PHP

ピー・エイチ・ピー / PHP:Hypertext Preprocessor

 C言語で書かれたオープンソースのスクリプト言語。HTMLに組み込む形でコードを記述することにより、Webアプリケーションを開発できる。インタプリタ言語であるため、コンパイルを必要としない。

 C/C++、Javaに文法が似ており、厳密な型チェックは行わず必要に応じて自動的に変換される。PerlなどのCGIとは違い、モジュールとしてサーバに組み込こまれ、処理速度の高速化、サーバ負荷の低減が可能となる。また、完全ではないがオブジェクト指向のプログラミングも行うことができる。

 主としてサーバ側でのスクリプトを実行することに使用されるが、コマンドラインインターフェイスから、あるいはスタンドアロンのグラフィカルなアプリケーションでも使用できる。

 1995年にRasmus Lerdorf氏がアクセス解析のためにPerlで書いていたスクリプトをC言語に書き直し、PHP(Personal Home Page Tools)として公開した。その後、PHP 3.0としてAndi Gutmans氏とZeev Suraski氏によって1997年に完全に書き直され、PHP:Hypertext Preprocessorとなった。

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH