記事企画
Visual Basic並みの開発生産性をJavaにもたらす開発ツール
EoDを徹底追求した"Oracle JDeveloper 10g"
いま、Javaの世界では「EoD」(Ease of Development)というキーワードに注目が集まっている。UML、先進のフレームワークへの対応、JSFのキャッチアップなどでVB並みの生産性を実現するJava開発ツール「JDeveloper 10g」の中身を探る!(2004年7月)



@IT Special 記事企画
日本IBM+@IT ライブセッション・レポート
明日のソフトウェア開発に立ちはだかる4つの課題とは?
アットマークアイティの編集局長をモデレータに、日本IBMのSDPテクノロジー・エバンジェリスト2人とソフトウェア開発の第一線で活躍するプロジェクト・マネージャが、ソフトウェア開発の永遠の課題ともいえる4つの問題について意見を戦わせた(2004年7月)



@IT Special 記事企画
英語力不足がグローバルビジネスの生産性を阻害していませんか?
全社的な英語力サポートを可能にする
高精度翻訳サーバ eAccela BizLingo

企業活動のグローバル化が進み、英語によるコミュニケーション能力はますます重要になっている。純日本企業からグローバル企業グループに参加したセレスティカ・ジャパンは、短期間で社員の英語力向上を求められた。そこで選択したのは、全社規模の英語力サポートを可能にする究極のソリューション「eAccela BizLingo」だった。(2004年7月)



@IT Special 記事企画
新生マカフィーのトータルセキュリティ戦略「Protection In Depth」
新生マカフィー 自社のセキュリティ対策の勘どころとは?
企業のセキュリティ対策は、完全施行される個人情報保護法を前に、トータルなセキュリティ対策が余儀なくされている。自社で新たなセキュリティ戦略を練る前に、記事で明らかにするマカフィー社内セキュリティを参考にしていただきたい。企業ネットワークへの脅威に対して、防御力を最大限にする「Protection In Depth」とは何か?(2004年7月)



@IT Special 記事企画
「見えてきたSOA導入"成功の鍵"」セミナーレポート
Artixが現実するサービス指向アーキテクチャ
企業システムの統合テクノジとして、注目を集めるサービス指向アーキテクチャ(SOA)。アイオナテクノロジーズはSOAによるシステム間連携手法をSOIと定義する。エンドポイント・インテグレーション方式のSOIのパフォーマンス、セキュリティ、コスト面で優位性と、その実現手段としての「Artix」について、同社のピーター・カズン氏、江川潔氏が講演した(2004年7月)



@IT Special 記事企画
「やわらかい」XMLデータベース、NeoCoreで行こう! vol 2
RDB開発の課題に見る、"やわらかい"データベースの可能性
企業システム形態がWebシステムへと移り変わる中、RDBはその中核を担う存在となった。しかしビジネス環境の不確実性が高まり、システム構築に俊敏さが求められる今日、 RDB神話はどこまで万全といえるのだろうか? データベース開発者を対象としたアンケートの結果から、RDBの課題と新しいデータベースの可能性を探ってみよう。(2004年6)



@IT Special 記事企画
デジタル変革が呼ぶ新たなIT需要
インテルのビジネス戦略
高い成長を継続するインテル。その成長の秘訣は、「景気の波に影響されない継続的な投資」にあるという。では、具体的にどのような取り組みを行っているのか、インテルの投資アナリスト向け説明会「2004 Intel Spring Analyst Meeting」のプレゼンテーションから探る(2004年6月)



@IT Special 記事企画
F5 Networksが目指すトータルセキュリティソリューション
SSL VPNを超えたSSL VPN 「FirePass」
FirePassの凄さは、従来のSSL VPNが苦手としていたHTTP以外のアプリケーションにも柔軟に対応することだ。携帯電話やPDAなどモバイル端末をもクライアントにする理想のリモートオフィスが構築できる(2004年6月)



@IT Special 記事企画
クライアントセキュリティの必要性を問う
Symantec Client Security 2.0導入事例−イマジンプラス
イマジンプラスは東京、札幌、名古屋、大阪に拠点を置く人材派遣会社。同社が守るべき最大の資産はスタッフの個人情報だ。VPNで接続された100台以上のクライアントPCを一元管理するSCS導入の決め手とは?(2004年6月)



@IT Special 記事企画
第2回 Microsoft Application Development Conferenceレポート
勃興する.NETビジネスの現場から
DOA指向のシンプルな実装が貫かれ、開発生産性が高い.NET。.NET案件に注力するユニシスは、すでに100億規模の売り上げを達成した(2004年3月期)。急速に勃興する.NETビジネスの現状とその将来(2004年6月)



@IT Special 記事企画
「やわらかい」XMLデータベース、NeoCoreで行こう! vol 1
XMLデータベースの生かしどころ、RDBの泣きどころ
スキーマを必要としない柔軟なXMLデータベースの適用分野が広がっている。変化の激しい現在のビジネス環境では、RDBではカバーしきれない場面が増えているからだ。このような現状をふまえ、本記事ではXML DBのパイオニア3人にXML DBの可能性と課題を存分に語り合ってもらった。(2004年6月)



@IT Special 記事企画
富士通プライムソフトテクノロジの優位性とは?
組込みLinuxを真のリアルタイムOSに
組込み分野で期待が高まっているLinuxだが、ソフトリアルタイムOSであるLinuxではシビアなリアルタイム性が要求される用途に適用できない。そこで、組込みLinuxをハードリアルタイムOSにする取り組みが行われている。いま、組込みLinuxの世界では何が起こっているのか? そこで富士通PSTが果たしている役割とは?(2004年6月)



@IT Special 記事企画
あなたのPC。本当はもっと速い
PerfectDisk 6.0によるデフラグで性能と安定性が予想外に向上
ディスク高速化の陰に隠れてフラグメント(断片化)は静かに進行し、性能を確実に低下させる。さらにフラグメントは、性能低下だけでなく、システムの安定性に影響を及ぼす場合もある。ユーザー事例をもとにデフラグメントの効果を見てみよう(2004年6月)



@IT Special 記事企画
あなたのコードは安全か?
セキュアなコードを記述するための第一歩を踏み出そう
侵入や情報窃取、破壊などの攻撃からシステムを守るには、セキュリティ・ホールのない安全なコードを記述することだ。しかし残念ながら、多くの開発現場でセキュリティはなお軽視されている。これはなぜか? 安全なコードを記述するにはどうすればよいのか?(2004年6月)



@IT Special 記事企画
クライアントセキュリティの必要性を問う
「Symantec Client Security 2.0」で何ができるか?
外部から会社に直接持ち込まれるノートPCや、VPNによって接続されたPCに脅威が潜んでいた場合、ファイアウォールなどの境界におけるセキュリティ対策は役に立たない。内部からの脅威に立ち向かう「Symantec Client Security 2.0」を紹介する(2004年5月)



@IT Special 記事企画
レンサバ本舗.com
充実のサポートと利便性を提供するレンタルサーバーサービス
面倒な管理を専門知識のあるスタッフに任せて、顧客に提供するサービスやコンテンツだけに注力できるレンタルサーバーの利用価値は高い。充実したサポートと、ユーザーのニーズに柔軟なメニューが提供される"レンサバ本舗.com"のメリットを紹介しよう(2004年5月)



@IT Special 記事企画
SPSS Data Mining Day 2004 イベントレポート
SPSS Data Mining Day 2004 イベントレポート前編後編
2004年5月18日、今年で6回目を迎えた「SPSS Data Mining Day 2004」が「戦略とデータマイニング」をテーマに開催された。SPSS米国本社の社長兼CEO、ジャック・ヌーナン氏の登場を皮切りに、有識者による基調講演、2社の事例紹介、SPSS上級副社長 村田氏による同社ソリューション紹介など、1500名もの参加者が注目する中身の濃い内容であった。独自取材によるイベントレポートを公開する(2004年5月)



@IT Special 記事企画
GMOどこでもLAN
手軽でSOHOにも使える低価格なVPNが登場
離れた拠点同士をあたかも同一のLANであるかのように接続できる技術「VPN」。ネットワークの利便性とセキュリティの向上というメリットをもたらすものの、導入するにはコストが高く、専門知識も必要だ。しかし、ASP型のVPN"GMOどこでもLAN"は月額3150円からスタートできる手軽なVPNを提供する(2004年5月)



@IT Special 記事企画
SPSS Satellite Square
SPSS製品 導入事例探求シリーズ 第13回 ジャックス編
「信販会社の領域を超える、ジャックス50年目の挑戦!」

創立50周年を迎えるジャックスは、SPSSの「Clementine」を導入、通称"MaRIA"と呼ぶDWHを構築した。加盟店から寄せられる膨大な顧客データをデータマイニングすることで、より効果的なCRMソリューションの提供サービス事業を立ち上げた(2004年5月)



@IT Special 記事企画
富士通プライムソフトテクノロジの優位性とは?
組込み開発の常識を変えるintentの衝撃
いま、組込み分野では限られた人的・ハード的リソースの中で、よりリッチなシステムをより短いサイクルで開発することが要求されている。この市場で勝ち抜いていくには、高性能で再利用でき、特定のプラットフォームに依存しない環境が必要だ。これらすべての要件を満たす答えはただ1つ、「intent」以外にあり得ない。(2004年5月)



@IT Special 記事企画
Itanium(R)プロセッサ・ファミリの将来性
インテル(R) Itanium(R) 2プロセッサの現在、そして未来
インテルが示す2005年以降のItaniumプロセッサ・ファミリのロードマップや性能について解説する。RISCプロセッサなどに対するItaniumプロセッサ・ファミリの優位点はどこにあるのか? そしてItaniumプロセッサ・ファミリが約束する未来とはどのようなものなのか
(2004年5月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Empower for ISV Initiative
パッケージソフトを開発するISVに、最新の開発環境を提供
マイクロソフトが、同社のISV支援策を一層強化する。特に、最新のWindowsプラットフォームに対応したパッケージソフトをリリースする予定のあるISVには、アプリケーションの開発や業務に使える最新の開発ツール一式が最大で2年間提供される。さらに、最新技術情報の入手、また各種イベントなどへの招待もある。(2004年5月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
Oracleだけで情報セキュリティはここまで守れる
相次いで発生する企業の個人情報漏えいや不正アクセス被害。Oracleデータベースでは攻撃を3種に分けて適切な対策を提供する。アクセス管理やポリシー設置、データ暗号化、管理者の監査機能などがあり、標準機能だけで高レベルなセキュリティ保護が可能だ(2004年5月)



@IT Special 記事企画
クライアントセキュリティの必要性を問う
境界線がなくなったネットワークへのセキュリティ対策とは
モバイルPCの普及に伴い、PCを企業ネットワークの外部へと持ち出すことが多くなった。もはや、セキュリティはゲートウェイなどの境界における対策だけでは不十分だ。シマンテック、MS、NEC3社の代表者に、クライアントセキュリティの重要性を聞く(2004年4月)



@IT Special 記事企画
第2回 Microsoft Application Development Conference
ビジネスアプリケーション開発者、ここに集まれ!
.NETテクノロジ・ベース、Javaテクノロジ・ベースの豊富な情報システム開発実績を持つキーマンが登場するディスカッションやマイクロソフトの最新技術動向セッションあり!.NETプラットフォームによるビジネスアプリケーション開発に興味のあるエンジニア対象(2004年4月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
Oracle Enterprise Manager 10gを攻略する
Oracleデータベースのすべてを統合管理できる「Oracle Enterprise Manager 10g」が大幅にパワーアップした。OSやストレージなどデータベース以外の分野にも管理対象を拡大。自動設定機能やアドバイス機能、アプリケーションのパフォーマンスを管理できる機能も搭載し、システム管理者の作業効率を大きく向上させる(2004年5月)



@IT Special 記事企画
eAccela BizSearch事例研究:ナレッジマネジメント
高性能検索サーバBizSearchが
埋もれたナレッジを発見し、共有資源に

ナレッジマネジメントに取り組むNTTデータは、社員の暗黙知を全社で共有する「商品情報提供システム」を立ち上げた。重要視されたのは、あいまいなキーワードでも目的の情報にたどりつける高度な検索機能だった。BizSearchの採用を決めた理由を聞く(2004年4月)



@IT Special 記事企画
JBuilder+Togetherで変わる開発スタイル
あなたはきれいなコードが書けますか?
チームを幸せにするコーディング手法教えます

体裁が整い、適切に構造化された"きれいなコード"は、開発プロジェクトで発生する多くの問題を解決する。では、"きれいなコード"とは何だろうか? そして、あなたは自信を持って「きれいなコードが書ける」といえるだろうか? 自信がない人に、その秘訣を教えよう(2004年4月)



@IT Special 記事企画
富士通プライムソフトテクノロジの優位性とは?
Active RFIDで実現する次世代システムの可能性
RFIDの実用化に向けて、着実に前進を続ける富士通プライムソフトテクノロジ。Passive RFIDの問題点を明らかにしつつ、同社が持つActive RFID技術が他社に対して優れている点を紹介。さらに、同社が実施した実証実験の詳細によって、RFID技術がすでに「使える」技術であることが分かるだろう(2004年4月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
Oracle 10gへのアップグレード&マイグレーション
オラクルは既存Oracleデータベースや他社製品からOracle 10gへアップグレード、移行できるツールを用意している。アップグレードは「Oracle Upgrade Assistant」を使う。エラーを回避してスムーズにOracle 10gに移行可能。マイグレーションは「Oracle Migration Workbench」で他社データベースからOracle 10gに自動的に移行できる(2004年4月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
エントリレベルを見据えたクラスタ、ストレージ管理
システムの可用性を確実に向上させるテクノロジとして広く利用される「Oracle Real Application Clusters」(RAC)。Oracle 10gではStandard EditionにRACが付属し、エントリレベルのシステムで追加コストなしにクラスタ環境を構築できるようになった。ストレージ管理機能も向上。管理者の作業が軽減されるなど現場のメリットも大きい(2004年4月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Office Systemの実力 第4回
ビジネスマンの貴重な時間を節約する
Microsoft Office Systemのチーム管理機能
組織において情報の蓄積・交換・共有・活用などのプロセスを体系的にマネジメントすることが求められている。さらに、複数メンバによる生産性向上に対し、チームの情報共有など一段高いナレッジマネジメント環境を実現する手段がSharePointテクノロジである
(2004年4月)



@IT Special 記事企画
富士通プライムソフトテクノロジの優位性とは?
ユビキタスを実現する最先端テクノロジ
ユビキタスや組み込み分野においては、PC業界とは異なる独特の技術的な蓄積が求められる。その業界において、ユニークな存在として注目を集めているのが、富士通プライムソフトテクノロジである。同社が持つ技術/ソリューションとはいかなるものか? 第1回 RFID編の公開に先立ち、同社の概要が5分で分かるコーナーを公開。(2004年3月)



@IT Special 記事企画
SPSS Satellite Square
Predictive Analyticsの中核を担うデータマイニング導入手引き
SPSSが提唱する「Predictive Analytics (予測解析)」の中核を担うデータマイニング。データマイニング活用のポイントと、実際に導入する際に留意すべき点はなにか、SPSS 上級副社長 村田悦子氏に独自にインタビューした内容をお届けする(2004年3月)



@IT Special 記事企画
インタビュー:J2EE運用管理
どうする? J2EEシステムの運用管理
J2EEアプリケーションの顧客満足度や収益性について、ビジネスオーナーは十分な配慮を払っているだろうか。開発が終わったからといって気を抜くと、運用フェイズに入ってから思わぬ性能劣化に見舞われることが多い。J2EEシステム運用管理のエキスパート2名に、ユーザーの直面する問題を語ってもらった(2004年3月)



@IT Special 記事企画
SSL-VPN環境構築テクニカルセミナー
面倒なクライアントソフト不要のSSL-VPN、
F5 ネットワークスジャパン「FirePass」の全貌を知る

SSL-VPN導入を検討する企業が急増中だ。IPsec VPNからSSL-VPNへと移行するトレンドの技術的裏付け、製品導入に不可欠な機能評価、シングルサインオンの実現、導入事例による運用管理のポイントなど、包括的な情報を提供する(2004年3月)



@IT Special 記事企画
インテル共催:HPCテクノロジーセミナー
HPCユーザーによるベンチマークテスト結果、判定はいかに?
2月末に行われた「最適なHPCシステム導入のためのテクノロジーセミナー」。そこで明らかにされたインテルの64ビットプロセッサのロードマップ、プロセッサのアーキテクチャを最適化するテクニックをレポートする。HPCユーザーによるベンチマークテストの気になるCPU実力の結果も余すところなくお伝えしたい(2004年3月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
データベースを基盤に拡張するコンテンツ管理
Oracleデータベースという最強のビジネス統合基盤を武器に、オラクルはコンテンツ管理やファイルサーバ統合、Webカンファレンスに進出した。企業は保有するコンテンツやファイル、コミュニケーションを信頼性が高いOracleデータベース上で管理できる。Oracle 10gのポータル機能でサービスを一元的に利用できるのも特徴だ(2004年3月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
Oracle 10gで構築"現場レベル"のデータウェアハウス
データウェアハウスの日常利用を可能にしたOracle 10gの最新ソリューション。Oracle 10gではテーブルスキャンなどビジネス・インテリジェンスのパフォーマンスが向上。またOracle 10gのポータル機能と連携し、データウェアハウスの処理結果をエンドユーザーが利用できるようにした。"現場レベル"での精度の高い意思決定を実現する(2004年3月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
HTML DB、KeySQLで開発するOfficeソリューションの実力
ユーザーから寄せられる多様なニーズに、情報システム部門が効率的にこたえるにはどうすればいいのか。Oracle 10gのHTML DB、KeySQLを使うことで、情報システム部門はデータベースのパワーをユーザーに提供できる。データベースと連携した情報共有を実現するOracle 10gのOfficeソリューションが、業務効率化を達成する(2004年3月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Office Systemの実力 第3回
最新のセキュリティ対策機能を搭載した
Microsoft Office System

ソフトウェアは機能面ばかりではなく、安全面からも評価される時代になってきた。いざ顕在化すれば非常に大きなダメージを企業に与えるコンピュータ・セキュリティのリスクを低減する最新のMicrosoft Office Systemを見てみよう
(2004年2月)



@IT Special 記事企画
インテル共催:HPCテクノロジーセミナー
並列コンピューティングの権威が品定め、あのCPUの実力は?
2月25日開催のイベント「徹底解説! ハイパフォーマンスコンピューティング、その可能性と導入のメリット」で、「HPCユーザから見たさまざまなCPUのカラー」が明らかにされる。現在、同時進行で幾種ものCPUの実力評価テストを進める「並列コンピューティングの権威」上島氏に、その手応えを聞いた。気になるベンチマーク結果は?(2004年2月)



@IT Special 記事企画
HPCテクノロジーセミナー
その技術的な背景と開発フレームワークを紹介
次世代分散環境技術の1つの可能性としてP2Pの存在は大きい。ファイル交換というインパクトの強いアプリケーションの登場によって、その技術が秘める可能性の高さは証明されている。アリエル・ネットワークは自らP2Pアプリケーションの開発を行うと同時に、同基盤技術をSIベンダに提供するすることで、市場の拡大を図っている
(2004年2月)



@IT Special 記事企画
Webサイト構築・運用の注意点 Web統合監視ツール「OneSight」
現在のWebサイト監視に欠けているポイントとは
ビジネスで利用される
Webサイトは、正しく構築・テストするだけではなく、正しい運用が大切だ。もちろん、多くのWebサイトでは常時、運用・監視を行っている。にもかかわらず、「ページが見られない」「正しく入力できない」といった問題が発生してしまう。これを防止するには、利用するユーザーの立場に立った運用・監視の仕組みが必要だ(2004年2月)



@IT Special 記事企画
Oracle Technology
Oracle 10gの高パフォーマンスを実現したテクノロジ
今春登場する次世代のデータベース「Oracle 10g」のコアテクノロジを詳細に説明する。第1回目はOracle 10gの高パフォーマンスがなぜ実現されたのかを、キーとなる技術、ベンチマーク結果とともに紹介。Oracle 10gの開発チームが課せられた至上命題「Windowsプラットフォームでのパフォーマンス向上」はどのように達成されたのか(2004年2月)



@IT Special 記事企画
@ITリッチクライアント ソリューションカンファレンス Spring2004
今日、そして明日の業務システム開発の新シナリオ、集大成
〜各セッションのプレゼン資料ダウンロード開始

2004年1月27日に実施した「@ITリッチクライアント ソリューションカンファレンス Spring2004」のセミナーレポートをお届け。各セッションのプレゼンテーション資料(PDF)をダウンロードできます(2004年2月)



@IT Special 記事企画
SPSS新製品紹介
コアコンピタンスと"Enabling Technology(イネーブリング・テクノロジ)"の融合によって生み出された、SPSS製品が続々登場
SPSSのコアコンピタンスは「Predictive Analytics (予測解析)」にある。その中核をなす製品の最新バージョン"Clementine 8"をはじめ、アクセスログの分析が可能な"Web Mining for Clementine"など、2004年春の新製品情報をまとめてお届けする(2004年1月)



@IT Special 記事企画
StarTeamで変わるチーム開発
なぜあなたのプロジェクトは火を噴くのか?
プロジェクトマネージャ編:チームが思いどおりに動かない!

相変わらず火を噴くプロジェクトの連続。チームのスタッフが自分の思いどおりに動かず、いら立ちを禁じえないプロジェクトマネージャも多いだろう。一体、何が悪いというのか? そんなプロジェクトマネージャのためのソリューションを紹介しよう(2004年1月)



@IT Special 記事企画
StarTeamで変わるチーム開発
なぜあなたのプロジェクトは火を噴くのか?
現場開発者編:マネージャは現場が分かっていない!

「プロジェクトが火を噴くのは、プロマネの仕切りが悪いからだ!」と、憤る現場開発者は多いだろう。おまけに、「新しいツールを導入するからそれを使え」だって!? しかし、そのツールの使用が負担にならず、全体を効率化してくれるとしたらどうだろうか?(2004年1月)



@IT Special 記事企画
HP Integrity + BEA WebLogic Server
EPICアーキテクチャとWebLogic Serverが
Javaの最高パフォーマンスを発揮

インテルとHPが共同開発したインテルIntaium2プロセッサは、EPICアーキテクチャの採用で従来のCPUに勝る性能を誇る。このEPICアーキテクチャとWebLogic Serverの組み合わせは、実はJavaアプリケーションの実行速度においても最高のパフォーマンスを発揮する(2004年1月)



@IT Special 記事企画
手間ばかり掛かるウイルス対策とは決別
導入負荷・コスト・管理の不徹底の問題を一掃!
ウイルス対策の究極の姿とは?
ウイルス対策は管理負荷やコストが高い割に、社内に徹底させるのが難しい。だがVirusScan ASaPなら、導入の容易さ、運用コスト/負荷の少なさなどASPサービスならではのメリットが多数あり、徹底したウイルス対策を実現できる(2004年1月)



@IT Special 記事企画
Biz/Browser & Biz/Designer製品紹介
基幹業務を革新するリッチクライアントの世界
〜次世代Biz/Browser & Biz/Designerの魅力とは〜

いま、リッチクライアントが注目を集めている。中でも、基幹業務にフォーカスして使い勝手を追求したBiz/Browserから目が離せない。リッチクライアント「Biz/Browser」とその開発環境「Biz/Designer」の何が優れているのか、なぜ優れているのかを明らかにする。(2004年1月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Office Systemの実力 第2回
Webサービスで変わるMicrosoft Office 2003 Editions
ビジネス・アプリケーション環境

Office 2003はXML Webサービス対応を強化した最新・最強のアプリケーション。このXML Webサービス対応は、エンド・ユーザー、アプリケーション開発者、ネットワーク管理者のそれぞれが利益を享受できる。では具体的にどのような価値を提供するのかを見てみよう
(2004年1月)



@IT Special 記事企画
HPCテクノロジーセミナー
最適なHPCシステム導入のためのテクノロジーセミナー
ハイパフォーマンスコンピューティング、その可能性と導入メリット

2月25日(水)実施セミナーです。最適なHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)環境を導入、構築するためのポイントやプログラミング手法を解説し、さらにインテル株式会社から今後のHPCにおけるキーテクノロジーの動向を説明します(2004年1月)



@IT Special 記事企画
SSL VPN環境構築テクニカルセミナー
完全なクライアントレスで場所を問わない セキュアなリモートアクセス環境を実現するSSL VPNテクノロジー!
F5ネットワークスのSSL VPNアプライアンス製品『FirePass』の機能紹介とSSL VPNの技術解説、導入メリットを説明します。またリモートアクセス環境で不可欠なセキュリティや認証の必要性についてもあわせてご紹介します。 2月24日(火)実施(2004年1月)



@IT Special 記事企画
セミナーレポート
FlashとColdFusion MXによる
エンタープライズアプリケーション構築セミナー
Flashを活用したリッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)がもたらすメリット、RIAを容易に構築することができるColdFusion MXの紹介、そしてColdFusion MXを使った最新のユーザー事例、実践的システム構築例が分かるセミナーレポート(2004年1月)



@IT Special 記事企画
新春インタビュー
-アドビシステムズ:Adobe PDF & Readerでユビキタス環境実現
-アクシスソフト:業務システムにリッチクライアントが必要な理由

-翼システム:現場が本当に求めるもの、使いやすさを帳票から見る
リッチクライアントに注力するソフトベンダ3社が、市場の動向や各社が考える戦略、対応製品について語る。(2004年1月)

(1) 2000年9月 〜 2001年12月
(2) 2002年1月 〜 12月
(3) 2003年1月 〜 12月
(4) 2004年1月 〜 12月
(5) 2005年1月 〜 12月
(6) 2006年1月 〜 12月
(7) 2007年1月 〜 12月
(8) 2008年1月 〜 12月
(9) 2009年1月 〜 12月

 
@IT Special とは?
@IT Special は、
アイティメディア株式会社が
ITリーディング企業と協業して発信する
記事/サービスなどの広告企画の総称です。

製品情報、技術解説、事例、インタビュー、
セミナー、モニター、プレゼントなど、
読者のみなさまのお役にたつ情報を
お届けしてまいります。

ぜひ、ご参照ください。



印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ

アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー