@IT Special は、アイティメディア株式会社が、ITリーディング企業と協業して発信する記事/サービスなどの広告企画の総称です。
掲載期間:2009年1月〜12月


@IT Special 記事企画
500GB以上のデータを99%圧縮して5GBに
事例が実証!
データ量とコストを同時に削減する重複排除の驚くべき効果

CA ARCserve Backup r12.5の重複排除(通称「デデュプ」)機能によって、バックアップデータはどこまで削減できるのか。日本CAが実施した『デデュプでストレージ使用量を大幅削減』キャンペーンに寄せられた事例を基に、その驚きの効果を具体的に検証しよう。(2009年12月)



@IT Special 記事企画
クラウド2.0フォーラム
“持たずに使う”企業ITシステム、その展望を探る
クラウドサービスは急速に進化している。すでに開発者やWebサービス事業者の間では利用が広がりつつあるが、今後は企業の社内システム運用を視野に入れた、「クラウド2.0」とも呼べる新たなサービスや機能が充実してくるはずだ。2009年11月に開催されたクラウド2.0フォーラムでは、果たして何が話されたのか。(2009年12月)



@IT Special 記事企画
気になる新サービスをさっそく試用してみた
サーバ1台を丸ごと借りつつOS管理はプロ任せ
Webサイトを公開したいだけ、Webアプリケーションをデプロイしたいだけなのに、OSのインストール・設定やセキュリティパッチの適用など、サーバのお守りに時間が取られる。そんな現状にうんざりしていませんか? さくらインターネットの新サービス「さくらのマネージドサーバ」なら、物理サーバを1台借りつつOSの管理業務はプロ任せという運用ができる。そんな新サービスをさっそく試してみた。(2009年12月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
“捨てる”技術で情報流通を加速させよ
情報漏えい対策、コスト削減、情報統制の一石三鳥を実現!
ハードディスク容量の増加に比例して保存するデータ量も増え、“要らないデータ”が増えていないだろうか。この問題を放置すると、“本当に欲しい情報”へアクセスしにくくなり、業務効率が落ちる。早くこの状況から脱するために、いま一度、情報を「集める」「探す」「捨てる」というフローを改善し、情報流通の環境を見直すべきだ。(2009年12月)



@IT MONOist Special 記事企画
Industrial Solution − マイクロソフト パートナー事例 −
表示器/パネルコンピュータ界のトップを走るデジタルの原動力
FA分野におけるタッチパネル表示器/パネルコンピュータのリーディングカンパニーである株式会社デジタル。同社は、国内外の多くのユーザー要求に耳を傾け、常に他の先を行く画期的な製品を世に送り、業界をリードし続けている。本稿では、デジタルの製品開発ビジョンにフォーカスし、業界トップを走り続ける“原動力”に迫る!(2009年12月)



@IT Special 記事企画
セキュリティはテクノロジーと人で実現
トレンドマイクロのクラウドセキュリティを支えるエンジニアに聞く
クラウドを使った最新のセキュリティソリューション、トレンドマイクロのTrend Micro Smart Protection Network。最新技術といっても、それを支えるのはやはり“人”。@ITでも人気連載を持つサポートエンジニアの飯田氏に、現在の脅威動向とクラウドでの対策の有効性、それを裏側で支えるエンジニアの仕事を聞く。(2009年12月)



@IT Special 記事企画
サーバを仮想化したらストレージも仮想化すべし
アイシロンのスケールアウト型NASがコスト削減を実現する理由
ストレージに関するコストは削減しにくいものの1つとして挙げられる。アイシロン・システムズのスケールアウト型NAS「Isilon IQクラスタストレージ」を導入すると、TCOを3分の1にできるというが……。(2009年12月)



@IT Special 記事企画
ムダに増やさない
サーバ仮想化時代の賢いストレージ戦略とは
サーバ仮想化の普及、メールアーカイブの保存義務化などITシステムを取り巻く環境は急変している。デバイスとしてのストレージは容量単価が下がっているが、システムやシステム要件が複雑化することで管理コストが増大したり、個々のデバイスの容量が使いきれないという非効率が発生。結果的にコストが下がらないという結果になりかねない。いまあるべきストレージ戦略を考える。(2009年12月)



@IT Special 記事企画
日本法人社長に@IT編集長がインタビュー
多くの欧米大企業が使うクラウドストレージサービスとは
クラウドサービスは、ITにおける最大のトレンドだ。しかし、オンラインバックアップに特化したクラウドサービスを15年前に開始し、いまやフォーチュン1000にリストされる企業の90%以上に利用されている企業があるという。@IT編集長が、この企業の日本法人社長を直撃取材した。(2009年12月)



@IT Special 記事企画
クラウドホスティングの時代が到来!
ファーストサーバが提案する新しいホスティングの形とは?
ついに「クラウド」を名乗るホスティングサービスが登場した。ファーストサーバの「ビジネスプラットフォーム・シリーズ」は、これまでの仮想レンタルサーバと何が違うのか、その実力を見ていこう。(2009年12月)



@IT Special 記事企画
5分で絶対に分かる!
ホスティングサービスのメリット、デメリット
ホスティングサービスは、その形態によっていくつかの種類に分類できる。レンタルサーバとも呼ばれるように、基本的にはインターネットデータセンター内のサーバを借りるのだが、サービス種別ごとに何が違うのか、そのメリットとデメリットを整理しよう。(2009年12月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
まずはOSのセキュリティパッチ当てから徹底しよう
予防策、事後策ともに充実した情報セキュリティ対策を
多くの企業が情報セキュリティ対策に取り組んでいるが、予算事情や人的配分の制約もあってか、その対策はトラブルを防ぐ「予防策」と、被害を最小化する「事後策」のどちらかに偏っている例が多い。今回は、「予防策」「事後策」ともに充実した高度なセキュリティ対策を、無理なく、段階的に実現するための具体的方策を紹介する。(2009年11月)



@IT Special 記事企画
新たな課題が表面化しつつある
サーバ仮想化環境のバックアップ 日立が考える最適解とは?
バックアップは、サーバ仮想化環境の運用で最も重要なポイントの1つだ。せっかくITリソースの効率的かつ柔軟な利用を実現しても、バックアップという重要な日常業務での負担が増えたり、運用上の問題が発生したりすれば元も子もない。この大きな問題に、日立はどのような解決策を提供しているのか。(2009年11月)



@IT Special 記事企画
真に有効なバックアップ術を支えるソリューション
バックアップにまつわる「神話」を疑え!
データの損失は許されないが、「時間がかかる」「お金がかかる」……管理者にとってバックアップは、常に身近にあり、頭を悩ませ続ける課題だった。バックアップにまつわるそんな「神話」を打破し、確実に、効率的に、そして少ないコストでデータを保護するための技術を紹介しよう。(2009年11月)



@IT MONOist Special 記事企画
CAEソリューションズがプライベートセミナーを開催
3大CAD・CAEベンダが一堂に集結! 設計者のあなたが本当に納得するCAEはどれ?
CAEはいまや、研究所に在籍するような解析専任者だけのものではない。設計者自身も積極的にCAEを活用していく時代! ミッドレンジ3次元CADを扱うベンダ各社が取り組む“設計者のためのCAE”の数々を1日で一気に見ることができるイベントが12月18日に開催される。自分自身が心から納得できるCAE選びをしよう!(2009年11月)



@IT Special 記事企画
bit-driveの“マネージドイントラネット”
中堅・中小企業向けのクラウドサービスはどう作られているか
中堅・中小企業でITを担当しているあなたは、はやりの「クラウドサービス」なんかうちの会社にはまったく関係ない、と思い込んでいないだろうか? 自動化と可視化を実現する高度な技術に支えられた、“丸抱え”のITサービスが、いますぐにでも利用できることを知らないのはあまりにももったいない。(2009年11月)



@IT Special 記事企画
知られざるWindowsサーバホスティングのメリット
ホスティングでWindowsサーバ!? 利用者に利点を聞いた
レンタルサーバを借りるにあたって、OSの選択肢としてWindowsサーバを考えたことはあるだろうか? ライセンス料のかからないLinux系OSの利用は広く知られているが、Windowsサーバを借りるユーザーは多くない。Windowsサーバという選択には、どのようなメリットがあるのか、実際の利用者の話から探ってみよう。(2009年11月)



@IT Special 記事企画
大規模開発での「同じ修正を2度行う」悲劇から開発者を救う
GUIのデバッガで追うようにコードの問題個所を
正確に特定できる静的解析ツールとは

開発現場で当たり前のように使われるようになってきたソースコードの解析ツール。その最大の課題は、どれだけ正確に多くの致命的なバグや不具合を検出できるかだ。この課題への回答としてコベリティが提示する「Coverity 5」の概要と特長を紹介する。(2009年11月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
特集:企業セキュリティ対策
包括的対策で“抜け穴”を作らない情報漏えい対策を
もはや企業の必須課題となった情報漏えい対策。まず重要なのは、「情報漏えいが起こらないプロセスを確立すること」と「社員モラル向上と、情報取り扱いポリシーを徹底させること」の2点だ。さらに、データのライフサイクルに着目し、“漏えいさせない手段”を確立することが重要となる。(2009年11月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
Compuware Changepoint
ITライフサイクル横断型ポートフォリオマネジメントのススメ
適正なIT投資を実現するには、自社のビジネス目標に合った指標を作り、現状を把握してその差異を埋めていくという活動が必要だ。企業内でIT投資の対象となるものは、「計画中の案件」「実施中の開発プロジェクト」「稼働中のシステム」があるが、それらを俯瞰(ふかん)的に管理するのが“ITライフサイクル横断型ポートフォリオマネジメント”だ。(2009年11月)



@IT MONOist Special 記事企画
マイクロソフトブースに注目 ― システム コントロール フェア 2009 ―
FAに柔軟性と開発効率をもたらすWindows Embedded
FAの総合展「システム コントロール フェア 2009」で、マイクロソフトが「Windows Embedded」ファミリの展示デモや技術セッションを実施する。“信頼性”とともに、市場競争力を高めるための“柔軟性”や“開発効率”がFA制御機器に求められる中、Windows Embeddedによるモノづくりソリューションとは?(2009年11月)



@IT Special 記事企画
いまこそ最新の高性能サーバへの置き換えでコスト削減
サーバ統合で運用負担を大幅に軽減、生産性も向上
最新のインテル® Xeon® プロセッサー 5500番台を搭載する東芝MAGNIAサーバなら、2005年当時のサーバ性能の約9倍! 強力な仮想化支援もあって、古いサーバの統合にうってつけ。負担の大きなサーバの運用コストを大幅に圧縮、生産性も向上。なにっ!、そういうことならリースの延長より、最新サーバに置き換えだっ!(2009年11月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
特集:企業セキュリティ対策
包括的なセキュリティ環境構築の鍵はクライアント管理
セキュリティの必要性は誰もが認めるところだが、その対象となる「資産」の管理を意識している企業は少ない。多くの企業が「ITコスト削減」「セキュリティ強化」「コンプライアンス」という3つの課題を抱える中、これを解決する手立てとなるのが、クライアント管理および資産管理に重点を置いたITライフサイクルマネジメントソリューションだ。(2009年10月)



@IT Special 記事企画
企業ネットワークを明るく照らす秘策、あります
フォーティネットは2つの機器で
“悪いことができない”ネットワークを作る

止まらない情報漏えい、その原因の多くは「人」です。なぜ人は過ちを犯すのか――その回答としてフォーティネットは、「FortiGate」と「FortiAnalyzer」の組み合わせで、ネットワークを明るく照らし、悪いことができない仕組みを作りました。(2009年10月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
インテグレーション&開発プラットフォーム「InterSystems Ensemble®
システム連携の在り方を変えるSOA開発・実行プラットフォーム
SOAはシステム連携の問題を解決するための考え方だが、SOAを実現するテクノロジは多岐にわたり、エンジニアはさまざまな仕様や規則を覚えなければならない。「InterSystems Ensemble」は開発からシステム連携までを首尾一貫した方法で行うことを可能とする。(2009年10月)



@IT Special 記事企画
@IT リッチクライアント カンファレンス X イベントレポート
エクスペリエンス・テクノロジー最前線!
いまUI開発のあるべき姿とは?

@IT編集部は9月30日、「@IT リッチクライアントカンファレンスX」を開催した。本稿では、リッチクライアント/RIA開発の最新技術について基調講演と日本ネクサウェブ、マイクロソフトの講演、そしてSpecialセッションの模様をレポートする。(2009年10月)



@IT MONOist Special 記事企画
マイクロソフト・ブースに注目 ― Embedded Technology 2009 ―
“Windows 7旋風”が組み込み分野にも巻き起こる!!
〜組み込み機器におけるユーザーエクスペリエンスの進化〜

マイクロソフトは間もなく開催される「Embedded Technology 2009」で、Windows 7やSilverlightなどの最新テクノロジを実装した新しい「Windows Embedded」ファミリに関する展示・デモ、ならびにテクニカル・セッションを行う。従来の組み込み開発に革新をもたらす新しいWindows Embeddedの実力とは!?(2009年10月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
第2回 仮想化ソリューションセミナー ビジネスラック レポート
これがサーバ仮想化を真に活かすソリューション!
サーバ仮想化はさまざまなメリットを提供するが、真にそのメリットを引き出すには仮想化技術以外の部分への配慮が必要だ。「第2回 仮想化ソリューションセミナー」では、仮想化対応ネットワーク、共有ストレージの効率化、データバックアップとマイグレーション、ライセンスコストの削減といったソリューションが多数、紹介された。(2009年10月)



@IT Special 記事企画
第2回 仮想化ソリューションセミナー テクニカルトラック レポート
仮想化導入によって生じる新たな課題と解決策とは
机上の論理ではなく、実際に仮想化技術を導入することによって浮かび上がってくる課題がいくつかある。9月に開催された「第2回 仮想化ソリューションセミナー」では、ストレージプールの管理やネットワーク越しにアクセスすることによるパフォーマンスの低下、マルチメディアアプリケーションの再生といった具体的な課題への解決策が紹介された。(2009年10月)



@IT Special 記事企画
Oracle GRID Centerでの検証は、何が違うのか
Oracle GRID Centerでパートナーと共に熟成した
Oracle Database 11g R2の新機能

Oracle Database 11g R2の事前検証プログラムでは、世界最大級のグリッド検証環境である「Oracle GRID Center」を使い、パートナー企業と共同で実際のユースケースを想定した検証が行われた。その取り組みを追う。(2009年10月)



@IT MONOist Special 記事企画
Microsoft Visio活用事例:味の素エンジニアリング
プラントエンジニアリングで大活躍!
VisioとCADのオイシイ関係とは?

さまざまな分野で活用されているCAD。製図機能や高精度な設計は専用ツールならではだが、誰もが気軽に使えるとはいえない。だが、CADライクな機能とOfficeファミリの操作性を兼ね備えたVisioを活用することで、CADとの親和性も高い図を簡単に作成できる。(2009年10月)



@IT Special 記事企画
専任管理者のいない中小事業者に最適なセキュリティ対策
コンパクトで簡単、でも確実な対策を実現する「PC運用上手」
会社からデータは持ち出さないとみんなで決めたのに、終電に間に合わないからって、顧客データをUSBメモリにコピーして、しかもそれをなくすなんて…。やはり口約束じゃないセキュリティ対策が必要だった…。分かっちゃいるけど、手頃な方法がなかなか…、えっ、「PC運用上手」があるって!?(2009年10月)



@IT 情報マネジメント Special 記事企画
ソフトウェアテスト・ミーティング2009
開発者の“やる気”を引き出すテストアプローチとは?
ソフトウェア開発に求められている品質、スピード、コストという3要件を満たすためには、方法論やツールだけではなく、開発関係者の“やる気”もポイントとなる。そこで本イベントでは、円滑に業務を行える開発体制の作り方、 各メンバーが身に付けるべきスキルなど、“人”の観点から 3要件の実現に向けたロードマップを紹介した。(2009年10月)



@IT Special 記事企画
運用コスト約20%ダウンの実績、あります
もう管理サーバはいらない!
エフセキュア SaaS型セキュリティができること

いつまで個人向けセキュリティ対策ソフトを利用し続けますか? いまセキュリティ対策を考えるなら、「早い、簡単、便利」なSaaS形式のサービス「エフセキュア プロテクションサービス ビジネス」を検討すべき、これだけの理由があります。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
特集:企業セキュリティ対策
企業のエンドポイントを包括的に守るアプローチとは?
セキュリティ脅威の約80%はスパム/偽メールや外部メディア経由で侵入するという。つまり電子メールを送受信するメッセージ環境と、エンドポイントのPCを強固に保護する対策を施せば、セキュリティ脅威にさらされる率は大きく激減すると考えられる。メッセージとエンドポイントの脆弱性を低減する包括的な方策について解説しよう。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
JBossの多彩な製品群とサポートを解剖する
商用製品と同等の機能でコスト削減可能な
オープンソースのミドルウェアといえば?
コスト削減における有力な、アプリケーションサーバにおける商用製品からオープンソースへの乗り換え。「しかし、Tomcatでは不安だ」という企業のために、そもそもJBossで何ができるのか、どこまでサポートしてくれるサービスがあるのかを解剖しよう。 (2009年9月)



@IT MONOist Special 記事企画
Windows Embedded採用事例:半導体製造装置
ユーザー要求への最適解を追い求めるディスコの姿勢
〜それを支えるマイクロソフトの組み込みソリューション〜

「Windows Embedded」ファミリの適用範囲はKIOSKやPOS、セットトップボックスなどの組み込み機器だけではない。組み込み機器の中でもより“ミッションクリティカル”なシステムにも採用されている。本稿では、半導体製造分野におけるWindows Embeddedの活用事例を紹介する。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
伝説の男たち、参上!
セキュリティドクターK
〜きみはスペシャリストの技術を見たか!?

宇宙ステーションで発生した事故がある技術者を襲う。その技術者を失うことは、人類にとって大いなる損失……その危機を救うべく、「伝説の男」が立ち上がった。果たして、2人の「K」は世界を救えるのか!(2009年9月)



@IT Special 記事企画
クライアントPC管理ツール「JP1/Desktop Navigation」
セキュリティ、コスト、技術者不在――
中堅・中小企業のPC管理の悩みを救え

ITに詳しい社員のいない中堅・中小企業では専任のセキュリティ担当者を置くことが難しい。そんな技術者不在の会社でも簡単にセキュリティ対策をスタートできるPC管理ツールが登場した。日立が新しい視点で開発した「JP1/Desktop Navigation」がそれだ。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
今あるストレージを使いつくせ PART 2
ストレージを有効利用するための新技術とは
データをライフサイクル全体にわたって戦略的に管理し、ストレージを有効利用するための技術として、シンプロビジョニングや重複排除、アーカイブなどがある。これらの新しいテクノロジがどのように適用され効果を上げるのか、ストレージ削減の観点から紹介する。 (2009年9月)



@IT Special 記事企画
特集:企業セキュリティ対策
不可欠なのはリスク・コストを抑える包括的アプローチ
犯罪性を増し、巧妙化するセキュリティ脅威。企業がこれまで行ってきた対症療法的な対応の積み重ねでは、運用工数や負荷のみならず、企業にもたらす将来的なリスク、コストも増すばかりだ。企業そしてIT管理者がこの課題を解決できる方法「包括的セキュリティ対策アプローチ」を紹介しよう。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
Sunストレージが62%オフキャンペーン実施中!
省スペース、コスト削減のジレンマを
Sunのオープンストレージでスッキリ解決

ストレージに求められる要件のジレンマ、省スペースとコスト削減の相反するニーズを、Sunのオープンストレージが解決することになりそうだ。期間限定で価格が62%オフになるキャンペーンが実施中だ。この機会に、ストレージ資産を見直してみてはいかがだろう。 (2009年9月)



@IT Special 記事企画
ビジネスチャンスを逃さない
コンテナ型データセンターで迅速なIT投資の回収を
景気回復を見越してITシステムを増強しようにも、データセンターの建築には通常2〜3年かかってしまう。投資からリターンまでの期間が長いのは、ITで競争力を付けるという観点でも、決算上のダメージという観点でもあまり望ましくない。こうしたIT投資に対する悩みに対する答えの1つが、迅速に立ち上げ可能なSun Modular Data Centerだ。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
ユニークな機能の勘所を一挙に紹介
NASだけじゃない、ネットアップの
SAN接続ストレージとしての威力

ネットアップはNASでは有名。でもSAN接続ストレージとしては他社製品に劣るんじゃないの? いえいえそんなことはありません。逆にシン・プロビジョニングは根本的な仕組みとして備えているなど、知られていないけれど凄いところがたくさんあるんです。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
今あるストレージを使いつくせ PART 1
新規ストレージを買い足す前にできることはいろいろある
企業のデータセンターには日々かなりの量のデータが溜まっていくが、それに伴ってストレージを追加していくとコストに跳ね返る。データセンターでのコスト削減が求められている今、データを戦略的に管理し、ストレージ利用の最適化を図ることは、追加購入の抑制や既存のストレージを減らすことにも繋がる有効な手段といえる。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
最新プロセッサの有効活用
新機能対応で先行、Solaris OSのメリットとは?
開発コード名「Nehalem」で知られる「インテル Xeon プロセッサー 5500番台」。これは従来のインテル社製プロセッサーを大幅に改良したマイクロ・アーキテクチャを採用している。この新製品の性能を最大限に引き出すには、Solaris OSがベターという。その理由とは? (2009年9月)



@IT Special 記事企画
携帯電話コンテンツのエキスパートたちが作った「ZEKE CMS」
悩める携帯サイト運営者がコストダウンを“実感”できるCMSとは
携帯電話向けサイトの運営者にとって一番の問題点は、主要3キャリアごとに別々のサイトを構築し、それを管理/運営しなければならない点だろう。この問題に対して、UEIが出した答え「ZEKE CMS」は、運営者が1つのコンテンツを管理するだけで3キャリア用のサイトを自動で出し分けできる。その仕組みを担当者に聞いてみた。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
プロジェクト管理の肝、使えるWBSを作る方法を伝授
WBSの作り方と、Microsoft Projectによる再利用術
プロジェクト管理において、WBS(Work Breakdown Structure)の重要性が高まっている。しかし、WBSはただ作ればよいというものではない。当然、プロジェクト管理で使えなければ意味がない。では、どうすれば使えるWBSを作ることができるのか、そして、「Microsoft Office Project 2007」でいかに再利用するかを紹介する。(2009年9月)



@IT Special 記事企画
富士通エントリ・ストレージの開発現場に迫る PART 2
ファイバチャネル? でもだれでも使えるストレージです
エントリ・ストレージ「ETERNUS DX60/DX80」はストレージを扱ったことのないサーバ管理者でも、サーバの外付けディスクを扱うような感覚で、すぐに使える製品を目指したという。ではどこまで使いやすくなっているのか。DX60/DX80専用として新たに開発された導入・運用管理ソフトウェアの担当者を直撃した。(2009年8月)



@IT Special 記事企画
富士通エントリ・ストレージの開発現場に迫る PART 1
私たち、「安くて使いものになる」ストレージつくりました
いま企業ユーザーは、ストレージに高いコスト効率を求めながらも、信頼性やバックアップといった部分での基礎体力が欠かせないと考えている。富士通のストレージ開発者たちは、エントリ・ストレージ「ETERNUS DX60/DX80」で、こうした利用者側の要求にどう応えたのか。直接疑問をぶつけてみた。(2009年8月)



@IT Special 記事企画
「Salesforce.com」をセキュリティと通信品質を担保して提供
CRM/SFA以外の利用が注目される「Salesforce over VPN」
インターネットを含めた企業のネットワーク環境が整い、アプリケーション分野での技術的な成熟ともあいまって、企業の情報システムは「所有」から「利用」への流れが加速している。NTTコミュニケーションズが、Salesforceを安全な閉域網で提供する「Salesforce over VPN」とは?(2009年8月)



@IT Special 記事企画
その日のうちに効果テキメン
ITインフラの渋滞を許さない「Steelhead」
サーバ統合時にはネットワークについても十分考慮しないと、コスト削減につながるどころか、生産性を阻害する可能性がある。そんな事態を防いでくれるのが、リバーベッドテクノロジーのWAN最適化製品「Steelhead」だ。リバーベッド製品の豊富な導入実績を誇るネットマークスが手掛けた2つの事例を元に、その効果を見てみよう。(2009年8月)



@IT Special 記事企画
脅威を考えたらネットワーク機器選びはこうなる
シスコが問い掛ける“境界”防御のあるべき姿とは
ネットワークセキュリティを確保するためには、インターネットとの“境界”を防御する必要がある。高スループットやコネクション数の増大にも対応できる専用機が望まれるが、そのために何台もの機器を管理したくない――Cisco ASA 5500シリーズは、そのようなニーズに1台の「専用機+専用機」で応える(2009年8月)



@IT Special 記事企画
「統合脅威管理」がカバーすべき範囲は
あなたの気付いていない“UTM”の世界
「1台でなんでもできる、しかも安い。でも中途半端?」……そんなUTMの位置付けが変わり始めている。各ベンダの考えが反映され始めた“統合脅威管理機器”は、いままでのUTMとは少々異なるものになっているかもしれない。企業で必要なセキュリティの機能をもう一度見直し、UTMを再認識してみよう(2009年8月)



@IT Special 記事企画
第4回 ログ活用セミナー
内部統制、セキュリティを目的としたログ活用の要点とは?
近年、コンプライアンスや情報セキュリティの観点から、システムログが注目を集めている。しかし、ログを取得していても、活用のポイントが分からず有効活用できていない例が多い。日々蓄積されるぼう大なログをいったいどのように扱えば、内部統制報告制度やセキュリティ対策などに生かせるのか──そのノウハウを具体的に解説する(2009年8月)



@IT Special 記事企画
次世代ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware 11g」
インメモリ・データグリッドがシステム設計と運用を激変させる
ITシステムはユーザーリクエストの増減に応じて自動的に伸び縮みしてくれはしない。当たり前のことだが、これを補うために、世界中のシステム構築・運用の現場で、大きな時間や労力が費やされ、大きな無駄も生じている。「Oracle Fusion Middleware 11g」のインメモリ・データグリッドはこうした状況をどう打開できるのか。(2009年8月)



@IT Special 記事企画
Full GC発生を抑止する仕組みや効果を“技術文書”で徹底解説!
止まることの許されないWebシステムが抱える宿命への回答とは
Webのシステム障害がビジネスに多大な影響を及ぼす現代。日立製作所は、Javaで構築されたWebシステムの安定稼働のボトルネックとなっていたメモリ領域の管理機能の改善や、高負荷時における安定稼働を実現する機能、さらにはWebシステム障害のボトルネックを特定する機能などを提供する。(2009年8月)



@IT Special 記事企画
次世代ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware 11g」
SOA&グリッド――使いこなしのポイントは一元管理にあり
ビジネス環境の変化が激しい現代の企業情報システムには、高い柔軟性が求められる。それを実現するためのテクノロジとしてSOA(サービス指向アーキテクチャ)やグリッドコンピューティングが唱えられているが、大切なのはその「管理」だ。この課題に応える統合型ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware 11g」に迫る。(2009年8月)



@IT Special 記事企画
HP ProLiantの独自技術を検証する
ITインフラを担う新世代x86サーバ
企業情報システムへのx86サーバの進出が著しい。バックエンドの基幹系システムで利用する企業が増加。これからのITシステムはx86サーバを抜きに語れないだろう。日本ヒューレット・パッカードのx86サーバ「HP ProLiant」に注目し、業界標準に立脚しながらも独自の進化を遂げてきたx86サーバの技術を検証する。(2006年7月〜2009年7月)



@IT Special 記事企画
まだ自社で複数サーバを管理していますか?
ハウジング並のシステム構成をホスティングの手軽さで!
例えば、Webサービスの開発に専念したいのに、Webサーバ、DBサーバ、ロードバランサの選定や設定、運用に時間が取られてないだろうか。こうしたシステム構成は、これまでハウジングサービスでのみ利用でき、一般に高価だった。ところがここに来て、典型的なサーバとアプライアンスの組み合わせを複数組み合わせつつ安価に利用できるパッケージサービスが登場してきているのだ。(2009年7月)



@IT Special 記事企画
サーバが統合された後のWANのことまで考えていますか?
WAN最適化アプライアンス「WXC」がサーバ統合を成功させる理由
サーバ統合によって得られるメリットとして、人件費を含む総所有コストの削減やシステム全体の信頼性向上、セキュリティレベルの確保が挙げられる。しかし、WANを流れるデータ容量の増加によって業務効率が低下してしまう可能性も潜んでいる。ジュニパーネットワークスのWAN最適化アプライアンス「WXC」シリーズで、この落とし穴を回避しよう。(2009年7月)



@IT Special 記事企画
常識を疑ってネットワークの過剰投資から脱出!
「BoxCore」を実現する日立電線のAPRESIA
日立電線のエンタープライズ向けスイッチ「APRESIAシリーズ」は、「壊れにくくする」ことと「迅速な復旧」の両面で、ネットワークのTCO削減を実現する。そして同時に、シャーシ型スイッチに匹敵する性能と信頼性、拡張性をネットワークコアに提供する。(2009年7月)



@IT Special 記事企画
ネットワークから始めるTCO最適化
見逃していませんか? 足元のネットワークの再検討
コスト削減という課題に迫られたIT部門がまず考えるのは、サーバ統合やSaaS/ASP導入だろう。加えて、見落としがちな足元のネットワークインフラを再検討することで、限られた予算の中で、効率よい業務運営を支援することができる。TCOを削減し、企業の体質改善に役立つネットワーク再構築のポイントとは?(2009年7月)



@IT Special 記事企画
at+linkの新コロケーションサービスでWebビジネスの悩みを解決
at+linkの新コロケーションサービスで
Webビジネスの悩みを解決

さまざまな企業のシステムやサーバの管理者と話をすると、彼らが決まって口にするのは、「可視化されない」部分のインフラコストに対する悩みだ。そんな中、専用ホスティングの分野で業界トップクラスの8600台超という稼働実績を持つat+linkが、ホスティングとハウジングの中間に位置する、これまでにないコロケーションサービスを立ち上げた(2009年7月)



@IT Special 記事企画
「次世代の運用管理のあり方を探る」セミナーリポート
運用管理は「戦略的順位付け」「ムダの低減」
「自動化」「継続的コストダウン」の時代へ

企業のビジネスを支えるITシステムは、経営環境の変化に対する対応力、事業継続や災害対策、運用管理費のコストダウン、そしてシステム自体の価値の説明といった運用管理にまつわる進化が要求されている。そんな次世代のITオペレーションについて、先進ベンダが講演を行った。(2009年7月)



@IT Special 記事企画
「HP ProLiant サーバー G6」登場
電力コストを意識した最新サーバー選びのコツ
古いサーバはプロセッサー自体の消費電力が多いことに加えて、省電力の機能がなく電力コストがかさみがち。インテルの最新プロセッサーを搭載する「HP ProLiant サーバー G6」はプロセッサーが低消費電力なのはもちろん、独自の省電力機能で電力コストを大きく減少させる。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
Webブラウザだけで超簡単管理
SSDも仮想化も万全、「Open Storage」の魅力とは
容量設計や規格の選定、構成の検討や変更、容量増……、ストレージシステムの運用管理は煩雑さを増すばかりだ。メモリを増量するように、既存データやパーティションなどを気にせずにハードディスクも増やせたら……。そんな管理者の願いを叶えてくれるストレージ製品が注目を集め始めている。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
ITのパラダイムシフトがいま、起ころうとしている
VMware vSphere 4とインテル Xeon プロセッサー 5500 番台
高速化がもたらすインパクト

企業は社内クラウドと社外クラウドを意識しながら、効率的で柔軟なITインフラの構築を進めようとしている。インテル Xeon プロセッサー 5500 番台とヴイエムウェアのVMware vSphere 4は、運用コストを減らしながら、この新たなIT基盤へ移行するためのかぎとなる。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
【野村総研の「覚醒型ビジネスモデル」がPC管理を変えた】セミナー
日産自動車のPC管理事例やネット生保の起業プロセス
から解き明かす、常識からの「覚醒」とは

「覚醒型ビジネスモデル」、PC管理の分野における矛盾・非効率とそれを変革するための事実に基づく施策、「品質を上げると、コストが下がる」事例、「BEST」から「Change」する日産自動車、などさまざまな「常識への挑戦」についての講演をレポートする。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
オープンソースソフトウェアの波に乗り遅れるな
オープンソースソフトウェアの不安を一掃する
“6人の伝道師”の言葉を聞け

企業はなぜオープンソースソフトウェア採用に踏み切れないのか――その現状と行く先を解説するセミナー「秘策はオープンソースにあり」が開催される。それに先立ち行われた座談会で「6人の伝道師」が語った、オープンソースソフトウェアの真実とは?(2009年6月)



@IT Special 記事企画
1分で設置完了、5分で設定終了!
不正接続ネットワーク機器を検知/排除する
IntraGuardian2が@IT編集部にやってきた

日本シー・エー・ディーが開発したIntraGuardian2は、ネットワークにつなぐだけで不正接続PCを検知/排除する名刺サイズのアプライアンス製品だ。小さく、誰でも設置・運用できるというIntraGuardian2をネットワーク管理の素人である@IT編集部員が運用してみた!(2009年6月)



@IT Special 記事企画
革新とオープンの歴史
サンが見つめ続けるITとビジネスの接点
Solaris、Java、CMTサーバ、Open Storage、Sun Cloud……。サン・マイクロシステムズは数々の革新技術を世に送り出し、標準化をリードしてきた。単に革新的だというだけでなく、これをオープンな形で展開することにより、ユーザー企業が囲い込まれることなく、その時々でベストな選択肢を得られるようにしてきたのだ(2009年6月)



@IT Special 記事企画
1台あたり年間5400円の価値は?
トレンドマイクロ×ヤマハのQAC/TMが作る
“ぴったりサイズ”のセキュリティ

「セキュリティ対策ができていないPCを、社内ネットワークからシャットアウト」これは大企業しかできないことだと思っていませんか。トレンドマイクロとヤマハが提供する「Qualified Access Control/Trend Micro」なら、このポリシーチェック機能をはじめ、本当に必要なセキュリティ対策が安価で手に入ります(2009年6月)




@IT Special 記事企画
ネットの脅威はネットで防げ
クラウド時代の新しいセキュリティ対策
トレンドマイクロの「SPN」

インターネット上の脅威が質量ともに大きく変化したいま、クライアント側で定義ファイルを用いて防御するという従来型の対策に行き詰まりが見えてきている。こうした課題に対してトレンドマイクロは、クラウド技術を活用した新たな基盤「Trend Micro Smart Protection Network」で対処しようとしている。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
マルチコアCPUの潜在能力を引き出す「インテル Parallel Studio」
マルチコア時代に求められる「並列化アプリケーション」とは?
コンピュータに搭載されるCPUのマルチコア化が加速している昨今、アプリケーション開発でも、マルチコアを明確に意識した「並列化」が不可欠な状況だ。「インテル Parallel Studio」は並列化アプリケーションの開発に特化した4つのツールを提供し、いまの開発現場に求められるパラダイムシフトを強力に支援する。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
場所を問わずに迅速な業務遂行を支援
「いつでも、どこでも」を低コストで提供し
機動力あるビジネスを実現するモバイル通信

企業を取り巻く環境が激変しているいま、どこにいようとも、社内にいるときと同様に必要な情報にアクセスし、迅速に業務を遂行できる環境が必要だ。NTTコミュニケーションズの「モバイル/リモートアクセス モバイルフラットプラン(d)」は、いつでもどこでも、安全に社内システムにアクセスできるデータ通信環境を提供する。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
“集約”と“分散”をつなぐ「スマート・ネットワーク」
EXシリーズで実現するエンタープライズ・スイッチングの未来
ジュニパーネットワークスが打ち出した「スマート・ネットワーク」は、分散する拠点間だけでなく、在宅・モバイルワーカーをつなぎ、優れたセキュリティとパフォーマンスを実現するITネットワークソリューションだ。ハイパフォーマンス志向の企業ニーズに特化したイーサネットスイッチ「EXシリーズ」も、“ 集約”と“分散”の両極に向けて進化するエンタープライズネットワークに応えるラインナップを揃えている(2009年6月)



@IT Special 記事企画
新野淳一が聞く「CapturePerfect SDK」
数十万枚の伝票処理を、
高性能OCRと生産性の高い制御ソフトで実現

ある大手卸問屋では、全国の納入先から毎日数十万枚近い受領書を受け取っていた。これを正確にスキャンしてイメージ・データ化し、OCRで解析する「商品受領書管理システム」の開発でも、キヤノンの「CapturePerfect SDK」が威力を発揮していた。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
コスト削減しながら次の成長を狙う
次の成長に備えるための新世代サーバー
「HP ProLiant サーバー G6」登場

最新のインテル Xeon プロセッサー 5500番台を搭載した「HP ProLiant サーバー Generation 6」が登場した。性能を大幅に高めつつ、省電力化も推進。システム全体のコスト削減に貢献する。企業の次の成長を支援する新世代サーバーのユーザーベネフィットを解説(2009年6月)



@IT Special 記事企画
最重要資産データを守るCA ARCserve r12.5シリーズ
バックアップとレプリケーションの合わせ技で万全な保護を!
情報システムは、企業にとってすべてが“資産”だ。その中でも最も重要なのがデータである。顧客情報であれ、受注情報であれ、日々の業務の中から生み出されたデータは、何があろうとも最優先に守るべきだ。この重要な使命をどう実現するか。方法はいくつかあるが、今日企業を取り巻く情勢を考慮すると、解は自ずと絞られてくる(2009年6月)



@IT Special 記事企画
常時電源オン・常時フル性能はもう古い?
ネットワーク全体の省電力を実現するダイナミック省電力技術
アラクサラネットワークスは、重要な社会インフラとなったインターネットを強固に支えるために生まれた会社だ。創業以来、信頼性の高いネットワークの安定運用を実現するための先端技術開発とともに、ネットワークの「MOTTAINAI」を解決すべく、ネットワーク機器の電力効率向上に向けて先頭を走っている。そして、ネットワークシステム全体の省電力化を行う「ダイナミック省電力技術」を完成させた(2009年6月)



@IT Special 記事企画
ボットネットに対抗できるソリューションとは
日本ラドウェア「DefensePro」で実現できる
“統計学的に正しい防御”

「未知の攻撃には振る舞い検知で対応します」というカタログの文言、それをどう信頼すべきでしょうか。日本ラドウェアの「DefensePro」の振る舞い検知は、3次元グラフに投影したポイントから数学的に判断。ネットワークインフラの弱さを突く攻撃から、あなたを守ります(2009年6月)



@IT Special 記事企画
試してから買えるまたとないチャンス
Xeon 5500番台搭載サーバをTry&Buyでとことん試す!
サン・マイクロシステムズは、インテルの最新プロセッサを搭載した各種のサーバ製品群を発売した。同社はシステム・インテグレーターやユーザー企業向けに、同社の製品を60日間無償で試用できる「Try&Buy Program」を実施しているが、この最新サーバ製品もいち早く、実環境でテストできる。試してから買える、またとないチャンスだ。(2009年6月)



@IT Special 記事企画
顧客の声から産まれたユニークなネットワーク機器
国産ベンダならではの強みを生かすアンリツネットワークス
アンリツネットワークスは、国産ベンダならではの強みを生かして顧客の声を聞きながら、動画に強い帯域制御装置やユニークなスイッチ、IP変換装置を作り出している。Interop Tokyo 2009ではその最新ラインアップが披露される。(2009年5月)



@IT Special 記事企画
煩雑さを避けて賢く移行
サーバ仮想化導入の盲点!? バックアップについて考える
サーバ仮想化のメリットへの理解は深まっているが、盲点がないわけではない。中でもバックアップの設定、運用については、仮想化導入に当たって十分に検討しておきたい課題だ。あらかじめ仮想環境を考慮に入れたソリューションの導入は、大いに手助けになってくれるだろう(2009年5月)



@IT Special 記事企画
効率と安全性のバランス
サーバ仮想化でセキュリティをどう再構築するか
サーバ仮想化のメリットは、インフラの集約・統合にある。このメリットを最大化するためには、さまざまな部署、用途のサーバを、できるかぎりまとめたい。するとさまざまなセキュリティ要件をもったサーバが同一の物理環境に同居することになり、セキュリティ上の新たな課題を生む(2009年5月)



@IT Special 記事企画
Winny対策、フォレンジックだけじゃない
ネットエージェントの職人が「止める」にこだわる理由
Winny調査やフォレンジックで名高いネットエージェントがいま注目するのは「通信を止める」ことと「USBメモリ」。パケットの洪水から特定のものだけをスパッと止めるテクニックと、簡単にUSBメモリをコントロールする製品を推す意味とは?(2009年5月)



@IT Special 記事企画
なぜ「さくら」にだけできるのか?
上から下まで自前だからできる“差別化”とは?
もはやデータセンタービジネスは差別化はできない、そう断言するのは、さくらインターネットの創業社長、田中邦裕氏だ。一方で、この発言の裏には同社独自の取り組みの数々があるのだった。単なる設備ビジネスと見られがちなデータセンター事業での同社独自の差別化要因とは何か。大阪の堂島データセンターに、その秘密を見た(2009年5月)



@IT Special 記事企画
イメージバックアップで障害時にも迅速な復旧
高い信頼性を備え、幅広い環境に適応する
「ShadowProtect」

重要なシステムにトラブルが生じたときに、迅速に元の状態に戻し、業務を継続できるよう手助けするアズジェントのバックアップソフト「ShadowProtect」。その速さの秘密は「イメージベースのバックアップ」にある(2009年5月)



@IT Special 記事企画
ウチのSSL証明書が証明するのは……
「ドメイン認証型」と「企業認証型」
2種類のSSL証明書、さあどっちを選ぶ?

錠のマークでインターネットの安全・安心を一手に引き受ける「SSL証明書」、実はこのSSL証明書は1種類ではありません。日本ジオトラストと日本ベリサインが提供するSSL証明書の“特徴”とは?(2009年5月)



@IT Special 記事企画
高信頼のNAS導入でサービスレベル向上
エキサイトがEMCのNASを選んだ理由とは?
エキサイトがNASアプライアンス「EMC Celerra NX4」を導入。利用者へのレスポンスと安定性向上を果たしたという。NASと言えば中小規模のエンタープライズシステムが思い浮かぶが、Webサービスの裏側で使われる事例とは?(2009年5月)



@IT Special 記事企画
添付ファイルによる情報漏えいリスクを軽減
NTTPCのメールセキュリティSaaSで
電子メールの誤送信を根絶しよう

「うっかりミスなんて」とあなどることなかれ! 「Mail Luck!」が、新機能として添付ファイル付き電子メールの誤配信を防止する「添付ファイルの誤送信防止機能」を提供開始、その狙いとメリットとは?(2009年5月)



@IT Special 記事企画
デルが第11世代サーバで実現する「オープン」「シンプル」「効率化」
サーバを減らすためのサーバとは?
企業の業績が伸びる兆候が見えなければ、ITを含めて業務コストを削減するしかない。デルは「サーバを減らすサーバ」というスローガンで、IT業界に新たな方向付けを進めようとしている。サーバベンダとしてはユニークな取り組みだ。この新たな仕掛けに未来はあるのか(2009年4月)



@IT MONOist Special 記事企画
有料セミナーに匹敵する「無料テクニカル・セッション」が多数!!
昔とは違う “いま”のマイクロソフトを見てほしい
マイクロソフトは「第12回 組込みシステム開発技術展」で、過去最大規模のテクニカル・セッションを行う。その内容は単なるWindows Embedded製品のPRではなく、開発手法やデバッグ、マイグレーションのポイント、.NET Frameworkによる開発テクニックなど、“すべての組み込みエンジニア必見”の技術・ノウハウが凝縮されている。(2009年4月)



@IT Special 記事企画
対策を講じないことが最も高くつく
システムはリスクに満ちている
企業情報システムの拡大につれて、そこに潜むリスクの脅威も飛躍的に高まっている。しかし、事前にリスクを知るのは容易ではない。システム管理の専門家が執筆したセキュリティ指南書「Cost of Doing Nothing――対策を講じないことによるデメリット」は、リスクがどこに潜み、どう立ち向かうべきかを分かりやすく解説する。(2009年4月)



@IT Special 記事企画
Webアプリのセキュリティテストはどこまでやればいいのか?
ソフトウェアテスト春ゼミ レポート
SaaSやクラウドコンピューティングの広まりによって、Webアプリの重要性は日増しに高まっている。一方で、Webアプリのセキュリティ問題も顕在化している。本セミナーではWebアプリのセキュリティテストに焦点を当て、「テストをどこまでやればよいのか分からない」「効率のよいテストを実現するには?」といった問題を議論した(2009年4月)



@IT Special 記事企画
アップデーティング・メールセキュリティ2009イベントレポート
メールセキュリティの「いま」をアップデートする
@IT主催のメールイベントレポート・2009年版

ウイルス対策、アーカイブ、誤送信防止にSaaS型メールシステム……進化する脅威に対抗するには、新たな情報をアップデートしていく必要がある。メールセキュリティのいまを、@IT主催のイベントレポートで知る(2009年3月)



@IT Special 記事企画
中堅・中小企業のための事業継続計画とIT災害対策セミナー レポート
中堅・中小企業に適した事業継続管理、
ITサービス継続マネジメントとは?

これまで大企業が取り組むべきものと考えられてきた事業継続管理やDR(ディザスタリカバリ)だが、中堅・中小企業にも対策が求められる事態になってきた。中堅・中小規模の会社でも導入できるソリューションを紹介していく。(2009年3月)



@IT Special 記事企画
多様化するITシステム運用の切り札
いま企業に求められるID管理基盤とは
シングル・サイン・オン環境の提供という観点だけで見られがちなID管理ソリューションだが、実際には企業にとってID管理が果たす役割は増しつつある。システムが多様化する一方、そうした情報基盤の連携が求められるいま、本当に使いやすいID管理システムとはどのようなものだろうか。(2009年3月)



@IT Special 記事企画
工事進行基準適応直前、何をすればいいのか
工事進行基準直前対策セミナーレポート
4月からの工事進行基準の適用まで後わずかしかない。工事進行基準を適応するとしたら、残された期間に何をすべきなのか。また、これから適応を考える場合はどうなのか。それらを考えるための具体的なソリューションを、さまざまな立場の方から提案された。では、その提案とは具体的には何を指すのか?(2009年3月)



@IT Special 記事企画
ログ活用セミナーレポート
目的を持ったログ管理をするべきだ
内部統制や個人情報保護法対応が必要となり、多くの企業でログ管理への関心が高まっている。しかし、どんなログをどの程度の期間保存するべきか、という点で悩むユーザーは多い。本セミナーではそのようなユーザーに向けてさまざまなメッセージを紹介する。(2009年3月)



@IT Special 記事企画
複雑化したクライアント環境をコントロールせよ!
仮想PC型シンクライアント 早分かり講座
今年注目のITトレンドとして1、2を争うのが「仮想PC型シンクライアント」です。「シンクライアント? そんなの知っているよ」と思ったあなた、昔のシンクライアントよりはるかにスゴいんです。この分野で先頭を走ってきたヴイエムウェアが、一からやさしくご説明します。(2009年3月)



@IT Special 記事企画
容易に導入可能なCA ARCserve Backupで備えの一歩
この時代だからこそバックアップ/リカバリで備える企業リスク
組織にとって重要な資産である情報の適切な保護は、自社のリスクヘッジとしてだけでなく、社会情勢の観点からも強く求められている。「CA ARCserve Backup」は、容易かつ手ごろな価格で導入でき、データを確実に保護するバックアップ/リカバリソリューションだ。(2009年3月)



@IT Special 記事企画
「IT、で、エコ」を実現するための具体的なポイントは
データセンターのグリーン化を実現する
省電力サーバExpress5800/ECO CENTER

NECは「IT、で、エコ」のスローガンのもと、ITのグリーン化に積極的に取り組んできた。そのフラッグシップ製品「Express5800/ECO CENTER」がエコプロダクツ大賞環境大臣賞など数々のアワードを受賞した理由とは?(2009年2月)



@IT Special 記事企画
期限切れJavaに悩む企業を救う「Mission Critical Java」とは?
ミッションクリティカルなJavaシステムが抱える3つの課題
Javaが登場してから14年。現在では金融系や基幹系のシステムでも採用されているが、こうしたミッションクリティカルな分野でJavaを利用する際の課題もある。これを解決するためにNECが提供するソリューション「Mission Critical Java」を紹介しよう。(2009年2月)



@IT Special 記事企画
Windows Server 2008とコンパクトサーバの関係
富士通のPCサーバ PRIMERGY TX120 S2、その人気の秘密
デスクトップPCと同一の外見ながら、本格的なサーバ機としての機能を備えるコンパクトサーバ、「PRIMERGY TX120 S2」が人気だ。従来のサーバ機ではカバーできなかった、新たなマーケットを作り出している。実はこの製品はWindows Server 2008のサーバ仮想化との相性がいいという。それはなぜなのか。(2009年2月)



@IT Special 記事企画
富士通・松島氏が語るストレージの最新トレンド
未来につながるストレージ投資の方法をお教えします
経済不況で、企業のIT支出には急速にブレーキがかかり始めている。一方、セキュリティ強化やコンプライアンス、データ保護など、データ管理をめぐる課題は深刻化している。こうした中で、ストレージ投資をどう判断していくべきなのか。富士通のストレージ事業を指揮するストレージシステム事業本部 本部長代理の松島等氏が語る。(2009年2月)



@IT Special 記事企画
安否確認機能を搭載した「desknet's Ver.7」
いまや情報活用は当たり前!
リスク管理をも実現したグループウェア

企業内データの有効活用が企業の至上命題となっている。しかし、企業内にちらばっている膨大な量のデータをうまく活用するのは難しい。そこで有効なのがグループウェアだ。しかも、情報活用だけでなくリスク管理も実現した製品が登場した(2009年2月)



@IT Special 記事企画
確実に伝わり、次の行動につながる
“組織としての情報システム”を熟慮せよ
企業の存続は情報の有効活用にかかっている。特に業務効率化のためには、会議予定を組む、社内文書を処理するといった、日常的な、非定型の情報処理をいかにスムーズに行えるかがポイントとなる。ではそうした体制はどうしたら構築できるのか。グループウェアなど各種ツールを振り返りつつ、これからの情報活用体制を考える(2009年2月)



@IT Special 記事企画
日本の市場にぴったりフィット
Windowsサーバ向けシステムリカバリの定番BESR
中小企業向けに10万円切る“ベーシック版”登場

システム保護の重要さは分かっているが、コストと手間はかけたくない――日本の企業のそんなニーズに答えます。シマンテックのシステムリカバリ製品「Backup Exec System Recovery」の基本機能はそのままに、低価格を実現したベーシック版を紹介しよう。(2009年1月)



@IT Special 記事企画
4コアと6コアで仮想化の効果に違い
仮想化プラットフォームに最適なサーバとは?
仮想化サーバ統合のコスト削減効果は広く知られるようになりつつあるが、その効果を最大化するためのベストプラクティスとなると必ずしも広く知られてはいない。コア数と仮想化の効果の関係は? 仮想化にベストなサーバのスペックとは? デル製サーバを例に迫る(2009年1月)



@IT Special 記事企画
ここまで進化したイメージバックアップの実力
事業継続を効率的に行うAcronis True Imageの実装
事業継続性を高めるためには、障害からデータを保護するだけでなく、短時間でのシステム復旧が求められる。ラネクシーはイメージバックアップを提案することで、WindowsやLinuxサーバ、仮想マシン、クライアントPCなど多様な要素で構成される企業システムの障害復旧時間を従来の約1/6に短縮する。(2009年1月)



@IT Special 記事企画
バックアップに求められる要件とは?
日々の作業に影響が少なく、復元時のスピードと手間が小さいバックアップソリューションとは
止められないITシステム。今やビジネスを支える重要な基盤となったITインフラを、いかにリスクから守り、ビジネスの継続性を保証するか。こうした観点から、最新のバックアップソリューションに迫る。(2009年1月)



@IT Special 記事企画
ただデータをため込むだけじゃない
効率的なストレージ利用を実現し、コスト削減に絶大な効果
優れた実績を誇るアーカイブ製品がさらに進化

Enterprise Vaultは、電子メールやファイルサーバ上のファイルなど、さまざまな非定型データを効率的に格納するアーカイブプラットフォームだ。既存資産を含めた幅広いストレージシステムを効率的に活用できるだけでなく、情報の有効活用も推進する。新バージョンではその機能がいっそう強化された。(2009年1月)



@IT Special 記事企画
@IT主催「仮想化ソリューションセミナー」 テクニカルトラック レポート
仮想化を使いこなすためには何を考えればよいのか
普及期に入ったサーバ仮想化技術。しかし検討や導入では、何をどう考えていけばいいのか。@ITが主催した仮想化ソリューションセミナーのテクニカルトラックでは、Xen、KVMの最新動向からHyper-Vによる可用性確保、ネットワーク仮想化、ストレージの対応まで、多数の具体的な提言がなされた(2009年1月)



@IT Special 記事企画
@IT主催「仮想化ソリューションセミナー」 ビジネストラック レポート
仮想化技術は、ビジネスをどう変えるのか?
仮想化技術がもたらすのは、コスト削減や柔軟な運用だけではない。従来のIT資産保有モデルから、使いたいときに使いたいだけ使用するユーティリティモデルへのパライダムシフトを後押しする。@IT 仮想化ソリューションセミナー ビジネストラックでは、次代を拓く各社の技術やサービスが紹介された。その内容をレポートする。(2009年1月)



@IT Special 記事企画
まだ見ぬ7より、いまあるVistaを! IE8を!
Windows 7を待つべきではない!
いまVista SP1の検証を開始すべき3つの理由

Windows Vistaで強化された3つのポイントに続いて、今すぐVista SP1とIE8を使いたくなる“3つの理由”を紹介。みんなが知りたい、みんなが気になるVistaの真実、これを知って「導入までのあと一歩」を踏み出してみませんか?(2009年1月)



@IT Special 記事企画
誰もが悩む「内部からの情報漏えい対策と運用」 イベントレポート
Data Loss Preventionで内部からの情報漏えいに向き合う
情報漏えい事故が多発した結果、多くの企業は機密情報の外部への流出に対して徹底的な防御策を構築した。その結果、情報漏えいリスクは軽減されただろうか。新たな情報漏えい対策の考え方として米国を中心に盛り上がり始めたDLPなど、積極的な内部からの情報漏えい対策を紹介(2009年1月)



@IT Special 記事企画
PCI DSSで知る・見る・使えるセキュリティ対策 イベントレポート
これは使える! PCI DSSの基準をすべてのシステムへ
支払カード業界が共同で策定した、カード会員情報を守るためのグローバルなセキュリティ対策基準、PCI DSS。「ファイアウォール/ルータに関するルール・セットの四半期レビュー」といった具体的な施策は、カード決済に無縁な企業にも大きな力になる。セミナーで紹介されたソリューションをレポートしよう(2009年1月)



@IT Special 記事企画
メールセキュリティセミナー2008 in 大阪 イベントレポート
ウイルス/スパム対策だけではない!
@IT主催のセミナーでメールセキュリティのいまを総括

メールでの情報漏えい対策、どのように実施していますか? 大阪で開催された「メールセキュリティセミナー2008 in 大阪」のセッションから、メールというビジネスツールで考えるべきセキュリティ対策をもう一度チェックしてみましょう(2009年1月)

(1) 2000年9月 〜 2001年12月
(2) 2002年1月 〜 12月
(3) 2003年1月 〜 12月
(4) 2004年1月 〜 12月
(5) 2005年1月 〜 12月
(6) 2006年1月 〜 12月
(7) 2007年1月 〜 12月
(8) 2008年1月 〜 12月
(9) 2009年1月 〜 12月

 
@IT Special とは?
@IT Special は、
アイティメディア株式会社が
ITリーディング企業と協業して発信する
記事/サービスなどの広告企画の総称です。

製品情報、技術解説、事例、インタビュー、
セミナー、モニター、プレゼントなど、
読者のみなさまのお役にたつ情報を
お届けしてまいります。

ぜひ、ご参照ください。



印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ

アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー