XML宣言

XML Declaration

 XML宣言とは、XML文書の先頭に付き、その文書がXML文書であることを明確に示す文字列である。以下がXML宣言の例である。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>

 XML宣言は処理命令と似ているが、処理命令ではない。

 XML宣言は必ず先頭に記述する必要がある。それより手前に空白文字や空行があってはならない。

 version=の内容は常に1.0である。またXML宣言中で省略はできない。

 encoding=で指定されるものは、XML文書がどのような文字コードで記述されているかを明示するものだが、XML宣言の他にも、HTTPヘッダーにcharsetパラメータを付けるなど、ほかにも指定手段が存在することに注意が必要である。

 standalone=は、そのXML文書が、スタンドアロン文書かどうかを、yesまたはnoで記述する。

関連記事

関連用語

リンク

{リンク}
XML & SOA フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH