Aレコード

エーレコード / Address Record

 Aレコードは、ホスト名からIPv4アドレスを取得するための情報を記録したDNSレコードの1つ。「www.atmarkit.co.jpは***.***.**.***のホストである」といった情報を指定するために使用する。

 Aレコードを引いてホスト名からIPアドレスを取得する方法を「正引き」という。反対に、IPアドレスからホスト名を取得する方法は「逆引き」と呼ばれ、PTRレコードを参照する。

 IPv6アドレスの場合は、AAAA(クワッドエー)レコードになる。Aレコードの4倍となる128ビットのアドレスを指定できる。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
  • シスコのSD-WANが、分かりにくいのはなぜか (2017/2/27)
     シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる
  • ネットワークの疎通を確認するには?〜ping/traceroute〜 (2017/1/30)
     マシンのネットワーク設定を行い、外部のネットワークやサーバとつながるかどうかを確認する際には、実際にネットワーク・アプリケーションを使う前に、「ping」「traceroute(tracert)」などのコマンドを用いる方法が有効だ
  • ping 〜ネットワークの疎通を確認する (2017/1/23)
     pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドだ
  • SDNで物理ネットワークのテストを楽にする方法 (2017/1/18)
     ネットワーク運用をSDNによっていかに“楽に”できるかを考える本連載。最終回となる今回は、物理ネットワークにSDNを適用し、テストなどに掛かる負荷を低減する方法について解説します
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH