@IT Special は、アイティメディア株式会社が、ITリーディング企業と協業して発信する記事/サービスなどの広告企画の総称です。
掲載期間:2005年1月〜12月


@IT Special 記事企画
Itanium Solutions Alliance Developer Days Japanレポート
Itanium Solutions Alliance Developer Days Japanレポート
Itanium 2ソリューションの普及促進を目的に発足したグローバル規模のアライアンス「Itanium Solutions Alliance」が、Linux開発者を対象に、このプロセッサの力を引き出すためのコツを直接伝授するユニークなセミナーを12月14日に東京で開催した。同セミナーの模様を緊急レポートする。(2005年12月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業 中間レポート「開発の進ちょくは?」
オープンソースによる開発実験プロジェクト
「未踏ソフトウェア創造事業」の2005年度上半期の開発が折り返し点を迎えた。開発を進めるうえでの技術的な課題やプロジェクト管理の難しさなど、問題は発生していないか。酒井プロジェクトリーダーが担当する2人の開発者に、アンケートで聞いた (2005年12月)



@IT Special 記事企画
SPSS Open House 2005 イベントレポート
「SPSS Open House 2005 イベントレポート 前編」
「SPSS Open House 2005 イベントレポート 後編」
11月8、9日に開催された「SPSS Open House 2005」では、今年も先進的なデータマイニング活用事例が発表された。同時にゼネラルセッションでは、SPSSが提唱する「Predictive Enterprise」への道のりを阻む3つの障害とは何か、それらをどう克服すべきかが示された(2005年11月)



@IT Special 記事企画
iSCSI対応ストレージ「CLARiX AX100i」実践導入記
iSCSIの活用でバックアップ作業の効率化を実現する
iSCSI対応ストレージ「CLARiX AX100i」によるスナップ・ショット機能の活用方法を解説する。スナップ・ショット機能を用いることで、バックアップのコストと手間が大幅に削減できる。iSCSIによるストレージ統合のメリットを実感してみよう(2005年12月)



@IT Special 記事企画
XMLデータベースの価値を再整理
第3回 リソース層の相互運用と最新Webサービス事情
プレゼンテーション層、ビジネス・ロジック層に引き続き、データベースや非同期メッセージングからなるリソース層の相互運用に注目する。後半では、ビジネス・システムの相互運用プロトコルとして、さらなる安全性と信頼性を向上させたWebサービス拡張仕様“WS-*”の最新事情をまとめる。(2005年12月)



@IT Special 記事企画
XMLデータベースの価値を再整理
XMLデータベース・ソリューション適材適所
XMLデータベースは、現在急速に広まりつつある。従来の技術ではうまく扱えなかったデータでも、XMLデータベースを有効活用することで、新たなビジネスチャンスを生み出せるからだ。しかしそのためには、XMLデータベースを適用するとうまくいくビジネス分野を正しく認識する必要がある。(2005年12月)



@IT Special 記事企画
第2世代のXMLデータベースの実力診断
ここまで来た! XMLデータベース選びのポイント指南
ユーザーのニーズに基づいて生まれてきた第2世代のXMLデータベースは、着実に採用実績を伸ばしている。しかしXMLデータベースの市場はまだまだ小さいため、どのような製品がどんな使われ方をしているか、あまり一般のエンジニアには知られていない。本記事ではNeoCore XMSとShunsakuの製品特性を紹介する。(2005年12月)



@IT Special 記事企画
企業のサーバの稼働効率を向上させ、TCOを削減する
Virtual Server 2005 R2が普及価格で登場、性能向上を実現
マイクロソフトの仮想化サーバソフト「Virtual Server 2005 R2」は、多くの企業で気軽に購入できる低価格に設定された新製品だ。前バージョンに比べて大幅な低価格に設定され、しかも64ビットやクラスタ対応によって飛躍的な性能向上を実現している(2005年12月)



@IT Special 記事企画
.NET/Java相互運用の現在・未来
第2回 .NET/Java相互運用の構成と利用可能なテクノロジ
.NETとJavaアプリケーションの相互運用とは具体的にどのようなものか。典型的な業務Webアプリケーションを例に、具体的にシステムの構成と相互運用のポイントをまとめてみる。相互運用のビジネス・ニーズは何か? それらのニーズに対応する.NET/Java相互運用のタイプと内部システム構成とは?(2005年12月)



@IT Special 記事企画
一歩先行くネットワーク戦略
りそなグループのビジネス生命線を支えるネットワーク戦略
事業の継続を揺るぎないものとし、企業の社会的信頼を守るためにシステムの礎となるネットワークを強くするという新しい設計思想。そんな先進的な設計思想を最大限に実現する「ギガストリーム」は、企業の厳しい要求に応えるネットワークサービスである。 今回は、情報の力をより集結させ、厳しい競争を勝ち抜こうとする新生りそなグループのケースをお伝えしよう。 (2005年12月)



@IT Special 記事企画
SQL Serverから最高のパフォーマンスを引き出す
「Spotlight on SQL Server」の問題解決力とは?
SQL Serverの大規模システムへの導入が進んでいる。高いパフォーマンスを要求される過酷な運用環境では、「チューニングいらず」といわれるSQL Serverであっても、パフォーマンス劣化を防ぐ対応は必要だ。SQL Serverのパフォーマンス管理・診断ツール「Spotlight on SQL Server」の問題解決力を紹介していこう(2005年12月)



@IT Special 記事企画
ゲートウェイでインターネットの悪意をブロック
スパイウェアもウイルスもスパムメールもeSafeにお任せあれ
スパイウェアの被害が報告された。ウイルスは相変わらずまん延している。始業から30分は受信箱に届いたスパムメールの削除作業だ……。eSafeはインターネットからやってくる脅威をクライアントPCではなくゲートウェイにおいて防ぐ統合型セキュリティ製品だ(2005年11月)



@IT Special 記事企画
SAP TechEd 2005 Tokyoパネルディスカッション
仮想化技術で実現するITシステムのTCO削減とは?
インテルが提供する仮想化技術を利用すると、マシンパワーの分割が高いレベルで実現可能になる。この技術は、企業のITシステムのTCO削減にどのように役立つのか。 SAP TechEd会場で行われたディスカッションを紹介する (2005年11月)



@IT Special 記事企画
Ninja-VAを核にシステム開発の生産性を向上させよう
テンアートニの「システム開発生産性向上委員会」
「システム開発生産性向上委員会」では、テンアートニがオープンソースとして提供するJ2EEフレームワーク「TenArtni Ninja-VA Framework」、そしてこのフレームワーク上での開発効率をさらに高めるツール「TenArtni Ninja-VA Studio」を中心に、システム開発の生産性を向上するためのさまざまな情報を提供していきます。(2005年7月)



@IT Special 記事企画
Ajaxを使わなくてもここまでデキる!
StraForm-Xが実現する「リッチWebフォーム」
ウイングアークテクノロジーズが「StraForm-X」で打ち出した「リッチWebフォーム」。標準技術だけで、しかもノンプログラミングで、リッチクライアントに勝るとも劣らない快適なWebフォーム入力を実現する。同社のStraForm-Xには、Webフォームの使い勝手を変える可能性がある。(2005年11月)



@IT Special 記事企画
一歩先行くネットワーク戦略
日本経済新聞社が守るべき領域を専用線に託す理由
社会的義務を担い、先進的な企業が専用線を注目しているという。重要な企業ネットワークインフラに、専用線を導入する理由と進化する専用線の実態は「進化した専用線を活用するという一歩先行くネットワーク戦略」でお伝えした通りだ。 ここでは、実際の現場での使われ方を知るために、日本経済新聞社が専用線を利用する方法と理由を聞いた。 (2005年11月)



@IT Special 記事企画
.NET/Java相互運用の現在・未来
第1回 相互運用本格時代の到来とその背景
WindowsとUNIX、.NETとJavaなど、異なるプラットフォームの連携を前提として情報システム全体を構成するSOAアプローチが本格化している。相互運用を実現するために知るべきことは何か? 相互運用を支える技術や製品には何があるか? 主にJavaと.NETプラットフォームを中心に、相互運用の基礎から最新動向までをまとめる(2005年11月)



@IT Special 記事企画
企業メール・システム活用、次世代戦略への「10のヒント」
第4回 答えは「企業の健全な成長を促す情報化投資」
メッセージの送受信はすでに可能なのに、どうして米国企業はなおメール・システムに投資を続けるのか? その答えは、企業の健全な成長を促すためだ。メール・システムのさらなる進化により、大幅な生産性向上と、セキュリティ・リスク/管理コスト圧縮を同時に実現することが可能になる(2005年11月)



@IT Special 記事企画
企業メール・システム活用、次世代戦略への「10のヒント」
― 米国企業はなぜメールにいまなお投資を続けるのか? ―
米国ユーザーは、なぜ高価なメール環境にわざわざ投資するのか?理由は大きく3つ、第1はさらなる生産性の向上、第2はセキュリティの強化、第3は運用管理コストの低減である。本稿では、これらの理由をさらに探るべく、次世代のメール・システム構築に向けて検討すべき以下のような10個のヒントを取り上げ、個々に検討していく。(2005年10月)



@IT Special 記事企画
新種リッチクライアント出現「TenArtni Ninja-VA for Win2Jaws」
クライアントに.NET、サーバにJavaという選択
「TenArtni Ninja-VA」が従来のWebアプリケーションを超えて、さらなるターゲットへと動き出した。新たに拡張された「Ninja-VA for Win2Jaws」は、WindowsクライアントとJavaサーバーモジュールの連携を前提とした斬新な“リッチクライアント・ソリューション”と位置付けられる。この混合アーキテクチャにどんなメリットがあるのか?(2005年10月)



@IT Special 記事企画
ソニーブロードバンドソリューション
効率化とビジネスチャンス拡大、次世代の企業ネットワークに迫る
ソニーの先進的なネットワークソリューションをご存知だろうか。企業の円滑なコミュニケーション、業務の効率化、ビジネスチャンスの拡大を実現するための「コミュニケーションの変革」、企業活動に信頼と安心をもたらす「セキュリティの変革」をサポートしている。効率化とビジネスチャンス拡大を実現する次世代の企業ネットワークに迫る(2005年10月)



@IT Special 記事企画
企業メール・システム活用、次世代戦略への「10のヒント」
第3回 TCO削減と障害リスクの低減を可能にするプラットフォームの条件
人事異動や組織改編がシステム管理の大きな負担になっていないか? 増え続けるサーバ管理の負荷が、指数関数的に増加していないか? 万一の障害による被害リスクは最小化されているか? これからのメッセージ・プラットフォームは、TCOとリスクの双方を大幅に削減できるものでなければならない(2005/10/20)



@IT Special 記事企画
一歩先行くネットワーク戦略
進化した専用線を活用するという一歩先行くネットワーク戦略
「信頼性やセキュリティが高いのは分かるがコストが問題」ととらえがちだった専用線。しかし、専用線=「高い」というのは一昔前の話だという。新世代の専用線は、拠点間の距離やネットワーク構成によっては、広域イーサネットと同等かそれ以下のコスト感覚で使えるというのだ。実態を見てみよう (2005年10月)



@IT Special 記事企画
日立 ディザスタリカバリ・ソリューション(後編)
ディザスタリカバリ・システムをニーズに合わせて導入できる
「ビジネスコンティニュイティ・スイーツ」の総合力

日立製作所が提供するディザスタリカバリ・システムは、単に優れた製品を用意しているだけではない。後編では導入の障壁となる「コスト」の削減、および短期間で効率的にシステム構築するための支援サービス「ビジネスコンティニュイティ・スイーツ」を紹介しよう(2005年10月)



@IT Special 記事企画
企業メール・システム活用、次世代戦略への「10のヒント」
第2回 あなたのメール・システムは安全か?
いまや企業では常識となったウイルス/情報漏えい対策。しかし現状は、ちょっとしたユーザーの不注意で簡単に崩れてしまうものが少なくない。企業のセキュリティ・リスクを抜本的に低減する対策とはどのようなものなのか? また、何が起こっても、常に問題の所在を追跡できるメール・システムが必要とされている(2005/10/16)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業の開発者に聞く
オープンソースによる開発実験プロジェクト
IPAの「未踏ソフトウェア創造事業」で2005年上半期のプロジェクトが採択された。採択されたのは「3Dファクスの開発」と「マルチメディアコンテンツの配信とそのコミュニティ支援システムの開発」の2プロジェクト。それぞれの開発者に未踏プロジェクトに応募したきっかけと開発のロードマップを聞いた (2005年9月)



@IT Special 記事企画
「Accessの帳票を短期間にWeb化したい」に応えるA2Jawsサービス
「A2Jawsサービス」Accessレポートにも対応!
Microsoft Accessを容易にWebアプリケーションに移行できるソリューションとして、A2JawsのAccessフォームのマイグレーション機能を紹介したが、A2Jawsは、Accessレポートのマイグレーションも提供するという。WebReportCafeと組み合わせることで、Accessレポートのブラウザ+PDFによるWeb化が容易に実現できるのだ。実際に詳細を見てみよう(2005年9月)



@IT Special 記事企画
SPSS製品導入事例探求シリーズ
SPSS製品 導入事例探求シリーズ 第17回 アルソア編
「「テキストマイニングに取り組む価値と期待」

自然との調和をコンセプトにした化粧品や健康食品などの製造・販売を手がける株式会社アルソアでは、テキストマイニングにより自社製品に対する顧客の心理的ハードルが読み取れたという。テキストマイニングの価値を改めて探求する(2005年9月)



@IT Special 記事企画
Javaでミッションクリティカルを実現する方法とは
Java Virtual MachineがJavaの弱点!?
Javaが今日の成功を収めた理由の1つとして、Java VM(Virtual Machine)による高いポータビリティが挙げられる。しかしいま、Javaのミッションクリティカルへの適用に際して、Java VMが“アキレス腱”となっている。一体、Java VMにどのような問題があるのか。そして、どうすれば解決できるのか?(2005年9月)



@IT Special 記事企画
ネットワークカメラのススメ
個人情報を盗み出す“共連れ”侵入を防げ
個人情報保護法を機に物理セキュリティが見直されている。ある企業では一般社員にICカード認証を、サーバルームの入退室管理には指紋認証を導入する計画を立てた。しかし、それだけでは機密情報はやすやすと盗み出されてしまう! 物理セキュリティを補完するネットワークカメラのススメ(2005年9月)



@IT Special 記事企画
企業メール・システム活用、次世代戦略への「10のヒント」
第1回 「メールを送受信できる」だけでは十分ではない
メールが使えるのは当たり前。しかしただ送受信できるだけでよいのか? ユーザーは大量の受信メールにおぼれて、途方に暮れていないか? 会社のデスクからしかメールにアクセスできなくてよいのか? 今回は、メール・システムの生産性向上にスポットをあて、次世代メール・システムを検討するための4つのヒントをご紹介する(2005年10月)



@IT Special 記事企画
グループウェア「desknet's」ユーザー座談会
グループウェアで劇的に変わる業務スタイル
イントラネットでグループウェアを利用して業務効率を上げるにはどうしたらいいのか。そもそも社員全員にグループウェアを利用させるにはどんなアプローチが効果的なのか。実際にグループウェアを導入した企業3社の担当者がノウハウを語ります(2005年9月)



@IT Special 記事企画
XMLデータベース“NeoCore”活用事例(1)
ワークフロー管理システムに必要な非定型データは
XMLネイティブ・データベースでなければ扱えなかった

XMLデータベースは着実に業務システムのデータベース・エンジンに採用されだしている。本記事では住友電工フィールドシステムが開発したワークフロー管理プラットフォーム「BizCore」において、なぜXMLデータベース「NeoCore」が採用されたかを解説する。(2005年8月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
オープンソースによる開発実験プロジェクト
IPA「未踏ソフトウェア創造事業」の2004年第2回の開発プロジェクトが8月末で終了する。予定していた開発を見通しどおりに進めることができたプロジェクトや、思い通りに進めることができなかったプロジェクトなど結果はさまざま。プロジェクト・マネージャの酒井裕司氏に総評を聞き、開発者にまとめのアンケートを行った(2005年8月)



@IT Special 記事企画
日立 ディザスタリカバリ・ソリューション(前編)
“データ損失ゼロ”でメインサイトのオンライン性能も下げない
驚異のディザスタリカバリ最先端技術

大規模地震発生国の日本では、データを守りビジネスに空白を作らない「ディザスタリカバリ」は必須のシステムインフラだ。遠距離間でのデータ同期バックアップと、メインサイトのオンライン性能を同時に実現した日立製作所のテクノロジを紹介していこう。(2005年8月)



@IT Special 記事企画
SPSS製品導入事例探求シリーズ
SPSS製品 導入事例探求シリーズ 第16回 カーマ編
「完璧な需要予測は必要ない!」

需要予測を発注業務に組み込むことに成功したホームセンター“カーマ”では、いたずらに需要予測の精度を追求することはなかったという。では、需要予測システム導入を成功に導いたのは何だったのか。カーマの逆転の発想の真相に迫る(2005年8月)



@IT Special 記事企画
USENの"格安”ギガ光ファイバ網の実力を探る
限りなくギガに近いベストエフォートのコストパフォーマンスとは?
これまでにない大容量の法人向けインターネット接続サービスUSEN「BROAD-GATE 02」。1Gbpsの「光ギガビットアクセス」を月額50万4000円という驚くべき低価格で実現している。気になるUSENのハイスペックなバックボーンの実力はいかに? さらに、一見難しい「高品質かつ低価格」という要件が両立できている理由を探る(2005年8月)



@IT Special 記事企画
最新XMLデータベースの先進的テクノロジ
テラバイトOK! 大容量データでも高速検索を可能にした
XMLデータベース「TX1」

RDBを使用してもうまく処理できないニーズの解決策としてXMLデータベースの需要は年々高まっている。最新鋭のTX1はXMLの構造に基づいた索引のほかに、全文検索に用いられる語い索引も持つハイブリッド型。その独自のテクノロジを詳しく紹介する (2005年7月)



@IT Special 記事企画
Microsoft AccessからWebアプリへ移行させる「A2Jaws」プロジェクト
Access資産を徹底的に再利用
TenArtni Ninja-VA が実現するWebシステム変化の術

J2EEフレームワーク「TenArtni Ninja-VA Framework」の特性を利用し、Microsoft Accessのオブジェクトとそのプロパティ情報をWebアプリケーションにシームレスに移行させる、新たなプロジェクト「A2Jaws(Access to Java Web System)」とは (2005年7月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
革新的なソフトウェアは現れるだろうか?
未踏ソフトウェア創造事業は、今年も多数の応募があった。
果たして採択されたプロジェクトはどのようなものなのか。 (2005年7月)



@IT Special 記事企画
オープンソースによる開発実験プロジェクト
3Dファクスの開発って何ができるの?
IPA「未踏ソフトウェア創造事業」の2005年上半期で、3次元データを簡単にインターネットで送信できる「3Dファクス」の開発プロジェクトが採択された。 デジタルカメラと液晶プロジェクタを組み合わせた簡単な仕組みで、3次元データの送信を可能にする。従来の技術と比べて低コストで利用できるという。その技術、応用範囲を説明する (2005年7月)



@IT Special 記事企画
オープンソースによる開発実験プロジェクト
マルチメディアコンテンツの配信と
そのコミュニティ支援システムの開発

IPA「未踏ソフトウェア創造事業」の2005年上半期では、ブログを使った開発プロジェクトも採択された。プロジェクトではブログの仕組みを使って動画などマルチメディアコンテンツを管理。コンテンツの流通促進、コミュニティの活性化も狙う (2005年7月)



@IT Special 記事企画
SPSS製品導入事例探求シリーズ
第15回 山形銀行編
「Win-Winな成果をもたらした“与信審査システム”」

山形銀行では、2005年5月に全店舗へデータマイニングを利用した「与信審査システム」を展開した。これにより、これまで約1週間かかっていた住宅ローン審査業務が最短30分と短縮された。画期的な業務革新の成功事例を紹介する(2005年7月)



@IT Special 記事企画
Team SoleSuite Xpriori Plug-in <【XMLDB.jp】サイトでご覧ください>
Eclipse内でXMLDBを操作できるXprioriプラグイン
DBアプリケーションの開発では、テストやデバッグの際にデータを頻繁に参照したり変更することになる。その都度管理コンソールを開き、クエリを書くのは非効率的である。Team SoleSuite Xpriori Plug-inを使えば、Eclipseの中で直接XprioriやNeoCoreのデータを参照したり編集できる。(2005年7月)



@IT Special 記事企画
インテルのビジネス・サーバ・ソリューション探求
大手ベンダ完敗、ホワイトボックス・サーバが選ばれる理由
ビジネス・サーバで大きなシェアを占めるインテル。顧客から圧倒的な支持を受ける理由は、革新的で投資対効果の高いプロセッサを開発する技術力に加え、ハードウェア・ベンダに対する手厚いサポート力も見逃せない。本記事では、国内最大手のホワイトボックス・サーバ・ベンダとインテルの協業ソリューションを紹介してみよう (2005年7月)



@IT Special 記事企画
大規模システム開発を成功させるために
Software Factoriesによるソフトウェア開発手法
前回「『工業生産の効率的手法』をソフトウェア開発に適用する」では、Software Factoriesが目指すソフトウェア開発の工業化の理念を説明した。今回は、その理念を実現する具体的なソフトウェア開発手法を解説しよう。ポイントはDSL(Domain Specific Language)を利用した“関心の分離”にある。(2005年7月)



@IT Special 記事企画
iSCSI対応ストレージ 「CLARiX AX100i」実践導入記 導入編
iSCSI対応ストレージ 「CLARiX AX100i」の導入でストレージ統合を目指す
iSCSI対応ストレージ「CLARiX AX100i」を編集部に導入し、2台のWindowsサーバのストレージを統合してみた。接続に必要な機材は、安価なイーサネット・カードやスイッチング・ハブのみ。Windowsネットワークの基本的な知識があれば、意外と簡単に導入できる。導入の過程とメリットについて解説する。(2005年7月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
オープンソースによる開発実験プロジェクト
IPAの「未踏ソフトウェア創造事業」の2004年第2回公募で採択された開発が折り返し点を迎えた。これまでに実装した機能や進捗、着地への見通しを開発者にアンケートで聞いた。開発者の中には、開発を始める前には想定していなかった「こんなはずじゃなかった〜」という事態も発生しているようだ (2005年6月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェアテスト・ミーティング レポート
マイクロソフトが考えるソフトウェアの品質向上
ソフトウェア品質向上のコンセプトは“多層防御”。多層的な取り組みによるソフトウェア品質向上のノウハウを解説する。(2005年6月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェアテスト・ミーティング レポート
情報システムの品質最適化への挑戦
「品質」は、今日のシステム開発においてもっとも注目されているキーワードだ。次々に台頭する新技術、システム要件の多様化などが絡みあい、開発プロジェクト自体が困難をきわめている。こうした中、かつてのような「高品質=バグがない」という公式は、もはや成り立たなくなってきた。(2005年6月)



@IT Special 記事企画
迅速な経営判断を導くためのIT
「いま現実となる中堅・中小企業のためのEPM」
ビジネスの未来が見える情報活用とは!?

EPM(Enterprise Performance Management)は、日常から業績を監視し、即座に経営の意思決定に役立てるというコンセプト。従来、大企業向けと思われていたEPMが、CEC、PCA、ウイングアーク、マイクロソフトによって、いよいよ中堅・中小企業でも利用できる領域に入ってきた。4社の担当者ががEPMの可能性を語り合った。(2005年6月)



@IT Special 記事企画
Oracle Business Intelligenceの全貌(3)
全社が「今」をつかんで動くため“速く”“機敏に”“分かりやすく”
蓄積されたデータをビジネスで役立てる真の「力」に変えるためには、全社員がリアルタイムに活用できるビジネス・インテリジェンス基盤を確立しなければならない。最終回となる今回は「Oracle Business Intelligence 10g」のリアルタイム性能、分析ツール「OracleBI Discoverer」、シングルサインオンなどを紹介しよう。 (2005年6月)



@IT Special 記事企画
Oracle Business Intelligenceの全貌(2)
見逃すな!全社BIに立ちはだかる“コスト”“労力”“セキュリティ”
ビジネス・インテリジェンスを全社展開する場合、製品個別の機能や人気に目を奪われて、全体最適や維持/運用管理負荷といった問題を考慮しないと、導入後に「こんなはずではなかった」という事態に陥る。BIスイート製品「Oracle Business Intelligence 10g」のメリットを“コスト”“労力”“セキュリティ”から紹介しよう。 (2005年6月)



@IT Special 記事企画
デジタル・エンタープライズを支えるサーバ・プラットフォームとは
インテルが推進する「デジタル・エンタープライズ」が企業の成長を加速する
インテルは、「デジタル・エンタープライズ」というビジョンを掲げ、ビジネス上のさまざまなリスクの軽減とコストの削減を実現し、ビジネスの成長を図り、時と場所を選ばない「リアルタイム・ビジネス」を可能にすることを目指している。この「デジタル・エンタープライズ」を支えるサーバ・プラットフォームとはどのようなものなのだろうか?(2005年6月)



@IT Special 記事企画
SPSS Data Mining Day 2005 イベントレポート
▼ イベントレポート前編 「データマイニングとマーケティング革新
▼ イベントレポート後編 「ユーザー事例 I & II
▼ 協賛社スペシャル・レポート
“負の情報”を有効活用するためのシステムとは?
データという素材をいかに上手く調理するかが重要
データという資産を利益に変換できる分析コンサルティング
(2005年5月)



@IT Special 記事企画
Oracle Business Intelligenceの全貌(1)
BIニーズは「全社規模の情報活用」へ、その成功法則とは?
データウェアハウスに複数ベンダのBIツールを組み合わせて構築する既存のBIソリューションが行き詰まりを見せている。そこで満を持して登場したのが、「Oracle Business Intelligence 10g」だ。今日の情報活用ニーズや顧客の声に応えた統合型データ徹底活用ソリューション。その全貌をお見せしよう。 (2005年5月)



@IT Special 記事企画
いまこそ必要な迷惑メール対策ソリューション
家族に忍び寄るフィッシング詐欺の脅威
フィッシング詐欺の話題を聞いても、「自分は大丈夫」と思う人が多いだろう。だが、自分の家族についてもそうだといい切れるだろうか? いますぐ、あなたの家族をフィッシング詐欺から守る手段が必要だ。その際、メールアドレスや使い勝手が変化しないようにすることが重要な要素となる。(2005年6月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
奥一穂氏が未踏「スーパークリエータ」に、「世界に通用」と評価
未踏ソフトウェア創造事業の開発者の中で特に優秀と認められた開発者が認定される「天才プログラマー/スーパークリエータ」に奥一穂氏ら15人が選ばれた。IPAの担当者が「今年はかなり関門が狭かった」と語るスーパークリエータ。奥氏はIPA、プロジェクト・マネージャから開発のどこを評価されたのか (2005年5月)



@IT Special 記事企画
PC内のデータをSQL Serverに吸い上げる移行プラン
Excel、Accessを“簡単”“廉価”にアップサイジングしよう
2005年5月、SQL Serverのラインアップに、廉価な新エディション「SQL Server 2000 Workgroup Edition」が追加された。ターゲットとするのは、Microsoft Office製品のAccessやExcelでデータ管理を行ってきた小規模システム管理者だ。Access/ExcelユーザーがWorkgroup Editionにアップサイジングする必要性とメリットは何だろうか?(2005年5月)



@IT Special 記事企画
なぜ今、IPSec VPNが見直されているのか?
ビジネス・モビリティを加速するNokia VPNソリューション
SSL VPNが主流になったVPN業界。NokiaもSSL VPN製品を手掛けるベンダの1つだ。そのNokiaが「ビジネス・モビリティ」「Meta-Hop」というキーワードを引っさげIPSec VPN製品を投入した。2つのラインナップを揃える意図はどこにあるのだろうか?(2005年3月)
ノキア・ジャパンは、「Networld+Interop Tokyo 2005」にVPNソリューションを出展します(2005年5月)



@IT Special 記事企画
BladeFrameとC-ONEソリューション
Oracle RACフェイルオーバーを高速化するSGeFF
HP Serviceguardのフェイルオーバーをさらに高速化するオプション製品がSGeFFだ。これを使えば、クラスタの再構成にかかる時間を「数秒程度」にまで短縮可能だ。SGeFFがどのようにして大幅な時間短縮を実現するのか、その動作メカニズムを掘り下げてみる。(2005年4月)



@IT Special 記事企画
新ソリューションbiz-Stream v4
Webシステム時代の“帳票”アプリケーションを支える
ブレインセラーズ・ドットコムが提供するオンデマンド・リアルタイムPDFジェネレータbiz-Streamがv4へとメジャー・バージョンアップし、ますます強力な“帳票”インフラに成長した。新たに追加された「ダイレクト印刷機能」「biz-Stream専用サーバ機能」の2機能について紹介することにしよう。(2005年5月)



@IT Special 記事企画
クライアント セキュリティ セミナー 2005
スパイウェア vs. シマンテック――企業内クライアントPCに潜むスパイを発見せよ
スパイウェアは密かに企業内のPCに侵入している。しかも、ユーザーが自らの手で招き入れているのだ。まずはスパイウェアがどのようなものかを知らなければならない。そして、企業の取るべきスパイウェア対策とは? シマンテックの新製品発表イベントにて全貌が明らかに!(2005年5月)



@IT Special 記事企画
SOAプラットフォーム“BEA WebLogic Integration Server”
SOA基盤での社内情報インフラ再構築を目指す
伊藤忠テクノサイエンス株式会社は、東京地区オフィスの統合を契機に、新しいオフィス・ワークスタイルを提供するプロジェクトを開始した。同プロジェクトのミッションの1つに、ビジネス環境の変化に柔軟に対応可能な新しい情報基盤の整備がある。同社はその整備にSOAを選択した。社内のビジネスプロセスを可視化し、基幹系も含めたシステム統合を目指す新たな取り組みが始まっている。 (2005年4月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
開発者に素朴な質問 「どうしてIPA未踏に応募したの?」
情報処理推進機構(IPA)が実施する「未踏ソフトウェア創造事業」の2004年第2回公募で採択された開発者らは、どのようにIPA未踏プロジェクトを知り、どのような考えで応募を思い立ったのか。そんな素朴な疑問にアンケートで答えてもらった。3人の開発者からは興味深い、さまざまな回答が返ってきた。(2005年4月)



@IT Special 記事企画
BladeFrameとC-ONEソリューション
高可用性を実現するLinuxブレードサーバ
集積度を高めるだけのブレードサーバは、TCO削減には寄与しない。従来のブレードサーバとは一線を画するBladeFrameは、ブレードとストレージの関係を仮想化することにより、動的に仮想サーバを生成する。この機能により、必要なときに必要な機能を提供する柔軟性と障害時の高可用性を実現している。(2005年4月)



@IT Special 記事企画
パワードコムの新戦略(3) 法人向けインターネット接続サービス
電力系FTTWの実力、いよいよ発揮、法人向けサービス
パワードコムは法人向けインターネット接続「Powered Internet」のサービス内容を一気に拡充する。電力各社と協業した光ファイバ接続「電力系FTTW」を立ち上げ、インターネットVPN分野へ本格的に乗り出す意向だ。また、広域イーサネットとのアクセス回線共有、付加価値アプリケーションなど新メニューを続々登場させる。詳細を見てみよう(2005年5月)



@IT Special 記事企画
パワードコムの新戦略(2) Hybrid-Network Solutionとは?
ワンストップサポートでメリハリ・ネットワーク時代の先頭に立つ
パワードコムの新商品戦略「ネットワークのユーティリティサービス化」。その1つの「Hybrid-Network Solution」では、高品質サービスと、VPNの一元提供ソリューションを展開する。企業ネットワークがハイブリッド型へシフトし始めたのを受け、広域イーサネット、IP-VPN、低価格VPNの3本柱を適材適所にワンストップで提供/サポートし、コストダウンとパフォーマンスアップを実現する。(2005年5月)



@IT Special 記事企画
パワードコムの新戦略(1) 超顧客主義とは?
ユーティリティサービス化を目指すパワードコムの新商品戦略
広域イーサネット分野など、電力系通信事業者のパワードコムが法人向け通信サービス分野で存在感を増している。「超顧客主義経営」を掲げ、ITインフラのユーティリティサービス化に向け本格的に攻めに打って出る。その全体像紹介をはじめとして、3回シリーズに渡り、パワードコムの次なる商品戦略に迫る。(2005年4月)



@IT Special 記事企画
BladeFrameとC-ONEソリューション
Oracle RAC 10g+HP Serviceguardの勘どころ
Oracle Database 10gのクラスタ・テクノロジReal Application Clusters 10g(以下、RAC 10g)では、オラクルが開発したクラスタウェアCluster Ready Services(以下、CRS)の利用が必須となった。業界標準のクラスタウェアであるHP ServiceguardとCRSを組み合わせて使うことで、より優れた可用性が得られる。(2005年4月)



@IT Special 記事企画
次世代開発基盤技術“Software Factories”
「工業生産の効率的手法」をソフトウェア開発に適用する
マイクロソフトがVisual Studio 2005のリリースとともに導入を進めているSoftware Factoriesについて解説する。Software Factoriesとは、より効率的に、そして高い生産性を維持しながら開発作業を進めていくために考案されたマイクロソフト独自の工学的なアプローチである (2005年4月)



@IT Special 記事企画
国産のGUI開発ツール「TenArtni Ninja-VA」とは?
JSFを凌駕するビジュアルWebシステム構築ソリューションの誕生
テンアートニから、J2EEベースのWebアプリケーションをGUIの上でデザインできる開発ツールが登場した。テンアートニがオープンソースとして提供するJ2EEフレームワーク「TenArtni Ninja-VA Framework」、そしてこのフレームワーク上での開発効率をさらに高めるツール、「TenArtni Ninja-VA Studio」の機能を紹介する。(2005年4月)



@IT Special 記事企画
NTTグループ RSA Conference 2005 JAPAN
NTTグループが実現する安心・安全なIPネットワークインフラ
いまやIPネットワークは単なる通信インフラではなく、生活に欠かせないライフラインとなりつつある。次なるステップとして求められているのは、さまざまな脅威に立ち向かえる柔軟なセキュリティソリューションだ。NTTグループが実現する安心で安全なIPネットワークとは? (2005年4月)



@IT Special 記事企画
Linux 64bitとOracle RAC 10gによる基幹システム構築の
ベストプラクティス
第3回
Oracle RAC 10gを実機で体験できるワークショップ(後編)

Oracle RAC 10gを最高の実機環境で体験できる「Oracle RAC 10g for Linux 64bit 構築+実践ワークショプ」。後編ではそのハイライトと呼べる「実践編」の詳細な内容をお届けする。 (2005年4月)



@IT Special 記事企画
Accessユーザーのアップグレードを強力にサポート
SQL Server 2000に9万円台の“Workgroup Edition”登場
Windows Server製品群の中核をなすリレーショナル・データベース「SQL Server」にライセンス料を大幅に引き下げた新エディション「SQL Server 2000 Workgroup Edition」が追加される。「Yukon」のリリースを2005年中に控えたこの時期、マイクロソフトがAccessユーザーに向けて製品ラインアップ強化を行った背景を考察してみよう。 (2005年4月)



@IT Special 記事企画
Dynamic Systems Initiative(DSI)の全容
モデル中心の開発手法が自律型システムの構築を可能にする
マイクロソフトは、(システムの設計、開発から運用までを含む)ソフトウェア・ライフサイクル全般の簡素化、自動化、柔軟性向上を図ることを通じて、運用・管理の効率化を実現する取り組みをIT業界全体で推進していこうとしている。(2005年4月)



@IT Special 記事企画
既存アプリケーションを活用したASP.NET Webアプリ開発の実際
無償ソフトウェアで始める、お手軽ASP.NETサイト構築
ASP.NET Webアプリ開発は、ゼロからのフルスクラッチ開発ばかりではない。本格的な無償ソフトウェアのASP.NET Webアプリケーションも多数利用できる。本稿では、ユーザー・コミュニティ・システムとして話題のCommunity Serverを例に、無償ソフトウェアを基にしたASP.NETアプリ開発の実際を披露する。
(2005年3月)



@IT Special 記事企画
.NETとJ2EE、サーバサイド・テクノロジの真実
.NETプラットフォームが選ばれた
6つのテクニカル・アドバンテージ <後編>
.NETとJ2EEの提供するテクノロジを詳細に検討する本企画の後編では、「クラスタリング・システム構築の基盤」「リッチクライアント環境」「ユーザー/サーバ管理機能」の3点を取り上げる。Webアプリケーションのプラットフォーム選択に当たって、両者の価値を見極める総合的な視点を磨いてほしい。(2005年3月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業で採択されたプロジェクトの技術詳細
プロジェクト終了を迎えた開発者に聞く
「IPA未踏から得たものは?」

情報処理推進機構(IPA)が実施する「未踏ソフトウェア創造事業」の2004年度第1回採択のプロジェクトが開発期間終了を迎えた。開発者らは何を経験し、何を得たのか。アンケートを実施し、開発工程、今後の開発、IPA未踏の応募者へのメッセージを聞いた(2005年3月)



@IT Special 記事企画
Xprioriを使いこなすためのTips集[XML構造編]
XprioriチューニングTips
RDBと同じく、XML DBもデータ構造がパフォーマンスに影響を及ぼす。XMLの構造を見直すことで、クエリを大幅に簡略化することも可能なのだ。今回は、効率的なXML構造の書き方について、XprioriおよびNeoCore(以下便宜上Xprioriと総称)を使って説明する(2005年3月)



@IT Special 記事企画
Linux 64bitとOracle RAC 10gによる基幹システム構築の
ベストプラクティス
第2回
Oracle RAC 10gを実機で体験できるワークショップ(前編)

Oracle RAC 10gを最高の実機環境で体験できる「Oracle RAC 10g for Linux 64bit 構築+実践ワークショプ」。前編の今回は2日間の「構築コース」で行われる具体的な演習内容を紹介しよう。 (2005年3月)



@IT Special 記事企画
.NETとJ2EE、サーバサイド・テクノロジの真実
.NETプラットフォームが選ばれた
6つのテクニカル・アドバンテージ <前編>
Webアプリケーションの2大プラットフォームに成長した.NETとJ2EE。両者の提供するテクノロジを詳細に検討し、プラットフォーム選択に役立つ情報を提供する本記事の前編では、サーバサイドのコアテクノロジとして、「Webアプリケーション・サーバの技術基盤」「ビジネス統合ミドルウェア」「統合開発環境」の3点を考察する(2005年2月)



@IT Special 記事企画
Xprioriを使いこなすためのTips集[XPath & XQuery編]
XprioriチューニングTips
XprioriおよびNeoCoreを使うのは決して難しくないが、SQLデータベースとは異なるノウハウが要求される。今回は、Xprioriでクエリを実行する際に知っておくべきXPathおよびXQuery関連Tipsを紹介する。ちょっとした工夫でクエリが大幅に高速化することが分かるだろう(2005年3月)



@IT Special 記事企画
なぜ今、IPSec VPNが見直されているのか?
ビジネス・モビリティを加速するNokia VPNソリューション
SSL VPNが主流になったVPN業界。NokiaもSSL VPN製品を手掛けるベンダの1つだ。そのNokiaが「ビジネス・モビリティ」「Meta-Hop」というキーワードを引っさげIPSec VPN製品を投入した。2つのラインナップを揃える意図はどこにあるのだろうか?(2005年3月)



@IT Special 記事企画
セキュリティもメンテナンスもアウトソース
beatで楽々インターネットVPN
拠点間を接続したり、社外のネットワークから内部へリモートアクセスしたりとインターネットVPNを活用することで業務効率を上げることができる。富士ゼロックスが提供するオールインワンのアウトソースサービス「beat」を使えば、専任の管理者も深い知識も不要だ(2005年2月)



@IT Special 記事企画
Webアプリ・プラットフォームとしてWindowsを選択する7つの理由
現場の実態を@IT読者アンケート、開発者インタビューで知る
現場のプログラマにとって、Windows+ASP.NETとフリーJavaはそれぞれどのような選択として映っているのか? @IT読者アンケート結果と、ASP.NET/Java双方を手がけるシステム・インテグレータへのインタビューを元に、開発現場の実態を浮き彫りにし、机上の空論ではない両プラットフォームの長所短所について比較、考察してみよう。(2005年2月)



@IT Special 記事企画
エクストリーム ネットワークス Aspen 8800 シリーズ
ハードウェア・コンポーネント、ネットワーク構成の両面で冗長化
複数のレイヤにまたがり機能の相互連携によって冗長化するAspen 8800シリーズ。リアルタイム・アプリケーションの品質までを考慮に入れた信頼性を確保するために、ハードウェア・コンポーネントとネットワーク構成の両面で冗長化を図るという。 コネクションレスのTCP/IPネットワークで冗長化を実現する方法とは? (2005年3月)



@IT Special 記事企画
F5 Tech Tour 2005 東京(2月9日)レポート
あまたのWebアプリ攻撃に鉄壁の防御を
F5のWebアプリケーションファイアウォール「TrafficShield」は、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなど、ほとんど全てのWebアプリケーションへの攻撃を防御する新製品だ。最大の特徴である「ポジティブセキュリティロジック」とは? 技術者による技術者のための技術セミナー2日目の様子をお届けする(2005年2月)



@IT Special 記事企画
F5 Tech Tour 2005 東京(2月8日)レポート
今企業に求められているトラフィックマネジメントとは
リッチクライアント、SOAP、RFIDといった先進技術により、より高度なトラフィックマネジメントが要求されている。F5の「BIG-IP v9」はフルプロクシアーキテクチャを採用し、ネットワーク上を流れるコンテンツレベルでのマネジメントが可能になった。(2005年2月)



@IT Special 記事企画
Linux 64bitとOracle RAC 10gによる基幹システム構築の
ベストプラクティス
第1回 Linux 64bit時代到来でOracle RAC導入が加速する
2004年以降OracleデータベースにおけるLinuxプラットフォームの採用が急速に増加しているという。その大きな要因の1つに「Oracle RAC」の存在が挙げられる。基幹システムへの導入も始まったLinux+Oracle RAC 10gの最新事情を紹介しよう。 (2005年2月)



@IT Special 記事企画
[2005年2月近況レポート] IPA未踏プロジェクト アンケート
プロジェクトのロードマップを明らかにする
IPAの「未踏ソフトウェア創造事業」の2004年第2回公募で採択された開発者らは、どのように開発プロジェクトを進める考えなのか。プロジェクトのロードマップや実装する機能を聞いた。プロジェクトを予定通りに進めるコツとは?(2005年2月)



@IT Special 記事企画
エクストリーム ネットワークス Aspen 8800 シリーズ
瞬断を許さないVoIPアプリケーションに有効な機能とは
IP電話のようなリアルタイム・アプリケーションでは、パケット到達の遅延や転送時間のバラツキは即座にユーザーに知覚され、通話品質を低下させてしまう。業務連絡の停滞が招く企業への損害は大きいことは言うまでもない。ここでは、キャリアクラスの通話品質を実現するAspen 8800 シリーズの実力とVoIPネットワークの構成例を紹介する。 (2005年2月)



@IT Special 記事企画
サーバ増強の“最適解”──「サーバ仮想化」最前線(4)
サーバを増やす「打ち出の小づち」、vPars
テスト用や開発用のサーバがほしい。でも予算はない。──そうした悩みを抱える管理者にとっての「打ち出の小づち」となるのが、HP-UX 11iのVirtual Partition(vPars)だ。手持ちのHP-UXマシンにインストールするだけで、仮想サーバを2台、3台と増やせる。個別にリブートでき、OSのバージョンやパッチレベルを揃える必要もない。ここでは、vParsの使い方を紹介する(2005年2月)



@IT Special 記事企画
リッチクライアント分野をリードする各社の講演レポート
@IT リッチクライアントソリューション カンファレンス II セミナーレポート
2005年1月18日、東京・品川で「@IT リッチクライアント ソリューションカンファレンスII」が開催された。2回目となる本イベントには400人以上の来場者が集まった。次々と新テクノロジが登場し、いよいよ盛り上がってきたリッチクライアント。この分野をリードする各社の講演内容を紹介する(2005年2月)



@IT Special 記事企画
エクストリーム ネットワークス Aspen 8800 シリーズ
アグリゲーション・スイッチで検疫ネットワークを構築しよう
個人情報保護法実施を目前に控え、エンタープライズネットワークでは持ち込みクライアントPCなどの管理の重要性が叫ばれている。ネットワークの信頼性を保つための「検疫ネットワーク」とは何か? またその構築方法とは?(2005年2月)



@IT Special 記事企画
社会の信頼を支えるインフラソリューション
新時代が求めるネットワークインフラの条件は
これまでの専用線のイメージが払拭されようとしている。リーズナブルな料金の新世代の専用線が登場したことによって、「使いたいのはやまやまだが、コストが見合わない」という時代は過ぎた。専用線の品質の実力とコストの低下について一歩踏み込んで解説する(2005年2月)



@IT Special 記事企画
Webアプリ・プラットフォームとしてWindowsを選択する7つの理由
フリーJavaでなく、Windows+ASP.NETを選ぶ7つの理由とは?<後編>
業務システムが無事稼働にこぎ着けたら、次は運用管理でのつきあいが始まる。障害対応やシステム拡張、セキュリティ対策など、管理者の仕事はつきることがない。フリーJavaではなくWindows+ASP.NETが選択される背景には、これら運用管理も含めたTCO低減がある。(2005年1月)



@IT Special 記事企画
[セミナーレポート] Solaris 10 Developer Meeting for x86 Solution
革新的OS「Solaris 10」の全貌を探る
サン・マイクロシステムズの最新版OS「Solaris 10」を紹介するイベントが2004年12月に開催された。会場には開発者を中心に400人以上が参加し、Solaris 10への関心の高さを伺わせた。6つのセッションが行われたイベントのハイライトをお伝えする。(2005年1月)



@IT Special 記事企画
[2005年1月近況レポート] IPA未踏プロジェクト アンケート
開発者にとってオープンソース開発のメリット、課題は?
「未踏ソフトウェア創造事業」 酒井裕司氏のプロジェクトでは、オープンソース開発が採択の条件となっている。採択された開発者らはオープンソースをどう考えているのか。オープンソース開発への取り組みや課題など、第1回採択の開発者にアンケート形式で聞いた (2005年1月)



@IT Special 記事企画
サーバ増強の“最適解”──「サーバ仮想化」最前線(3)
商用UNIXのパーティション技術最新事情
サーバ・コンソリデーションなどのニーズの高まりから、注目を集めているテクノロジがパーティショニングだ。なかでも、歴史と実績があるのが商用UNIX系の技術だ。しかし、同じ商用UNIXの技術も各社のパーティション技術にはかなりの違いがある。HPのVirtual Server Environmentをはじめとする各社の最新事情をレポートする。(2005年1月)



@IT Special 記事企画
次世代映像ビジネス最前線
スタジオネットで変わる映像ビジネスの未来
地上デジタル放送がスタートして1年が経過した。その間、デジタル対応のテレビ受像器の普及が進み、2011年の完全移行までのロードマップが現実味を帯びてきている。放送ビジネス業界全体は、フルデジタル化対応を余儀なくされている。業界にもたらされる変化とは? また、制作側が享受できる新しいビジネスチャンスは?(2005年1月)



@IT Special 記事企画
Webアプリ・プラットフォームとしてWindowsを選択する7つの理由
フリーJavaでなく、Windows+ASP.NETを選ぶ7つの理由とは?<前編>
Webアプリケーション開発といえば「Java」。しかし昨今では、WindowsのASP.NETを利用したWebアプリケーション開発が広がりを見せている。この理由は何なのか? フリーJava製品とWindows+ASP.NETを比較し、開発者がWindows+ASP.NETを選択する「7つの理由」をまとめてみた。(2005年1月)



@IT Special 記事企画
社会と企業の資産と安全を守る遠隔防犯ソリューションを考える
24時間365日。市民生活の安全を守る防犯対策とは?
自治体や公共団体による防犯カメラへの取り組みは年々その意識が高まっている。憂うべき事態や不正に立ち向かうには、自主防犯・犯罪撲滅への取り組みを徹底することが求められている。いま、自治体や公共団体はどのように防犯対策を行えばいいのか。(2005年1月)



@IT Special 記事企画
社会と企業の資産と安全を守る遠隔防犯ソリューションを考える
付加価値が求められる金融機関こそ次世代の防犯カメラを
近年、金融機関を取り巻く犯罪がこれまでより一層悪化している。資産を預ける顧客への『安心』を提供するために、金融機関はどのような対策が必要なのだろうか。防犯カメラサービスを長く活用してきた金融機関にこそ求められる、次世代の付加価値とは?(2005年1月)



@IT Special 記事企画
ある日突然やってくるハードディスク障害に負けるな!
ハードディスクマイスターに聞く! HDD障害を防ぐ心得とは
ハードディスクのクラッシュは突然やってくる。対策を施してあったとしてもリスクはゼロにならない。そこで役に立つのがデータ復旧サービスだ。ハードディスクの達人に、データ復旧率を向上させるコツを教わろう。(2005年1月)



@IT Special 記事企画
柔軟性とコストにおいて群を抜くパフォーマンスを実現
Web帳票ソリューション「WebReportCafe」
次世代のWebシステム案件に対応できるWeb上の帳票技術は、あらゆる帳票案件に対応できる柔軟で生産性の高い開発環境が求められる。企業のビジネスフローに柔軟に組み込む必要がある。高性能なPDF生成エンジンとJ2EEと.NETの両方のプラットフォームに対応したWebReportCafeを紹介しよう(2005年1月)



@IT Special 記事企画
F5 Tech Tour 2005 Tokyo/Nagoya/Osaka
F5が技術者のための技術者による全国ツアーを開催
F5が提供する最新のネットワークセキュリティソリューションを集結。HTTPを通じてやってくる攻撃を防ぐ新製品「TrafficShield」、ネットワークトラフィックをコントロールする「BIG-IP v9」、より柔軟な運用が可能になったSSL VPN「FirePass」を“技術者向けのとんがった内容”で紹介する(2005年1月)



@IT Special 記事企画
社会と企業の資産と安全を守る遠隔防犯ソリューションを考える
先進ソリューションで変わる監視ビジネス
警備業界での運用上、高い機能を求められるセキュリティカメラ。 いま、セキュリティカメラに集まる関心と 周辺技術の進歩を解説する。個人情報保護法実施を目前に控え、企業のニーズは多種多様になっている。警備会社が、警備のプロとしてそれらのさまざまな要望に応える手段はあるのか?(2005年1月)



@IT Special 記事企画
スキーマ変更が及ぼすインパクトを徹底検証する[ASP.NET編]
Xprioriで始めるXMLDBプログラミング(3)
Java(J2EE)と並んでよく利用されているサーバサイド実行環境の1つとして、ASP.NETを取り上げる。前回の記事で紹介したXmlSearch.javaとXmlSearch2.javaをASP.NETのWebフォームに置き換えてみよう。(2005年1月)



@IT Special 記事企画
もうすぐメールが使えない時代がやって来る!?
いまこそ必要な迷惑メール対策ソリューション
spamやフィッシングなどの迷惑メールが増大すると、億単位のコストやビジネスチャンスを失うことになる。そればかりか、ビジネスツールとしてメールが使い物にならない時代になりつつある。いまこそ、抜本的な迷惑メール対策を実施するべきなのである。(2005年1月)

(1) 2000年9月 〜 2001年12月
(2) 2002年1月 〜 12月
(3) 2003年1月 〜 12月
(4) 2004年1月 〜 12月
(5) 2005年1月 〜 12月
(6) 2006年1月 〜 12月
(7) 2007年1月 〜 12月
(8) 2008年1月 〜 12月
(9) 2009年1月 〜 12月

 
@IT Special とは?
@IT Special は、
アイティメディア株式会社が
ITリーディング企業と協業して発信する
記事/サービスなどの広告企画の総称です。

製品情報、技術解説、事例、インタビュー、
セミナー、モニター、プレゼントなど、
読者のみなさまのお役にたつ情報を
お届けしてまいります。

ぜひ、ご参照ください。



印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ

アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー