連載
» 2001年06月29日 00時00分 UPDATE

VBScriptでXMLプログラミング(4):XMLを利用したユーザーインターフェイスの作成 (1/3)

[西谷亮,マイクロソフト株式会社 ]

ユーザーインターフェイスでのXMLの活用

 前回までは、MSXMLパーサとVBScriptを利用したアプリケーションの作成方法にフォーカスしてお話を進めてきました。これまでは、XML文書をいかにしてアプリケーションの中で活用していくかということが1つのキーポイントになっていました。つまり、ビジネスロジックやストレージにあたる部分との親和性を広げていくために、XMLを活用しようとしていたわけです。

 確かにXMLは、データベースやロジックにさまざまなメリットを与えてくれます。どんなプラットフォームともアプリケーションを連携させることもできますし、XMLの持つ柔軟性をシステムに取り込んでいくこともできるでしょう。しかし、それだけがXMLのもたらすメリットなのでしょうか。いいえ、決してそうではありません。電子化された文書をインターネットなどの回線を通じて配信するために考えられた、という経緯を持つXMLならではのメリットもあります。それが、今回取り上げるユーザーインターフェイス(以下UIと略記)でのXMLの活用です。

 XML文書は、Internet Explorerで表示するとツリー構造が表示されるだけです。内容を人間が読み取ることはできても、決してそれが理解しやすい状態でないことは、皆さんご存じのとおりです。しかし、この情報が意味のあるものだった場合、より見やすく表示したいと考えるのは普通でしょう。もちろん、それには解決策が用意されています。

 では、実際にXM文書に対してUIを持たせる方法などを考察していきましょう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。