RIA

アール・アイ・エー / Rich Internet Application / リッチ・インターネット・アプリケーション

 「リッチクライアント」と呼ばれる技術で制作された、表現力豊かでユーザビリティの高いWebアプリケーション。

 デスクトップアプリケーションのような柔軟な操作性が主にWebブラウザ上で可能であり、従来のHTMLクライアントより操作性や表現力が向上している。メリットはユーザー側だけではなく、操作性やユーザビリティが向上したことによって、管理者側がサーバの負担・運用費を軽減できるというメリットもある。

 そもそもRIAは、技術の発達に伴い、コストパフォーマンスは高いがユーザーインターフェイス側の操作性が低かったアプリケーションよりも、ユーザビリティに長けたアプリケーションの開発が重要である、という流れから注目されるようになった。

 ネットワークインフラが整いWebが一般的になった最近では、マイクロソフト社のSilverlightやアドビシステムズ社のAdobe AIRなどクロスブラウザ・クロスプラットフォームに対応したRIA開発実行環境も提供され、RIAは加速的に浸透していくと見られている。

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH