連載
» 2016年06月15日 05時00分 UPDATE

ケーブル&コネクタ図鑑:アンフェノールフルピッチコネクタ

「アンフェノールフルピッチコネクタ」は、パラレルSCSI規格「SCSI-2」よりさらに前から使われている大型の外部接続コネクタだ。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いているアンフェノールフルピッチコネクタ ケーブルに付いているアンフェノールフルピッチコネクタ

機器に搭載されているアンフェノールフルピッチコネクタ 機器に搭載されているアンフェノールフルピッチコネクタ

 「アンフェノールフルピッチコネクタ」は、SCSI-2以前から使われている大型の外部接続コネクタ。パラレルSCSIの中でも、より旧式の仕様である。データ幅は8bitで、ピン数は50ピン。

← 「パラレルSCSI用コネクタ」一覧ページに戻る

「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。