@IT Special は、アイティメディア株式会社が、ITリーディング企業と協業して発信する記事/サービスなどの広告企画の総称です。
掲載期間:2007年1月〜12月


@IT Special 記事企画
性能向上とコスト削減の両立を実現
UltraSPARC T2 + Oracle Database 11g
マイグレーションのススメ

UltraSPARC T2は最大64のマルチスレッドを特長とするサン・マイクロシステムズの最新プロセッサだ。これは、同種のアーキテクチャにより設計されたプロセッサが得意としてきたWeb分野からデータベース分野へと適用領域を広げるものとして期待されている。とりわけOracle Database 11gの最適な稼働プラットフォームとなるだろう(2007年12月)



@IT Special 記事企画
サブプロジェクトも充実
オープンソースの高機能アプリケーションサーバ、
いよいよ日本語版が登場

Java EE 5準拠のオープンソース・アプリケーションサーバ「GlassFish v2」に待望のマルチリンガル版が登場した。日本語版のコミュニティもオープン、日本市場におけるGlassFishの普及促進に向けた活動がいよいよ本格的にスタートした(2007年12月)



@IT Special 記事企画
メールセキュリティソリューションセミナー レポート
とっておきのメールセキュリティ対策、お教えしましょう
2007年11月21日、@IT編集部主催による「メールセキュリティソリューションセミナー」が開催された。トレンドが常に変化し続けているメールセキュリティ対策、注視すべきポイントをそれぞれの視点で語った、4社のセミナー内容を紹介しよう(2007年12月)



@IT Special 記事企画
事例探求シリーズ 第22回 富士火災編
自社の強みを活かしたハイブリッド型マーケティング手法の確立
富士火災海上保険株式会社は、2002年のオリックスならびにAIGによる資本参加を契機に、通信販売テクニックの導入に取り組んできた。その一方で、こうした取り組みを支える「分析インフラ」の拡充にも力を注いでいる(2007年12月)



@IT Special 記事企画
マンガ 闘う!ボトルネックバスターズ シーズン2
第1話 ナゾの大物システム管理者 彗星寺現る
「ぐわっはっはっは。こんなシステム・トラブルの原因調査など、赤子の手をひねるようなもんじゃ。原因はすでに割れておる」 大物カリスマ・システム管理者、彗星寺がボトルネックバスターズの前に立ちふさがる。危うしボトルネックバスターズ! 真実をつかむのは、百戦錬磨の彗星寺か、ボトルネックバスターズか(2007年12月)



@IT Special 記事企画
あきこちゃんのサーバ導入記
今やブレードも東京生産!
なるほどメリット!「MADE IN TOKYO」

ついに「HP BladeSystem c3000」の導入を決意したあきこちゃん。納品まで時間がかかるのかな、サーバの品質は大丈夫かなと心配も。HPはブレードサーバの東京生産を開始し、それらの悩みを一挙に解決します(2007年12月)



@IT Special 記事企画
Web 2.0が実現する「進化型情報ポータル」
ユーザーによる、ユーザーのための情報ポータル
企業ユーザーにとって本当に役立つ情報ツールとは、ユーザーが自分の業務にとって最も有用な情報を、自ら自由に選択・取得できるツールだ。これまでの企業向け情報ツールにはなかったそうした機能を、ビーコンITの情報ポータル「infoScoop」は見事に実現した。その鍵となったのが、“Web 2.0”だ。(2007年12月)



@IT Special 記事企画
中堅スーパーのデータ活用物語
第3回 商品売上の「見える化」に挑戦!
地方の中堅スーパー「フクフクドー」では、BIの試験的な取り組みが予想外の成果を上げたため、ついに本格的な導入が決まった。そしてSQL Server付属の開発環境を使って、番次郎がPOSデータを活用したレポート・アプリケーションを作ることに。ちょっとしたきっかけから始まったフクフクドーのBI導入が思わぬ成果を上げていく(2007年12月)


@IT Special 記事企画
ITを活用したBPMシステムの実現
BPMの効果的な導入には「SOAを使え!」
BPM実現にとって理想的なシステムとは、多様なサービスが自在に接続され、さらに、サービスが一元的に管理されたシステムである。ということは、SOAにより構築されたシステムが最適であるといえる。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
「Systemwalker」による証跡管理とIT資産管理
IT全般統制の重要ポイント、「クライアントの管理・統制」を考える
IT全般統制を考えるとき、重要なポイントとなるのが企業システムで脆弱性の高い部分の1つである一般ユーザーの利用するクライアントPCだ。その対策であるクライアントセキュリティや証跡管理、そしてIT資産管理までをトータルに支援する富士通の「Systemwalker」を紹介しよう。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
仮想化技術でアダプティブな世界へ
最先端の基幹システムはどう作られたか
2007年夏、ある企業のERPシステムがカットオーバーした。SAPを使ったこのシステムは、仮想化技術を駆使した自律型コンピューティングへの取り組みという点で、世界に類を見ない画期的なものとなった。このシステムのインフラの構築、運用を担当する日本ヒューレット・パッカードは、どのようにシステムを設計したのか。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
Webアプリ性能改善ならこの男たちを呼べ!
【連載マンガ】 闘う!ボトルネックバスターズ 2  プロローグ
「ちょっと! 朝から何度やってもつながらないわっ! いったいどうなってんの!」 顧客から殺到するクレームに騒然とするシステム担当部門。「使用リソースも、トラフィックもいつもどおりなのに、どうして……」 途方に暮れる担当者。「えー、毎度おなじみの……」呼んでもいないのに、またあの男たちがオフィスにやってきた(2007年11月)



@IT Special 記事企画
SPSS Directions Japan 2007
「SPSS Directions Japan 2007 イベントレポート 前編」
「SPSS Directions Japan 2007 イベントレポート 後編」

「日本発のマーケティング」と題した明治学院大学 経済学部 国際経営学科 教授 清水 聰氏のユニークな基調講演によれば、日本にはいま、「目利き」「聞き耳」「死に神」という3つの新たな消費者像が存在するという(2007年11月)



@IT Special 記事企画
Jtest8.0の新機能「バグ探偵」の秘密
コードの品質向上でバグが少なく
高いセキュリティを確保できる

Java向けテスト・ツールとして知られる「Jtest」の新バージョンには加わった「バグ探偵」では、複数のクラスやモジュールの関連まで調べる「フロー解析」が可能だ。従来の静的解析では実現できなかった高品質のコード管理の秘密とは!? (2007年11月)



@IT Special 記事企画
中堅スーパーのデータ活用物語
第2回 Excelでお手軽データマイニングに挑戦!
地方の中堅スーパー「フクフクドー」では、新米システム管理者のいぶきが、データマイニングによる顧客アンケートのデータ分析を提案。早速、Excel 2007と無償試用版の分析エンジンを使って試してみることにした。思いもしなかった結果から、新たな売り上げ拡大策が展開される。 フクフクドーのIT改革が動き始めた(2007年11月)



@IT Special 記事企画
習得! セキュリティ研究所
メールの内容を無条件に信用できなくなった
メールによる誘導攻撃には広い視点の対策が必要

メールの文面をそれらしく細工して、マルウェアに感染させる。それが、最近の攻撃者のやり方だ。レポートNo.005に引き続き、手法を詳細に解説する。一般ユーザーが自衛できるように教育するためにもセキュリティ管理者は敵を知るべし!(2007年11月)



@IT Special 記事企画
攻撃は組織的かつ巧妙に進化している
従来のセキュリティ対策を超えるWebレピュテーション機能とは?
Webからの脅威が高まっている。新たな手段や感染経路を用いて企業の中に忍び込んでくるウイルスなどの不正プログラムは、防衛が以前よりもより困難になりつつある。さらに新しい対策が必要だ。その1つとして登場したのが、トレンドマイクロが開発した「Webレピュテーション機能」である。 (2007年11月)



@IT Special 記事企画
変貌する最新データベース事情。あなたの常識は間違っていないか?
データベースの常識・非常識
情報システムの要となるデータベース。昨今、MicrosoftのSQL Serverは、ミッションクリティカル領域での採用が急増している。Windows OS開発を原点とするソフト・メーカーのデータベース製品は、果たしてミッションクリティカル・システムが求める性能要件、セキュリティ要件、可用性要件を満たすのか? この答えは、事実にある。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
組み込みデータベース採用事例 ゼンリン電子地図帳「Zi10」
組み込みデータベース「Entier」で
検索スピードの性能アップと開発効率の向上を実現!

株式会社ゼンリンは、パソコン用地図ソフト「Zi(ジー)10」に、日立製作所と日立ソフトウェアエンジニアリングが共同開発した組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を採用。高速かつ高度な検索機能を有効に活用するとともに、開発効率やメンテナンス性、汎用性などの大幅な向上を実現した。 (2007年11月)



@IT Special 記事企画
メタボコードを改善するための第一歩
Java開発プロジェクトの健康診断をサポート
あなたが属する開発プロジェクトでは、構築中のコードがいまどんな状態になっているのか、きちんと把握できているだろうか? プロジェクトの早い段階でコードの不具合が解消されれば、修正に費やすコストを低く抑えることができる。そのためには、まず、コードの現状を確認する必要があるだろう(2007年11月)



@IT Special 記事企画
第2回 McAfee Data Loss Preventionのタネと仕掛け
マカフィーDLPで
機密情報の部分コピーも改ざんも見逃さない情報漏えい対策を

「McAfee Data Loss Prevention」が実現する情報漏えい対策は、重要ファイルのコピーはもちろん、テキスト情報の一部をコピーし、別のファイルにはり付けたとしてもきっちりと認識し漏らさないという大きな特徴を持っている。これを実現するタグとフィンガープリントの仕組みを、画面イメージを基に解説していこう(2007年11月)



Dr.Sum EA
@IT Special 記事企画
経営者だけでなく現場が使えるBIを提供
Excelをインターフェイスにすることで
現場に優しいBIを実現する「Dr.Sum EA」

企業内の膨大なデータを有効活用するためにはDWHやBIツールなどが有効だ。しかし、“BIツールは高くて手が届かない”というのが一般的なイメージではないだろうか。そんな常識を覆すのが「Dr.Sum EA」だ(2007年11月)



@IT Special 記事企画
中堅スーパーのデータ活用物語
第1回 いままでどおりのExcel分析じゃ足りないの?
地方の中堅スーパー「フクフクドー」では店舗の売り上げ拡大策を思案中。しかし、顧客アンケートの結果をExcelで分析しても、いいアイデアは浮かばない。そんなとき、新米システム管理者のいぶきがデータマイニングの導入を提案する。そこからフクフクドーのIT改革が始まることに(2007年11月)



@IT Special 記事企画
「エンタープライズ2.0 実践セミナー」レポートから学ぶ企業向けAjax
Ajaxで企業の基幹システムは「2.0」化できるのか?
2007年10月19日、住友電工情報システム主催で「Ajaxが企業の基幹システムをどう変えていくのか」をテーマにしたセミナーが開催された。本稿では、基調講演を始めとして、Ajaxの技術セッション、エンタープライズ2.0で何ができるのかの事例セッション、「楽々FrameworkII」を使った実践プログラミングのデモの模様をレポートする。(2007年11月)



SDS3.0
@IT Special 記事企画
シマンテックセキュリティレスポンスが開発!
データベースへの不正行為を検出する
「Symantec Database Security 3.0」

情報漏えい対策の“要”となるデータベースセキュリティ製品「Symantec Database Security 3.0」が登場。完全日本語化、さまざまなポリシーと自動学習機能で柔軟な運用を実現したSDS3.0の実力とは?(2007年11月)



@IT Special 記事企画
Exchangeのパブリックフォルダからの移行も容易に
分散SharePoint環境も一元管理する
クエスト・ソフトウェアの「Quest SharePoint Solution」

導入の容易もあって、社内・部署内のポータルやグループウェアとしてSharePoint Serverの導入が増えている。企業内でSharePointサイトが増加した際、システム管理者の負担を軽減するのが、クエスト・ソフトウェアのQuest SharePoint Solutionだ。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
徹底的に企業での使用に特化したSNS、「知創空間」
企業向けSNSが実現する創発型マネジメント
ブログやSNSを企業内のコミュニケーションツールとして導入するケースが出てきている。しかし、プライベートでのコミュニケーションのために作られたツールが、企業内でのコミュニケーションでうまく機能するとは限らない。「知創空間」はその点、当初から企業内での使用、企業にとってのメリットを見据えて作られている。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
クライアントPCの“見える化”からスタート
「JP1」で取り組む
クライアントPC環境の情報セキュリティ対策

企業により厳密なITコンプライアンスが求められる現在、重要になってくるのは「クライアントPC環境の情報セキュリティ対策を、いかに効率良く実現するか」だ。日立製作所の「JP1」は、目が行き届きにくいクライアントPC環境を「見える化」し、クライアントPC環境の情報セキュリティ対策を支援する。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
静的解析ツール「Coverity Prevent」
動的テスト以上のバグ検出能力
〜 クリティカル分野で採用が続出 〜

「Coverity Prevent」は、既成概念を超えた静的解析ツールといってよいだろう。手間いらずの静的解析ながら動的解析以上のバグ検出が可能であり、ソースコード上でバグの内容や所在が明示されるので修正も容易。6週間に1度のペースで解析エンジンやチェッカーのブラッシュアップを続け、誤検知率は10%を切る勢いだ。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
正しいSOAガバナンスを支援
SOAの信頼性を高める富士通の
サービスバスとサービスリポジトリ

「SOA開発は難しい」と言われる。本稿ではシステムのサービス間連携をサポートする「Interstage Service Integrator」とサービスリポジトリ「CentraSite」を中心に、信頼性が高いSOAシステムの現実的な構築方法について解説する。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
ストレージの管理コストを劇的に削減した“Isilon IQ”
RAIDの煩雑さと縁を切ったストレージの未来形
3次元CADデータ、Excelの工程管理表や部品表など、製造業には無数の非定型データが存在し、日々際限なく増大していく。こうした電子データの“見える化”を目指すITシステムにとって、相次ぐ拡張に迫られるストレージの管理コストは頭の痛い問題だ。これを斬新なアーキテクチャによって解決した新世代ストレージ、Isilon IQとは?(2007年11月)



@IT Special 記事企画
システムが動かなくなる前に対応する秘訣とは?
システム障害を事前に検知した事例に学ぶ
「Systemwalker」のキャパシティ管理

今日、企業経営はITシステムへの依存度が高まっており、トラブルや問題を起こさないことが重要になっている。「Systemwalker」が提供するキャパシティ管理機能はトラブル未然防止に役立つ。その実際の事例から、トラブル未然防止の具体的方法を紹介しよう。(2007年11月)



@IT Special 記事企画
アイデンティティ管理を導入すればいいわけではない
内部統制のためのアイデンティティ管理
導入・運用における落とし穴とは?

内部統制に関する社会的要請や企業活動における重要性が認識されるに従って、企業の間でアイデンティティ管理の仕組みを検討・導入する動きが活発化してきた。だが、アイデンティティ管理を導入しさえすればすべての問題が解決すると考えるのは間違いだ。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
無償体験版やチュートリアルPDFのダウンロードサイトを開設中!
Java/XMLベースの次世代“エクスペリエンス”とは?
さまざまなリッチクライアントが乱立する中で、選択の鍵は将来性あるテクノロジを使っていること、エクスペリエンスの実現性に優れることではないだろうか。本稿では、Java/XMLベースのリッチクライアントNexawebの特徴と開発スタイルについて、動画コンテンツ、体験版&チュートリアルPDFで実際に体験いただこう。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
第1回 企業をとりまく情報漏えいの危険な状況
マカフィーDLPで
機密情報の部分コピーも改ざんも見逃さない情報漏えい対策を

たとえ正規のアクセス権があっても、何をやってもよいというわけではない。情報を扱うユーザーに対するアクセス制御ではなく、重要なデータの内容そのものの振る舞いを制御することで、外部への流出を防ぐ――そのようなコンセプトを実現する、McAfee Data Loss Preventionのねらいと機能を、2回にわたってお送りする。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
ビジネスを加速させるアウトソーシングとは?
コストとメリットを可視化する「モデルベースソーシング」
運用の効率化やコアビジネスへの経営資源集中のためのデータセンター利用が、運用のブラックボックス化につながるリスクがある。オージス総研が提唱する「モデルベースソーシング」は、これまでにないアプローチでコストとメリットを可視化し、ビジネス環境の変化にも柔軟に対応できるアウトソーシングサービスだ。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
新コンセプトのインターネットVPNサービスが誕生
新たなビジネスの創造を支える「マルチポリシーVPN for OCN」
今、ネットワーク基盤は大きな変革の時期を迎えている。あらゆるものにIPアドレスが割り振られるユビキタス環境においては、誰もが簡単に接続状態を管理できる仕組みが必要だ。NTTcomの実績から生まれた新発想VPNサービス「マルチポリシーVPN for OCN」は、端末間通信を実現し、新たなビジネス基盤の構築を可能にする。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
習得! セキュリティ研究所
ユーザーのPC操作を逆手に取られて感染!?
メールを使った攻撃を知るための重要なポイント

マルウェアの感染経路として非常に身近なものがメールである。攻撃者は、いかにメールを読ませるかにあの手この手の工夫を凝らす。セキュリティ担当者が手口を知るだけでなく、一般ユーザーにどのように啓蒙していくべきなのか?(2007年10月)



@IT Special 記事企画
あきこちゃんのサーバ導入記
タワー型サーバよりラク!?「HP BladeSystem c3000」の管理性とは?
日本HPの最新ブレードサーバ「<コンパクト第3世代ブレード> HP BladeSystem c3000」に関心を持ち始めたあきこちゃん。サーバ管理者として次に気になるのはその管理性。コンパクトサイズながら、フルの管理機能を持つc3000の特徴とは?(2007年10月)



@IT Special 記事企画
多様な帳票類の出力ニーズに応える「SVFシリーズ」
次世代のドキュメント形式「XPS」にも対応した帳票出力用ソフト
現在、企業システムのWebアプリケーション化が進んでいるが、データの紙出力の要望も根強く残っている。それ以外にもPDF出力やFAX出力など、さまざまな形でデータが活用したいというニーズが拡がっている。そこでセキュリティを保ちながら、多様な出力方式をサポートするソリューションが求められる。それが、「SVFシリーズ」だ。 (2007年10月)



@IT Special 記事企画
複数サーバ構成でもデータセンターへの入局は不要
ホスティング業界に新手のサービス登場
「専用サーバ Platform」

ハウジングの自由度と、専用サーバによるホスティングサービスの手軽さの良いところ取りをしたそんなサービスが登場した。これまでにないデータセンターとの付き合い方を提示する、さくらインターネットの「専用サーバ Platform」とは、どんなサービスか? (2007年10月)



@IT Special 記事企画
組み込みソフトウェアテスト特集
「C++test」で開発初期段階から
ソフトウェアの品質向上をサポートする

開発初期における徹底的なバグ退治により、やっかいな開発後期の問題発生を未然に防止しよう。「C++test」を使うことで、ソフトウェア検証作業の自動化および効率化をはかれる。独自のバッチ機能を利用した夜間の自動検証もできる。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
組み込みソフトウェアテスト特集
数万件超の膨大なテスト資産を管理できる
エンピレックス「e-Manager Enterprise」

組み込み機器の開発規模や複雑度が大きくなるにつれ、ソフトウェアテストとテストケース管理の重要性が増している。スプレッドシートによるレガシーな管理方法に対し、テスト工程から関連資料までデータベースを用いてトータルで管理する手法を提案するのがエンピレックスの「e-Manager Enterprise」だ。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
組み込みソフトウェアテスト特集
組み込みソフトウェアテストが抱える課題とは?
品質管理・テストツールの有効性

効率的に品質を確保するため、テストをどう効果的に実践するか? これが、組み込みソフトウェア開発における最大の関心事であることは間違いないだろう。各産業で世界最高水準の組み込み機器が開発されているが、その背後では、肥大化の一途をたどるソフトウェアに対する綱渡り的な品質確保が行われている。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
止められないシステムには、手間のかからない二重化を
クラスタの常識を打ち破る
everRun HA流アプローチ

現在では、基幹系業務などシステムダウンの影響が大きい分野でもIAサーバが使われている。IAサーバもアプリケーションプラットフォームとして高い信頼性が求められるようになってきている今、日本情報通信が販売する「everRun HA」が選択した方法とは?(2007年10月)



@IT Special 記事企画
技術力に差あり。データセンター選びの新基準
運用管理の充実に力を注ぐデータセンター 〜Rworks
iDC(データセンター)の運用監視サービスは、一見どれも似ていて違いが分かりづらい。特に最近のマネージドサービスと呼ばれるサーバの運用管理にまで踏み込んだサービスとなると、メニューを見ただけで選定するのは難しい。優秀なエンジニアを抱える技術力こそが差別化要因というRworksに、同社の強みを聞いた。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
安心・安全なIT全般統制を目指して
性能トラブルを未然に防止する
「Systemwalker」のキャパシティ管理

IT全般統制は、日本版SOX法対応の最も基礎となる部分だ。ITシステムの健全かつ有効な運用を実現するには、従来のように“トラブルを迅速に発見、対応する”だけではなく、異常を事前に察知して“トラブルを未然に防止する”ことが求められる。安心・安全なIT全般統制を提供する「Systemwalker」のキャパシティ管理機能を紹介する。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
富士通Interstageで実現するSOA
SOA環境の現実的な構築、最も必要なのは「ガバナンス」
SOAベースのシステム構築を成功に導くには何が必要なのか? ミドルウェア層の技術基盤を整備すると同時に、システム全体に「ガバナンス」を利かすことが重要になる。多種多様なサービスと(サービスを流れる)データを一括集中管理できることが、SOAの本質ともいえるからだ。(2007年10月)



@IT Special 記事企画
内部統制のためのログ活用セミナー レポート
何のためにログを収集・管理するか考えてますか?
2007年9月14日、@IT情報マネジメント主催による「内部統制のためのログ活用セミナー」が開催された。基調講演を行った公認会計士の丸山満彦氏は「何を証明するために、どんなログを採取するのか、という目的を明確にすることが重要だ」と訴えた。本レポートでは、目的別に最適解を持つ3社のセミナー内容を紹介する。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
より安全に、より環境に優しく、 ――シンクライアントSun Rayの実像
最先端のシンクライアント・ソリューション、SunRayの実像に迫る
セキュリティ強化や情報漏えい防止のため、シンクライアントを導入する企業が増えてきている。また、コスト削減や環境保護の観点からも、シンクライアントは注目を集めている。サン・マイクロシステムズの「Sun Ray」は、そうしたシンクライアントの利点を徹底的に追及したソリューションだ。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
あきこちゃんのサーバ導入記
とてもコンパクトな「HP BladeSystem c3000」の魅力を探る
サーバにずいぶんと詳しくなったあきこちゃん。日本HPの最新ブレードサーバにも興味津々です。あきこちゃんとペディアくんが、AC100V対応でオフィスにも設置できる「<コンパクト第3世代ブレード> HP BladeSystem c3000」の魅力を探ります。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
企業のITシステムに浸透するWeb 2.0
Web 2.0の最先端と国内のエンタープライズへの適用事例を紹介
「Web 2.0」と呼ばれる新しいWebシステム。そのトレンドの中心的な技術であるAjaxが、コンシューマー向けサービスから、徐々に業務システムへと浸透し始めている。Web 2.0の最先端と、エンタープライズへの適用事例までをカバーするセミナーが開催される。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
習得! セキュリティ研究所
最新の脆弱性に対応する攻撃ツールも登場
なぜ攻撃者はエクスプロイトを利用するのか

脆弱性が発見されたら修正パッチを当てればよい。しかし、現実的にはスムーズな適用が難しいこともある……。だからといって、脆弱性を放置していると攻撃者にとって格好の標的になってしまう。ゼロデイ攻撃を防ぐ術はあるのだろうか?(2007年9月)



@IT Special 記事企画
InfoFrame Day 情報管理・活用セミナー
NECが考える次世代情報管理のあり方、
実際の導入ポイントとその導入効果

情報管理とは何か? 企業内に分散した多種多様の情報を電子化し、その情報を一元的な統制下に置くこと。そして、次に統制・管理している情報を、業務プロセスや業務フローと結びつけていくことが第2のポイントである。これを実現する方法のひとつが情報ライフサイクルという考え方だ。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
「ここがすごい! “SVFX-Designer”の帳票設計/デザイン」 第3回
基幹系帳票からデザイン的な帳票まで用途に応じて作成
現在、帳票は定義や用途が広がり、プレゼンテーションなどの道具としても利用されるようになってきている。また、PDFやXPSのような電子/Web化の動きも注目だ。ウイングアーク テクノロジーズのSVFX-Designerは、こうしたトレンドの変化にもいち早く対応し、デザイン/Web帳票の高機能な開発環境を提供している。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
徹底した顧客指向で選び出されたシステム・コンポーネントとは?
徹底的な評価で自信を持って提案する“最適なシステム”
「オープンシステム」で真にメリットを享受するには、各社から提供されるシステム・コンポーネントの“最適な組み合わせ”を見出すことが肝要だ。日立システムアンドサービスは、OSSや商用ソフトの組み合わせを徹底評価して「高信頼性Linuxシステム」を提供する。そんな同社が選んだソフトウェア製品とは?(2007年9月)



@IT Special 記事企画
日立製作所が提案する文書アーカイブソリューション
包括的な文書管理体制が
企業の信用と業務効率を左右する
日立製作所の文書アーカイブソリューションは、全社規模の膨大な文書を長く、的確に、いつでも再利用可能な状態で保つことができる。これにより、企業は社会に対する説明責任を果たせるだけでなく、業務効率の向上、ひいては意思決定の迅速化を図れるのだ。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
高速で効率的なシステム リカバリを実現
ビジネスの安定性・信頼性向上に貢献する
Symantec Backup Exec System Recovery 7.0
シマンテックのシステム保護ソリューション「Symantec Backup Exec System Recovery 7.0」は、異機種や仮想環境へのリカバリにも対応し、高速かつ効率的にシステム全体のバックアップ/リカバリを可能とする製品だ。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
最先端のレガシーマイグレーション技術でシステムを簡素化
IT資産のメタボリック化を
レガシーマイグレーションで防げ!

あなたは、自社のレガシーシステムにどのようなプログラムやファイルがあるのかを認識できているだろうか。運用コストの面や、内部統制におけるIT統制の観点から、そのようなレガシーシステムのIT資産をきちんと分析し、管理できるようにするのは重要だ。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
富士通Interstage Interaction Managerが提供するAjaxテクノロジ
業務改革を成功させた事例
メインフレームの営業管理システムをAjaxで

A社は業務改革の一環として、営業管理システムのビジネスロジックはそのまま維持しつつ、フロント部分をWebオープン化することを決断。Ajaxフレームワークを活用し、使い勝手はそのままに、システムを刷新した。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
いまのうちにデータベースの内部統制環境を強化するべき
既存システムを変更せず、
内部統制も強化できるデータベース統合

内部統制や日本版SOX法対応の観点から、各所に分散しているデータベースをいかに統合するか、が大きな課題となっている。しかも、監査に耐え得るためにアクセス権限やログ管理も強化しなければならない……。これらの問題を解決するサービスを紹介する。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
次世代情報管理ソフトウェア「InfoFrame」の全貌
全データを一括してメモリにロード
バッチ処理時間の遅延問題を解決

異なるシステムに散在するデータをつなぐフレーム技術として、NECは、データバスとコンテンツバス、および各種アダプタ群を提供している。これらの技術を応用すれば、バッチ処理時間の圧倒的な短縮も可能になる。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
NEC Presents ISV Solution Pavilion
紙文書の分かりやすさと内部統制を両立するワークフロー
近年、内部統制が叫ばれ、申請・承認などの意思決定過程の把握・統制のためにワークフローシステムの導入が求められることが増えてきた。しかし、性急なシステム化に現場が混乱する場合もある。「Create! Webフロー」は、“紙の申請書”に限りなく近い使い勝手を提供するワークフローシステムだ。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
「ここがすごい! “SVFX-Designer”の帳票設計/デザイン」 第2回
日本のきめ細かい“帳票”をノンプログラミングで
分かりやすく設計できるSVFX-Designer
帳票開発は悩ましい。開発プロジェクトの最後に位置して、いつも時間がないからだ。だが、利用するユーザーのことを考えれば“やっつけ仕事”はできない。そうした板挟みの技術者を支援するための、ノンプログラミングで実現できる設計/デザイン機能を俯瞰する。(2007年9月)



@IT Special 記事企画
「定義ファイル頼み」だけでは守れない
新たなセキュリティ脅威から包括的に保護する
Symantec Endpoint Protection

セキュリティ脅威は、かつての無差別攻撃から、的を絞って情報を盗み取るための巧妙な侵入へと変化した。こうした脅威を防ぐには、従来の定義ファイルやシグニチャベースの対策だけでなく、新たなアプローチも必要となる。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
Enterprise Contents Managementを実現せよ
ビジネスコンテンツの高度活用を実現する
NRIのコンテンツ管理ソリューション「ILF2007」

デジタルコンテンツが企業にあふれる今、従業員から望まれていたのはECM(Enterprise Contents Management)の実現だった。NRIとアイティメディアが共同で行ったアンケートの結果から、全社的な視点に立ったコンテンツ管理のあり方を探る。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
さくっと導入、運用できるセキュアな業務環境
セキュリティ投資の常識を覆す「ビジネスホスティング」とは?
企業を取り巻くセキュリティ要件が年々厳しくなる中、グループウェアやPCのデスクトップ環境などの業務環境を専用サーバにホスティングするさくらインターネットの「ビジネスホスティング」が注目を集めている。管理コストを削減する仕掛けとは?(2007年8月)



@IT Special 記事企画
ベテランでなければUNIXサーバの管理はできない?
UNIX管理の常識を変える
HPのSystem Management Homepage

UNIXサーバの運用は誰にでも行える――それはもう現実のものなのです。直感的なグラフ表示が分かりやすいHPの管理ツール「System Management Homepage」は、煩雑なルーチンワークからUNIX管理者を解放してくれるのです(2007年8月)



@IT Special 記事企画
Flashデモで解説
これさえあれば簡単サーバ管理!
「HPシステムマネジメントホームページ」の実力

複数台はもちろん、単体のサーバであっても管理は結構大変です。特に面倒なのが障害個所の特定。日本HPの「HPシステムマネジメントホームページ」はWebブラウザを開くだけで、サーバの障害個所が見つけられます。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
事例探求シリーズ 第21回 大地編
会員ビジネスには欠かせない“顧客を知る”ための極意
1975年に「大地を守る会」を設立して以来、食や農、環境問題に取組んできた「株式会社大地」。8万人もの健康志向の消費者会員を抱える同社では、SPSSの「Clementine」を導入し、購買傾向の分析や併売分析などに取組んでいるという。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
セキュリティ管理者は何を知るべき?
マルウェアが検出や除去を困難にさせるさまざまなテクニック
セキュリティ担当者は、マルウェアのテクニックや動作の仕組みを理解し、適切に対処できる製品を選ぶ必要があります。マルウェアが検出や除去を困難にさせるために用いているテクニックを、いくつかの例を交えて取り上げます。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
NEC Presents ISV Solution Pavilion
アプリがあるなら、ケータイSaaSビジネスへ乗り出せ
携帯電話をビジネスで利用する際に問題となるのが、端末の紛失・置き忘れによる情報漏えいだ。そこで端末内にデータを残さないよう、Web経由での社内システム・アクセスが要請される。エリアビイジャパンの「SWANStor」なら、既存社内システムを簡易にケータイSaaSシステムへと進化させることができる。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
マンガ 闘う!ボトルネックバスターズ
第2話 ボトルネックをあぶり出す、「リアルな」負荷テスト
例えば高速道路の料金所。まったく同じ車種の車が、まったく同じ料金で、何台も通過するなどあり得ませんね。でも、みなさんが実施した単純なテストは、これと同じようなものです。これでは何も分からない。実際の利用環境をシミュレーションすれば、ほらこのとおり、ボトルネックがあぶり出されてくるんです(2007年8月)



@IT Special 記事企画
NECの新たな情報管理ソリューション
異種データベース連携を短期間・低コストで実現
国産ベンダNECだからできること

既存システムに大きくてを入れず、データベースを統合するにはどうすればいいか。システム面での統合がうまくいっても、保守・運用段階まできちんと面倒を見てくれるだろうか。NECが体系化した情報管理ソフトウェア「InfoFrame」は、そんな課題の解決に挑戦する。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェアテスト・ミーティング レポート
システム構築における新たな常識
『品質コントロール』

今日、システム構築の世界では明らかに1つのトレンドがある。それは、今までより安価なコストで、より短い納期で、より高い品質のシステムを作りあげることが求められているということだ。どのようにすればこの難題をクリアすることができるのだろうか。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
[Isilon IQ導入事例] オムニバス・ジャパン株式会社
映像編集とCG制作の専門家集団が選んだ
クラスタストレージの実力

映画・テレビ番組・CMといった映像コンテンツの編集やCG制作の専門家集団であるオムニバス・ジャパンにとって、ストレージは業務を支える重要な柱だ。彼らがアイシロンのクラスタストレージシステムを選ぶに至った理由は何だったのか。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
ITポリシーコンプライアンス体制を確立するためのヒント
日本版SOX法の順守チェックを支援する
Symantec Enterprise Security Manager

コンプライアンス対応において重要なことは、制定したポリシーを定期的に見直しながら運用すること。しかし、複数の法令を順守しつつ、内部統制を徹底することは非常に難しい。ポリシーの順守状況の監査や変更管理を支えるシマンテックのセキュリティポリシー管理製品を紹介(2007年8月)



@IT Special 記事企画
「ここがすごい! “SVFX-Designer”の帳票設計/デザイン」 第1回
日本独特の“帳票”文化をコンピュータ上で
妥協なく表現する帳票設計ツール
システム開発工程のうち2/5を占めているといわれる帳票開発。しかも、日本での帳票に関する要求は独自性が強く、品質に関しても非常に厳しい目で見られる。ウイングアーク テクノロジーズのSVFは、そういった要求に応えるために生まれてきた製品だ。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
初期投資ゼロで帳票FAX送信システムを構築!
FAXソリューションは、ASPサービスの時代
大量のFAX送受信を省力化・コスト削減したいとき、FAXサーバの導入が効果的だ。だが、FAXサーバは一般にシステム規模が大きくなりがちで、それなりの開発期間と投資が必要となる。そんなFAX送信業務の効率化とコスト削減という課題を一挙に実現するのが、NTTコミュニケーションズが提供するASP形式のFAXサービス「iFAX」だ。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
マンガ 闘う!ボトルネックバスターズ
第1話 あなたのWebアプリ性能評価は間違っている
Webアプリケーション、データベース、ネットワークと、いずれも開発担当部署がしっかりとテストしてくれたようだ。これならスムースに本番サービスをスタートできそうだな…。ガハハハハ! そんなテストで十分だと思ってるんですか! そんなテストのためのテストじゃあ、本番で何が起こるか、いちかばちかの賭けみたいなもんですわ。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
SIGMABLADE-Mという選択肢
「ブレードサーバは中堅企業には向かない」
というのは本当か

中堅や中小の企業でも、分散的に導入されたサーバを集約し、統合管理しなればならないケースが増えてきた。しかし、大企業には人気のブレードサーバは中堅以下の企業に適していないとされてきた。それはなぜか? 解決策はないのか?(2007年8月)



@IT Special 記事企画
パッチ適用と安定稼働の両立を実現
管理者を悩ませる二律背反を解決する
仮想パッチ製品「PatchPoint」

セキュリティホールを放置しておけば、不正アクセスの危険性が高まる。しかし、十分に検証を行わないままパッチを適用してしまうと、既存のサービスやアプリケーションの稼働に障害が生じる恐れがある。こんな困った状況を解決するバーチャルパッチアプライアンスが「PatchPoint」だ。(2007年8月)



@IT Special 記事企画
重複データの排除でバックアップデータ容量を1/50にまで圧縮
NetBackupファミリーに追加された新しいラインアップ
「Veritas NetBackup PureDisk」

爆発的に増大するデータをいかにバックアップするかは企業にとって大きな課題だ。Veritas NetBackup PureDiskは保存されたドキュメントの重複データに着目。複製されたファイルの相違点だけを格納することで、ストレージの容量を従来の1/10から1/50へと減量させることができる。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
Webアプリ性能改善ならこの男たちを呼べ!
マンガ 闘う!ボトルネックバスターズ プロローグ
「た、大変です、課長!サービスインしたばかりのWebアプリケーションが過負荷で停止しました!」「なにぃ!十分テストしたんじゃなかったのか!」「そのはずだったんですが……」あなたのWebアプリ最適化は間違っていないか。豊富な経験と強力ツールでWebアプリの最適化を支援する。それがボトルネックバスターズだ!(2007年7月)



@IT Special 記事企画
完成度が高い富士通のAjaxフレームワークソリューション
快適なWebフロントシステムの構築を実現する
富士通のAjaxフレームワーク

富士通は、AjaxテクノロジーこそがWeb環境でミッションクリティカルな基幹系業務システムを構築するのに、大きな鍵を握っていると考えている。同社は、独自のAjaxフレームワークをまとめ、Interstage Interaction Managerという製品に結実させた。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
重複データの排除でバックアップデータ容量を1/50にまで圧縮
NetBackupファミリーに追加された新しいラインアップ
「Veritas NetBackup PureDisk」

爆発的に増大するデータをいかにバックアップするかは企業にとって大きな課題だ。Veritas NetBackup PureDiskは保存されたドキュメントの重複データに着目。複製されたファイルの相違点だけを格納することで、ストレージの容量を従来の1/10から1/50へと減量させることができる。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
Webアプリ性能改善ならこの男たちを呼べ!
マンガ 闘う!ボトルネックバスターズ プロローグ
「た、大変です、課長!サービスインしたばかりのWebアプリケーションが過負荷で停止しました!」「なにぃ!十分テストしたんじゃなかったのか!」「そのはずだったんですが……」あなたのWebアプリ最適化は間違っていないか。豊富な経験と強力ツールでWebアプリの最適化を支援する。それがボトルネックバスターズだ!(2007年7月)



@IT Special 記事企画
Flash Videoで解説
ブレード初心者必見!動画でわかる
最新ブレードサーバ導入のメリット

着実に普及しているブレードサーバですが、その良さとは何でしょうか? 管理性が高いと評価されることが多いですが、いったいどういうことでしょうか。ブレードサーバの管理性の高さを、初心者を対象に動画を使ってわかりやすく説明します。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
SPSS Data Mining Day 2007
「SPSS Data Mining Day 2007 イベントレポート 前編」
「SPSS Data Mining Day 2007 イベントレポート 後編」
7月12日の「SPSS Data Mining Day 2007」で行われた、「経験価値志向マーケティングとデータマイニング」と題した神戸大学大学院 経営学研究科 教授 石井 淳蔵 氏による基調講演や、20年にわたるテキストマイニングのエキスパート、SPSS Inc. Vice President オリビエ・ジューヴ 氏によるプレゼンなど、事例紹介含めてレポートをお届けする。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
「質問と回答」で社員の業務効率化
ジャストシステムの社内情報活用モデル(ConceptBase FAQ)
膨大なデータと複雑な業務環境に囲まれ、社内の情報共有・情報活用が非常に困難になる中、着実に必要とする情報にたどり着くナレッジ活用サイクルの運用実践が大きな効果を上げている。概念検索技術と自然言語処理技術に、過去の問い合わせログを再利用する社内ナレッジデータベースを取り入れた、ジャストシステムのソリューションとその成功事例を紹介する。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
セキュリティ研究レポート No.002
管理者権限は諸刃の剣?
不正行為を隠ぺいするrootkitのテクニック

セキュリティの脅威がステルス化しています。攻撃の痕跡を隠したり、バックドアを配置したりするためのテクニックが「rootkit」を悪用したテクニックです。rootkitとは何でしょうか。実例を挙げながらレポートします。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
全社統合データの構築はパフォーマンスと柔軟性がポイント
トレーサビリティを実現する
“Sybase IQ+HP Integrityサーバ”の先進性

日本版SOX法(金融商品取引法)や消費生活用製品安全法によって、トレーサビリティは企業にとって必須のIT基盤となった。そのカギを握るのは、HP IntegrityサーバとSybase IQによる高速かつ柔軟性の高い全社統合データウェアハウスの構築にある。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
マルチプラットフォームGUI開発フレームワーク
“使いやすさ”で、GUI開発の生産性を高める「Qt」
GUIを用いたリッチなユーザーインターフェイスが当たり前になった昨今、その設計は重要なポイントだ。しかし、画面開発は意外に非効率的な作業を行うことになりがち。そんなGUI開発の生産性を向上させる製品が、C++グラフィックライブラリ「Qt(キュート)」だ。(2006年12月)



@IT Special 記事企画
内部統制のためのアイデンティティ管理セミナー レポート
内部統制に求められるID管理に取り組んでいますか?
2007年6月19日、@IT情報マネジメント主催による「内部統制のためのアイデンティティ管理セミナー」が開催された。内部統制に必要なID管理を実現するためにはどうすればよいのか? 日本企業向けに開発したツールや、時間とコストを掛けずに実現するID統合ツールなどを紹介する。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
真のペーパーレスを実現する「チームスキャナー」の提案
オフィスを変えるネットワークスキャナー「ScanFront 220P」
増加の一途をたどるオフィスの紙文書。これを適切に電子化できれば、情報共有や検索などのメリットを享受でき、オフィスワークの効率を大幅に改善できるはずだ。キヤノンの新製品「ScanFront 220P」は、手軽なスキャンでオフィス・ペーパーレス化のボトルネックを解消する優れものだ。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
24時間365日業務無停止で拡張できるスケーラブルストレージ
SANストレージの主要課題を解決する「iStorage Dシリーズ」
NECがストレージ製品ラインアップに追加した「iStorage Dシリーズ」は、初期投資コストを抑制しながら高い拡張性を実現するという特長を備えた新製品群だ。業務を停止することなく、ペタバイトクラスまで容量拡張が可能で、物理リソースをプール化して業務に必要な分だけ割り当てる仮想化テクノロジーを採用するなど、先進的な機能が詰め込まれている。(2007年7月)



@IT Special 記事企画
富士通「Interstage Interaction Manager」の新機能
C/SシステムをWebシステムに移行させるならAjax
アプリケーションのメンテナンス性が良いWebシステムが、企業システムにおけるアーキテクチャーの主流となりつつある。一方でC/Sシステムからの移行を躊躇する企業も少なくない。そうした中、Webシステムの課題を克服するソリューションとしてAjaxテクノロジーが注目されている(2007年6月)



@IT Special 記事企画
資産を生かしてSOA対応を可能にするEAIツール
既存システムを捨てず最大限に活用、
EAIの代表製品eGateの実力を探る

サン・マイクロシステムズの「eGate」は、豊富な実績を誇るEAIツールだ。eGateの存在により、Sun Java CAPSは、既存のレガシー資産をJBIやWebサービスなどのSOA技術体系に適合させていくことが可能になるのだ。eGateの実力に迫る!(2007年6月)



@IT Special 記事企画
企業を狙う“見えない”攻撃に気付くための情報ポータル
レポートNo.001 知らなかったでは済まされない。
姿を変えて忍び寄るポリモーフィック型ウイルス!

企業のウイルス防御網をすり抜けようと、ウイルスもあの手この手を仕掛けてくる。ウイルス自身が姿を変化させ続けるポリモーフィック型ウイルスとは何か。敵を知らなければ、戦い続けることは難しい!(2007年6月)



@IT Special 記事企画
.NETエンタープライズ新時代−SIerに聞く。.NET導入の実際−
第5回 ビジネス・インフィニティ&NTTデータ
.NETによる大規模システム開発において、中国でのオフショア開発を活用する「(株)ビジネス・インフィニティ」。同社は高い開発生産性と品質管理能力の双方を確保する仕組み「リアルタイム・プロジェクト・モニタリング(RPM)」を作り上げた。その実力にグループ親会社のNTTデータも注目する。RPMの詳細、誕生背景などを聞く。(2007年6月)



@IT Special 記事企画
Flashデモで解説
15分でわかるサーバ管理のコツ
分かっているようで分からないのがサーバの管理です。トラブル時はもちろん、日々のメンテナンスもかなりの作業量。でも遠隔地からサーバを完全に管理できる「HP Integrated Lights-Out 2」(iLO2)を使えば、効率アップ! Flashデモでその簡単操作を紹介します。(2007年6月)



@IT Special 記事企画
正しいシステム運用管理から始める企業価値向上への道
企業の内部統制への対応を支援する「JP1 V8.1」
2006年6月に成立した「金融商品取引法」により、2008年4月1日以後に開始する事業年度から、上場企業を対象に内部統制報告書を提出する義務が課されることになった。いわゆる「日本版SOX法」である。日立製作所はこれに合わせ、企業の内部統制を支援する機能を強化した統合システム運用管理「JP1 V8.1」を2007年3月15日にリリースした。(2007年6月)



@IT Special 記事企画
新展開:Windowsケータイに広がるオーバレイネットワーク
オーバーレイネットワーク新時代
手軽にセキュアなネットワーク環境を実現するL2Connect

リモートアクセスと拠点間接続に使われてきたL2Connect。「L2Connect Mobile」の追加で、新たな展開が開けてきた。これはWindows Mobileを搭載したスマートフォン上で動作するが、「常時接続」と「PUSH型配信」というメリットがあるのだ。(2007年6月)



@IT Special 記事企画
第10回 組込みシステム開発技術展(ESEC)レポート
NGN対応で一気に差を広げるウインドリバーの総合力
2007年5月16〜18日に東京ビックサイトで行われた「第10回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」。約1400社が出展し、11万人の来場者を集めた。その中でもひときわ充実した情報を提供していたのがウインドリバーだ。その展示とセミナーの内容をレポートする。(2007年6月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェア開発者やオフィスワーカーにもオススメ
オフィス環境におけるワイド液晶の魅力
デジタルハイビジョン放送やDVDの影響で、縦横比が16:10のワイド液晶モニターはホームAV向きの仕様だと思いこんではいないだろうか。確かにこれまで主にエンターテイメント分野で注目されてきたワイド液晶だが、ソフトウェア開発者やオフィスワーカーにもオススメ。その魅力を探ってみよう。(2007年6月)



@IT Special 記事企画
プロジェクトマネジメントのリスクをいかに軽減するか
VS Team Systemで実践するソフトウェアエンジニアリング
フローの重視

フローに基づく計画とプロジェクトマネジメントの手法では、中間工程の進行中作業(Work in Process)を最小限に抑えることが求められる。そうすることで、問題の発見が遅れたり、想定外のやり直し作業が突然発生したりするリスクが軽減されるからだ。そしてフローを継続的に測定するとボトルネックの形成が明らかになる(2007年6月)



@IT Special 記事企画
プロジェクトマネジメントの新しい手法
VS Team Studio実践するソフトウェアエンジニアリング
相対立するパラダイム

プロジェクトマネジメントの不確実性を管理する手法として、従来の「ワークダウン手法」に代わり広がりつつあるのが「バリューアップ手法」だ。バリューアップ手法では、各時点での提供価値を測定し、入力情報を固定的集合ではなく可変フローと見なす。両者の違いを解説しよう(2007年6月)



@IT Special 記事企画
HPが自社の経験で得たノウハウ
ITコンソリデーション・プロジェクト成功の法則
ITコンソリデーションは社内情報インフラの全体最適化と効率化に大きく貢献する。そうとは分かっていても、社内のさまざまな部門からの抵抗をはじめとした多くの壁があり、実現には困難が伴う。ITコンソリデーション・プロジェクトを成功させるにはどうすればいいか。その秘訣を紹介する。(2007年5月)



@IT Special 記事企画
開発環境革新が可能にする「ウイングアーク開発プロセス」
システム品質を向上する開発プロセス革新
画面/帳票は、一気通貫プロセスで開発せよ!

膨大な帳票開発を含むプロジェクトでは、その帳票作業の遅延などでプロジェクトが破綻したり、赤字に陥る場合がある。これらの問題に対して、ウイングアーク テクノロジーズは、入力画面と出力帳票の開発を一貫かつ同時に行う開発プロセスを提唱する。(2007年5月)



@IT Special 記事企画
Microsoft .NETが開発をどう変えていくか
.NETエンタープライズ新時代
キーマンへの注目インタビューと導入事例

Microsoft .NETはエンタープライズのシステム基盤として、多くの企業向けシステムでの開発基盤、および運用プラットフォームという形で導入が進んでいる。 .NETにかかわるキーマンたちの声を聞き、実際の導入事例を見て、.NETが開発をどう変えるのかを知ろう(2007年5月)



@IT Special 記事企画
.NETエンタープライズ開発ツール・インタビュー
ソフトウェア開発の文化を変える"Visual Studio Team System"
100万人以上いるMSDNサブスクライバの60〜70%がダウンロードして評価・活用しているVisual Studio Team System。エンタープライズ開発におけるチーム作業と開発ライフサイクル全体を支援するためのツールだが、予想外の反響が寄せられているという。今回はTeam Systemの開発を指揮するAndrew氏とIan氏にお 話を伺った。(2007年5月)



@IT Special 記事企画
キーポイントは“柔軟さ”
全社的なITリソース統合に求められるSOA
SOAプラットフォームを支える仮想化技術

個別に開発されたシステムを連携し、全社で統一されたIT基盤上にシステムを構築する動きが加速している。また、他社システムとの統合が必要不可欠になるケースも増えている。そのために必要なのが、SOAを実現するサービスプラットフォームと、その柔軟性に対応できるハードウェアの仮想化技術である(2007年5月)



@IT Special 記事企画
HDDが故障するその日、知りたくありませんか
HDD故障直前にパトライトが点灯!
SmartHDD Managerがオフィスを救う

HDDは消耗品という認識はあっても、それがいつ故障してしまうのかは「神のみぞ知る」ことだと思っていないだろうか。SmartHDD Managerはオフィス内のHDDを集中監視し、独自に「故障予測日」を算出するだけではなく、大事なデータを守るための機能を豊富に揃えている(2007年5月)



@IT Special 記事企画
第4回 Developer Days Japanセミナーレポート
高まるミッションクリティカルニーズ
LinuxとItaniumシステムはどう応えるか

Itanium Solutions Allianceのセミナーシリーズ「Developer Days」の第4回が2007年4月に開催された。同セミナーでは、企業の中核的ITシステム構築における可用性やデバッグ対応のニーズにLinuxとItaniumがどう対応しているか、その最新動向を解説した(2007年5月)



@IT Special 記事企画
運用の効率化とディザスタリカバリ対策の強化に大きく貢献
高速な異機種間リストアを実現するBESR
バックアップ/リストア作業の煩雑さに頭を悩ませている企業は少なくない。しかし、Symantec Backup Exec System Recoveryならば構成の異なる機種間においてもリストアが可能だ。その秘密は、ドライブ全体のイメージ化にある(2007年5月)



@IT Special 記事企画
.NETエンタープライズ新時代−SIerに聞く。.NET導入の実際−
第4回 アークウェイ
エンタープライズ.NETの普及とともに成長してきた「アークウェイ」。アークウェイは「プロジェクトの成功だけではなく、デベロッパーの幸福も両立する」というユニークなビジョンを掲げる。デベロッパーを幸福にする開発方法とは?エンタープライズ.NETの現状や、アークウェイのサービスの特徴と効果、利用している開発ツールなどについて伺う。(2007年5月)



@IT Special 記事企画
ハードウェアベンダが提供する管理ツールという選択肢
シンプルで容易なサーバ管理を実現する高機能ツール群
「Essentials ソフトウェア」が使えるから選ぶHP ProLiant(後編)

サーバ管理に悩みを持つ企業が日本ヒューレット・パッカード(HP)のx86サーバ HP ProLiant向け運用管理ツール群「HP ProLiant Essentials ソフトウェア」に注目している。ハードウェアベンダが開発する管理ツールの強みとは?(2007年5月)



@IT Special 記事企画
組込み開発のバグを知り尽くした静的解析ツール「PGRelief 2007」
開発現場の技術者に愛される秘密とは?
富士通ソフトウェアテクノロジーズの静的解析ツール「PGRelief」は、富士通自身の組込み開発で得られたバグ検出ノウハウを搭載する点が高く評価され、累計600社への導入実績を持つ。最新版では、開発現場の実態により即した運用を可能にする機能強化が図られた。日本の開発者から支持される秘密とは?(2007年5月)



@IT Special 記事企画
オラクルが実現する最新データベース・セキュリティ
内部統制時代に対応するためのデータベース利用の権限分掌
個人情報流出を回避し内部統制に対応するには、情報を格納するデータベースと、それに関わるアクセス権限などを徹底することが重要だ。オラクルが提案する最新データベース・セキュリティ対策を検証する(2007年5月)



@IT Special 記事企画
ソフトウェア技術で実現する「止まらないシステム」
オラクルの可用性ソリューションとMAA
BCP(ビジネス継続計画)の考え方が広まるにつれ、情報システムの可用性に対する関心も高まっている。オラクル製品には、可用性を高めるさまざまな機能が組み込まれいる。オラクルでは、これら多種多様なソフトウェア機能を組み合わせて有効活用するベストプラクティス「MAA」を提供している(2007年5月)



@IT Special 記事企画
ワンランク上のデータベースをWindows環境でも実現
知っていましたか? こんなにあるOracle on Windowsのメリット
オラクルは1993年にWindows NTに対応して以来、Windowsの最新OSにいち早く対応してきた。データベースに注力しているベンダであるオラクル社だからこそ、新しいOSが出るとタイムリーに対応できているのである。可用性を高め国際化にも対応するOracle on Windowsの底力を知ろう(2007年5月)



@IT Special 記事企画
デルの第9世代サーバ「PowerEdgeシリーズ」の優位性
クアッドコア時代が本格到来
業界標準技術をいち早く採用することで、多機能かつ高性能なサーバを供給しているデル。同社のPowerEdgeシリーズは、すでにクアッドコア・プロセッサに対応しており、高い性能と価格優位性を実現している。今回は、クアッドコア・プロセッサ搭載のPowerEdgeシリーズの価格性能費と、デルのサーバ戦略について解説する(2007年4月)



@IT Special 記事企画
HP VSEの活用シナリオ
サーバ仮想化は開発環境をどう救えるか
サーバ仮想化技術は、企業におけるITライフサイクルのさまざまな場面で効果を発揮する。こうした仮想化の大きなメリットの1つが、システム開発時の効率向上だ。仮想化をうまく活用することで、アプリケーションの開発に関連するコスト、時間、そして労力を大幅に節約できる可能性が生まれる。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
ハードウェアベンダが提供する管理ツールという選択肢
シンプルで容易なサーバ管理を実現する高機能ツール群
「Essentials ソフトウェア」が使えるから選ぶHP ProLiant

サーバ管理に悩みを持つ企業が日本ヒューレット・パッカード(HP)のx86サーバ HP ProLiant向け運用管理ツール群「HP ProLiant Essentials ソフトウェア」に注目している。ハードウェアベンダが開発する管理ツールの強みとは?(2007年4月)



@IT Special 記事企画
柔軟な分析を高速に行う
大規模データ・ウェアハウスを活かす
ETLツールの最新テクノロジー

オラクルが提供するETLツール“Oracle Warehouse Builder”は、単に「データの流し込み」を担当するツールにとどまらず、むしろデータ・ウェアハウスの設計、構築のための機能を豊富に揃えている(2007年4月)



@IT Special 記事企画
大規模データ・ウェアハウス構築・運用でアドバンテージ
大規模データ・ウェアハウスを支える
Oracle Database 10gの機能群

Oracle Database 10g Release 2には、データ・ウェアハウスに向けた新機能 が多数盛り込まれている。このような機能の中から、大規模データ・ウェアハウスを構築・運用するための注目技術を探る(2007年4月)



@IT Special 記事企画
小〜中規模企業向けライセンス プログラムOpen Valueの価値
管理者の悩みに応えるボリューム ライセンス プログラム
重要な顧客情報や機密情報を漏えいや改ざんから保護し、従業員間の効率的な情報共有を実現する。そうした情報システムを、低コストで導入・運用したい。こんな悩みをお持ちなら、ソフトウェアのボリューム ライセンスを検討してはどうか。小〜中規模企業向けボリューム ライセンス プログラム、Open Valueの概要と利点を紹介する(2007年4月)



@IT Special 記事企画
ビジネス視点でITを活用する
IT戦略が変わる:戦略立案段階から求められるプロジェクト全体を見通したガバナンスとは
ITプロジェクトのガバナンスにおいて重要なのは、IT全体を高い視点から時間軸で俯瞰し、その情報を活用した意思決定プロセスを作っていくことである。ポイントは、ヒト、モノ、カネの一元的な把握にある。そうすれば未来をも掌握できる。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
誤検知を制御し、不具合が検出できるツール
数百万行におよぶソースコードをすばやく解析
ソースコードの量が増え続けている。携帯電話もいまや数百万行におよぶプログラムで構成されている。コードの量が増えるのに比例して、バグなどのリスクは増大し、テスト負荷も増していく。このテスト負荷を軽減できるのが、coverityの静的解析ツールだ。数百万行のソースコードを誤検知を制御し、すばやく解析できる。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
帳票・画面統合開発でプロジェクト生産性をUP
フロント業務のIT化時代に備えよ!
帳票・画面統合開発でプロジェクト生産性をUP

基幹システム開発が一巡し、次なる業務効率向上のターゲットとして、フロント業務のシステム化に取り組む企業が増えてきた。入力画面と出力帳票の開発を同時に行う開発プロセスを提唱するウイングアーク テクノロジーズの帳票開発ツール「SVFX-Designer」と「StraForm-X」、それらをつなぐ「Design Converter」を紹介する。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
Excelをブラウザ内で動かす“究極の”リッチクライアント
どんなWebアプリよりExcelの方が優秀! という発想
Excelでリッチクライアントがサクサク作れてしまう! それがマイクロラボの「XCute」だ。データエントリーからビジネスインテリジェンス機能まで幅広い用途に対応。また、JavaやPHPでの開発期間と比べ約1/10で実現できるという。発売から7年、着実にユーザー数を増やしている同製品の特徴や導入のメリットについて紹介する。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
アプリケーションの品質がITプロジェクトの鍵を握る
開発が変わる:
アプリケーションの品質がITプロジェクトの鍵を握る

ビジネスの観点で考えれば、これからのアプリケーション開発は品質および性能の最適化を抜きにして考えることはできない。それが最大にして唯一のリスクヘッジポイントだからである。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
株式会社IMJネットワーク
HP BladeSystem c-ClassとVMwareによる
革新的なサーバ・ホスティングサービス

サーバ・ホスティングサービス「GrowServer」を提供するIMJネットワークが、サーバ・プラットフォームの世代交代に取り組んでいる。選んだのは日本ヒューレット・パッカード(HP)の<第3世代>ブレード「HP BladeSystem c-Class」だった。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
.NETエンタープライズ新時代−SIerに聞く。.NET導入の実際−
第3回 アバナード
日本で事業を開始してたった2年足らずにもかかわらず、顧客満足度の高いソリューションを提供することに定評がある「アバナード」。受注案件も急速に増えているという。急成長の秘密は一体どこにあるのか。今回は、アバナードが持つ独自のテクノロジやメソドロジ、利用している開発ツール、コミュニケーション方法などについて伺った。(2007年4月)



@IT Special 記事企画
運用管理をライフサイクルの観点で捉える
運用管理部門が変わる:
開発との関わりを深めながらITサービス提供の主体部門へ

運用管理は変わる。根本から変えられる。そしてさらに、開発との関わりを深めることで、IT全体を変えていく可能性も秘めている。ITILが日本に深く根をおろしつつある今、その機は熟したといえるのである(2007年4月)



@IT Special 記事企画
最も進んだセキュリティ機能を持つHTTPサーバ登場
Sun Java System Web Server 7.0の豊富な新機能
企業のWebシステムに必須のHTTPサーバ。高可用性や強固なセキュリティを求めるハイエンドな企業システムでは、歴史と実績のある商用HTTPサーバ「Sun Java System Web Server」が多く採用されている。その最新バージョン「7.0」の搭載機能とは?(2007年3月)



@IT Special 記事企画
「戦略」「開発」「運用」の各段階を一連のライフサイクルとして捉える
報われない情報システムへの処方箋、
連携と可視化でビジネス貢献度UP!

情報システムを不良資産化させないために重要なことは、「戦略」「開発」「運用」の各段階を一連のライフサイクルとして捉え、全体を見通すことだ。これは、ビジネスの視点で情報システムのあり方を考えるということである。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
なぜ複数の仮想化技術を使い分ける必要があるのか
「サーバ仮想化技術は適材適所」、その意味は
サーバ仮想化を実現する技術は1つではない。1つの技術であらゆる要件を満たすのは非常に困難であり、このためこれら複数の技術をニーズや目的に応じて使い分けることが求められる。では、どうすればいいのか。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
組み込みデータベース「Entier」新バージョン登場!
高度な検索機能をさらに強化
組み込み開発の効率向上を支援

日立製作所と日立ソフトウェアエンジニアリングが共同開発した組み込みデータベース「Entier」は、空間検索機能やインクリメンタルサーチなどの高度な検索機能を搭載。そのEntierが、全文検索などの機能を追加してバージョンアップした。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
アルプス システム インテグレーション株式会社
「HP BladeSystem」「HP StorageWorks EVA」を
採用しシステム統合を構築

アルプス システム インテグレーションが全社のシステム統合を行った。採用したのは「HP BladeSystem」と「HP StorageWorks EVA」。仮想サーバ環境を構築し、運用管理コストの低減や、システム構成の迅速な変更を実現した。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
セキュリティと利便性を両立したWebメールがこれからの主役になる
セキュリティと利便性を両立し、
どこからでもメールが利用できるWitchyMail

相次ぐ情報漏えいなどに対応するためには情報セキュリティがカギになる。一方で、企業で最も重要なアプリケーションとなっているメールの利便性を損なうことは、大きな生産性の低下に繋がる。そのような課題を克服する方法として、セキュアで使いやすいWebメールが挙げられる。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
HP BladeSystem c-Class」向け新技術
ネットワーク/ストレージ接続を仮想化する
「HP バーチャルコネクト」

日本ヒューレット・パッカードが「HP BladeSystem c-Class」向けの画期的な技術「HP バーチャルコネクト」を発表した。ネットワークで使用するMACアドレスなどをあらかじめ設定しておき、ブレードを交換してもネットワーク側で再設定する必要がないという新技術だ。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
スパムメールは日常的なコスト上の実害を生んでいる脅威だ
スパムメール対策のトータルコストを大幅削減
メッセージングセキュリティソリューション「Proofpoint」

今日の電子メールの利用環境において大きな問題となっているスパムメール。企業は、従業員の生産性低下、システム管理者の運用負荷の増大など、スパムメールが日常的なコスト上の実害を生んでいる脅威であるとの明確な認識に立って、本格的な対策に取り組んでいくことが求められる。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
インメモリーでデータベースの限界を突破する
インメモリー・データベースがもたらす
驚異のリアルタイム性能

Oracle TimesTen In-Memory Databaseは、現時点で最も進化したインメモリー・データベースといえる。高速トランザクション性能、開発生産性の高さといった従来の特長に加え、新バージョンではOracleデータベースとの親和性が高まった。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
事例探求シリーズ 第20回 タカラインデックスeRラボ編
エンドユーザーとのダイレクトなコミュニケーションを実現!
タカラインデックスeRラボでは、SPSS Dimensionsを活用した「Webアンケートシステム」を構築している。これまで直接拾うことが難しかったユーザーの声を、日々収集し、分析することが可能になったという。そこから見えてきた「売れるおもちゃの法則」とは?(2007年3月)



@IT Special 記事企画
.NETエンタープライズ新時代−SIerに聞く。.NET導入の実際−
第2回 富士通関西システムズ
独自の.NET向け開発フレームワーク「SDAS for .NET /eProad」を活用し、関西圏を中心に数多くの.NETエンタープライズ・システムを手がける富士通関西システムズ。VB 6による大規模システムや汎用機からの移行が多いという中で、なぜeProadが有効なのか。その開発背景、特長、そしていま.NETが選ばれる理由についてうかがった(2007年3月)



@IT Special 記事企画
デュアルコア、さらにクアッドコアへ
性能向上と省電力を両立したプロセッサーを搭載、
最新のHP ProLiant

日本HPは、インテルのクアッドコアプロセッサー「クアッドコア インテル® Xeon® プロセッサー 5300番台」を搭載したサーバを、x86サーバ「HP ProLiant」ファミリのラインアップに追加した。その優位性とソリューションについて、インテルと日本HPの担当者に聞いた。(2007年3月)



@IT Special 記事企画
内部統制のためのログ活用セミナー レポート
企業を可視化する「ログ」の力に気付いていますか?
2007年2月16日、@IT情報マネジメント主催による「内部統制のためのログ活用セミナー」が開催された。いざというときのリスク管理を行うために、日々作成され続けるログをどう活用すべきか? ログが持つ力を最大限に引き出す方法を知る4社のセミナー内容を紹介しよう(2007年3月)



@IT Special 記事企画
Symantec Enterprise Vault 7.0
Exchange 2007に対応したメールアーカイブを一元管理
増え続けるデータ量、コンプライアンスへの対応、サーバーやストレージにかかるコストと管理負荷の増大。メッセージング・アーカイブソリューション「Symantec Enterprise Vault 7.0」は、データのライフサイクル管理を効率化し、企業のメッセージング環境の変革を強力にサポートする(2007年3月)



@IT Special 記事企画
企業ネットワーク改革への羅針盤
企業システムと一体化へ向かうネットワークインフラ
企業や組織におけるネットワークインフラは、いままさに転換期を迎えようとしている。このコーナーでは、ビジネス環境の変化により、これまでとは別次元の課題を突きつけられている企業や組織の広域網に焦点を当て、その改革の方法を探る。 (2006年4月)



@IT Special 記事企画
Symantec Ghost Solution Suite 2.0
先進のイメージング技術で包括的なPCライフサイクル管理を
「Symantec Ghost Solution Suite 2.0」は、先進的なイメージング技術を活用し、企業内PCのセットアップやOS、アプリケーションの移行を自動化する包括的なPC管理ソリューションだ。負担のかかる移行作業を高速・確実に実行し、作業時間とコストを大幅に削減。Windows Vistaへの移行でも大いに活用できる(2007年2月)



@IT Special 記事企画
サーバ仮想化って運用管理が面倒?
サーバ仮想化のメリットを引き出す運用管理術
「サーバ仮想化を使うことのメリットは分かるけれど、運用管理が面倒になるのがいやだなあ」とお思いの管理者の方、心配は要りません。仮想化の管理を統合化し、自動化すれば、運用は非常に簡単です。仮想化を生かす運用管理術をお伝えします。(2007年2月)



@IT Special 記事企画
「IPN-W100」導入事例 −ソフトブレーン株式会社−
情シス不在の地方支社にセキュアな無線環境を実現
無線LANをビジネスで使うには、ISMSやISOで規定されるようなセキュリティの確保という難題が存在する。それを解決したのがトリニティーセキュリティーシステムズの「IPN-W100」だった。自治体でも実証実験が行われている「有線と同じくらいセキュアな無線」の実力を導入事例から紹介する(2007年2月)



@IT Special 記事企画
統合メールセキュリティゲートウェイを実現する
「IIJセキュアMXサービス」でメールセキュリティはプロに任せよう
画像スパム、ボットネット配信……迷惑メールの手法は日々進化している。しかし、そのたびに新たなハードウェアを購入することはできない。IIJのASP型統合メールセキュリティゲートウェイサービス「SecureMX」は、メールセキュリティ対策に新たな選択肢を与える。メールの危機管理は、プロに任せてみませんか(2007年2月)



@IT Special 記事企画
企業のメッセージインフラを多層的に防御
シマンテックの「SEMM」が守る企業メッセージ環境とは
電子メールがビジネスインフラとして一般化した今日において、電子メールのライフサイクル管理が必須の課題になってきた。ウイルスやスパムメール対策から情報漏えいを防ぐフィルタリング、アーカイブ、バックアップまでを階層的に提供するSymantec Enterprise Messaging Managementとは?(2007年2月)



@IT Special 記事企画
6つのキー・ファンクションを1台で統合管理
すべての電子メールセキュリティのための「IronMail」
スパムメールの処理にぬかりなし。コンプライアンスもしっかりカバー。さらにあなたのメールサーバもきっちり守れなくては、電子メールセキュリティを確保しているとは言えません。東京エレクトロン デバイスが販売する「IronMail」が世界で選ばれているのは理由があります(2007年2月)



@IT Special 記事企画
“万が一”の危機管理体制を構築するために
メールアーカイブアプライアンス
Mirapoint ComplianceVaultの必要性

ある電子メールが本物かどうかを証明することは非常に難しい。情報漏えい事故が発生した場合、あるいは監査を求められた場合、メッセージアーカイブの有無によって対応コストは大幅に異なる。求められているのは小さく始められて、拡張性に富むアプライアンスだ(2007年2月)



@IT Special 記事企画
アプリケーションサーバーに求められるオープン性
標準技術と基幹システム構築のノウハウが融合した
アプリケーションサーバー

いまやITベンダーにとって、オープンな技術を使いこなすことは、競争力を確保するうえで欠かせない。富士通のInterstage Application Serverは、グローバル標準を前提としたアプリケーションサーバーとして高い性能と信頼性を誇る。(2007年2月)



@IT Special 記事企画
内部統制/セキュリティ強化に向け、帳票ソリューションに「SOA」を
「SOA+帳票ミドルウェア」で実現する帳票の一元管理
ビジネスの変化に合わせた柔軟なシステムを構築する手段として、SOAが注目されている。一方、2008年4月から日本版SOX法が適用開始になるなど、上場企業などでは、内部統制強化が急務になっている。そうした中、柔軟なシステムとセキュリティ強化を両立させるのが、「SOA+帳票ミドルウェア」という組み合わせだ。(2007年2月)



@IT Special 記事企画
.NETエンタープライズ新時代−SIerに聞く。.NET導入の実際−
第1回 日本ユニシス株式会社
.NETを誕生当初からエンタープライズ環境で活用し、すでにシステム設計/実装のノウハウを蓄積しているという
日本ユニシス(株)。中〜大規模システムの開発における.NETの魅力、独自の開発標準「LUCINA」、それとVisual Studio 2005 Team Systemの統合、これらが開発プロジェクト・マネジメントにもたらす利点などをうかがった。(2007年2月)



@IT Special 記事企画
マネジメント層の方は必読!
5分で分かる! サーバ仮想化のメリット
「サーバ仮想化って最近よく聞くけど、うちにとって何がうれしいんだ?」と疑問をお持ちのマネジメント層の方々へ。面倒な技術用語なしで、すぐに納得できる! サーバ仮想化のビジネス上のメリットを簡潔に、分かりやすく解説します。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
データセンターが抱える課題を解決!
デルのAMD Opteronサーバがサーバファシリティを最適化する
コンピュータ1台あたりの消費電力や発熱量は増大し続け、データセンターやサーバルームは、空調設備を含めて利用可能な電源容量が限界を迎えつつある。そうした課題への1つの解決策が、デルのAMD Opteron搭載サーバだ。その登場の経緯と展開について、デルとAMDのキーマンに話を聞いた。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
日本HPが提供するVMwareトレーニング
教育研修も含めたトータルなサポート体制で
仮想化の普及を推進する

ITソリューションの本当の導入には製品やサービスだけでは不十分。重要なのは技術者への教育だ。日本ヒューレット・パッカードはこの考えから仮想化技術のVMwareの教育を実施している。1日の演習ながら、実機を使った密度の濃い内容が特徴だ。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
進化を続けるウインドリバーの管理製品
Diagnosticsによるリモート保守が組み込み業界を変える
ウインドリバーが2005年末に発表した動的診断ツール「Workbench Diagnostics」は、業界に大きな反響を呼んだ。さらに同社は、サーバを使ってDiagnosticsをグループ運用したり、出荷済み機器を遠隔診断する応用ソリューションを打ち出す。本社から来日したNaren Nachiappan氏に、ウインドリバーの製品戦略を伺った。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
真の高品質をワンストップで手に入れられるメリット
いま、スタンダード型のIP-VPNが見直される理由
企業の拠点間を結ぶネットワークは近年、専用線やフレームリレーからVPNへの切り替えが大幅に進展した。特に2年ほど前からは、低価格なブロードバンドVPNが人気を博すようになってきた。しかし、最近再びスタンダード型のIP-VPNが見直されている。それはなぜなのだろうか。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
松下電器産業株式会社事例
顧客満足度の向上・技術革新・PBX更新投資の
抑制を実現する「.Phone IP Centrex」

松下電器産業が2005年6月から順次、全国の各事業所にある電話端末をIPベースへ移行している。8万台にも上る巨大な電話インフラを支えるサービスとして選ばれたのが、NTTコミュニケーションズの企業向けIP電話サービス「.Phone IP Centrex」だ。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
4種のテストツールで構成する品質向上フレームワーク
ソフトウェアの品質向上に現実的に取り組むサイオステクノロジー
サイオステクノロジー(SIOS)は、4種のテストツールからなる「品質向上フレームワーク」の取り扱いを開始した。ツールの販売に加え、自社での経験から蓄積された実践的なノウハウの提供を含むコンサルティングも実施する(2007年1月)



@IT Special 記事企画
検証:SQL Server 2005+HP Superdome
第2回 HP Integrityサーバの信頼性が企業の基幹業務を支える
エンタープライズ環境でのミッションクリティカル・システムは、メインフレームやUNIXを採用するRISCサーバが主に利用されてきた。しかしItaniumプロセッサ搭載サーバとWindows Serverの組み合わせも、性能/可用性の両面でこれらに引けを取らない選択肢となっている。HP Integrityサーバの信頼性向上を実現する各種機能、ならびにHP Integrityサーバ+Windows Serverのメリットを解説しよう(2007年1月)



@IT Special 記事企画
オラクルとItanium®ベースサーバが可能にしたものとは
グリッドで実現する次世代ITインフラ基盤
グリッドはシステム統合を可能にするキーテクノロジーだ。オラクルのグリッド技術はRACからOracle 10gグリッドへと成長し、アプリケーションサーバを含めた複数サービスのための共通基盤に進化した。これを先進的なサーバハードウェアと組み合わせることで、グリッドはまさに現実のものとなったのだ。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
「Interstage」が実現する既存資産活用と段階的成長
SOAで構築する“成長・発展・継承”型システム
企業に変化はつきもの。企業のITシステムも「柔軟なシステム」への進化が不可欠だ。それを実現する手段としてSOAが注目を集めているが、いかに全体最適のためとはいえ、一度にすべてのシステムをSOAに適用するのは現実的ではない。そこで富士通が提唱するのが“成長・発展・継承”モデルだ。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
日本HPがSUSE Linuxを提供開始
成長するLinuxビジネスでさらなる顧客の選択肢を提供する
成長を続けるLinuxサーバ市場。だが、ここにきてサーバ本体の価格に比べて、Linux OSの価格が高額という問題が浮上している。Linux市場の敷居を下げるには低価格のLinux OSと低価格なサーバを組み合わせる必要がある。日本HPはこのニーズに応えるために新たにSUSE Linuxをラインアップに加えた(2007年1月)



@IT Special 記事企画
世界規模のリアルタイムレピュテーション「TrustedSource」をサポート
1BOXで5種類のセキュリティを提供する「Webwasher 6.0」
企業のネットワークを狙うウイルス、スパム、フィッシング……。複雑化するセキュリティ対策に頭を悩ます管理者の心強い味方となるのがバージョンアップした統合セキュリティアプライアンス「Webwasher 6.0」だ!(2007年1月)



@IT Special 記事企画
異種データベース同士の多彩な連携を実現
データ連携ツールで経営/IT課題を解決する
企業のIT投資が上向き、データ活用や内部統制に向けたIT化が進む今日。一方で、システムの肥大や日々の運用工数に悩むシステム担当者がいる。こうした経営課題、IT課題の両方を一気に解決する方法がある。それがNECの「DataCoordinator」だ。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
アプリケーション・サーバーの堅牢性
ますます重要となるWebシステムの堅牢性
Webシステムは、今や企業情報システムにおいて主流のアプリケーション・アーキテクチャーとなりつつある。ここで1つ考慮しておかなければならないのは、信頼性や性能の問題だ。どうすれば信頼性と性能の両者が並び立つのだろうか。(2007年1月)



@IT Special 記事企画
ビジネスとワイヤレスはIPNでつながる!
IPN-W100APが実現する手軽でセキュアな無線LAN
なりすまし対策、盗聴対策、認証サーバ……無線LANをビジネスで使うために、もう難しいことを考える必要はありません。トリニティーセキュリティーシステムズが発売する「IPN-W100AP/CB」 は日本発のセキュアなプロトコル「IPN」を採用、ワイヤレスの不安を解消します。無線の力をあなたのオフィスでも。(2007年1月)

(1) 2000年9月 〜 2001年12月
(2) 2002年1月 〜 12月
(3) 2003年1月 〜 12月
(4) 2004年1月 〜 12月
(5) 2005年1月 〜 12月
(6) 2006年1月 〜 12月
(7) 2007年1月 〜 12月
(8) 2008年1月 〜 12月
(9) 2009年1月 〜 12月

 
@IT Special とは?
@IT Special は、
アイティメディア株式会社が
ITリーディング企業と協業して発信する
記事/サービスなどの広告企画の総称です。

製品情報、技術解説、事例、インタビュー、
セミナー、モニター、プレゼントなど、
読者のみなさまのお役にたつ情報を
お届けしてまいります。

ぜひ、ご参照ください。



印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ

アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー