連載
» 2001年05月08日 00時00分 UPDATE

XMLの基礎を理解する10のポイント(1):第一部 XML文書の作り方 (1/4)

[加山恵美,@IT]

 XMLとは、「Extensible Markup Language」の略であり、「拡張可能なマークアップ言語」と翻訳されることもある。そもそもXMLとはどのように生まれたのか、簡単に流れを追ってみよう。

 XMLは、もとはといえばSGMLという、文書フォーマットのオープンスタンダードの流れを汲んだものだ。XML登場以前に、Webで文書表示をするため、まずSGMLからHTMLが開発された。その後に登場したXMLは、HTMLの成果を生かしつつ、HTMLとは別のものとしてSGMLから派生したものだ。XMLは「複雑すぎた」と言われるSGMLから機能を抜き出して洗練されたものになり、かつHTMLにあったような、Webの機能を生かすための機能を含んでいる。

 XMLとHTMLの最大の違いは、タグの自由度だ。HTMLでは、あらかじめ使えるタグの名前や機能が定義されているが、XMLは利用者がタグを自由に定義できる。タグを使って、利用者なりにデータに対して書式や意味づけをすることが自由にできるのだ。この特徴が、多くのシステムにとってXMLを採用する価値でもある。

 XMLはいまや電子商取引やナレッジマネジメント、データストアなどITのあらゆる場面で注目を集めており、さらにビジネスだけでなく行政などでも利用されようとしている。この記事では、こうしたXMLについて「XMLは聞いたことがあるけど、中身はよく知らない」という人のためにポイントを押さえて解説していく。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。