MXレコード

エムエックスレコード / Mail Exchanger Record

 MXレコードは、電子メールの配送先であるメールサーバを決定する際に使用する、DNSで定義される情報の1つ。ドメインに対するサーバの優先度が指定されている。

 なお、配送先メールサーバのホスト名はAレコードまたはAAAAレコードが登録されており、これに基づいてメールサーバのIPアドレスを取得する。

 メールの配送先の優先度は、プリファレンス値によって設定される。プリファレンス値の小さい方が優先度が高く、大きい方が低くなる。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
  • ガートナーが示す、IoTプラットフォーム導入のためのヒントとは (2017/4/6)
     企業の経営判断の中心はERPからIoTへと移行しようとしている。P&Gと米国の大手機器メーカーの事例とともに、「IoTをどう生かすべきか」のヒントをガートナーのイベントから探る
  • シスコのSD-WANが、分かりにくいのはなぜか (2017/2/27)
     シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる
  • ネットワークの疎通を確認するには?〜ping/traceroute〜 (2017/1/30)
     マシンのネットワーク設定を行い、外部のネットワークやサーバとつながるかどうかを確認する際には、実際にネットワーク・アプリケーションを使う前に、「ping」「traceroute(tracert)」などのコマンドを用いる方法が有効だ
  • ping 〜ネットワークの疎通を確認する (2017/1/23)
     pingは、ネットワーク疎通を確認したいホストに対してIPパケットを発行し、そのパケットが正しく届いて返答が行われるかを確認するためのコマンドだ
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH