連載
» 2016年06月21日 05時00分 UPDATE

ケーブル&コネクタ図鑑:パラレルATA電源コネクタ

「パラレルATA電源コネクタ」は、PCの内部で、パラレルATA(IDE)対応のハードディスクやCD/DVDドライブなどに電力を供給するためのコネクタだ。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いているパラレルATA電源コネクタ ケーブルに付いているパラレルATA電源コネクタ

機器に搭載されているパラレルATA電源コネクタ 機器に搭載されているパラレルATA電源コネクタ

 「パラレルATA電源コネクタ」は、PCの内部で、パラレルATA(IDE)対応のハードディスクやCD/DVDドライブなどに電力を供給するためのコネクタだ。

 IDEが全盛だったころは、空冷ファンなど他の内蔵デバイスにも、電源コネクタとしてよく搭載されていた。

 「ペリフェラルコネクタ」と呼ばれることもある(Peripheralは「周囲の」「周辺機器の」といった意味)。

← 「内蔵電源用コネクタ」一覧ページに戻る

■更新履歴

【2016/06/21】コネクタの名称を、「内蔵ドライブ用電源コネクタ(大)」から「パラレルATA電源コネクタ」に変更しました。

【2000/05/23】初版公開。


「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。