連載
» 2016年06月15日 05時00分 UPDATE

ケーブル&コネクタ図鑑:SCA-2コネクタ

「SCA-2コネクタ」は、信号線と電源ラインを一体化したパラレルSCSI用コネクタだ。ホットスワップに対応している。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いているSCA-2コネクタ ケーブルに付いているSCA-2コネクタ

機器に搭載されているSCA-2コネクタ 機器に搭載されているSCA-2コネクタ

 「SCA-2コネクタ」は、信号線と電源ラインを一体化したSCSI用コネクタ。ホットスワップに対応しているのが特徴である。またSCSI IDを決める信号線もコネクタに割り当てられており、デバイスの外部からIDを変更できる。写真はホットスワップ可能なハイエンドSCSIハードディスクのコネクタ部分。データ幅は16bitで、ピン数は80ピン。

← 「パラレルSCSI用コネクタ」一覧ページに戻る

「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。