連載
» 2001年01月13日 00時00分 UPDATE

Javaで実現するDOM/SAXプログラミング(1):必要なのはJ2SEとXMLパーサ (1/4)

[太田一郎,ティアイエス株式会社]

Javaプログラミングの理由

 XML文書を操作する、というと、XSLTを用いた変換を思い浮かべる人が多いかと思います。しかし、ちょっと凝ったことをしようとすると、XSLTよりももっと強力なツールが必要になります。この連載ではそういったときに頼りになる、Javaを用いたプログラミングを取り上げます。

 XSLTはもともと、任意のXML文書を変換するために作られました。そのために比較的柔軟なツリー変換の機能を持っていますが、汎用的な変換のための言語というわけではありません。手続き的な処理の記述は難しいところがありますし、ユーザーと対話しながら変換を進めるような処理も想定されていません。

 また、開発しようとしているプログラムが、大げさなXML文書の変換処理をするのではなく、単純にXMLのデータにアクセスしたい、という場合も多いでしょう。例えば、プログラムの設定ファイルをXMLの形式で記述させるような場合や、処理結果をXMLの形式で保存するような場合です。

 そんなときに必要になってくるXMLに対応したプログラミング、特にJavaを用いたプログラミングについて解説しようというのが、本連載の目的です。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

編集部からのお知らせ

@IT編集部では、編集記者を募集しています。ご興味のある方は奮ってご応募ください。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。