連載
» 2000年11月28日 00時00分 公開

PHP4で作るWeb-DBシステム(5):実践編:データベースアプリケーションの作成 後編 (1/4)

今回は作成中のアプリケーションを完成させる。PHPでOracleやPostgreSQLからデータを取得してHTMLに加工するテクニックやエラー処理のタイミングなどについて解説していく。なお、Appendixページには本文に登場するリストの全文を掲載してある。

[一志達也,株式会社東洋情報システム]

 前回はPHPでデータベースに接続するところまでを解説しました。最終回となる今回は、データベースの操作を行います。完成まであと一歩。もうしばらくお付き合いください。

前回の補足

 前回の手順を実行しても、データベースに本当につながっているのか不安かもしれません。であれば、あれこれ考えるよりも実際にデータを取り出してみることにしましょう。次は、データを取り出すプログラムについて解説していきたいと思います。

 その前に、これまでに作成した全プログラムファイルの先頭に、前回作成したログインロジックを付け加えておきます。ついでにログオフロジックも付け加えておきましょう。ログオフロジックについては、リスト1とリスト2を参照してください。

<?php
  OCILogoff($conn);
?>

リスト1 Oracleからのログオフロジック

<?php
  pg_Close($conn);
?>

リスト2 PostgreSQLからのログオフロジック

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。