@IT Special は、アイティメディア株式会社が、ITリーディング企業と協業して発信する記事/サービスなどの広告企画の総称です。
掲載期間:2006年1月〜12月


logo
@IT Special 記事企画
UltraSPARC T1プロセッサが実現するTCO削減効果
「環境への配慮」――サーバ選択の新基準
サン・マイクロシステムズは2005年、1スレッド当たり2ワットという低消費電力で高効率のプロセッサ、「UltraSPARC T1」を発表した。UltraSPARC T1搭載の「CoolThreadsサーバ」なら電気代、サーバの設置スペース代などを節約でき、TCO削減が可能だ。さらに「低消費電力」ということは、もはやコストだけの話ではない。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
「Dreamweaver 8」連載企画 第3回
私はこう使う! - Java技術者が語るDreamweaverの魅力
「Dreamweaver 8」連載企画の第3回は、開発の最前線で活躍するエンジニアにDreamweaver 8の活用法を語っていただく。ご登場の北林氏は、Webアプリケーション開発の第一線で活躍する現役エンジニアで、個人的に以前からユーザーだったとのこと。開発現場の経験に裏打ちされたDreamweaver 8の実践的活用法を聞いた。(2006年12月)

special

logo
@IT Special 記事企画
サン・マイクロシステムズの仮想化ソリューションのすべて
「Sun Virtualization Solution Day」 イベントレポート
「仮想化」は、いま最もホットなキーワードの1つだ。ただ、ひと口に仮想化といっても、さまざまなソリューションが提供されている。今回は、サン・マイクロシステムズが行ったユーザー向けイベント「Sun Virtualization Solution Day」から、同社の仮想化ソリューションの全貌をレポートする。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
システム監視ソリューション「AppManager」導入事例
ITILに適合した運用監視サービスを支える「AppManager」
三菱電機情報ネットワークは、ネットワークとデータセンターの事業拡大を図るために顧客企業のICTシステムを24時間365日、運用監視する統合運用管制センターをリニューアル。新統合運用管制システムのサブシステムの1つであるサーバ監視システムとして、NetIQのシステム監視ソリューション「AppManager」を導入した。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
キヤノン・レポーティングソリューションimageWAREの総合力(3)
これからの帳票システムはSOAへ向かう
imageWARE Form Manager Web Serviceの目指す世界とは?

シリーズ企画の最終回では、帳票システムの未来形「SOA」を語ろう。「imageWARE Form Manager SOA Edition」のSOAPインターフェースは、OracleのBPELエンジン「Oracle BPEL Process Manager」との連携を可能にした驚くべき帳票SOAソリューションだ。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
マイクロソフトがItanium搭載サーバシステムと強力タッグ
「日常業務=ミッションクリティカル」の時代
Itanium®とWindows Serverが目指すもの

マイクロソフトとItanium® Solutions Alliance日本地域委員会が協力し、ItaniumベースのサーバとWindows Serverの組み合わせによるミッションクリティカルシステムの展開に向けた活動を開始した。いまなぜ、このような動きが進められることになったのだろうか。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
デルがAMDプロセッサを選択した理由
ニーズに応えたデルのOpteron搭載サーバ
データセンターファシリティの最適解となるか?

デルが満を持してAMDのプロセッサを搭載したサーバ製品を発売した。採用を決断させたのは、AMDプロセッサに対する市場の評価と、多様化するニーズに対してラインアップ拡充を求めるユーザーの声だった。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
マルチプラットフォームGUI開発フレームワーク
“使いやすさ”で、GUI開発の生産性を高める「Qt」
GUIを用いたリッチなユーザーインターフェイスが当たり前になった昨今、その設計は重要なポイントだ。しかし、画面開発は意外に非効率的な作業を行うことになりがち。そんなGUI開発の生産性を向上させる製品が、C++グラフィックライブラリ「Qt(キュート)」だ。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
infotouch1300 POS system
空間の演出も重要課題
スタイリッシュなPOSで顧客の心をつかめ!
「POS専用機の販路拡大に限界を感じている」または「パソコンPOSのアフターケアにかかるサービス負荷が重過ぎる」そんな悩みを抱えるPOSベンダに、見た目も中身もよい「infotouch1300 POS system」の魅力を徹底紹介しよう。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
HP BladeSystem c-Class新製品発表
中小規模のシステム統合にも、ブレード型サーバの導入を牽引する“第3世代”ブレード
日本ヒューレット・パッカードのブレード型サーバのビジネスが好調だ。2006年6月には、“第3世代”と位置付ける「HP BladeSystem c-Class」を発表。さらに11月20日にはブレード型ストレージを発表するなど、市場への攻勢を強めている(2006年12月)



@IT Special 記事企画
Symantec Backup Exec 11d for Windows Servers
Exchangeのデータ保護機能を強化した最新版が登場
事業継続性の確保が重要課題とされるなか、リアルタイムバックアップによる“継続的データ保護”のニーズが高まっている。従来の機能に加え、Exchangeサーバにおけるデータ保護機能が強化された、データ保護ソリューションの最新版「Symantec Backup Exec 11d」の実力とは?(2006年12月)



@IT Special 記事企画
オーバーレイネットワーク新時代
手軽にセキュアなネットワーク環境を実現するL2Connect
オーバーレイネットワークとは、既存ネットワーク上に上位レイヤのプロトコルで仮想ネットワークを創出する考え方だ。L2Connectは、複数の異なるネットワークをまたがるレイヤ2レベルの仮想ネットワークを構築するツールだ。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
Check Point VPN-1 UTM販売開始
統合管理が実現するセキュリティポリシーの統一
中小規模の企業や事業所でセキュリティ製品の管理コストが問題になっている。アズジェントが販売を開始した「Check Point VPN-1 UTM」は、ファイアウォール技術をベースに、攻撃に対する事前防御に加え、アンチウィルス、IPSec VPNを実装、統合した製品。セキュリティの統合管理を実現する。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
キヤノン・レポーティングソリューションimageWAREの総合力(2)
imageWARE Distribution Serverと
imageWARE Enterprise Gatewayの合わせ技とは?

シリーズ企画第2弾では、imageWARE Form Managerの多彩な出力コントロール機能やキヤノン製プリンタを使うメリット、およびimageWARE Form ManagerのSAP連携支援ミドルウェア「imageWARE Enterprise Gateway」を紹介する。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
日本HPのVMwareソリューション
仮想化の良さだけではなく、現実的な使い方を提案する
x86サーバについて仮想化のメリットだけでなく、デメリットも伝えることで本当に使える仮想化ソリューションになる。日本ヒューレット・パッカードはこの考えから豊富なノウハウを集約した仮想化のコンサルティングサービスを提供する。現場のシステム運用を考慮した点が特徴だ。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
事例:楽天証券株式会社
フルIP化したカスタマーサービスセンターの音声品質を
エンピレックスの負荷テストソリューションで向上

国内におけるインターネット証券取引の先駆者である楽天証券株式会社。カスタマーサービスセンターのシステム増強において、フルIP化を行うという先進的な挑戦を成功させた。その際に課題となる音声品質やパフォーマンスの確保を、エンピレックスの負荷テストツール群とソリューションの活用によって解決した。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
日本版SOX法に必要な“証明する仕組み”を実現する
企業コンプライアンスを支えるシステム運用管理を実現する
「Systemwalker」

日本版SOX法対応へのリミットが近づいている。その日本版SOX法では、財務諸表の作成プロセスに不正がないことを証明することが求められる。つまり、IT運用を適正に行っていることの証明が必要だ。この要求を満たすためには、どのようなIT運用管理システムが必要なのだろうか。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
長く使えるアプリケーション基盤
業務アプリを10年連続稼働させるカギは
ミドルウェア技術とサポート力

情報技術の世界は秒進分歩のスピードで技術革新が進み、現代社会に生きるわれわれはその恩恵を享受している。しかし、残念なことに、サービスを提供している側からみると、これを手放しで喜ぶことはできない。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
NeoCoreXMSがRDBの限界を超えた!(後編)
NeoCoreXMSとRDBを共存させれば
変化に強く、堅牢なシステムが構築できる

XMLデータベース「NeoCoreXMS」を紹介する本企画の後編では、新規に立ち上げるシステムで、NeoCoreXMSとRDBのそれぞれの長所を生かした共存型の設計を考察し、“データベース・システムのあるべき姿”を探っていく。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
IPアドレス・メールごとに評価するレピュテーションサービス
次世代型メールセキュリティソリューション
「Secure Computing IronMail」

毎日殺到するスパムメールの処理にうんざり。セキュアコンピューティングが提供するリアルタイムレピュテーションサービス「TrustedSource」を組み合わせたメールセキュリティアプライアンス「IronMail」ならば、言語を問わず95%のスパムメールをシャットアウト!(2006年11月)



@IT Special 記事企画
ミドルウェア選択の新機軸
アプリケーションサーバと
運用管理ツールの新しい選び方を富士通が提案

ミドルウェアを選択する際、基準としていることはあるだろうか? システムの基盤部分を構成する重要なコンポーネントだ。アプリケーションと比較して目立つことはないが、ミドルウェアの選択を誤れば、システムのすべてが駄目になる。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
キヤノン・レポーティングソリューションimageWAREの総合力(1)
imageWARE Form Manager
大規模環境に効く“部品化した帳票”活用のすすめ!

企業におけるさまざまな帳票ニーズに対応した総合帳票ソリューション「imageWARE」シリーズ。今回は、レガシーシステムから最新のWebアプリまで、さまざまなシステムの帳票基盤を提供する「imageWARE Form Manager」を紹介しよう。 (2006年11月)



@IT Special 記事企画
「Dreamweaver 8」連載企画 第2回
開発者のお仕事を楽にする「Dreamweaverコーディング」のヒント
「Webアプリは“Dreamweaver 8”でコーディングが新しい」に続く、連載第2回目では、Web開発者の作業を楽にするDreamweaver 8の機能拡張の実例を見てみよう。Movable Type連携、XSLTオーサリング、コーディング支援機能の柱の1つであるコードリファレンスなど、Dreamweaver 8の知って得する機能を紹介する(2006年11月)



@IT Special 記事企画
新技術「Jalapeñoテクノロジ」の実力とメリットをさぐる
Java開発からO/Rマッピングを取り除く
Cachéが“POJO”を取り込んでさらに進化した!

O/Rマッピング不要でオブジェクトを永続化できるデータベースCaché。2006年11月に正式リリースされた「Jalapeño(ハラペーニョ)テクノロジ」によって、CachéはJava開発者にとって一層便利に生まれ変わった。POJO対応で何が変わったのか?(2006年11月)



@IT Special 記事企画
Win-Win-Winを実現するパートナーシップとは?
SIビジネス、儲かるコツを大公開
2006年10月31日、青山ダイヤモンドホールで開催された「SIビジネスで儲ける! パッケージビジネス最前線 〜NECミドルウェアコンファレンス2006 Autum〜」では、SMB市場で成功するポイントをNECが伝授。また、SIビジネスを拡大するための「パートナーのあり方」についてパートナー3社と議論した。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
SPSS Open House 2006
「SPSS Open House 2006 イベントレポート 前編」
「SPSS Open House 2006 イベントレポート 後編」

今年で10回目を数える「SPSS Open House 2006」が、11月24、25日に開催された。SPSSをよく知る3名がこれまでのSPSSの歴史を振り返る特別企画や、「Predictive Analytics」を実践する企業の事例紹介など、今年も1200名が参加。そして、CEOのヌーナン氏からは驚くべき発表が……(2006年11月)



@IT Special 記事企画
企業ネットワーク改革への羅針盤 第6回
理想的なファイル共有の方法とは
サービスとしてのストレージサーバ利用という選択肢

ストレージサーバは、企業におけるITサービスのなかでもっとも基本的なものといっていい。だが、その運用管理は一筋縄ではいかない。エンドユーザーのニーズに最大限応えながらも運用負荷を最低限に抑えるにはどうしたらいいのだろうか(2006年11月)



@IT Special 記事企画
ITサービスマネジメント時代の到来を告げるITILとISO 20000
運用管理者が主役になる
日本版SOX法をはじめ、さまざまな法制度の整備が進む昨今、日本でもIT統制が“必須”という意識が高まりつつある。そうした中、ITシステムの運用にかかわる人たちの間で、ITIL(アイティル)への関心が高まっている。なぜ、いまITILが求められているのか──ITサービスマネジメントの動向を見てみよう。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
長く使えるアプリケーション基盤
10年使える業務アプリケーション基盤
アプリケーションサーバに求めるユーザーの要望として強いのは、きちんと動き続けること。そして、長く使い続けられること。ユーザーは少なくとも一度構築したアプリケーション基盤を10年は使いたいと考えている。本記事を通じて、アプリケーション・サーバの真の信頼性を探る。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
事例:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
Web負荷テストツール/サービスの活用で
高品質なコンタクトセンター・ソリューションを実現

インフラからシステム開発、運用・保守までトータルにITライフサイクルをサポートする伊藤忠テクノソリューションズ株式会社。同社では負荷テストにおいて、エンピレックスの負荷テストツールおよびサービスを採用。カットオーバー前の精度の高いテストにより、顧客満足度の高いソリューションを提供している。 (2006年11月)



@IT Special 記事企画
ネクストSOAのITパラダイム
リアルタイムなイベント駆動型ビジネスを実現する
「イベントストリーム処理」

ストックのデータからフローのイベントへ――ビジネスのリアルタイム化にともなって、新しいIT活用モデルが徐々に浸透し始めてきた。「Progress Apama」が実現する“イベントストリーム処理(Event Stream Processing:ESP)”が、この変化をリードしている。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
NeoCoreXMSがRDBの限界を超えた!(前編)
RDBでは対応できない製品点数とスキーマ変更
NeoCoreXMSならさらりと解決して見せます

第2世代XMLデータベースとして、国内No.1シェアの地位を築いている「NeoCoreXMS」。その導入事例を分析した結果、NeoCoreXMSは特定分野において、RDBでは達成不可能な仕事を楽々とこなしていることが明らかになった。何が起こっているのか?(2006年11月)



@IT Special 記事企画
第3回Developer Days Japanレポート
Windows® ServerとItanium®による大規模システムの進化
Windows ServerがItaniumベースシステムとタッグを組むことで切り開く大規模ミッションクリティカルシステムの世界とは? そしてSQL ServerやSAPはこの上で何を実現するのか? IT業界の主要ベンダが集結したセミナー/イベントをレポートする。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
SAP Upgrade & Migration Seminarレポート
イノベーションがコスト削減をもたらす!
アップグレードでシステム力を強化せよ

2006年10月27日、インテル、SAP、マイクロソフトの3社共催による「一挙公開! 主要SAPパートナーによるアップグレードサービス最新情報セミナー」が開催された。性能の向上とコスト削減を同時に実現するインテルアーキテクチャの革新とは? 支援する多くのパートナーとともに、投資対効果の高いアップグレードを考える(2006年11月)



@IT Special 記事企画
基幹システム・プラットフォーム変革の時代 第2回
Itanium®の性能を最大限に引き出すための最適化とは
Itanium®プロセッサー・ファミリーは、プロセッサーに実装された各種の工夫を通じて、この上で動作するアプリケーションのパフォーマンス、拡張性、信頼性を大幅に向上している。では、Itanium®プロセッサー・ファミリーの能力を最大限に引き出すようなシステム開発はどのようにやればいいのか。実際にはそれほど難しい作業ではない。(2006年10月)



@IT Special 記事企画
日本HPのVMwareソリューション
ハードウェアを知り仮想化を知る技術者が
実践的なノウハウを提供する
日本ヒューレット・パッカード(HP)は顧客に対し、適切な組合わせや構成を提案できるよう、WindowsやLinuxを搭載したハードウェアについて、事前にさまざまな検証を実施している。VMwareの仮想化環境についても同様の検証を開始した。(2006年10月)



@IT Special 記事企画
HP ProLiant Solution Tour in Tokyo 2006
幅広い選択肢を提供するHP ProLiant、その将来ビジョンは 
日本ヒューレット・パッカード(HP)はユーザー向けのイベントを10月17日に開催した。米国HP本社のHP ProLiantサーバ 製品開発部門責任者が基調講演を行い、「HPは単に価格やパフォーマンスだけではない、様々な選択肢を提供する」と訴えた。(2006年10月)



@IT Special 記事企画
REAL IT PLATFORMを支える2社の技術協業
Itanium 2プロセッサ搭載エンタープライズサーバを中心とした
NEC×オラクル ミッションクリティカルへの挑戦

NECは2006年7月に新たなビジョン「REAL IT PLATFORM」を発表し、業務システムに求められる柔軟性、安心、快適を先進的なIT技術で実現していくとした。これを現場レベルで実現する取り組みの1つとして、NECはオラクルと緊密な技術協業を進めているという。(2006年10月)



@IT Special 記事企画
現場と乖離しない、柔軟な生産管理を実現!
超リーン主義で、無駄のない生産を目指す
glovia.com」最新版が登場

「glovia.com v9」は“超リーン主義”を掲げる、組み立て製造業向けERPパッケージの最新版だ。企業全体で効率のよいビジネスの実現をサポートし、短納期を可能にしながらも徹底的に余剰在庫を削ぎ落とす実力派だ。(2006年10月)



@IT Special 記事企画
事例探求シリーズ 第19回 明治大学ビジネススクール編
「仮説検証型」から「仮説探索型」へ〜 ネット活用が可能にする
新たなマーケティング調査のアプローチ〜
明治大学ビジネススクールでは、SPSS Dimensionsを活用した調査プラットフォームを構築し、学生らが研究のためにWebアンケート調査を行っているという。Webアンケート調査がなぜこのように重宝がられているのか?その理由を聞いた(2006年10月)



@IT Special 記事企画
SAP BUSINESS SYMPOSIUM '06 セッションレポート
導入経験者が語る!アップグレード、その成功の鍵とは?
「SAP BUSINESS SYMPOSIUM '06」において、「SAPプロジェクトの導入経験者が本音で語る! アップグレード成功の鍵」と題するパネルディスカッションが行われた。SAPジャパン、マイクロソフト、デル、インテル各社の「SAPプロジェクトのプロ」がパネリストとして集結。彼らが本音で語った様子をレポートしよう(2006年10月)



@IT Special 記事企画
企業ネットワーク改革への羅針盤 第5回
モバイル/リモートソリューションが
ビジネスに機動力を与える

外出先から必要なときに社内システムにアクセスできることが、多くの企業にとって戦略的な意味を持つようになってきた。企業は自社の業務形態にマッチした柔軟なモバイル/リモートアクセスの仕組みを求めている。(2006年11月)



@IT Special 記事企画
「Dreamweaver 8」連載企画 第1回
Webアプリは“Dreamweaver 8”でコーディングが新しい
少しでもWebアプリケーションを容易に開発したい。開発エンジニアなら当然考えることだろう。PHPやASP、JSPといったメジャーなサーバサイドスクリプト言語にも対応し、コーディングに役立つ、Web開発者のためのプラットフォーム、Dreamweaver 8の機能を紹介する。Web開発者への必殺技とは?(2006年10月)



@IT Special 記事企画
VMware Infrastructure 3提供開始
あらゆるシーンの仮想化をVMwareとHPの協業で実現する
IT市場での仮想化に対する期待が大きく膨らんでいる。背景には、システムリソースをより効率的に活用したい、運用コストを下げたいという顧客の強い要望がある。この顧客の仮想化の要望に応える環境を、先頭を切って市場に投入しているのがヴイエムウェアだ。(2006年10月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Impossible −マイクロソフトに潜入せよ−
第3回 誤変換と闘う人々
秘密諜報員ネーサンのマイクロソフト潜入捜査第3弾。今回はマイクロソフトの「かな漢字変換」システム、IMEの開発チームに潜入するぞ。初期のIMEでは、おかしな誤変換に思わずがっかりさせられるケースが少なくなかったが、最近のIMEはだいぶまともになってきたと感じる。どうやって品質を上げているんだ? さっそく開発現場をのぞいてみよう!(2006年10月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Impossible −マイクロソフトに潜入せよ−
第2回 システム・エラーと闘う人々
秘密諜報員ネーサンのマイクロソフト潜入捜査第2弾。今回は日本の技術拠点、調布技術センターに潜入し、Windows Error Report:WERチームを捜査するぞ。WERは、Windowsやアプリケーションがエラーを起こしたときに、メモリの状態などをマイクロソフトに通知し、以後の品質向上に役立てるとされる機能だ。通知はホントに生かされているのか? ポーズだけじゃないのか?(2006年10月)



@IT Special 記事企画
事例探求シリーズ 第18回 スコラ・コンサルト編
「『組織風土診断』への『SPSS Dimensions』の適用〜 Webアンケート化で大幅な業務の効率化とクライアントへのサービス向上を実現 〜」
SPSS Dimensionsを活用した従業員対象のWebアンケート調査を通じ、企業の「組織風土」の診断・改革を支援する経営コンサルティング会社、株式会社スコラ・コンサルトの取り組みを紹介する(2006年9月)



@IT Special 記事企画
無線LANにおけるセキュリティの不安を完全に解決
IPNによるウルトラセキュリティ
企業で無線LANの導入が停滞しているのは、セキュリティ面に不安が残されているからだ。トリニティーセキュリティーシステムズは、独自の相互認証プロトコルを使って、ワンタイムパスワードによる相互認証を実現した(2006年9月)



@IT Special 記事企画
最新のエンタープライズSOA対応アプリケーションを体験
SAPをハンズオンで学ぶ、必見TechEd'06
SAPが主催するワールドワイドの技術イベント「SAP TechEd '06」は、SOA時代に成功するためのノウハウや知識を提供し、開発者、パートナー、ユーザーのコラボレーションをより強化する場だ。今年のTechEd '06の特徴は、エンタープライズSOAの実装技術をじかに体感し、そのノウハウを余すことなく公開することにある。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
NEC Presents ISV Solution
“進化のパートナー”を得て、事業拡大!
パートナーの本音から探るNECのいま

NECはパートナーの展開するビジネスや抱える課題にどう応えるのか──。ソフトウェア分野においてNECと密接に協業する3社のパートナー企業が、座談会できたんのない意見を戦わせた。(2006年9月)
NEC Presents ISV Solution Pavilion(製品/ソリューション紹介)



@IT Special 記事企画
Diskeeper 10 日本語版 Professional Premier Edition
デフラグ、Windowsの標準搭載機能で満足していますか?
Diskeeper(ディスキーパー)は、Windows、特にNTFSに対応するデフラグメンターとして定番といえる製品だ。このほど、新バージョンのDiskeeper 10日本語版がリリースされ、さらに機能強化を果たした。気になる中身を見てみよう(2006年9月)



@IT Special 記事企画
HP ProLiant 300シリーズGeneration 5の管理機能とは
HP ProLiantの評価を高める管理機能
日本ヒューレット・パッカードのx86サーバ「HP ProLiant」が市場で評価されている大きな理由に、管理機能の充実が挙げられる。スペックの比較だけでは違いを見いだしにくいx86 サーバにおいては、管理運用面での利便性、優位性が支持される。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
SASディスク、マルチファンクションNICをいち早く採用
管理性と最先端技術でリードするHP ProLiant
x86アーキテクチャを実装したサーバが各ベンダーから提供され、単にスペック表を比較しただけでは、その差を理解するのが難しくなってきている。日本ヒューレット・パッカードのx86サーバ「HP ProLiant」の特長は、最先端の技術をいち早く製品化していることだ。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
新しいItaniumプロセッサで加速化するレガシー・マイグレーション
デュアルコアItaniumに関する「何?」「なぜ?」に答える
2006年7月、インテルはItaniumシリーズの新製品、「デュアルコア インテルItanium 2プロセッサー9000番台」(開発コード名:Montecito)を発表した。インテルはこのCPUシリーズで、RISCやCISCの市場を切り崩しつつある。Itaniumプロセッサファミリ、そしてデュアルコアItanium 2 9000番台のシステムベンダにとっての意味など、同CPUに関する疑問に答える。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
「e-VLAN」にみる広域イーサネットの進化
広域イーサネットはビジネスの変化に迅速に対応できるか
広域イーサネットは、中小・中堅の企業からも注目されるようになってきた。しかし、高品質だがコストは高め、導入に時間がかかるというイメージが現在も払拭されるまでには至っていない。こうした状況を打破するためのNTTコミュニケー
ションズのサービスにおける動きを探る。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
TenArtni WebReportCafeユーザー事例:株式会社ベルシステム24
Webシステムに最適化された帳票ソリューションは
“TenArtni WebReportCafe”しか存在しなかった

セキュリティの付加が可能で、生産性の高い帳票機能を実現する。このJavaベースWebシステムを新規開発するため選択されたのは、テンアートニのWeb帳票ソリューション「TenArtni WebReportCafe」だった。決め手は何だったのか?(2006年9月)



@IT Special 記事企画
XMLデータベースを自然文で簡単高速検索
QuickSolutionが実現する
コンテンツメタデータ管理ソリューション

ネクストコムは、XMLデータベース「NeoCoreXMS」と住友電工情報システムの類似情報検索エンジン「QuickSolution」の組み合わせにより、あらゆるユーザーにやさしいデジタルコンテンツメタデータ管理システムというソリューションを構築した。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
真のSOAを実現するHP IntegrityサーバとwebMethods製品群
HPとwebMethodsがグローバル競争を勝ち抜くITを実現
グローバル企業を中心にSOAの導入が増えている。SOAを現実のものとし、ITの全体最適を実現するには、システムに柔軟性を持たせるためのミドルウェア層はもちろん、ハードウェアの柔軟性や拡張性、パフォーマンスの高さも必要だ。この2つの課題をクリアするハードウェアとソフトウェアにはどのようなものがあるのか。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
ポッドキャストで聞く「ちょいモテ システム管理者への道」
NECが世の中のシステム管理者たちを“ちょいモテ”にする
NECが提供するプロモーションサイト「ExpressStation」で、@IT発行人 新野淳一が出演するポッドキャスト番組が「ちょいモテ システム管理者への道」だ。当番組 は、システム管理者が好んで足しげく通う店を舞台に、スナックのママ、若手システム管理者、常連客の新野が、最新のITトレンド情報を話の肴に軽妙なトークを繰り広 げる。さあ、これを聞いて、あなたもちょいモテに……(2006年8月)



@IT Special 記事企画
TenArtni Ninja-VAユーザー事例:株式会社日鉄エレックス
ナレッジはJavaサーバを経てExcelアプリへ
異環境をつなぐ決め手はNinja-VAだった

安全管理のノウハウを凝縮したナレッジデータベース・アプリの開発要件は、クライアント環境にExcel、サーバ環境をJavaとするWebシステム環境だった。なぜ基盤技術にテンアートニのビジュアルWebシステム開発ソリューション「TenArtni Ninja-VA」が採用されたのか。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
帳票・ドキュメントのWeb化に、もう高度なテクニックは要らない!?
ノンプログラミングで構築できる
60万円からの入力フォーム開発ツール

Excelで作られた帳票に手入力して、印刷・捺印して提出する──。そんな非効率なOA化をしていないだろうか? もっと便利なシステムが欲しいが、大きな投資となるためにあきらめている現場の課題を、簡単に安く解決できるツールがある。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
検証:SQL Server 2005+HP Superdome
第1回 SQL Server 2005の性能と可用性を実機評価する
マイクロソフトの最新データベース・システムSQL Server 2005では、性能や可用性が大幅に向上され、大規模システムへの採用も進んでいるという。このSQL Server 2005の気になる性能と可用性について、日本HPは、自社のエンタープライズ・サーバであるHP Integrity Superdomeを用いて徹底的なテストを実施した。実環境におけるSQL Server 2005の実力やいかに?(2006年8月)



@IT Special 記事企画
TIBCO+HP IntegrityサーバによるSOA/BPMの実現(3)
BPMで真のリアルタイムビジネスを実現する
市場の変化に即座に対応する“リアルタイムビジネス”には、堅牢かつ柔軟なSOA基盤/サーバ・ハードウェアが不可欠だ。それらが整ったとしても、その柔軟な統合・連携を活かして「業績の最大化」「継続的な成長」を実現するには、業務プロセスの可視化や自動化──すなわちBPMが必要となる。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
新開発冷却ファン、バーチャルコネクタを実装
独自開発を盛り込んだ「HP BladeSystem c-Class」、
その技術の詳細は

ブレード型サーバ「HP BladeSystem c-Class」は管理性の向上や運用管理コストの削減に注目し、独自開発の技術を多数盛り込んだ。人の問題を解決する「バーチャルコネクト」や、データセンターの熱、消費電力の問題に対応した冷却ファンを詳しく解説する。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
「HP BladeSystem c-Class」イベントレポート
“第3世代”ブレードはシステム全体の管理性が重要に
日本ヒューレット・パッカード(HP)は7月20日、ブレード型サーバ「HP BladeSystem」を紹介するイベント「HP BladeSystem Evolution 2006」を開催した。担当者は「ブレード型サーバは高密度だけでなく、高い管理性が求められる」と語り、“第3世代”と位置付ける新ブレード型サーバ「HP BladeSystem c-Class」のメリットを強調した。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
企業のビジネス要件を満たすソリューション
SOAを実現する、SAP開発プラットフォームを徹底解剖!
SAPでは、SOA的な考え方を取り入れ、2002年ごろから製品のアーキテクチャ刷新に着手。ビジネス環境の変化に柔軟・迅速に対応するために提唱するのが「enterprise SOA」だ。この開発ソリューションに向けて用意されたアプリケーション基盤SAP NetWeaverの全貌を解説する。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Impossible −マイクロソフトに潜入せよ−
Microsoft Impossible プロローグ
第1回 セキュリティの脅威と闘う人々
私は某国秘密組織の諜報員である。今回、あのマイクロソフトに対する潜入捜査を担当することになった。私の見たところ、MSに対する世間の評価は賛否両論。前から個人的にも気になっていた会社だし、この際、本当のところを自分の目で確かめてやろう。まず最初は、セキュリティ・パッチの公開を担当するMSRCに潜入だ。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
成長企業のシステム戦略(3)
サービスの継続性を左右する“サポータビリティ”
〜コアシステムに求められる運用・保守体制とは?〜

企業が成長するとシステムも重要性を増し、サービス継続が強く求められるようになる。そこで重要になるのが万が一のシステム障害発生時対策である。これを万全のものにするには社内/社外を含めた運用保守体制構築と、それを支えるサポータビリティが大切だ。(2006年9月)



@IT Special 記事企画
成長企業のシステム戦略(2)
ゼロダウンタイムを支える統合仮想化
〜企業の俊敏性とシステム運用コスト最適化を両立〜

成長企業は日々業務が拡大していくため、システム増強の作業がついて回る。こうした場合、仮想化技術を使うことで、その都度拡張可能な環境を準備することができる。システムやサービスを停止することなく、リソースの増強・再配分を行うことが可能になるのだ。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
次世代メールプラットフォーム「Sendmail Messaging Manager」(3)
メールの誤配信を防ぐための誤送信防止システムを構築するには
上司から急に「メールの誤配信を防ぐために、メールの内容をチェックして、そのあて先に送るか否かを判断するような社内システムを作ってくれ」と告げられたら、あなたならどうする? 著者がどのように、誤送信防止のロジックとポリシーを組み立て、システムを定義し構築していったのか。その取り組みを見てみよう。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
次世代メールプラットフォーム「Sendmail Messaging Manager」(2)
ISPが選ぶセンドメールのスパム/ウイルスフィルタの実力
メールシステムの選択基準は、開発・運用の容易さに並び、スパムフィルタとウイルスフィルタの正確さにあるだろう。ISP向けにセキュアメールASPサービスを提供するブロードバンドセキュリティが、そのサービス提供の要として、「Sendmail Messaging Manager」をどのように活用しているかを見ながら、その実力をみてみよう。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
「難解技術を分かりやすく伝道する」マイクロソフトのエバンジェリスト
第2回 私たちがエバンジェリストです
エバンジェリスト(=伝道者)などというと、大仰でいかめしい印象を受けるかもしれない。しかしマイクロソフトのエバンジェリストは、あくまでエンジニアの一員であり、中立なエンジニアの視点で自社技術や自社製品を眺め、皆さんに技術を「伝道」していく。今回はマイクロソフトのITプロ/デベロッパーエバンジェリスト・チームの面々をご紹介する。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
「HP BladeSystem c-Class」の先進性とは
“第3世代”に突入したブレード型サーバ、 フォーカスは「高い管理性」と「システムレベルの統合の実現」に
基幹システムに欠かせなくなったブレード型サーバ。日本ヒューレット・パッカード の「HP BladeSystem c-Class」は同社が“第3世代”と位置付ける製品。先進のハー ドウェア、ソフトウェア、サービスを盛り込み、管理性の高さとシステムレベルの統 合を実現する。(2006年8月)



@IT Special 記事企画
成長企業のシステム戦略(1)
未来を見据えた「システム基盤選び」のポイント
〜企業を支えるシステム基盤の選択に意思と計画を〜

企業を創業したときには間に合わせでも良かったシステムも、成長期に入ると将来の拡張性や継続性と安定性を考慮した、しっかりしたシステム基盤を構築することが求められる。そうした観点から、主流となっているオープン系OSの特徴を見ていこう。(2006年7月)



@IT Special 記事企画
大規模企業のIT運用に柔軟な対応
ウイルス対策製品を追加して進化したLANDesk管理製品の実力
LANDesk Softwareは、システム管理やセキュリティ管理の機能を提供するLANDeskソリューションの新バージョンとなる「8.7」を2006年7月28日から販売する。複雑化・大規模化する企業ネットワークを、より管理しやすくするという方向性をさらに完成させるとともに、新機能としてウイルス対策製品をラインアップに加えた。(2006年7月)



@IT Special 記事企画
開発から製品出荷後の管理までサポートするウインドリバー製品群
組み込みソフトのリモート保守も実現
ウインドリバーの真のエンド・ツー・エンド製品群

ウインドリバーは2006年7月、13もの新製品を一斉リリースした。従来製品をバージョンアップしたほか、同社にとって新たな製品ジャンルとなる管理スィート「Wind River Management Suite」も登場。開発の全工程を支援する製品ラインアップがそろった(2006年7月)



@IT Special 記事企画
「難解技術を分かりやすく伝道する」マイクロソフトのエバンジェリスト
第1回 ITの「伝道者=エバンジェリスト」を知っていますか?
さまざまな技術と製品が、栄枯盛衰を短期間で繰り返す現代にあって、ユーザー自身のビジネスに本当に必要な情報システムを選択するのは容易ではない。正しい情報システム投資をどう判断すべきか・・・・・・。そうしたユーザーやエンジニアの疑問にこたえるのが「エバンジェリスト」の仕事である。(2006年7月)



@IT Special 記事企画
VMware新製品説明会イベントレポート
サーバ仮想化はブームではなく必然に
HPがパートナー向けにVMware新バージョンを説明

日本ヒューレット・パッカードは2006年7月13日、ヴイエムウェア、日本AMDとともに、VMwareの新バージョンを販売パートナーに説明するセミナーを開催。HP ProLiantサーバとVMwareの統合がもたらす価値を強力にアピールした。同説明会の模様をレポートする(2006年7月)



@IT Special 記事企画
TIBCO+HP IntegrityサーバによるSOA/BPMの実現(2)
ビジネスプロセスのリアルタイムを実現するSOA
最近の情報システムでは、“リアルタイム性”が重要度を増している。1つは必要な情報を当事者やシステムに適切に提供する「情報フローのリアルタイム」。もう1つが、ビジネスの状況に合わせて業務やシステムを組み替える「ビジネスプロセスのリアルタイム」だ。TIBCOが提供するソリューションは、この2つを同時に実現する(2006年7月)



@IT Special 記事企画
ITインフラを担う新世代x86サーバ
日本HPとVMwareの技術を検証
仮想化技術が変えるこれからのITインフラ

既存ITシステムの運用管理にかかる“守りのコスト”。このコストを下げる技術としてサーバを統合し、管理の効率を向上させる「仮想化技術」が注目を集めている。日本ヒューレット・パッカードは「VMware」製品をOEM販売し、サーバ製品と合わせて強力にサポートする。日本HPが提供する仮想化技術の特徴を紹介する(2006年7月)



@IT Special 記事企画
これからはさらに「Webの性能」が問われる時代になる
Webアプリケーションの性能品質 解決のカギはどこにある?
企業におけるWebアプリケーションの本格活用が始まったのは2000年前後のこと。年数ではまだ短いが、成熟へのスピードは速く、いまや多くの企業で“Webアプリケーションなしではビジネスが成立しない”といえる状況だ。だが成長が余りにも速かったためか、Webアプリケーションにおいては、ビジネスシステムを考えるうえで外せない要件が軽んじられている状況がある。その要件とは何か。「性能」だ。(2006年7月)



@IT Special 記事企画
次世代メールプラットフォーム「Sendmail Messaging Manager」(1)
泥臭いカスタム不要!センドメールの万能サーバができること
情報漏えい対策や個人情報保護のため、新機能がますます必要とされるメールシステム。開発・運用に容易さが求められることはいうまでもない。そこで、オープンソースのsendmailの開発者であるEric Alman氏が率いるセンドメール社が提供する、万能“電子メールプロセッサ”を見てみよう(2006年7月)



@IT Special 記事企画
Yahoo! JAPANのユーザーサポート
将来的なナレッジマネジメントを見据えて
メール定型文管理にFAQナレッジを活用

Yahoo! JAPANのユーザーサポートを担っているCS本部お客様センターでは、質の高い顧客対応を目指してFAQ検索・管理システム「TRUE TELLER FAQナレッジ」を導入した。採用の決め手となったのはワークフロー管理機能。どのようなシステムを構築したのか?(2006年7月)



@IT Special 記事企画
野村総合研究所のSIノウハウを凝縮
オブジェクトワークスで開発プロセスの標準化を強力に支援
短納期ながら高品質が求められるWebシステム開発の時代。野村総合研究所(NRI)は、いち早く開発フレームワークの効果的な活用に着手し、同時に開発の標準化とその推進、定着という課題に業務視点で取り組んできた。本稿では、Web時代におけるフレームワークおよび開発標準化の重要性とNRIによる具体的な展開ノウハウをお伝えする(2006年6月)



@IT Special 記事企画
TIBCO+HP IntegrityサーバによるSOA/BPMの実現(1)
ミッション・クリティカルな業務を支える“最適解”
企業のリアルタイムビジネスをサポートする「TIBCOソフトウェア」のソリューションは、企業内外に分散している業務システムを統合することが可能だ。しかし、物理的に多くのサーバマシンがばらばらに稼働している場合、運用管理の手間・コストは無視できない。その解決策の1つがサーバ・コンソリデーションだ(2006年6月)



@IT Special 記事企画
広域イーサネットは大企業だけのもの?
中堅、中小企業が広域イーサネットを使えるこれだけの理由
広域イーサネットは、大企業向けのサービスだと思われがちだ。しかし実際には、中堅や中小の企業にとっても、便利でコスト効率の良いサービスだ。古い業務システムで使われている通信方式もそのまま利用することができるなど、特にこれまでフレームリレーで広域網を構築してきた企業にとっては、回線を大幅に増速しながらもコストを下げられる可能性をもたらしてくれる(2006年6月)



@IT Special 記事企画
わが社のメールが「迷惑メール」!?
「届かない」メール問題を解決する
エイケア・システムズの電子メール配信システム

電子メールを使ったプロモーションが広がっている。しかし、ISPや携帯電話キャリアが行う迷惑メールブロックの誤判定で、届くべきメールがユーザーに届かない問題が発生。エイケア・システムズが開発した電子メール配信システムはこの問題を解決する(2006年6月)



@IT Special 記事企画
ウインドリバーの組み込みLinux「Wind River Linux Platform」
オープンソースのメリットを最大化
ウインドリバーのLinux戦略が支持される理由

ウインドリバーのLinux戦略が本格的に動き始めた。組み込みOSのプロ集団が、組み込み分野でLinuxを活用するための総合ソリューションを提供する。Linux適用に苦労してきた機器メーカーの関心は高く、採用に向けた動きも始まった(2006年6月)



@IT Special 記事企画
Symantec Backup Exec 10d & Symantec LiveState Recovery 6.0
データ保護とシステム保護の両面で攻める、
Windows環境のトータルバックアップ

ビジネスをいかに迅速に復旧できるか――。データ保護とシステムの保護を一体的に実現し、効率的にダウンタイムを最小化するためのシマンテックのバックアップ関連ソリューション「Symantec Backup Exec 10d」と「Symantec LiveState Recovery 6.0」を紹介しよう(2006年6月)



@IT Special 記事企画
組み込みデータベース「Entier」の導入メリット
データ管理にDBを導入すれば
組み込み開発は「高効率」「高品質」「短納期」

肥大化する組み込みソフトウェア開発では、ミドルウェアを積極的に導入する開発手法が主流となりつつある。今回は日立製作所と日立ソフトウェアエンジニアリングが共同開発した組み込みデータベースEntier(エンティア)のメリットを紹介しよう(2006年6月)



@IT Special 記事企画
SPSS Data Mining Day 2006 イベントレポート
「SPSS Data Mining Day 2006 イベントレポート 前編」
「SPSS Data Mining Day 2006 イベントレポート 後編」
5月18日に開催された「SPSS Data Mining Day 2006」では、「ネットワーク消費社会とデータマイニング」と題した慶應義塾大学大学院教授 池尾恭一氏による基調講演や、好評を博した寸劇形式のプレゼンテーションによる「SPSSソリューション」、さらにベネッセとアサヒビールの事例紹介など、今年も1500名もの来場者でにぎわった(2006年5月)



@IT Special 記事企画
特集企画「企業ネットワーク改革への羅針盤」シリーズ
さらなる進化を遂げる“適材適所”ネットワーク
〜アプリケーションとの融合と統合的管理の実現を目指して〜

業務システムの目的の多様化は急速に進展しており、システムの目的や対象ユーザーに合わせてネットワークを柔軟かつ迅速に構成し、企業システム全般に対して意識せずに最適な環境を提供できることが求められている(2006年5月)



@IT Special 記事企画
BEAとHPによるRFIDタッグチーム
サプライチェーンを最適化するRFIDの実力
EPCglobalのWGでもリーダーとしてRFIDの標準化に積極的なBEAが、RFIDシステム構築を数多く手掛けたHPと強力なタッグチームを結成した。RFIDシステムによってもたらされる利益を、両社の構築事例を引きながら紹介する(2006年5月)



@IT Special 記事企画
RSA Conference Japan 2006開催
電子商取引の摩擦をなくす
RSAセキュリティの認証アプローチ

情報セキュリティに関する大規模イベント「RSA Conference Japan 2006」が開催された。米RSAセキュリティのプレジデント兼CEO アート・コビエロ氏らは「デジタルIDが摩擦のない電子商取引を実現するだろう」と指摘した。RSAが打ち出す階層型の防御体制とは。(2006年5月)



@IT Special 記事企画
富士通フロンテックが協業パートナーを大募集
タッチパネル情報端末対応アプリで
新規販路開拓のチャンスをつかめ!

技術力が高いソフトウェアベンダは数多く存在する。しかし、リソースが限られるために、製品の告知や営業の展開、販路の確保が十分にできず、ビジネスが思うように伸ばせないという声をよく耳にする。富士通グループとの協業が活路になるだろう。(2006年5月)



@IT Special 記事企画
Interop 2006 TokyoでAjaxのパネルディスカッション開催
Ajaxが業務アプリケーションにもたらすメリットを語る
情報システムは現在、大きく進化しようとしている。その原動力になっているのが、Ajax(Asynchronous JavaScript + XML)だ。Ajaxはなぜ情報システムに採用され、これからのアプリケーションをどのように変えようとしているのか(2006年5月)



@IT Special 記事企画
Visioでビジネス要求を見える化する
Visioでビジネス要求を見える化、
ExcelやPowerPointよりも簡単で表現力豊かに!

情報システムの要件定義書を作成する場合に使用されるツールとして、ExcelやPowerPointの使用頻度は意外と高い。しかし、実はよく知られていないが、ExcelやPowerPointよりも、Visioの方が簡単で表現力豊かな図を作成できるのである(2006年5月)



@IT Special 記事企画
Webを社内サーバで運用するのはもう時代遅れ
OCNホスティングサービス「メール&ウェブPro」で
本格的なビジネスWebを実現!

わが社のWebの責任者である僕は、新規事業部から消費者向け商品でWebを最大限に活用していきたいと聞き、先輩に相談してみた。すると先輩は「ホスティングを使えばいい」とひとこと。ホスティングで本格ビジネスに使えるサービスはあるのか?(2006年5月)


@IT Special 記事企画
日本版SOX法に対応できる即戦力になるためにセミナーで学べ
オラクル・コンプライアンス・アーキテクチャを実現して
日本版SOX法に備える

日本版SOX法は、エンジニアの仕事と人生を根本から変えてしまう可能性を持っている。“会計監査や内部統制などは自分に関係ない”などと思わずに、いますぐ行動に移すべきだ。ここでは、日本版SOX法に対応できるオラクルのセミナーを紹介する。(2006年4月)



@IT Special 記事企画
より簡単に、より実践的に進化したソリューション「TenArtni Ninja-VA」
最前線のニーズに応えるビジュアルWebシステム構築
Ajaxとの融合により「快適」そして「リッチ」な企業情報システムの構築、ビジュアルな開発環境、実践的な開発環境としてのEclipseプラグインを提供する、画期的なビジュアルWebシステム構築ソリューションTenArtni Ninja-VAとは? (2006年4月)



@IT Special 記事企画
NTTグループ RSA Conference 2006 Japan
NTTグループが目指すセキュアなブロードバンド・ユビキタス社会
4月26日、27日に開催されるRSA Conference 2006 JapanにNTTグループ8社が出展する。日本版SOX法対策、Camellia暗号、ネットワークセキュリティ、情報漏えい対策の4つのコーナーで、NTTが目指す次世代ネットワークの片鱗に触れよう(2006年4月)



@IT Special 記事企画
リッチクライアント カンファレンス III イベントレポート
Webクライアント開発の“新潮流”がここに
@IT編集部は3月3日に、「@ITリッチクライアント カンファレンスIII」を都内で開催した。3回目を迎える今回の主なテーマは、「ユーザーエクスペリエンス」と「SOA」。会場には約400人のエンジニアが参加し、Webクライアント開発の“新潮流”に熱心に耳を傾けた (2006年3月)



@IT Special 記事企画
WindowsシステムにItaniumのパワーを生かせ
第2回Itanium Solutions Alliance Developer Days Japanレポート
Itanium Solutions Alliance主催のセミナー第2回は、Windowsによるシステムの開発や運用に携わる人々を対象として、3月初めに開催された。Itaniumプロセッサファミリを生かす開発手法やデータベースチューニングなど、技術的な詳細が紹介された(2005年3月)



@IT Special 記事企画
画期的な低消費電力を実現する「CoolThreads テクノロジー」とは?
新パラダイムによるシステム移行/統合こそが、企業システムを救う
急速に増え続けるデータ量や複雑化するアプリケーション環境の中で、コストを削減し、同時にコンプライアンスや環境保全に対処していくには、もはや従来型の考え方の延長線上に解決策はない。画期的な低消費電力を実現する「CoolThreads テクノロジー」は、こうした難題を解決する新しいパラダイムを示している (2006年4月)



@IT Special 記事企画
ITインフラのTCO削減の切り札となる新基準「SWaP」とは?
「サーバ環境の最適化は、正しい評価基準で適切に判断せよ!
ITインフラの業務効率化を図るTCO削減策の1つとして、高性能・低価格・小型サーバの導入などが注目されている。しかし、初期導入コストの削減ばかりに目を奪われていると、TCO削減の要である運用コストの削減や、的確なサーバ拡張が後手に回りかねない。これからの時代に求められるITインフラの真のTCO削減策とは? (2006年3月)



@IT Special 記事企画
Exchange Serverの戦略的インフラ管理ツール
「Quest MessageStats」はビジネス支援ソリューション
企業にとって「電子メールは単に送受信できるだけでよい」とする時代は終わりを告げた。個人情報保護法への対応、内部統制の強化、IT投資に対するROIの説明責任など、メールシステムに対する要求は多様化している。こういった環境変化に迅速な対応を可能にする「Quest MessageStats」のソリューションを紹介しよう (2006年3月)



@IT Special 記事企画
「SOAマネージメント・フォーラム」レポート
ビジネス視点でSOAの有効性示す「成熟度モデル」とESBの適用
ESB(エンタープライズ・サービス・バス)を業界で初めて実装した「Sonic ESB」でSOA市場をけん引するソニックソフトウェア。同社主催の「SOAマネージメント・フォーラム」では、日本初公開となる「SOA成熟度モデル」が発表された。このモデルを中心にフォーラム当日の内容を紹介する (2006年3月)

@IT Special 記事企画
単体テスト効率化 「Agitator +Agitar Management Dashboard」 !
Javaシステム開発のテスト現場、このままで良いのか?
IDE(統合開発環境)やフレームワークの登場で、プログラミングの速度や効率化は年々向上した。しかし、品質向上における各種テストは、人手、いわゆるマンパワーによるところが大きい。テストをいかに効率良く正確に行うかが、プロジェクトの成否を決めるのだ。バグを早期発見できる単体テスト効率化ソリューションを紹介しよう (2006年3月)



@IT Special 記事企画
セキュアなネットワークの構築を可能にする
低コストで高機能なL2スイッチ「Quidway S3100」
ファーウェイスリーコムはGbE対応のスイッチを続々と世に送り出している。Quidway S3100もギガビットのアップリンクを持った低価格なL2デスクトップスイッチだ。全社員の60%がR&Dに従事するファーウェイの技術力を見よ(2006年3月)



@IT Special 記事企画
VPN×アプリケーション×マネージドで新たな進化を遂げる
2006年、ニーズの多様化に応える、新たなVPNサービスが登場
NTTコミュニケーションズは、「かゆいところに手が届くネットワーク」で、多様化するユーザーニーズに応える。「ネットワーク」を基盤に、「アプリケーション」を拡充し、両者を「マネージメント」することで、さまざまな情報・ビジネスコンテンツを、時間と空間を超えて、多様な手段で使えるプラットフォームを提供しようというのだ(2006年3月)



@IT Special 記事企画
オンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3」
革新的アルゴリズムでデータベースのボトルネックを解消
情報量が飛躍的に増大した現在、従来型のデータベースシステムでは、DWHを利用する情報検索・分析システムや更新系バッチ処理などで、パフォーマンス不足が深刻な問題となっている。そこで注目を浴びているのは、オンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3」である。その革新的なアルゴリズムとデータ構造を紹介していこう。(2006年3月)



@IT Special 記事企画
導入2年目で最終利益が16倍に拡大という例も!
「見える経営」を実現するアメーバ経営と『The Amoeba』
50〜100人規模で成長が頭打ちになる企業が多いのは、トップに会社が見えなくなってしまうからだ。規模の大きくなった企業が「見える経営」を実践するには、現場の動きを把握する仕組みづくりが必要になる。そこで注目されるのが、経営管理手法「アメーバ経営」と、統合基幹業務システム「The Amoeba(ザ・アメーバ)」だ。(2006年3月)



@IT Special 記事企画
Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
「使われる」エンタープライズ・ポータル
現在の「社内ポータル」は、ユーザー同士の情報共有レベルで終わっている。本来のEIPは、社内に存在するさまざまな情報を一望にし、それらを機動的に生かせる必要がある。日本ユニシスは、これに必要な同社のビジネス・アプリケーションと業務システムに対する幅広い経験やSIノウハウを結集したポータル構築サービスを提供している(2006年3月)



@IT Special 記事企画
「TenArtni WebReportCafe 2006」新機能を搭載!
対話型レポーティング実現で帳票ソリューションを次のステージへ
ユーザーと開発者の両者のニーズに応えた帳票ツール「TenArtni WebReportCafe 」は、新バージョン「TenArtni WebReportCafe 2006」で対話型レポーティングに対応し、より柔軟な帳票ソリューションを提供する。本稿では、ユーザーと開発者の要求にTenArtni WebReportCafe 2006がどのような解答を用意しているのかを紹介しよう。 (2006年2月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業の2005年度上期開発が終了
オープンソースによる開発実験プロジェクト
IPA「未踏ソフトウェア創造事業」の2005年度上期の開発プロジェクトが2月末で終了する。開発は当初の予定どおりに進めることができたのか。プロジェクト・マネージャの酒井裕司氏に総評を聞き、2人の開発者にまとめのアンケートを行った(2006年2月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業のプロジェクト・マネージャに聞く
オープンソースによる開発実験プロジェクト
IPAの「未踏ソフトウェア創造事業」で2005年上半期のプロジェクトが採択された。2004年からプロジェクト・マネージャを務める酒井裕司氏は、今回の採択の方針を「実用にたるソフトウェアに仕上げるまでの”作り込み”が出来るかどうかを開発者に対して特に求めました」と語った (2005年7月)



@IT Special 記事企画
ビジネス帳票のFAX送信業務をどう効率化するか?
いま、FAX ASPサービスが選ばれる5つの理由
発注書や納品書など帳票類のFAX送信には人手とコストがかかる。しかし業務上のニーズからFAXをなくすわけにはいかない。自社FAXサーバの立ち上げは選択肢の1つだが、システム構築とメンテナンスを考えるとどうしても二の足を踏む。これらを解決する究極のソリューションはないのだろうか?(2006年2月)



@IT Special 記事企画
オンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3」
革新的アルゴリズムでデータベースのボトルネックを解消
情報量が飛躍的に増大した現在、従来型のデータベースシステムでは、DWHを利用する情報検索・分析システムや更新系バッチ処理などで、パフォーマンス不足が深刻な問題となっている。そこで注目を浴びているのは、オンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3」である。その革新的なアルゴリズムとデータ構造を紹介していこう(2006年3月)



@IT Special 記事企画
時代を先取りするリッチクライアント技術
多様化するニーズを先取りするCurlリッチクライアントとは?
ユーザーのニーズが多様化する中で、リッチクライアントは従来までのコスト性や操作性・生産性の向上というキーワードだけでは応えられなくなってきている。そこで注目されるのがCurlリッチクライアントだ。Curlリッチクライアントには、次世代のリッチクライアント像のヒントが多く含まれている。 (2006年2月)



@IT Special 記事企画
独自技術のリッチクライアントは時代遅れ
いまこそ標準技術(HTML/XML)で文書活用を
企業が標準技術(オープンスタンダード)へのこだわりを強めている。先行きが見えない時代だからこそ、特定ベンダの独自技術に依存するのは危険であり、標準技術の価値が高まる。ウイングアークの「StraForm-X」は、こなれた標準のWeb技術だけで企業の情報活用を足元から効率化するツールだ。(2006年2月)



@IT Special 記事企画
“仮想化テクノロジ”は、基幹業務でこう使う!
“サーバ仮想化”をリードする
HPの使える新技術「HP Integrity VM」

サーバ・コンソリデーションの隆盛とともに、「サーバ仮想化」が注目を集めている。ハイエンド/ミッドレンジ・クラスのUNIXサーバ市場のトップベンダであるHPの仮想化製品は、1997年の初リリース以来、国内大手企業の基幹システムに導入されている。その“先駆者”HPが最新の仮想化技術「HP Integrity VM」の出荷を開始した。(2006年2月)



@IT Special 記事企画
迷惑メールとセキュリティ対策の真打登場
業務効率を下げる迷惑メールから、メールソフトを替えるだけで解放される
毎日処理に追われる“迷惑メール”。ある調査によると、迷惑メールを処理するのに掛かる平均時間は1日当たり7.78分で、年換算で47時間、約2日間も費やしている計算だ。これを96%の精度で判別して自動処理し、さらにウイルスや情報漏えい対策もできるメールソフト「Shuriken Pro4」が登場した。(2006年2月)



@IT Special 記事企画
コストを削減しながら帯域を約10倍にする“適材適所”ネットワーク
アートネイチャーがバランスを最適化した「統合VPN」とは?
企業ネットワークのコスト削減と信頼性向上を目的にVPN導入が進んでいる。“適材適所”の発想で、コストを抑えながら帯域を10倍にしたという、NTTコミュニケーションズの「統合VPN」ソリューションを活用したアートネイチャーのキャリア乗り換えの事例と、“適材適所”ネットワーク構築のツボを解説する。(2006年2月)



@IT Special 記事企画
新OSなどの特典をわずかなプラスでゲット
新規購入PCプラス1万円以下で手間をかけずにセキュリティ強化
職場でPCの新規購入を考えているユーザーにとって、セキュリティをどうするかは頭の痛い問題だ。セキュリティ対策の必要性は感じていても、実際には何から手をつけていいのか分からないのが現状だ。しかし、「ソフトウェア アシュアランス 2006」を併せて購入することで、手間なく安価にセキュリティの問題を改善することができる。(2006年2月)



@IT Special 記事企画
アンテナメーカーの老舗が放つ
長距離と大容量を両立した無線LAN「WIRELESS BEAM」
2本のアンテナを使って2チャンネル同時に無線通信を行う「マルチリンク」技術で最大108Mbpsの大容量通信を、自動車のアンテナメーカーとして蓄積したノウハウと技術でキロオーダーの長距離通信を両立させた「WIRELESS BEAM」。2キロ先にHDTV映像を伝送!?(2006年2月)



@IT Special 記事企画
目的特化型システムには拾えない情報がある
属性情報の活用でビジネスが活性化する具体例とは
文書やデータベースの形で社内に散在している情報の多くは、活用されることのないまま埋もれていく。しかし、これらを横断的に活用し、顧客満足度の向上や新規ビジネスの創出に結び付けることは可能だ。ConceptBase Vの新機能を通じた戦略的な情報活用の具体例を紹介する(2006年2月)



@IT Special 記事企画
認証サーバ連携機能などを搭載した大容量ネットワーク・ストレージ
中小企業に最適なRAID5対応NAS「TeraStation」
バッファローの「TeraStation」は、中小企業や大企業の部署単位などでも比較的導入しやすい価格のネットワーク接続のストレージである。Windowsドメイン・サーバなどとの認証連携機能や、UPSとの連携機能などを装備することで
、管理も容易だ。TeraStationの特徴を見ていくことにする(2006年1月)



@IT Special 記事企画
社内に埋もれていた「知」を確実に生かす方法
ConceptBase新バージョンに見る進化
社内に散在する非定型情報を、すぐ仕事に使える形で引き出せるようにしたい。これを、大がかりなシステムを構築することなく実現してくれるツールが、ジャストシステムの「ConceptBase」だ。新バージョンのConceptBase Vでは、検索機能と使い勝手の両面でさらに強化が施され、仕事場の即戦力としての魅力が高まった(2006年1月)



@IT Special 記事企画
グループウェアのマイグレーション
NotesからExchange Serverへの移行を支援する
“Notes Migrator for Exchange”

グループウェアは高機能な製品から、より使い勝手の良いものへと移行が進んでいる。Lotus NotesからMicrosoft Exchange Serverへの移行はその代表的な動きだ。移行に伴う管理作業を自動化する「Notes Migrator for Exchange」のメリットを紹介しよう(2006年1月)



@IT Special 記事企画
基幹アプリ開発の落とし穴
.NET Framework環境に欠けていたのはコレだ!
業務システムを開発する際、データベース関係などのバックエンドには腐心するものの、そこに蓄積したデータを出力する帳票部分となると後手に回りがち。この部分を簡単・高品質に実現するソリューションが、.NET Frameworkにも対応した。.NETの可能性を広げるSVF for .NET Frameworkの実力とは?(2006年1月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業 2005年度下半期プロジェクトが採択
情報銀行:セキュアでリーガルなPtoP型オンラインストレージの開発
「未踏ソフトウェア創造事業」の2005年度下半期の採択プロジェクトが決まった。プロジェクトマネージャの酒井裕司氏が採択したのは「情報銀行の開発」。PtoPやNTP、しきい値秘密分散法、DHTなど既存の技術を使ってサーバを介さない時限暗号を実現する (2006年1月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業 2005年度下半期プロジェクトが採択
デバイスの枠を超え情報の所有を実現するTimelineサービス
「未踏ソフトウェア創造事業」の2005年度下半期の採択プロジェクトが決まった。プロジェクトマネージャの酒井裕司氏が採択したのは「Timelineサービスの実現」。「どの情報を見たか」を意味するイベントタグを定義し、これをサーバに記録、この記録を基にデバイスを超えて再閲覧を可能とする(2006年1月)



@IT Special 記事企画
IPA未踏ソフトウェア創造事業 2005年度下半期プロジェクトが採択
なめらかなメッセージングを実現するSNS型RSSリーダーの開発
「未踏ソフトウェア創造事業」の2005年度下半期の採択プロジェクトが決まった。プロジェクトマネージャの酒井裕司氏が採択したのはSNS型RSSリーダーの開発」。ブログ評価とソーシャルタギングによってSNS型RSSリーダーを実現し、高精度なリコメンデーションを可能にする(2006年1月)


@IT Special 記事企画
デバッグ手法を根底から変革
Workbench Diagnosticsの診断機能の衝撃
ウインドリバーが2005年12月にリリースした新しい診断ツール「Workbench Diagnostics」が、いま反響を呼んでいる。Diagnosticsの最大の特徴は、「センサーポイント」と呼ぶ新しい独自技術にある。組み込みソフトウェア開発者を悩ますデバッグ作業を大幅に効率化するセンサーポイントの仕組みとは?(2006年1月)



@IT Special 記事企画
グループウェア導入企業によるパネルディスカッション
活用成功企業に学ぶ グループウェア導入・運用術
いま求められている情報共有ツールとは何なのか?Web型グループウェアを導入してビジネスはどのように変化するのか?@ITで実施したアンケートデータを基に、グループウェア導入企業3社の生の声が聞けるパネルディスカッションを開催!参加申し込み受付中(2006年1月)



@IT Special 記事企画
e-VLANで信頼性とセキュリティ、構築・運用コストの削減を
右肩上がりに成長する広域イーサ。その秘密をe-VLANから探る
スイッチングハブとイーサネットで構成されるレイヤ2ネットワーク「広域イーサネット」の市場が右肩上がりの成長を続けている。広域イーサネットをはじめ、4つのVPNサービスを「統合VPN」ソリューションとして提供しているNTTコミュニケーションズの担当者取材を交えながら、人気の秘密を詳細に検証してみよう(2006年1月)



@IT Special 記事企画
.NET/Java相互運用の現在・未来
第4回 インタビュー:相互運用の実際と今後の課題
システム・インテグレーションの現場で、相互運用にどのようなニーズがあるのか、相互運用を実現するうえで克服しなければならない難点や将来の課題は何か? 今回は、分散オブジェクト推進協議会(DOPG)のメンバでもあり、.NET/Javaアプリケーションの相互運用をベースとする会計情報システムを開発した日本電気株式会社の岸上氏にお話を伺う。(2006年1月)

(1) 2000年9月 〜 2001年12月
(2) 2002年1月 〜 12月
(3) 2003年1月 〜 12月
(4) 2004年1月 〜 12月
(5) 2005年1月 〜 12月
(6) 2006年1月 〜 12月
(7) 2007年1月 〜 12月
(8) 2008年1月 〜 12月
(9) 2009年1月 〜 12月

 
@IT Special とは?
@IT Special は、
アイティメディア株式会社が
ITリーディング企業と協業して発信する
記事/サービスなどの広告企画の総称です。

製品情報、技術解説、事例、インタビュー、
セミナー、モニター、プレゼントなど、
読者のみなさまのお役にたつ情報を
お届けしてまいります。

ぜひ、ご参照ください。



印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ

アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー