連載
» 2000年11月09日 00時00分 公開

PHP4で作るWeb-DBシステム(4):実践編:データベースアプリケーションの作成 前編 (1/3)

PHP4プログラミングについてはひととおり理解できたと思う。しかし、まとまった本格的なアプリケーションを開発するとなると話は別で、言語仕様を学んだだけでは十分とはいえない。そこで、最後の仕上げとして本格的なアプリケーションの作成を行う。作業の進め方、プログラミングの考え方についても学んでほしい。

[一志達也,株式会社東洋情報システム]

 これまで3回にわたって環境の構築方法やPHP4について解説してきました。そこで今回はいよいよ実際にデータベースと連携するプログラムを作ってみたいと思います。Oracle、PostgreSQLの両者について順を追って紹介しますので、2回に分けて解説したいと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

データベース連携の必要性

 PHPに限らず、動的なWebページの作成にデータベースは欠かせないコンポーネントとなります。もしもデータベースがなければ、データを登録したり検索することができません。ファイルを自分で操作する方法も考えられますが、やはりデータベースを使った方がはるかに簡単で高速です。

 PHPにもデータベースと連携するための手段が用意されており、アプリケーションの構築を強力にバックアップしてくれます。そして、今回紹介するOracleやPostgreSQLだけでなく、さまざまなデータベースと連携できることもPHPの強みとなっています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。