連載
» 2016年06月21日 05時00分 UPDATE

ケーブル&コネクタ図鑑:ATマザーボード用電源コネクタ

「ATマザーボード用電源コネクタ」は、ATX以前の「ベビーAT」「フルサイズAT」と呼ばれるマザーボード用のメイン電源コネクタだ。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いているATマザーボード用電源コネクタ ケーブルに付いているATマザーボード用電源コネクタ

マザーボードに搭載されているATマザーボード用電源コネクタ マザーボードに搭載されているATマザーボード用電源コネクタ

 「ATマザーボード用電源コネクタ」は、ATX以前の「ベビーAT」「フルサイズAT」と呼ばれるマザーボード用のメイン電源コネクタだ。ATX/microATXが主流になるにつれて、ベビーAT/フルサイズATマザーボードとともに廃れていった。

 ケーブル側では2つに分かれているコネクタを、マザーボード上では単一のコネクタに装着する。その際、ケーブル側のコネクタは、上の写真のように黒い電線(グラウンド、0V)が内側になるように並べる。

← 「内蔵電源用コネクタ」一覧ページに戻る

「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。