@IT Special は、アイティメディア株式会社が、ITリーディング企業と協業して発信する記事/サービスなどの広告企画の総称です。
掲載期間:2008年1月〜12月


@IT Special 記事企画
サーバ選びの新常識
電力コストに敏感な人が選択する
AMD Opteron プロセッサ搭載サーバ

ITシステムを巡る話題で最近ホットなのは消費電力。特にサーバ選びに責任を持つ人が注目するのはプロセッサ単体ではなく、サーバ全体の消費電力だ。サーバ全体の消費電力低減を実現するAMD Opteron プロセッサ搭載「HP ProLiant」サーバを紹介しよう(2008年12月)



デル×オラクル
@IT Special 記事企画
さまざまな顧客の可用性要求に柔軟に対応
レガシーモダナイゼーションを推進するDell+Oracle
システムによって求められる可用性のレベルは千差万別だ。クラスタ構成はどうするか、バックアップ/リカバリ体制をどう整えるか、災害対策はどこまで用意するか……顧客が抱える異なるニーズに対し、デルとオラクルはそれぞれの強みを生かした多様な選択肢を提供し、レガシーモダナイゼーションを通じて最適な解を提供している。(2008年12月)



PFU
@IT Special 記事企画
セキュリティ対策のステップアップを支援
ひと手間、ふた手間を省く
不正PC検知・遮断システム「iNetSec Patrol Cube」

管理されていない「不正PC」を見つけ出して社内ネットワークへの接続を遮断する「iNetSec Patrol Cube」は、管理者の手間を省くきめ細かな機能を備えている。本格的な検疫ネットワークシステムへのアップグレードも計画されており、システムへの投資を最小限に抑えながらセキュリティレベルを上げることができる。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
サーバからの情報漏えい、セキュリティの死角を打て!
特権ユーザーの権限を制限する「CA Access Control」
情報管理に責任を持つ情報システム部門では、さまざまなセキュリティ対策を講じているはず。しかし、意外とその網の目から漏れているのがサーバ環境。特権ユーザー権限を使ってOSレベルでアクセスすれば、情報の「見る」「取る」「変える」が意のままになってしまう。この脅威に対する解決策が、「CA Access Control」だ。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
ファルコンストア 会長兼CEO レイジェン・フーアイ氏が語る
バックアップだけでは
事業継続ニーズを満たせない

約20年前、企業向けバックアップソフト「ARCserve」が誕生し、その後このソフトはベストセラーとなった。しかし、ARCserveの開発責任者だったレイジェン・フーアイ氏は、バックアップソフトだけでは企業の事業継続ニーズに対応することができないことに気づいていた。そこで同氏がとった行動とは?(2008年12月)



@IT Special 記事企画
@IT編集部の3人が最新版を楽しんでみた
Symantec Endpoint Protection 11.0 MR3が
実現した、 安全で快適なクライアントセキュリティ

PCへの導入が必須であるセキュリティ対策ソフト。安全であるために利便性を犠牲にしなくてはいけないという諦めは、もはや無用だ。Symantec Endpoint Protection 11.0にメンテナンスリリース3を適用すると、PCの起動速度や使用メモリ量が大きく改善するという。ならば、実際に体験してみようと@IT編集部3人がSEP 11.0に挑んだ。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
ストレージの仮想化をソフトウェアの力で
Veritas Storage Foundationで実現する
“ストレージのサービス化”とは

「速いけど高価」「安いけど低速」そんなストレージが混在しているのなら、よく使うデータは速いストレージに置くべきです。ストレージを正しい規模で、正しい方法で実現したいのならば、「Veritas Storage Foundation」を知ることが解決の第一歩です。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
NetBackup for VMwareのアプローチとは
仮想サーバをどうやってバックアップするか
〜バックアップ手法の違いとシマンテックの実装〜

サーバ仮想化で使用効率アップ――でも、いつバックアップを取ればいい? この命題にシマンテックはNetBackup for VMwareで答えます。仮想化には、仮想化のためのバックアップ手法を取り入れるべきなのです。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
WebOTX WORKS Partner Voices 第3回:
既存システムとの連携に不可欠なピース
“データ連係のすべて”を支える「HULFT」の進化

システム間連携はファイル連携だけでなく、メッセージ連携も適材適所で選びたい――ファイル転送に必要な処理を一手に引き受けるセゾン情報システムズの「HULFT」が、ビジネスのパートナーとしてNECを選んだ理由とは?(2008年12月)



@IT Special 記事企画
今すぐVista SP1とIE8の評価、導入検討を!
Windows XPからWindows Vista、
強化された3つのポイント

あなたのオフィス、いつまでVistaを「見てるだけ」? Vistaが強化したこの「3つのポイント」、それはマイクロソフトが考えるクライアントOSのあり方そのものです。この思想を知ることで、あなたの考え方はきっと変わります。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
エンドポイント・セキュリティを見つめ直せ!
変化するセキュリティリスクに対応した情報漏えい対策
NRIセキュアのPC Checkは

セキュリティ対策の重要性が叫ばれるようになって久しい。内部統制対策の一環としてのセキュリティ対策が一段落したいま、本来のセキュリティ対策の徹底に向けて、改めて取り組みを見直す時期に来ているのではないだろうか? その理由はいくつもある。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
ユーザー任せの危険なパスワード管理はもう不要
DigitalPersona Proの実力
ITシステムの情報漏えい対策では、パスワードによるセキュリティ保護が不可欠。だがパスワードの運用方法を間違うと、大きなセキュリティホールにもなりかねない。USBキーなどと併用する方法もあるが、他人のなりすましまで防ぐことはできない。そこで利用したいのが生体認証だ。中でも最も機能性に優れた指紋認証を紹介する。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
エントリープランは、初期0円、月額7,800円でHDD160GB
ここまで選びやすくなった、さくらの専用サーバプラン
ITサービスの運用方法の多様化で、専用レンタルサーバを選択する企業が増えている。さくらインターネットでは、初期費用無料、月額7,800円のお手頃プランをはじめ、サーバ、回線、OSなどのオプションサービスを多数用意し、分かりやすい各種プランを提供している。4台の専用サーバを自由に運用できるというサービスの中身とは?(2008年11月)



@IT Special 記事企画
革新的技術CDPで安価に万が一のための備えを
事業継続対策はここまでカンタンになった
リストアでは事業復旧までに時間がかかり過ぎるが、システムを二重化するのはコストがかかり過ぎる。しかし、ファルコンストアの「FalconStor CDPシリーズ」ならば、二重投資をせずに事業継続性を確保するための高速バックアップと迅速なリカバリを実現する。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
日本のSOAをキックオフする「SOA Insight」
めざせSOA先進国! これがSOAの成功法だ
エンタープライズシステムにアジリティをもたらすシステムコンセプトとして、SOAが登場して約5年。しかし、アジア主要国の中で、日本のSOA普及度はワースト1だという。そんな日本のSOAをキックオフすべく活動する日本オラクル SOAアーキテクト本部の的場大輔氏にSOA推進のポイントを聞いた。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
3人のプロが語るデータベース開発の「カイゼン」
プロフェッショナルが語るデータベース開発の「カイゼン」テクニック
2008年11月1日、ベルサール九段(東京)にて、アイティメディア @IT編集部主催「データベース勉強会」が開催された。Microsoft MVPとOracle ACEの両方に認定されたエンジニアである富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ福岡寿和氏を招き「簡単に実現できるDB開発カイゼン術」を テーマとした講演を行った。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
エンジニアフレンドリーなSharePlexの魅力とは?
基幹DBに負荷をかけずに柔軟なレプリケートを実現
SharePlex for Oracleは、Oracleデータベース向けのレプリケーションソフトウェア。独自のアーキテクチャを採用しているため、メインのデータベースに大きな負荷をかけずに、ほぼリアルタイムで複製を行える。また、テーブル単位の複製などにも柔軟に対応している。この利点を活かし、より生産性の高いシステムへの移行に成功した企業を取材した。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
異常を素早く検出! プロセス監視に留まらない
データベースの可用性を高める「CLUSTERPRO X」
システムの停止がそのままビジネスの停止を意味するようになってきた昨今、システムの根幹をになうデータベースには、以前にも増して高可用性が求められる。NECのHAクラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO X」は、単なるプロセス監視のレベルを超えてデータベースの可用性を大幅に向上するための監視機能を用意している。(2008年12月)



@IT Special 記事企画
必要なときに必要なだけのリソースを、10営業日で手に入れる
仮想化環境をオンデマンドで――
ソフトバンクテレコムの 「バーチャルホスティング」が目指すもの

仮想化を推し進めることは、経営上の大きなメリットに――「ULTINA On Demand Platform バーチャルホスティング」で、システムは“経費”になる。ホスティングに必要なサービスを一括で提供できる、ソフトバンクテレコムの強みと目指す方向を解説する(2008年11月)



@IT Special 記事企画
「為替集中システム」+「CapturePerfect SDK」
金融機関の事務統合をドキュメントスキャナーが支援
機種別開発はSDKで丸ごと工数削減!

青木課長、スキャナー連動アプリケーション開発のニーズが増えているのに「CapturePerfect SDK」が社内標準ツールに指定できないなんておかしいです。全社的採用を進言します。え、実績を示せ、ですって?――あ、佐野さん!(2008年11月)



@IT Special 記事企画
次世代エンジニアのための最新ITトレンドとOS活用術
クラウド化する世界をSolaris 10はどう照らすのか
来るべき「クラウド」時代を見据えたシステムとはどのようなものか。この問いに対してサンが示した答えとは? 2008年11月6日に開催されたサン・マイクロシステムズ主催、富士通協賛「New Tech Trend with Solaris セミナー〜次世代エンジニアのための最新ITトレンドとOS活用術〜」セミナーに、次の時代を照らす一筋の光が見えた(2008年11月)



@IT Special 記事企画
IPv6対応の携帯型ネットワーク・アナライザー
「OptiView III v5.3」で次世代ネットワークの落とし穴を見つけ出せ!
ネットワーク管理者にとって今後避けて通れない重大な課題の1つに、IPv6ネットワーク環境への移行が挙げられる。 IPv6というとIPアドレスの枯渇ばかりがクローズアップされがちだが、IPv6への移行にあたってさまざまなセキュリティの脅威が存在することを認識しているだろうか(2008年11月)



@IT Special 記事企画
クロネコデータセンターの魅力とは?
事業継続を支援するノウハウが詰まったサービス
「クロネコヤマトの宅急便」で有名なヤマト運輸を30年以上に渡って支え続けてきた“クロネコデータセンター”。全国にきめ細かなネットワークを持つヤマト運輸のITシステムへ求められる要件に応える過程で蓄積された、さまざまなノウハウを活かしたユニークなサービスとは? (2008年11月)



@IT Special 記事企画
アダプテックのRAIDコントローラがオープンな省電力化を実現
グリーンITではハードディスクの消費電力に注目せよ
ディスクドライブの回転は、ITシステムの電力消費の大きな比重を占めている。これをどう制御できるかは、グリーンITの成功度を大きく左右する重要なポイントだ。アダプテックは、オープンなハードディスク電源管理の仕組みでこの問題を解決した(2008年11月)



@IT Special 記事企画
1357台のサーバを231台に置き換え!?
多彩な最新ストレージ技術でIDCの消費電力削減を目指すEMC
データセンターに求められるものは高信頼性や耐障害性だけではない。運用コスト削減が重要なテーマになりつつある。サーバ仮想化によるデータセンター統合は重要なアプローチだが、これに最新のストレージ技術を組み合わせることでさらなる効率化が可能だ(2008年11月)



@IT Special 記事企画
実例が証明するCMT技術の威力
データセンターの消費電力を70%減!?
新技術の導入で、サンのあるデータセンターでは、年間消費電力が4分の1に減少した。Webホスティングをビジネスとするある企業でも、データセンターの消費電力を約70%も削減できたという。こうしたCMT技術の具体例を紹介する(2008年11月)



@IT Special 記事企画
組み込みデータベースEntier採用事例
分かりやすいコンテンツ検索機能とパーソナライズ機能を備えた
新感覚の3Dインタフェースソリューションを支える
日立の組み込みデータベース「Entier」

エイチアイは、幅広いデジタル機器向けUIとして開発した「MascotCapsule UI」の付加価値を高めるパートナーとして日立の「Entier」を選んだ。「Entier」が持つ強力なコンテンツ管理機能と検索機能がその理由だ。(2008年11月)



@IT Special 記事企画
ストレージからソフトウェア、コンサルティングまで
仮想化のメリットを最大限に引き出すデルのトータルサービス
仮想化技術の導入は、試験段階からいよいよ実運用段階へと拡大しつつある。ちょうど更新期を迎えたシステムの移行に加え、システム統合によるコスト削減といったメリットが評価されているからだ。また、いくつかのケーススタディを通してノウハウも蓄積されてきた。そのポイントをデルが紹介する。(2008年11月)



@IT Special 記事企画
SPSS Satellite Square
SPSS Satellite Square:待望のインデックスページ完成!
これまでに@ITで公開された連載記事、事例探求シリーズ、関連記事などに加え、最新のトピックスなど、データマイニングをリードするSPSSの<過去〜現在〜未来>をひとまとめにしてお届けします。事例探求シリーズでは、これからも最新の事例を独自に取材し、随時公開していきます。乞うご期待!(2003年2月〜2008年10月)



@IT Special セミナーレポート
SPSS DIRECTIONS Japan 2008
SPSS DIRECTIONS Japan 2008 イベントレポート − 前編
SPSS DIRECTIONS Japan 2008 イベントレポート − 後編
基調講演では慶應義塾大学の井上哲浩教授が登壇。マーケターにとって、分析ツールをどのような戦略目標のために活用するのかという視点でのフレームワークづくりが重要であり、フレームワーク・モデリング能力を高めることが重視されると述べた。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
ストレージの管理が難しい必要はまったくない
デル/イコールロジックのストレージが
他社ストレージをぶっちぎれる理由

デル/イコールロジックのPS 5000シリーズは、ストレージ自体の仮想化とオペレーションの自動化を推し進めることで、急なビジネス要件の変化にも対応可能な高い俊敏性を発揮する。ディザスタ・リカバリさえも、迅速かつコスト効率よく行えるようになっている。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
ブレードと仮想化が最善の解をもたらす
「仮想化環境に適したサーバブレード」とは何か
日本ヒューレット・パッカードは2008年9月、サーバ仮想化環境に最適化されたサーバブレードを発表した。この新製品の登場で、省エネや省スペースを実現できるブレードサーバのうえで、サーバ仮想化を存分に生かすことにより、コンピューティング・リソースを究極まで有効活用できることになった(2008年10月)



@IT Special 記事企画
ブレード型サーバに注目!
ペディアくん、あきこちゃんと発見!
「サーバ消費電力 低減のツボ」(後編)

「HP ProLiant」サーバの低消費電力機能を学んだあきこちゃん。後編では「HP BladeSystem」が備えるさらに効果的な省電力機能を、ペディアくんから学びます。冷却ファンや電源モジュール管理、運用管理ソフトウェアなどHP BladeSystemの注目機能が実現する電力コストの削減効果を紹介しましょう。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
データセキュリティ製品「SecureZIP」
ZIPでできるセキュリティ対策がシステム開発を変える!
「ZIP」を企業向けデータセキュリティ製品に仕立てたのが「SecureZIP」だ。各種サーバ上でアプリケーションと連携しながら圧縮・暗号化を行う。この汎用性と手軽さは、SIerにとって武器になる(2008年10月)



@IT Special 記事企画
「カタチだけの暗号化」から脱却する方法を教えます!
盗聴・改ざんに負けない“正しい電子メール暗号化”とは
スパム、ウイルス、アーカイブ、暗号化……電子メールセキュリティ対策が一段落したという企業も多いと思いますが、その電子メール暗号化は本当に正しいですか? 送信者にも受信者にも優しいPGP Universal Gateway Emailで、ネットの世界に誇れる“正しい電子メール暗号化”を実現しよう(2008年10月)



@IT Special 記事企画
サポート期間延長と新バージョン移行支援のJava SE for Business
サポート終了が迫る旧バージョンのJava SEの継続サポートとバージョンアップを支援
利用範囲の幅広さなどの理由で、現在Javaのバージョンアップを簡単に行えないユーザーもいる。旧バージョンのサポート終了が迫っている中、そのようなユーザーに向けたサポート延長と移行支援サービスが提供されているのをご存じだろうか。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
@IT 日本版SOX法対策ミーティング レポート
日本版SOX法対応の「勘所や落とし穴」を紹介
2008年9月25日、@IT情報マネジメント主催による「@IT 日本版SOX法対策ミーティング 〜経験豊富なコンサルタントが語るSOX法対応の『勘所と落とし穴』〜」が開催された。文書化や評価に悩む企業を対象に、経験豊富なコンサルタントが日本版SOX法対応の「勘所や落とし穴」を解説したほか、各社それぞれの切り口から効率よく日本版SOX法に対応するための手法やツールを紹介した。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
@IT リッチクライアント カンファレンスIV イベントレポート
もうSIerは要らない!ExcelでできるWebアプリ帳票開発
2008年9月19日、@IT編集部主催のセミナー「@IT リッチクライアント カンファレンスIV〜そのWebアプリ使いやすいですか〜」が東京・目黒で開催された。本稿では、マイクロラボ 代表取締役 宮森勝彌氏によるセッション「Excelで作るWebアプリ Excelレガシー問題の解決に!」の模様をレポートする。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
@IT リッチクライアント カンファレンスIV イベントレポート
PDFを活用しつくす機能が魅力のオールインワン帳票
9月19日、@IT編集部主催の「@IT リッチクライアント カンファレンスIV」が開催された。当日のセッションから、ブレインセラーズ・ドットコム ソフトウェア営業部 プロダクトマーケティング 青柳敦氏によるセッション「コスト圧縮を実現するオールインワン帳票ツールbiz-Stream」の模様をレポートする。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
@IT リッチクライアント カンファレンスIV イベントレポート
そのWebアプリ、使いやすいですか?
@IT編集部は9月19日、「@IT リッチクライアント カンファレンスIV」が東京・目黒で開催した。会場には、リッチクライアント開発の次なるステージへの進化の道筋を求めて、多くのエンジニアが参加していた。本稿では、その中から基調講演と日本ネクサウェブの講演の模様をレポートする。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
@IT リッチクライアント カンファレンスIV イベントレポート
OfficeのUI改善の歴史から紐解く“ユーザーエクペリエンス”
2008年9月、@IT編集部主催のセミナー「@IT リッチクライアント カンファレンスIV〜そのWebアプリ使いやすいですか〜」が東京・目黒で開催された。本稿では、マイクロソフトのセッション「ビジネスWebアプリにおけるユーザーエクスペリエンス戦略」の模様をレポートする。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
グリーンIT時代を支える大本命技術「CMT」
高い処理能力とエコの両立 そんな革新的なサーバがあった!
サーバの性能を向上しながら、電力使用効率や設置効率を高めることは、根本的には難しいとされてきた。しかしこれを具現化した製品を、サン・マイクロシステムズは数年前から提供している。その中核技術ともいえるのが、CPUに搭載された「CMT」技術である。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
シンクライアントセミナー レポート
デスクトップの仮想化でシンクライアントは次の次元へ
情報漏えい対策や運用コストの削減といった観点から注目されたシンクライアントソリューションは、仮想化という技術の力を得て新たな次元へ進化しようとしている。2008年9月に@IT編集部主催で行われた「シンクライアントセミナー」の模様をお伝えしよう。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
ペディアくん、あきこちゃんと発見!
「サーバ消費電力 低減のツボ」(前編)
「HP BladeSystem c3000」を社内導入し、そのメリットを日々実感しながら、サーバ管理の勉強を続けるあきこちゃん。でも、電気代を管理する総務部には「サーバルームの電気代が高過ぎ!」と怒られています。サーバルームの消費電力を下げるにはどうすればいいの? x86サーバのエキスパートである、ペディアくんに相談しました。(2008年10月)



@IT Special 記事企画
データをなくしてから泣くよりも
ストレージ監視とバックアップで事前に対処
インターコムのストレージ監視&バックアップ製品「SmartHDD Manager 2.0」を活用すれば、ストレージ(HDD)が壊れてからあたふたするのではなく、事前に準備を整え、企業の重要なデータを保護することができる。中には、自社で利用するだけでなく、この機能を保守・メンテナンスサービスに活用しているITサービス事業者もある。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
ESBに求められる最も重要なポイント、信頼性、連携性、生産性
徹底的な社内実践で磨き上げたESBの実力
企業内の既存、新規システムをサービス化し、連携する際に核となるミドルウェアが「エンタープライズ・サービスバス(ESB)」だ。ESBには、さまざまなサービスとの接続を可能にする連携性と生産性、そして何より企業にとって重要なデータを取り扱う以上、非常に高い信頼性が求められる。富士通では、ESB製品「Interstage Service Integrator」の信頼性、連携性、生産性を、社内実践を通じて磨き上げてきた。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
WebOTX WORKS Partner Voices 第2回:
AIRにFlash、PDF――アドビの技術の集大成
「LiveCycle ES」であなたのビジネスは回り続ける

システムと人をつなぐ場所には、表現力にあふれるAIRやFlash、PDFを。そしてもちろん、円滑で止まることのないプラットフォームを。だからこそ、アドビシステムズのLiveCycle ESはWebOTXを選択したのです。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
どうする? 課題山積みで運用が始まった日本版SOX法対応
運用現場の問題を解決!
実際の経験が詰まったNECの内部統制強化ソリューション

日本版SOX法対応で、最も作業負荷の大きいのは「文書化で」はなく「評価」で、実にその作業量「は文書化の2倍近くになるともいわれている。内部統制文書の継続的評価・改版とIT全般統制を強化するNECのソリューションを見ていこう。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
内部統制と業務効率化を両立
グローバルな情報共有・文書フローを実現する
「EMC Documentum」

増え続ける文書をどのように管理し、情報共有するか? これはあらゆる企業に共通する課題だ。特に大規模に情報共有を進めて「業務効率向上」を図ろうとすると、「コンプライアンス」の問題にぶち当たる。このトレードオフを解決するのがEMC Documentumだ。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
1000万件分のデータ検索をわずか0.1秒
ハイブリッド方式で大規模データを高速検索する
純国産検索エンジン「QuickSolution」

企業が社内に保存・蓄積するデータは増加の一途。ユーザーが目的の情報をたどり着くためにエンタープライズサーチ製品には高い性能が求められている。「QuickSolution」は高速検索に加えて、ユーザーの検索作業を支援するさまざまな仕組みを備えている。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
優れたBSMツールでITサービスを統合管理
リアルタイムに可視化することでITILによるTCO削減を実現
ITIL導入が進む中、個別最適はできているものの、ビジネス視点での管理や可視化はまだまだ遅れている企業が多い。この課題を解決すべく「ITIL V3」では、“ビジネスとITの統合”にフォーカスを当てている。しかし、これまで技術的な視点で個別最適を行ってきた企業にとっては頭の痛い話であり、実現に当たっての課題は多い。そんな悩みを解決するのが、日本コンピュウェアの「Vantageファミリー」だ。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
もう情報の分類・管理ルールづくりに迷わない!
「多観点ツリー」がデータアクセスをサポート
ユーザー目線の検索ツール「SAVVY/EWAP」

ファイルサーバを設置するとき、通常は「管理ルール」を定めて運用する。しかし、部門をまたがった大規模サーバなどではそのルール作りや情報分類自体が難しい場合がある。そんな問題を解決するのが「SAVVY/EWAP」だ。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
IT統制の本番はこれからだ!
統計で理解――クライアントPC管理のイロハ
基幹業務システムや情報系システムのIT統制が進む中、多くの企業はクライアントPC管理を次の課題として位置付け、IT部門の主導によるクライアントPC管理に取り組み始めている。では、一元的なクライアントPC管理を実施するには、どのようなソリューションが必要だろうか。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
全体最適を支援する多様なマネジメントサービスで実現
無料ワークショップで最適なITILソリューションを提供
ITIL導入企業が増えつつあるが、導入自体を目的としてしまい本来の目的である「TCO削減」や「ROI向上」を実現できていない企業が多い。その要因には、「ITとビジネスがうまく融合しておらず、全体最適ができていない」という点が挙げられる。サン・マイクロシステムズはこの課題を解決するために、企業ごとに最適なソリューションを提供するべく無料のワークショップを開催している。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
机上PCサーバ、「TX120」「ECONEL 100 S2」の魅力と開発秘話
ユーザー目線で考える「Made for Japan」の“ものづくり”とは?
いま中小企業・SOHOは、どのようなサーバを求めているのか? 富士通の技術者自らが顧客先へ足を運び、ニーズを受け止めた結果、PCサーバ「PRIMERGY(プライマジー)」シリーズのエントリーサーバ「TX120」「ECONEL(エコネル) 100 S2」が誕生した。「ユーザーに絶対損をさせない」という自信作の魅力と開発秘話に迫る。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
WebLogicとの統合でミッションクリティカルシステムへの対応を大幅強化
Oracle WebLogic製品シリーズと融合し
エンタープライズ対応を強化したミドルウェアデータグリッド

C++アプリケーションにネイティブ対応し、リアルタイム性の求められる金融機関などのフロントエンドとしてさらに利用しやすくなったOracle Coherence。アプリケーションサーバ「Oracle WebLogic」製品シリーズの上位モデルにCoherenceを統合することで、サービスレベル・アグリーメント(SLA)に基づいたアプリケーションのプロビジョニングも可能に。ミッションクリティカルシステムへの対応をさらに強化する注目のリリースだ(2008年9月)



@IT Special 記事企画
Xeon® プロセッサー搭載VMware ESXi組み込みサーバの魅力
スイッチオンでサーバ仮想化
IT企業内に逐次導入してしまったさまざまなサーバを、そろそろ新しいものに交換すべきだというとき、まとめて1台のサーバに統合するのは、ごく自然な流れだ。その時に、仮想マシンの構築から始められたら、IT管理者としては最初の一歩を踏み出しやすい。電源をオンしたらすぐに仮想化を始められるVMware ESXi組み込みサーバは、まさにこうしたニーズにぴったりだ。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
企業内クライアントを包括的に保護
管理者の手間を増やすことなく
クライアントPCのセキュリティを上げるには?

大規模感染による業務の停止や、情報漏えいの可能性を考えれば、クライアントPCのセキュリティ・レベルを一定以上に維持する必要があるのは明らか。しかし、管理の手間は増やしたくない……。セキュリティ・レベルの確保と効率的な運用管理体制の確立のためにSymantec Endpoint Protectionを取り上げてみよう。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
ロボットによる“自動化”で品質向上とコスト削減を実現する「Robonex」
PC管理は、コスト削減の最後に残った“宝の山”か!?
IT分野のコスト削減を、データセンターでのサーバの統合や集中管理などで実現した企業は多いだろう。しかし、エンドユーザーのデスク上にあるPC管理については従来のやり方を続けている企業も多い。PCはもはや企業活動に不可欠で、しかも台数が多いため、これを効率良く管理すれば大幅なコスト削減が見込めるのは間違いない。(2008年9月)

@IT Special 記事企画
法整備対策にお困りの管理者に朗報
ユーザー任せの危険なパスワード管理はもう不要 
DigitalPersona Proの実力

ユーザーがパスワードやIDを紛失しては、システムがセキュアでも意味がありません。人間のミスを極力避けるのが情報漏えい対策のポイントです。オフィス環境で求められる高精度の指紋認証ソリューションで人為的ミスを避け、管理コストも大幅に削減しませんか?(2008年9月)



@IT Special 記事企画
工事進行基準との付き合い方
デスマーチからの脱却! 工事進行基準セミナー
工事進行基準が原則適用されるまで、後半年ほどに迫った。突然のルール変更に、システム開発の現場では、いつから何を準備すればいいのか。@IT情報マネジメント編集部主催の「デスマーチからの脱却! 工事進行基準セミナー」で、さまざまな提案がなされた。ここでは、そんな提案の数々を紹介しよう。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
価値観の共有が、社員の自主性と創造力を引き出す
社内SNS「知創空間」で実現する
収益拡大につながる“創発型マネジメント”

富士通ソフトウェアテクノロジーズが提供する社内SNS「知創空間」は、社員1人1人が持つナレッジを共有化し、企業力をアップさせるツール。“価値観の共有”という明確なコンセプトと、企業内で使うことに特化した機能で効率性、収益性の向上に大きく貢献する。(2008年9月)



@IT Special 記事企画
ハイエンドからローエンドまで、きっちりセキュアに押さえてます
チェック・ポイントのUTM-1/Power-1が
エンタープライズ市場でも選ばれる理由

「UTMなんて結局小さな企業向けでしょ?」と思い込んでいませんか。UTMで一番使われているファイアウォール機能、IPS機能に注目すると、チェック・ポイントのUTMがエンタープライズ市場でも高く評価されている理由が分かるのです。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
仮想化によるサーバ統合の新常識
【第3回】 仮想化環境におけるサーバ運用管理の新常識
ビジネス上のメリットをITシステムから得るには適切な運用管理が重要になる。だが、仮想サーバと物理サーバが混在する環境では、この適切な運用管理がなかなか難しい。物理サーバ、仮想サーバの運用管理に必要なツールを1つにまとめた「HP Insight Control Environment」(HP ICE)が提供する機能とは?(2008年8月)



@IT Special 記事企画
新会計基準対応とソフト開発プロジェクト管理の先端化を同時に進める
「工事進行基準」対応でソフト開発プロジェクトを「見える化」する
2009年4月より、ソフト開発に対しても原則導入される「工事進行基準」。対応するには、従来よりも厳密な開発プロジェクト管理が必要になる。開発現場には負担増になるが、逆にこれを機会にプロジェクト管理の見える化を進め、開発生産性向上やリスク低減を図ることができる。この具体的な方法について専門家に聞いた。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
工事進行基準、いよいよシステム業界にも導入へ
新時代のプロジェクト管理はこれで決まり!
2009年4月から適用される工事進行基準。この会計基準の変更が、受託ソフトウェア開発に大きな変化をもたらす。合理的な見積もり、そして定量的かつ説明可能な進ちょく管理が肝となるのだ。では、どうすべきか。そのヒントが「Microsoft Office Project 2007」にある。その機能を見てみよう。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
ファイアウォール機能で8Gbps、VPN通信でも6Gbpsのスループット!
“超高速”なのに“低価格”なUTMは
中堅・中小企業のセキュリティ対策の強い味方

フォーバル クリエーティブが販売する「FortiGate-310B」は、8Gbpsものパフォーマンスを実現しながら、価格を極めて抑えたUTMアプライアンスだ。本稿では、FortiGate-310Bの性能の高さの秘密と、その利用を通じて企業が見込めるメリットについて探りたい。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
優れた技術をOEMで調達して統合
業界で高い評価を得ている技術を結集した
ジュニパーのUTMとは

ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパム、Webフィルタリング、IPS/DIなどUTMに含まれるセキュリティ機能にもいろいろあるが、すべての機能について業界で高い評価を得ている他社技術まで取り込んだジュニパーのUTMの魅力とは? (2008年8月)



@IT Special 記事企画
〜BPM導入で業務プロセスの可視化、自動化に成功した海外保険会社〜
待ったなしの経営課題、法令順守を支援するBPM
各種の法規制やオペレーショナルリスクへの対処が喫緊の経営課題となっている金融業界を筆頭に、BPMへの注目が高まっている。BPM導入によって業務プロセスと業務ルールを分離することにより、頻繁に改正される法規制に迅速に対応し、企業の社会的責任を果たすことができるからだ。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
仮想化による基幹システム統合が可能なサーバの条件とは
そのサーバに統合して安心ですか?
IAサーバへの統合がよく話題に上るが、企業の基幹業務などミッションクリティカルな業務をIAサーバに統合するというのは現実的ではない。これから企業が取り組まなければならないミッションクリティカルな業務のサーバの統合にはどのような条件があり、どのようなサーバが適しているのか、慎重に検討しなければならない。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
「間違いだらけのセキュリティ対策からの脱却」セミナーレポート
Symantec Endpoint Protection 11.0が持つ、
「脅威の見えない化」に対抗する先進セキュリティ技術

あなたのPCセキュリティ対策ソフト、最新の脅威にも対応できていますか? パターンファイルが作成される前にやってくるウイルスやスパイウェア、そしてOSをもだますルートキットの存在……Symantec Endpoint Protection 11.0の新技術があなたを守ります。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
あなたのシステム、仮想環境にもグリーンITにも効く
豊富な機能で柔軟なストレージ環境を実現
満を持して登場「EMC CLARiX CX4」

EMCが発表したミッドレンジストレージの新製品「CLARiX CX4」は、欠けているものが思い浮かばないほど豊富な機能をそろえているが、特徴は単なる機能の数ではない。豊富な機能を備えることで、ユーザーのさまざまなニーズや環境に応える“柔軟性”こそ、CLARiX CX4の真の価値だ。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
〜チーム開発を成功に導くプラクティス、継続的インテグレーション〜
マイクロソフト セッションレポート
ソフトウェアのチーム開発を効率的に進めるためのポイントとは何か? 「Visual Studio Team System」でチーム開発を支援するマイクロソフトは、開発成功のポイントとして“継続的インテグレーション”の実践を提案する。 @IT情報マネジメント編集部主催「ソフトウェアテスト・ミーティング2008」から、セッションの内容を詳しくレポートする。(2008年8月)



@IT MONOist Special 記事企画
〜テストツールが品質確保の活路を開く!〜
組み込みソフトウェア 品質向上セミナーレポート
組み込み製品の高機能・多機能化によるシステム全体の複雑化や開発期間の短期化が著しく進み、企業として品質を確保することが困難になりつつあるいま、どのように品質を確保すればいいのだろうか? @IT MONOist編集部主催「組み込みソフトウェア 品質向上セミナー 〜テストツールが品質確保の活路を開く!〜」でそのヒントを明らかにする。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
〜なぜわたしたちは「早め」にできないのか?〜
ソフトウェアテスト・ミーティング2008 セッションレポート
ソフトウェアテストにかかわる間違った常識から脱却し、ソフトウェアの品質をさらに向上させるにはどうすればよいのか? @IT情報マネジメント編集部主催『ソフトウェアテスト・ミーティング2008〜なぜわたしたちは「早め」にできないのか?〜』で、その理由と具体的な方法を明らかにした。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
アフターJ-SOX元年:
事例から学ぶITILとIT全般統制――計画から運用へ
今年はいわゆる日本版SOX法の運用元年。そこでは「ITへの対応」、すなわちIT全般統制が求められる。ITILフレームワークを利用したIT統制/ITサービスマネジメントをテーマに開催された野村総合研究所(NRI)によるセミナー「IT全般統制対応実践セミナー」の模様をリポートする。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
Cosminexus電子フォームワークフロー
専門技術なしに現場でワークフローを「かんたん開発」
素早いサービスインと業務プロセスの統制を両立

内部統制強化のため、承認プロセスにワークフローシステムの導入を計画する企業も多い。しかし、ちょっとした申請業務を設定する度に「開発依頼」が必要だと情報システム部門に負担だ。それを解決するのが、日立の「Cosminexus電子フォームワークフロー」だ。(2008年8月)

@IT Special 記事企画
「あの製品なら昔使ったから知っている」と本当に言い切れる?
いまさら人に聞けない
最新Windowsデータベース開発事情と新常識

データベースは「枯れた」技術と思われがちだが、例えば管理運用面での改善、開発工程の自動化など、バージョンが改まるごとに大きな変化を遂げている。「昔使ったことがあるから知っている」、その思い込みがシステム選定の目を曇らせ、知らぬうちに大きな損失を受けているかもしれない。(2008年8月)



@IT Special 記事企画
仮想化によるサーバ統合の新常識
【第2回】VMwareで実現する仮想化環境構築の新常識
サーバ仮想化ソリューションを一般的に見る機会が増えてきたが、サーバ統合に興味があってもまだ踏み切れないユーザーがいるのも事実。ヴイエムウェアの「VMware ESXi 3.5」を組み込んだ「HP ProLiant iVirtualization」はサーバの電源をオンにするだけで仮想化環境を短時間で構築できる。その新常識とは?(2008年7月)

@IT Special 記事企画
ITILの導入は“見える化”から始めよう
ITILの導入では目先のコスト削減ではなく、
トータルなコスト戦略で考えるべき

ITILはITサービスを“ライフサイクル”としてとらえ、「継続的なサービス改善を行う」という考え方に基づいている。そのライフサイクルを支えているのが「People」「Process」「Product」の“3つのP”だ。日立製作所ではアセスメントからツールまでをトータルでカバーするITILソリューションを提供している。(2008年7月)



@IT Special 記事企画
バックアップしただけで安心していませんか?
「ソフトウェアでできること」を追求
リカバリ・マネジメントに包括的に取り組む

バックアップとともにサーバやデータのレプリケーションも一般化してきた。これらは万一のデータ損失から復旧までに要する時間とデータの価値によって使い分けるべきソリューションだ。実際の使い分けのポイントとは?(2008年7月)



@IT Special 記事企画
効果を測定し、CAPDoサイクルを加速
Interstage Business Process Managerで実現する
「人間中心」のBPMソリューション

多くの人が介在する複雑な業務プロセスを、ITシステムで管理・実行するのは、容易なことではない。これに対して富士通は、2つのBPM製品を通じて、業務プロセスの見える化と継続的な改善を支援し、人間が実施する業務や承認、意思決定を含めた「人間中心」のBPMを実現している。(2008年7月)



@IT Special 記事企画
ETERNUS VS900の実力を探る
仮想化を生かしてストレージ容量管理を効率化
富士通が提供する「魔法の箱」とは?

ディスクスペースが大量に余っているのにストレージ機器を買い換えなければならなかったり、重要なシステムのバックアップ作業をする時間が取れなかったりと、ストレージ管理をめぐる環境は矛盾がますます大きくなっている。富士通は「魔法の箱」でこれをどう解決するか。(2008年7月)



@IT Special 記事企画
あなたのシステム、ストレージをオーバースペックにしていませんか?
ITインフラ全体の“正しい仮想化”を実現する
デル/イコールロジックのストレージ

ITシステムの投資対効果を改善する技術として「仮想化」が注目されている。しかしサーバを仮想化しても、ストレージは従来のように「数年先を見据えてオーバースペックに」では意味がない。そこで仮想化時代のストレージのあり方をデル/イコールロジックの取り組みから探ってみよう(2008年7月)



@IT Special 記事企画
簡単に実現できる業務「カイゼン」術
貯まったExcel/Accessデータを
片手でWebアプリにするテクニック!

ちょっとした業務データでも、長年蓄積されると、管理するだけでもひと苦労。もしそれらのデータがマウスクリックだけで、本格的なデータベースシステムに生まれ変わるとしたら……? 誰でも簡単に実現できる業務効率「カイゼン」のヒントを見逃すな(2008年7月)



@IT Special 記事企画
すべてのインフラは“サービスのために”
漏れのない検索を実現する方法をご存じですか?
住友電工情報システム「QuickSolution」の底力

企業内に散在するノウハウを「もれなく探す」ために――全文検索エンジン「QuickSolution」が検索精度を高めることに注力できた理由とは? WebOTX WORKS Partner Voicesでは、NECのサービス実行基盤「WebOTX」がどのように活躍しているのかを紹介します(2008年7月)



@IT Special 記事企画
東京−沖縄間でも遅延を気にせずにクラスタリングが実現できる
万が一の災害に備えるには、
バックアップとレプリケーションが必要だ!

日本各地で地震被害が発生している昨今、大規模災害は“対岸の火事”ではない。そして、災害対策ではバックアップや遠隔クラスタリングが有効だ。しかし、距離が離れることに比例して通信応答の遅延は避けられず、リアルタイムミラーリングは難しかった。そのような状況下で、WAN高速化ソリューションとHAクラスタを組み合わせることで、この問題を解決したのが「CLUSTERPRO Xシリーズ」だ。(2008年7月)



@IT Special 記事企画
Isilon IQによるデータの一元管理はメリットがいっぱい
製造業の“エコ&セキュリティ&大量データ管理”対策は
シンクライアント+高機能ストレージで解決

アイシロン・システムズは「第19回 設計・製造ソリューション展」で、アルゴグラフィックスとともにIsilon IQクラスタ・ストレージとCATIAを使ったシンクライアントによる「製造業向けデジタルデータ一元管理ソリューション」を出展した。その先進的な取り組みを紹介しよう(2008年7月)



@IT Special 記事企画
SPSS Data Mining Day 2008 イベントレポート
「SPSS Data Mining Day 2008 イベントレポート 前編」
「SPSS Data Mining Day 2008 イベントレポート 後編」

「次世代流通イノベーション」と題した同志社大学 商学部 特別客員教授 神戸大学 名誉教授 商学博士 田村 正紀 氏の基調講演によれば、ネット通販利用のキーポイントは“セキュリティ問題”だという(2008年7月)



@IT Special 記事企画
仮想化によるサーバ統合の新常識
【第1回】仮想化にはマルチコア/マルチソケット型サーバが
最適という新常識

普及段階に入ったサーバ仮想化でパフォーマンス問題が浮上している。そこで注目を集めているのが複数のプロセッサを搭載するマルチコア/マルチソケット型サーバ。マルチソケット型サーバが仮想化環境で高いパフォーマンスを発揮する技術的理由を説明しよう(2008年7月)



@IT Special 記事企画
データ保護とシステム復旧のダブルバックアップが企業を守る
Windows環境のバックアップ基盤見直しに最適解を提供する
シマンテックのBackup Execファミリー

バックアップは“取るだけ”では意味がありません。シマンテックのBackup Execファミリーなら、簡単にバックアップするだけでなく、きめ細やかにリカバリできるのも大きなポイント。バックアップ製品では世界初のWindows Server 2008認定ロゴを取得した新製品で、データもシステムも丸ごと保護しましょう(2008年7月)



@IT Special 記事企画
最大50分の1にデータを減らせる!
バックアップコストは技術で下げる
データのバックアップコストが上がる一方だとお悩みの方は多いはず。でもあきらめる必要はない! データがどんどん増えても、これを減らすことのできる技術を使えば、データ量は最大50分の1にもなり、バックアップコストは大きく減らすことができる。省エネ関連機能もコスト軽減に大きく役立つ。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
Tecnomatixが実現する生産性向上と製造コスト削減
工場設備のバーチャル試運転により生産ライン立ち上げ期間の30%短縮を実現
製造のリードタイムを短縮し、迅速かつ低コストで市場投入したい。しかし、品質は落としたくない。これをかなえるべく生まれたのがシーメンスPLMソフトウェアの「Tecnomatix」だ。グローバルで5000社を超える企業がすでにTecnomatixを導入し、日本でも自動車業界を中心に多くの製造企業が導入している(2008年6月)



@IT Special 記事企画
確実な最終テストと、コストメリットを約束
「最終テスト」はアウトソーシングの時代
日常生活や業務システムにWebアプリケーションが浸透にするにつれ、ユーザー視点による最終テストが重要度を増している。だが、スケジュール/コストという制約の中で、最終テストを省いてしまうケースも少なくない。この問題を解決するのがテクマトリックスの「Webアプリケーションテスト支援サービス」だ。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
Solaris Innovation Forum イベントレポート
Solaris on x86がサービス基盤に
選ばれた理由とは?

先日都内のホテルにて開催された「Solaris Innovation Forum」は、PCプラットフォーム上で動作するSolaris、すなわち「Solaris on x86」の魅力を伝え、コミュニティでの情報共有を促進することを目的としたカンファレンスだ。その模様をレポートする。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
業務で使うWebアプリを高速化する最適解
アプリケーションデリバリーテクノロジーって何?
IT化が進み、業務アプリケーションをネットワーク経由で利用するのがトレンドとなっている。しかし、WANを経由するア プリケーション利用はLANに比べて遅いのが現状だ。今日の日本企業が抱えている課題は何なのか、今後、どのような技術が求められているのか。日本市場で WAN高速化/最適化製品を展開する代表的なベンダ4社に率直な意見を聞いた(2008年6月)



@IT Special 記事企画
性能の高さを武器に企業のWAN最適化を支援
「特許技術」「先読み」「キャッシュ」で
アプリケーションを高速化するWAN最適化製品とは?

企業におけるITの利用形態が多様化している現在、WAN回線の課題が徐々に顕在化しつつある。リバーベッドテクノロジーのSteelheadは、それらの課題を解決するためのWAN最適化製品だ。その性能の高さを支える3つの技術とは?(2008年6月)



@IT Special 記事企画
高速かつ安全……欲張りなんていわせない
アプリケーションルータ「Proxy SG」の威力
WANを介してWebアプリケーションを使わざるを得ないのに、高速性とセキュリティを両立させる方法が見つからない……そんな悩みに救いの手を差し伸べてくれるのが、プロキシ技術をベースとしたブルーコートシステムズのアプリケーションルータ「Proxy SG」だ。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
WAN回線増強の前に、検討すべきソリューションがある
WANアプリケーションの最適化プラットフォーム
サーバ管理業務を簡素化するためにサーバを集約化すると、アプリケーションのサーバとクライアントはWAN回線を通じてデータのやり取りを行うことが多くなり、WAN環境の管理が重要になってくる。アプリケーションの性能劣化は防ぎたい、でもWAN回線の増強には莫大なコストがかかる……。何か効率的なソリューションはないだろうか?(2008年6月)



@IT Special 記事企画
快適なWebアプリケーション配信環境を構築
シトリックスだけが提供できる3種の製品群とは
アプリケーションをリモートで使う機会が増すにつれ、パフォーマンスの低下、セキュリティの懸念など、さまざまな問題が顕在化している。こうした問題に対して多様化するネットワーク・アプライアンス製品だが、システム全体の拡張性や将来性を考慮に入れた導入計画を立てることが重要だ。(2008年6月))



@IT Special 記事企画
ライフサイクル全般で見える化を実現
SOAリポジトリ「CentraSite(セントラサイト)」で
ITシステムの資産情報を一元管理

情報システムは業務にとって不可欠な役割を果たしているが、時間がたつにつれ、複雑化や肥大化の度合いも著しくなる。だがSOAを通じてシステムの全体最適化を図るには、その下準備として既存システムを見える化し、一元管理する仕組みが必要だ。それを実現する富士通のツールが「CentraSite」である。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
高機能スキャナーをカンタンに使いこなす!
短期開発、コストダウンを可能にするワザありSDK
小林クン、おつかれさま。以前に悩んでいたスキャナー連動のアプリケーション開発は順調に進んでる? あぁ、「CapturePerfect SDK」をさっそく導入して、プログラマの確保もうまくいったのね。そう順調で、開発期間の短縮にも役立ったの、それはよかったわ。次もいまの調子でお願いね!(2008年6月)


 
@IT Special 記事企画
マイクロプロセッサ・フォーラム・ジャパン 2008
注目を集める小型デバイス向けプロセッサ
その最新技術を見に行こう
2008年7月16日〜17日、青山ダイヤモンドホールで「マイクロプロセッサ・フォーラム・ジャパン(以下、MPFJ) 2008」が開催される。大手からベンチャーまで、マイクロプロセッサに携わるさまざまな企業が集まり、先端のプロセッサやその技術トレンドについて講演が行われる。本稿ではMPFJ2008の見所について解説する。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
「受発注の効率化」と「コスト削減」を実現
FAXサーバ不要、FAX ASPサービスの決定版
FAXによる受発注を基幹業務としている企業も多いが、受発注の増加に伴って“渋滞”が起こりやすいのが難点だ。しかし、これを回避するために自社で大量の電話回線やFAXサーバを導入するには、設備投資や運用管理負担が大きな障壁となってくる。「受発注業務の効率化」、「コスト削減」を一気に解決できるのは、NTTコミュニケーションズが提供するFAX ASPサービス「iFAX」だ。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
想像以上に簡単でユーザーフレンドリー
データベースエンジニアが効率よくスキルアップを目指すなら?
SQL Server使いなら一瞬でスキルをジャンプアップさせるのも夢じゃない! Windowsプラットフォーム上で、さらなるスキルを身に付け、自分の価値を高めるのは“意外と簡単”。どんな方法でどう習得するかがわかれば、あとは実践するのみだ(2008年6月)



@IT Special 記事企画
全国ワンストップサービスを実現
リコー「ハウジングパック」の付加価値とは
災害対策やスペースを考えるとデータセンターを使うのが有効だ。 リコーの「ハウジングパック」はクォーターラックからの使いやすいハウジングサービス。全国7カ所のデータセンターを利用でき、基本的な運用や監視 などのサービスも含む。障害発生時もワンストップで対応を依頼できるなど、サーバ管理の負担を軽減してくれる。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
あらゆるデータ保護/リカバリニーズを包括的にカバー
万が一の災害に備えるには、
バックアップとレプリケーションが必要だ!

四川大地震やミャンマーのサイクロンなどの天災や災害はいつ襲ってくるか分からない。他方で、企業内で取り扱うデータは量・質ともに増加する一方だ。そのような状況において、万が一の場合でも事業を継続するためには、バックアップにとどまらないリカバリマネジメントが必要になってくる。このような問題を解決するべく、包括的なリカバリマネジメントソリューションを提供するのが日本CAだ。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
スーパー派遣プログラマ あかねが行く!
第2話:知られざる歴史と実績
コンパクトで軽量なインターフェイスはけっこうだが、知名度の高くない製品には不安を感じる。これは開発者ばかりでなく、エンドユーザーも同じだろう。しかし心配無用。ISAMベースのBtrieve APIは、ODBCやJDBCよりも、実ははるかに長い歴史と高い実績がある。過去の実績だけでなく、Vistaや64bit対応など、最新技術対応も活発だ。(2008年6月)



@IT Special 記事企画
Anritsu Networks @ Interop
国産ネットワーク機器ベンダが海外ベンダに負けない理由
2008年のInteropに、アンリツの情報通信機器セクションが分離・独立したアンリツネットワークスが出展する。いまでは親会社のアンリツは、古くから各種伝送装置に強みを発揮してきた企業だが、回線交換からパケット交換への転換が進む中でも確かな地歩を築いている。それはなぜなのだろうか(2008年6月)



@IT Special 記事企画
[CapturePerfect SDK] 早期着手、モジュール一本化、テスト短縮
重要書類管理ソフトが短期開発できた秘密
「手塚クン、こんなところにいたのね。みんなが『オレはこもる─って言って消えた』っていうからどこかなと思ったら、ハードウェアの動作検証だったのね。お疲れさま。でも、いまは便利なツールがあるのよ。これだったらモジュールが一本化できちゃうから、検証テストは1回で済んじゃうのよ。え? いまごろ言うなって?」(2008年5月)



@IT Special 記事企画
帳票・集計レポート出力機能は、OEM・製品連携で補完
業務アプリケーションの開発効率向上と
顧客満足の向上を両立する!

業務システムのサブ機能となる帳票・集計レポート出力には強いユーザーニーズがある。だが業務システム/パッケージベンダはビジネスロジック開発が忙しく、そちらまで手が回らない。こんなユーザー、開発ベンダの課題をウイングアーク テクノロジーズが解決する。(2008年5月)



@IT Special 記事企画
EMCが「大企業のためのベンダ」に留まらない理由
中堅・中小企業のデータ管理の問題には
特効薬がある

多くの中堅・中小企業は、データ量が急増して対応しきれないとか、確実なバックアップ体制が実現できないなどの問題を抱えている。しかしこうした問題を解決できる社内スタッフはいないし、高価な製品やサポートを利用する余裕もない。では、どうすればよいのか。(2008年5月)



@IT Special 記事企画
スーパー派遣プログラマ あかねが行く!
第1話:RDBインターフェイスのゼロベース思考
データベース・アクセスのインターフェイスとしては、ODBCやJDBC、ADO.NETなどが一般的である。しかしこれら以外にも、もっと効率のいいインターフェイスがある。IBMがメインフレーム用に開発し、各社RDBMSのデータ格納技術としても応用されているISAM(アイサム)がそれだ。(2008年5月)



@IT Special 記事企画
組み込みデータベースEntier採用事例 パイオニア株式会社
組み込みデータベース「Entier」の採用で
開発効率の向上と施設情報のタイムリーな更新を実現。
効率的な情報循環で豊かなカーライフを提供

パイオニアは、カーナビのハイエンドモデル「サイバーナビ」の最新機種に、組み込みデータベース「Entier」を採用した。決め手となったのは高度な検索機能と電源断対策などの高い信頼性だった。(2008年5月)


 
@IT Special 記事企画
InterstageによるSOA実践事例
ITシステムの全体最適化へ
「構想」を過ぎ「導入」段階に入ったSOA

SOAというと、「大企業だけのもの」「まだまだ先の話」……という印象を持つ人も多いのではないだろうか。しかし、いくつかの企業では現場でのSOA適用が始まっており、それまで抱えていたさまざまな課題を解決する効果をもたらしている。(2008年5月)


 
@IT Special 記事企画
ユーザーが望むデータ集計をリアルタイムで実現
“BI”や“分析”といった難しいことをいわなくても、
データの「見える化」は実現できる!

現場のデータには“真実”が詰まっている。しかし、従来のBIツールなどは、アナリストや経営者などの“一部の特別な人間”だけが利用できるもので敷居が高かった。エンドユーザーでも必要な時に必要な情報を見たい、そんな願いを叶えるソリューションがあった(2008年5月)



@IT Special 記事企画
Riverbed Day 2008レポート
WAN高速化がもたらす業務効率化のヒント
2008年4月22日、「Riverbed Day 2008 “更なる進化を実感せよ”」が開催された。さまざまなアプリケーションがWANを経由して利用され、大容量のデータがWANを超えてやり取りされる今日において、WANを高速化させるSteelheadアプライアンスに期待される役割とは?(2008年5月)



@IT Special 記事企画
.NET開発者なら知っておきたい
.NET×Oracle開発がサクサクはかどる
OTN Japanの正しい歩き方

Oracle Technology Network Japanには、Oracleデータベースに関する技術情報とさまざまな技術者支援サービスが用意されている。その中には、.NET環境に特化したコンテンツもあり、オラクルユーザーはもちろん、オラクル製品の導入を検討している人にとっても有益な情報が満載だ(2008年5月)



@IT Special 記事企画
[CapturePerfect SDK] スキャナー連携アプリをらくらく開発!
ユーザーにも優しいドキュメント管理システムの作り方
「小林くん、また残業してるの? 遅くまで大変ね。ああ、スキャナーと連携して読み取りを制御するプログラムを開発する案件ね。TWAINができるプログラムを探しているの? 意外に工数が掛ってコストが合わない? でも、いまは便利なツールがあるのよ。これだったらエンドユーザーに優しいソフトが比較的簡単に作れると思うわ」(2008年5月)



@IT Special 記事企画
スーパー派遣プログラマ あかねが行く!
プロローグ:高速・手軽・安価な組み込み用DBシステムを探せ!
業務アプリの開発なら、この私にま・か・せ・な・さいっ! えーと次の開発プロジェクトは…、レンタル・ビデオ店向けの会員管理用Windowsアプリね。最大のポイントは高速で手軽、安価な組み込み用データベースの選定か……。楽勝だわっ! だって私は、人呼んで「スーパー派遣プログラマ あかね」ですのものっ! ほー、ほっ、ほっほ! (2008年5月)



@IT Special 記事企画
Oracleデータベースのフル活用でバッチ処理の高速化を
ノンプログラミングでバッチが生まれ変わる!
バッチ自動生成ツール「101will」

日々重くなっていく夜間バッチ処理。何とか高速化できる方法はないだろうか? こんな悩みの解決を支援するのが、開発ツール「101will」(ワンオーワン ウィル)だ。コーディング作業が不要で、Excelシートに情報を記入するだけで高速なバッチプログラムが自動生成されるという。果たしてそんなことが、本当に可能なのだろうか……(2008年5月)



@IT Special 記事企画
Visual Studio 2008 快適活用ガイド
第3回 利用者に優しいユーザー・インターフェイス
UI(ユーザー・インターフェイス)の善しあしは、確かに利用者の業務生産性に直結する。だからといって高機能/高性能/先進のUIが必ずしも利用者に喜んで受け入れられるとは限らない。利用者が安心して、ストレスなく使いこなせるUIとはどのようなものなのか?そんなUIをVisual Studio 2008で開発するための1つの答えを提示する。(2008年5月)
「Visual Studio 2008快適活用ガイド」INDEXページ


 
@IT Special 記事企画
コードネーム:バルセロナの秘めたる力で「ITのシンプル化」を実現
クアッドコアAMD Opteronの力を解放する!
仮想化に最適化されたサーバ「Dell PowerEdge™ R805」

仮想化に最適なチップ、仮想化に最適な電源、仮想化されたストレージ、それにあわせたI/O……そんなレシピでできあがったのが「Dell PowerEdge™ R805」でした。仮想化を意識したハードウェアだからこそ、ITをシンプルにできるのです(2008年4月)





@IT Special 記事企画
サーバ知識の腕だめし!
ペディアくんの「クイズでチェック! x86サーバ基礎知識」
約1年にわたりx86サーバを学んできたIT管理初心者のあきこちゃん。x86サーバのことならなんでも知っているペディアくんの教えを受けて順調に知識と経験を増やしてきました。この1年でどのくらいの知識が身についたのか、「x86サーバ」「ブレード」「仮想化」のテーマについてクイズで復習してみましょう(2008年4月)



@IT Special 記事企画
無線化や屋外機器の耐環境性向上を実現する組み込みソリューション
さらに小型化した2.4GHz無線通信モジュールと
屋外筐体ソリューション

情報家電や住宅設備、ビル内設備など、あらゆるものがネットワーク化され、従来の枠を超えて活用が進んでいる。そうしたネットワーク化を今後、より推進するために注目されるのは無線通信の分野だ。この分野でのユーザーニーズに応えるためのソリューションである、小型無線通信モジュールと屋外筐体ソリューションを紹介する(2008年4月)



@IT Special 記事企画
GUIアプリケーション開発向けC++ツールキット「Qt」
あきらめていた表現を組み込み機器で!
“芸術的なGUI”を実現する「Qt」の実力

機能の複雑化、開発期間の短縮など組み込み開発の現場は常に厳しい。こうした状況の中、最近ではリッチなGUIを求められることも……。これではGUI設計・コーディングまで手が回らない! と頭を抱えている開発者も多いのではないだろうか? こうした問題を解決する手段として、いま注目されているのが「Qt」だ(2008年4月)


 
@IT Special 記事企画
失敗しないデータベース・システム選定
データベース・システムの構築・運用担当者なら見逃せない
「PowerEdge+SQL Server」の組み合わせが人気の理由とは?

「サーバ機ならどれでも同じ」は大間違い! SQL Serverシステムの運用プラットフォームとしてデルのサーバ機が選ばれるのには理由があった。構築・運用で差がつく「ワンストップソリューション」の秘密を探る(2008年4月)



@IT Special 記事企画
Visual Studio 2008 快適活用ガイド
第2回 チーム開発を円滑に進めて作業効率を高める
気楽な1人の開発に比べ、チーム開発には制約や手続きが多い。生産性を高めるためのチームが、かえって効率を悪化させてしまい、開発作業が遅々として進まないこともしばしばだ。どうすればもっと円滑にチーム開発を進められるのか。その答えの1例として、「効率よくチーム開発を行う開発者の日常」を、開発者の視点で追いかける。(2008年4月)
「Visual Studio 2008快適活用ガイド」INDEXページ



@IT Special 記事企画
汎用の検索エンジンよりも効率的?
「あなたの会社に最適な答え」を効率的に探し出す
マイクロソフト パートナー&ソリューション サーチ

業務の妨げとなる課題にぶつかると、まず考えるのが「これってITで何とかできないの?」ということ。しかし、いったい誰に相談すればいいのだろう……そんなときに頼りにできる、目的特化型の検索エンジンがあります(2008年4月)



@IT Special 記事企画
Oracle Coherenceの核心、データグリッド技術に迫る!
複数のメモリ空間を横断的に統合する
“ミドルウェア・データグリッド”の先進的テクノロジー

大量のアクセスをリアルタイムに処理しなければならないシステムに、高い可用性と高速なレスポンスを提供するインメモリ・データグリッド基盤の「Oracle Coherence」。それを実現するデータグリッド技術にフォーカスを当てて解説しよう(2008年3月)



@IT Special 記事企画
連載 「開発マネージャーのMyEclipse指南塾」 第11回
JSFで購入フォームを作ろう − 完成
EclipseベースのJava IDE「MyEclipse」を使ってECサイトアプリケーションを作成しながら、現役の開発マネージャーが開発ノウハウとMyEclipseの魅力を語っていく本連載。
今回でいよいよ購入フォームを完成させます。MyEclipseのビジュアル機能とコードアシストをフル活用して、効率的に作成していきます (2008年3月)



@IT Special 記事企画
達人はなぜTechNet Plusサブスクリプションを選んだのか
達人に聞く TechNet Plusサブスクリプション活用術
TechNet Plusサブスクリプションは、システム管理者を支援するマイクロソフトの購読型有償サービス。技術情報やサポート・サービス、OSやアプリケーションが期間無制限の評価版として提供されるなど、充実したサービス内容を誇る。その活用方法をTechNet Plusの達人に聞いた。達人はどのようにTechNet Plusを活用しているのか(2008年3月)



@IT Special 記事企画
意外と知らない Windows開発の常識 vs 非常識
WindowsマシンとVMwareで“お試し”できる
クラスタリング・システム構築

クラスタ技術を習得するには専用のハードウェア環境を整える必要があり、おいそれとは試せない。ところが、WindowsマシンとVMware、試用版ソフトウェアを使って追加コスト0円のクラスタリング・システム構築を体験できるという。そのカラクリとは……(2008年3月)



@IT Special 記事企画
あきこちゃんのサーバ導入記[4]
年度末にシステムを整理! ファイルサーバ統合に挑戦します
ブレードサーバ「HP BladeSystem c3000」を導入したあきこちゃん。しかし、乱立して管理されていないファイルサーバという問題が残っています。今回はブレードサーバを使った社内ファイルサーバの統合にチャレンジ! c3000をベースにすぐに検討できる具体的なシステム構成を紹介します(2008年3月)



@IT Special 記事企画
意外と知らない Windows開発の常識 vs 非常識
その選択って、本当に正しいの?
Windows環境のデータベース選びを見直してみよう

Windows環境で中小規模のシステムを構築する際、どのような基準でデータベースを選んでいるだろうか。安易に“WindowsだからSQL Server”と決めてしまって大丈夫? お客さまの選択肢を広げるのもエンジニアの責務。そこで注目したいのは……(2008年3月)



@IT Special 記事企画
「来て」「見て」「試して」内部統制対策ショーケース Bトラックレポート
いまからできる日本版SOX法対策はこれだ
2008年2月28日、@IT情報マネジメント主催による『「来て」「見て」「試して」内部統制対策ショーケース』が開催された。4月から適用される日本版SOX法に備え、文書化作業を終えて、いよいよITによる統制を目指す企業は多い。そんな企業へ、今回はデモを多く交えたセッションを中心に実施した。ここでは、Bセッションのレポートを中心に紹介する。(2008年3月)



@IT Special 記事企画
「来て」「見て」「試して」内部統制対策ショーケース Aトラックレポート
日本版SOX法適用直前にやるべきことを見つけよう
2008年2月28日、@IT情報マネジメント主催による『「来て」「見て」「試して」内部統制対策ショーケース』が開催された。いよいよ4月から適用される日本版SOX法を控え「いま何をするべきなのか?」をテーマに、役立つ情報をデモを中心にしたセッションを行い、展示会場では実機に触って体験できるブースを設置した。ここでは、Aセッションのレポートを中心に紹介する。(2008年3月)



@IT Special 記事企画
アプリケーションサーバの選定で考えておきたい7つのポイント
基幹業務システム構築にオープンソースを使うのは
本当に低コストなのか?

無料ライセンスなどにより現場で採用する事例が増えたOSSだがシステム開発全体のコストで考えると本当に低コストなのだろうか? 日立製作所の統合システム構築基盤「Cosminexus(コズミネクサス)」の中核であるAPサーバを例に、さまざまな観点から考察した(2008年3月)



@IT Special 記事企画
Insight World 2008 イベントレポート
極限への挑戦! カギは進化し続けるテクノロジーと現場ノウハウ
データベース管理・運用にかかる人的コストに頭を抱えていませんか? Performance Insightは、強力なインターフェイスとプロの知識が詰まったパフォーマンス管理ツール。イベントでは、作業効率向上が期待できる同製品の概要のほか、データベース監査ツールの最新情報も公開されました。ぜひ、みなさんの目で評価してみてください(2008年3月)



@IT Special 記事企画
SP1は単なるメンテナンスリリースではない
Exchange Server 2007 SP1
企業が次々に移行する本当の理由

企業におけるExchange Server 2007の最新版であるSP1の導入が加速化しています。Exchange Server 2007の時点ですでに重要な機能改善が注目されていましたが、さらにSP1が企業を引き付けています。その秘密を紹介します。(2008年3月)



@IT Special 記事企画
かゆい所に手が届く、「JP1/AJS2」オプション製品群
業務運用のPDCAサイクルをスムーズに回す
「JP1/AJS2」オプション活用のポイント

業務運用の自動化と一元管理を実現する日立製作所の「JP1/Automatic Job Management System 2」は、PDCAサイクルをスムーズに回すための強力なオプション製品を備えている。これらの製品が“PDCAサイクルの各フェーズで抱えている問題点”をどのように解消するのか、その効果を見てみよう(2008年3月)



@IT Special 記事企画
Oracle Coherenceはミッションクリティカルの常識を変えた!
大量データをインメモリに展開し高信頼性と高可用性を実現する
“ミドルウェア・データグリッド”

リアルタイム性と信頼性の両立が求められるミッションクリティカルなシステムでインメモリ・データグリッドを構築し、高速レスポンスと高いスケーラビリティを実現する「Oracle Coherence」。その導入メリットをさまざまな角度から紹介しよう(2008年3月)



@IT Special 記事企画
ビジネスユーザーのIT課題解決を無償でいつでもサポート!
マイクロソフトの無償Q&Aコミュニティ
生まれ変わった「答えてねっと for Business」

ほんのちょっとしたITの悩み。業務の都合上、すぐに解決しなくてはいけないのに、周りに相談できる相手がいない。「詳しい人間に聞けば、すぐに解決するのになあ……」そんな悩みを持つビジネスユーザーの強力な味方が、「答えてねっと for Business」だ。(2008年3月)



@IT Special 記事企画
連載 「開発マネージャーのMyEclipse指南塾」 第9回
JSFで購入フォームを作ろう − 画面遷移をビジュアルに開発
EclipseベースのJava IDE「MyEclipse」を使ってECサイトアプリケーションを作成しながら、現役の開発マネージャーが開発ノウハウとMyEclipseの魅力を語っていく本連載。
今回はJSFでECサイトの購入フォームを作成します。MyEclipseのJSFビジュアル開発機能を使うと実装が非常に簡単になります (2008年3月)



@IT Special 記事企画
現場のエンジニアが実際に触ってみた!
日本のユーザーのニーズに応えるコアスイッチ「x900」シリーズ
x900シリーズから搭載された新OS「AlliedWare Plus」は、業界標準のコマンドラインインターフェイスを採用。多くのネットワークエンジニアが使い慣れている操作環境で、簡単に複数台のスタック化やL2リングといった冗長構成を構築することができる。実際にハンズオンセミナーを体験した2名のエンジニアの生の声をお届けする
(2008年3月)



@IT Special 記事企画
10分で増設できて、しかも地球にも優しい
次世代仮想データセンターの重要なピース
Isilon IQ Xシリーズの存在意義に迫る

無限に近い容量、ダウンタイムは限りなくゼロ……ストレージに対してそのような厳しい要件が必要なのは大企業だけとは限らない。アイシロン・システムズが提供するクラスタストレージは、“データ”を扱うあらゆる企業が知るべき、RAIDを超えたシステムなのだ(2008年3月)



@IT Special 記事企画
中堅スーパーのデータ活用物語
第6回 マイクロソフトのBIソリューションを総括する
マイクロソフトのBIソリューションによって、情報化の好循環を手に入れた「フクフクドー」。今回はまとめてとして、連載でご紹介してきた製品やテクノロジを総括しよう。エンドユーザーにもなじみ深いExcelなどのアプリケーションを用いて、現場のデータ活用やニーズへの対応を可能にするマイクロソフトのBIソリューションとは(2008年3月)



@IT Special 記事企画
数々の移行プロジェクトを手掛けたデルがお教えします
Exchange Server 2007への移行
落とし穴を避けてパワーを解き放て!

64bit化で拡張性が飛躍的に向上するとともに、モバイルサポート、可用性などで数々の改善が加わったExchange Server 2007への旧バージョンからの移行が進んでいます。デルが、移行作業におけるとっておきのノウハウを紹介します(2008年3月)



@IT Special 記事企画
速度と信頼性で飛躍する「Oracle Berkeley DB」の実力とは?
アプリケーションの保守性を高める
シンプル・イズ・ザ・ベスト 組み込みデータベース

組み込みデータベースに注目が集まる昨今、依然としてファイルシステムを利用したデータ管理機能を個別に作り込んでいる機器メーカーは多い。そうしたユーザーに向け、半導体商社として知られる東京エレクトロンデバイスは「Oracle Berkeley DB」を提案する。(2008年3月)



@IT Special 記事企画
あなたの会社のファイルサーバを再考すべき“4つの事例”
もうファイルサーバでは回らない、守れない。
全社規模のドキュメント管理ソリューション「ILF2007」

「ねえ、このファイル、どれが最新なの?」「このファイル、誰にでも見えていいの!?」あなたの会社でこんなことがささやかれはじめたら、会社の血液ともいうべき“ドキュメント”がドロドロしはじめた証拠。NRIは「ILF2007」でドキュメントをサラサラな状態に戻します(2008年3月)



@IT Special 記事企画
企業内の印刷業務を一元管理
「VPSX」が実現する安全で確実なプリンティング基盤
内部統制に取り組んでいる企業でも、プリンティングの統制は後回しになっていることが多い。しかし、紙への印刷物には重要情報が含まれていることが多く、電子データ同様に管理する必要がある。LRSが提供するEOMソリューションは、企業内のプリンティングの一元管理を可能にする。(2008年3月)



@IT Special 記事企画
日本語版MyEclipseやJP1との連携も強化されたCosminexus
国産の強みと多数のSIノウハウで
現場を“満足”させるアプリケーションサーバ

Webシステムの構築に欠かせないが、案件ごとに試行錯誤や工夫、ノウハウが必要なため、現場からの“不満”が多いAPサーバ。ところが、日立製作所の「Cosminexus」の中核に位置するAPサーバは、ユーザーからの“満足”度が高いという。これはなぜなのか(2008年3月)



@IT Special 記事企画
Visual Studio 2008 快適活用ガイド
第1回 開発効率が高まるデバッグ・テクニック
「本物の実力を備えた、真のプロフェッショナル」を目指す意欲的なデベロッパーに向け、開発環境のさまざまな活用方法を紹介する本シリーズ。今回は「あまり知られていないが本当に役立つVisual Studio 2008のデバッグ機能」を紹介する。開発作業で大きなウェイトを占めるデバッグを効率化することは、開発コストの低減につながる。(2008年3月)
「Visual Studio 2008快適活用ガイド」INDEXページ



@IT Special 記事企画
実行許可したコードしか稼働させないホワイトリスト式
「S3 Control」で組み込み機器のセキュリティ向上をはかる
開発・生産拠点のグローバル化が進んでくると、悩ましくなるのがセキュリティ管理である。「S3 Control」で、組み込み機器のセキュリティ脆弱性をカバーし、システムの安定性を向上させよう。セキュリティ技術「Solidification」で、システムの稼働状況をリアルタイム監視してロギングする。「それでは、ストレージやネットワークに負担が掛かるのでは?」そんな心配もカバーしている。(2008年2月)



@IT Special 記事企画
SIP&RFID活用のアプリケーションを柔軟に構築
多様なユビキタス・デバイスに対応する
サービス実行基盤「WebOTX」

IP電話やICタグなどと連携する情報システムを開発する場合、これらの“ユビキタス・デバイス”は細かな仕様の違いなどがあり、開発者への負担も小さくない。NECの「Web OTX」は、開発者がアプリケーションの開発に集中できる環境を提供するサービス基盤だ。
(2008年2月)



@IT Special 記事企画
コンプライアンス強化でも注目
セキュアなリモート管理ツールとして
進化を遂げるデジタルKVMスイッチ

複数サーバをひと組のキーボード、マウス、ディスプレイで利用する「KVMスイッチ」が進化を遂げている。現在の主流は信号をIPネットワーク上に載せるデジタル方式。日本ラリタン・コンピュータのデジタルKVMスイッチ「Dominion KX II」が示す進化の方向性とは。(2008年2月)



@IT Special 記事企画
「簡単操作」と「セキュリティ意識の向上」を同時に実現
使いやすさを究めたクライアント運用管理ソフトウェア
相次ぐPC経由での情報漏えい事故、そして日本版SOX法に伴うIT統制の要請。企業にとって、クライアントPC管理の徹底化と効率化は非常に重要な課題だ。それを支援するソリューションも多数あるが、その中でも「SKYSEA Client View」は使いやすさにとことんこだわった点で他製品と一線を画している。(2008年2月)



@IT Special 記事企画
連載 「開発マネージャーのMyEclipse指南塾」 第7回
バグを見つけろ! (1)
MyEclipse AJAX Web ブラウザーでAjaxをデバッグ

EclipseベースのJava IDE「MyEclipse」を使ってECサイトアプリケーションを作成しながら、現役の開発マネージャーが開発ノウハウとMyEclipseの魅力を語っていく本連載。
今回はMyEclipseの便利な機能の一つ、「AJAX Web ブラウザー」でAjaxのデバッグを行います。(2008年2月)



@IT Special 記事企画
脅威は電子メールだけじゃない!
Webも含めた包括的なセキュリティ対策を実現する
McAfee Secure Internet Gateway

企業を取り巻くセキュリティの脅威は、年々増加の一途をたどるとともに複雑・多様化している。マカフィーは電子メールもWebも含めたインターネットの脅威に対する包括的な防御を1台で実現するアプライアンス製品をする(2008年2月)



@IT Special 記事企画
中堅スーパーのデータ活用物語
第5回 BIによる在庫の適正化に挑戦
地方の中堅スーパー「フクフクドー」では、BIの本格的な導入に始まり、SharePointによるPOSデータの情報共有までを実現。こうした実績が、経営会議で認められ、今度は各店舗における仕入れや在庫の適正化を支援するシステム構築が課題に。各店舗のPC環境はまちまち。どうしたら、いぶきと番次郎はこの課題をクリアできるのか(2008年2月)




@IT Special 記事企画
読者のお悩みにお答え!
ペディアくん、あきこちゃんの 「x86サーバ なるほど相談室」(後編)
@ITではx86サーバについての読者調査を昨年12月に実施しました。前編に引き続き、読者調査に寄せられたユーザーからの質問に、ペディアくん、あきこちゃんがお答えします。消費電力やパフォーマンスなど、x86サーバについてのお悩みが解消する!(2008年2月)



@IT Special 記事企画
連載 「開発マネージャーのMyEclipse指南塾」 第5回
Ajaxでリアルタイム検索結果表示の
インクリメンタルサーチを作ろう

EclipseベースのJava IDE「MyEclipse」を使ってECサイトアプリケーションを作成しながら、現役の開発マネージャーが開発ノウハウとMyEclipseの魅力を語っていく本連載。
今回はAjaxを活用したリアルタイム検索を使ってスムーズな商品検索を実現します。非常に効率よくAjax開発ができるMyEclipseの機能は必見です! (2008年2月)



@IT Special 記事企画
NEC SIGMABLADEと仮想化が積極的な省電力化を実現
サーバで今すぐにできる環境対策がある
製造施設や物流のみならず、オフィスにおいても具体的な環境対策を求める動きが進んでいる。すると、ITシステムを構成するハードウェアなどによる資源消費の削減、つまりグリーンITへの取り組みが重要性を増してくる。グリーンITでは、資源消費の少ない製品を選択するだけでなく、こうした製品を賢く運用できることが決め手になる
(2008年2月)



@IT Special 記事企画
富士通Interstageで実現するSOA
SOA導入の成功事例、
段階的な基幹システム再構築で競争力強化

SOAを実現するための3つのパターンとして、「サービス間連携」「プロセスを起点としたサービス利用」「フロントにおけるサービス利用」を提唱している富士通。このうち、段階的に基幹システムの再構築を可能にするのが「サービス間連携」だ (2008年2月)



@IT Special 記事企画
中堅企業の実態を踏まえたアプライアンス
本当にあなたの会社に必要なメールを守れ
セキュリティ対策とくれば「あれもこれも……」と考えた末に、過剰な投資に陥りがちだ。しかし、身の丈に合った実効性ある対策を導入するには、まず基本を抑え、段階的に強化していくことが大切だとテックリンクは提唱する。自社にとって最も大切なものは何かを考えれば、自ずと必要な電子メールセキュリティ対策も見えてくる(2008年2月)



@IT Special 記事企画
マンガ 闘う!ボトルネックバスターズ シーズン2
第3話 負荷テストで性能限界を知り、将来を予測する
「今後の負荷増大でまた同じ問題が起こるかもしれない。しかし、さまざまな要因が複雑に関係するシステムの性能限界など、どうやって計測したらいいんだ…」。ボトルネックバスターズの強力ツール、eLoadを使えば、これが簡単に測定できる。「この百戦錬磨のワシの上をいくとは…」。彗星寺の威厳は彗星のごとく消えたのだった(2008年1月)



@IT Special 記事企画
読者のお悩みにお答え!
ペディアくん、あきこちゃんの「x86サーバ なるほど相談室」
@ITではx86サーバについての読者調査を昨年12月に実施しました。今回はその読者調査に寄せられたユーザーからの質問に、ペディアくん、あきこちゃんがお答えします。運用管理やサーバ移行など、x86サーバについてのお悩みが解消する!(2008年1月)



@IT Special 記事企画
連載 「開発マネージャーのMyEclipse指南塾」 第3回
MyEclipse ビジュアルJSPデザイナーで商品ページを作ろう
EclipseベースのJava IDE「MyEclipse」を使ってECサイトアプリケーションを作成しながら、現役の開発マネージャーが開発ノウハウとMyEclipseの魅力を語っていく本連載。今回は、Amazon Webサービスの商品データを使用して実際のWebページを作っていきながら、WYSWYGなビジュアルJSPエディタの使い方を説明します (2008年1月)



@IT Special 記事企画
現場生まれの使いやすいVB.NET用O/Rマッパー
VB.NETで効率的に業務アプリケーションを開発・保守する決め手
部門業務システム分野などで活用されるVisual Basic。ビジュアルな統合開発環境やオブジェクト指向など優れた開発ツールだが、データベース処理に関しては煩雑なSQL文の記述が欠かせない。この煩雑さを隠してくれる「O/Rマッパー」を利用すれば、設計や修正時の開発負担を大幅に改善できる(2008年1月)



@IT Special 記事企画
事例探求シリーズ 第23回 武蔵野赤十字病院編
医療分野の発展にも寄与するデータマイニング
全国でも3本の指に入るほど肝臓病治療で実績をあげている「武蔵野赤十字病院」では、C型肝炎患者のさまざまなデータを分析することで、従来の常識からは予想もつかないような、新たな知見を得ているという(2008年1月)



@IT Special 記事企画
マンガ 闘う!ボトルネックバスターズ シーズン2
第2話 トラブルはひとまず解決、でも喜ぶのは早い
「この若造が。いい加減なことをぬかすでないぞ!」 あくまで問題はアプリケーション本体にあると自信たっぷりに主張する彗星寺。「いえ、分析結果を見れば、その主張が間違いであることは明白です。中身が悪いんじゃない。例えていえば、ウェイターが足りないレストランみたいなものです…」。果たして、どちらの分析が正しいのか!(2008年1月)



@IT Special 記事企画
連載 「開発マネージャーのMyEclipse指南塾」 第1回
EclipseでAmazon Webサービスを使うECサイトを構築するには?
この連載では、EclipseベースのJava IDE「MyEclipse」を使ってECサイトアプリケーションを作成しながら、現役の開発マネージャーが開発ノウハウとMyEclipseの魅力を語っていきます。HTML/JSP、Ajax、Webサービス、XML、CSS、Struts、Spring、Hibernate、JPA、Swing、JSF、UML、EJBなどの活用に便利な数々の機能とは? (2008年1月)



@IT Special 記事企画
内部統制合同ソリューションセミナー レポート
内部統制に求められるID管理に取り組んでいますか?
2007年12月7日、@IT情報マネジメント主催による「内部統制合同ソリューションセミナー」が開催された。4月から実施される日本版SOX法を直前に備え、「いま何をすべきなのか?」に悩んでいる企業も多い。今回はこれから内部統制に取り組む方や、文書化作業を終えた企業向けに各ソリューションを紹介する。(2008年1月)



@IT Special 記事企画
中堅スーパーのデータ活用物語
第4回 レポートの共有に挑戦!
地方の中堅スーパー「フクフクドー」では、BIの本格的な導入により、POSデータの可視化を実現。分かりやすいレポートは好評で、営業企画部全員でレポートを共有したいと提案された。しかしセキュリティを考えると、単純なWebアプリでは不十分だ。どうしたら安全なレポートの共有は可能なのか、いぶきと番次郎の挑戦が続く(2008年1月)



@IT Special 記事企画
富士通Interstageで実現するSOA
WebフロントからのSOA化で、リッチクライアントシステムを実現
基幹システムのSOA化における重要なポイントの1つは、フロントシステムへのAjaxの適用だ。Ajaxによるリッチクライアントを構築することで、クライアント/サーバシステムと同レベルの操作性を実現しながら、その欠点を克服することができる。では、富士通は具体的にどのようなフロントシステム開発環境を提供しているのだろうか。(2008年1月)

(1) 2000年9月 〜 2001年12月
(2) 2002年1月 〜 12月
(3) 2003年1月 〜 12月
(4) 2004年1月 〜 12月
(5) 2005年1月 〜 12月
(6) 2006年1月 〜 12月
(7) 2007年1月 〜 12月
(8) 2008年1月 〜 12月
(9) 2009年1月 〜 12月

 
@IT Special とは?
@IT Special は、
アイティメディア株式会社が
ITリーディング企業と協業して発信する
記事/サービスなどの広告企画の総称です。

製品情報、技術解説、事例、インタビュー、
セミナー、モニター、プレゼントなど、
読者のみなさまのお役にたつ情報を
お届けしてまいります。

ぜひ、ご参照ください。



印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ

アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー