アットマーク・アイティ @IT@IT情報マネジメント@IT自分戦略研究所QA@ITイベントカレンダー  
 
 @IT > .NETエンタープライズ新時代
 
@IT Special

 

PR



Microsoft .NETはエンタープライズのシステム基盤として、多くの企業向けシステムでの開発基盤、および運用プラットフォームという形で導入が進んでいる。 .NETにかかわるキーマンたちの声を聞き、実際の導入事例を見て、.NETが開発をどう変えるのかを知ろう。

【注目インタビュー】 〜 .NETのキーマンがエンタープライズ戦略を語る
道具を使いながらソフトウェア開発の文化を変える
“Visual Studio Team System”
Team System開発の背景、特徴、今後のロードマップなどについて、Team Systemの開発をリードするAndrew氏とIan氏のお二人にうかがった。

Visual Studio Team Systemで実践する
ソフトウェアエンジニアリング
相対立するパラダイム
プロジェクトマネジメントの不確実性を管理する手法として、従来の「ワークダウン手法」に代わり広がりつつあるのが「バリューアップ手法」だ。バリューアップ手法では、各時点での提供価値を測定し、入力情報を固定的集合ではなく可変フローと見なす。両者の違いを解説しよう。
フローの重視
フローに基づく計画とプロジェクトマネジメントの手法では、中間工程の進行中作業(Work in Process)を最小限に抑えることが求められる。そうすることで、問題の発見が遅れたり、想定外のやり直し作業が突然発生したりするリスクが軽減されるからだ。そしてフローを継続的に測定するとボトルネックの形成が明らかになる。

【導入事例】 〜 SIerに聞く。エンタープライズ向け.NET導入の実際
エンタープライズ開発で.NETの採用が進む理由
Windows Server+.NETが、開発プラットフォームとして積極的に選択されるようになった背景には何があるのか? 日本ユニシスは、その理由が.NETの開発生産性にあると説明する。
(日本ユニシス)
SI現場のノウハウを凝縮した.NET向け独自フレームワーク
富士通関西システムズは、.NET対応の業務アプリケーション向け開発フレームワーク「SDAS for .NET /eProad」を独自に開発した。業務アプリケーション開発のノウハウと、.NETテクノロジに対するナレッジが統合されている。
(富士通関西システムズ)
アバナードのソリューションはなぜ顧客満足度が高いのか
アクセンチュアとマイクロソフトの共同出資によって設立されたアバナードは、マイクロソフト・プラットフォームを利用したソリューションの提供を特徴としている。
(アバナード)
キャズムを越え本格普及が始まった「.NET」
「これまで、.NETの採用は、じわじわと増えてきたという感じでしたが、創業から3年がたった現在、急速に採用案件が増加しています。.NETは、ついにキャズムを乗り越えたという印象を持っています」と、アークウェイは語る。
(アークウェイ)
大規模システムの開発を安定させるリアルタイム・プロジェクト・モニタリング(RPM)
NTTデータと、マイクロソフト、日本ヒューレット・パッカードにより設立されたビジネス・インフィニティは、大規模システム開発を成功するため、オフショア開発を安定的に実施できる仕組みを導入した。
(ビジネス・インフィニティ & NTTデータ)

 


提供:マイクロソフト株式会社
企画:アイティメディア 営業局
制作:@IT編集部
掲載内容有効期限:2007年6月29日
 




■関連リンク


マイクロソフト株式会社

Microsoft .NET

Microsoft .NET Framework

Microsoft Visual Studio 2005 Team System

■Microsoft .NET関連記事


Microsoft Visual Studio 2005による Webアプリケーションテスト技法
第3章 VSTSとTFSによるソフトウェアテストの全体
第4章 4.3 データアクセスクラスに対する単体機能テスト
第5章 テストチームによる結合機能テストの実施
【連載】.NETの動作原理を基礎から理解する!
第1回 .NETアプリケーションを動かす土台
第2回 .NETアプリケーションが起動する仕組み
第3回 .NETアプリケーションが実行される仕組み
連載完
【特集】.NET開発者のための開発プロセス入門
【前編】 アジャイル開発を導入できていない.NET開発者たちへ
【後編】 .NETでアジャイルを導入するための実践テクニック
【連載】.NETで始めるデザインパターン
第1回 .NET開発におけるデザインパターンの有用性
第2回 うまくデザインパターンを使うための心得
第3回 リファクタリングにより導き出すStrategyパターン
第4回 リファクタリングで導き出すTemplate Methodパターン
第5回 Compositeパターンを導き出すための準備

第6回 リファクタリングにより導き出すCompositeパターン
第7回 デザインパターンの落とし穴

連載完

印刷プリンタ用ページ表示
kee<p>oint保存kee<p>ointで保存

 
@ITトップ@IT Special インデックス会議室利用規約プライバシーポリシーサイトマップ