連載
» 2001年10月02日 00時00分 UPDATE

Windowsユーザーに教えるLinuxの常識(4):ユーザーとパーミッションにみるLinuxの設計思想 (1/2)

Windows 9xではないに等しいが、Windows 2000やLinuxには「ユーザー」という概念がある。しかし、両者の概念は似ているようで多くの点で異なっている。ユーザーの権限やファイルのアクセス権にも差異があり、Linuxへの移行時に戸惑うポイントの1つとなっている。

[関野史朗,@IT]

OSの出自によって異なる「ユーザー」という概念

ここがポイント

  • OSの成り立ちによるユーザー概念の違い
  • DOSは1人で
  • UNIXは複数人で

 Windowsに慣れた人が初めてLinuxを使うと、ユーザーの概念に戸惑うと思います。Windows NT/2000の経験があればもう少しスムーズに理解できるかと思いますが、Windows NT/2000とLinuxでもユーザーの概念には微妙な違いがあります。

コンピュータをフルコントロールするDOS系OS

 MS-DOSをベースに発展してきたWindows 3.1→Windows 95→Windows 98→Windows Me(以下Windows 9x)には、ユーザーという概念が希薄です。これは、出自が「パーソナル」コンピュータであることに起因しています。つまり、「そのコンピュータを使うユーザーは1人」という前提になっているのです。

 しかも、そのユーザーはコンピュータに関して必要なことはすべて知っているという暗黙の了解がありました。もっとも、これはMS-DOSやWindows 3.1のころのことで、Windows 95あたりからコンピュータそのものに対する知識は必要とされなくなっています。

 こうした「コンピュータのことをよく知っているユーザー」が、8086/5MHzなどという非力なマシンを使うとしましょう。すると、OSは余計なことはせずに、機械を隅から隅まで自由に使えるようにしておく必要があったわけです。これをいまに至るまで引きずっているのが、Windows 9xというわけです。

マルチユーザーが前提だったUNIX系OS

 翻って、Linuxが手本としたUNIXでは、当初から1台のコンピュータを複数の人間で使うことが想定されていました。この場合はコンピュータを占有できませんし、自分のファイルを他人に書き換えられては困ります。そこで、だれがそのコンピュータを使っているのかを区別するためにユーザーという概念が導入されたわけです。

 それぞれのユーザーは、互いに独立してコンピュータを占有しているかのように使えます(これはどちらかというとTime Sharing Systemの範疇ですが)。作業領域は/home以下にユーザー名と同じディレクトリが用意されているのが普通で、ここを「ホームディレクトリ」と呼びます。ちょっとしたツールなどは、この下にbinやscriptなどといったディレクトリを作ってインストールします。ただし、ユーザーのだれもが使うアプリケーションはホームディレクトリではなく、システムにインストールします。これは後述するrootユーザーでないとできません。

 ホームディレクトリもWindowsでは希薄な概念です。NTドメイン(およびActive Directory)を使ってプロファイルを作成すれば、各ユーザーの作業領域を設定できます。が、これもそれほど一般的ではありません(編注)。

編注:Windows NT/2000によるユーザーディレクトリ機能はサーバを必要とするものであり、Linuxなどのローカルなホームディレクトリとは多少概念が異なるともいえる。サーバ上のホームディレクトリをNFSでマウントさせるという運用に近い。

ユーザーの持つ「権限」

ここがポイント

  • OS別ユーザー権限の違い
  • ユーザー権限の種類
  • rootとAdministratorの違い

 一口に「ユーザー」といっても、OSごとにさまざまな違いがあります。その差異が顕著に表れているのが、「権限」という概念です。Windows 9xしか触ったことがない人には分かりにくいかもしれません。

全員平等・全員rootのWindows 9x

 先に「Windows 9xはユーザーの概念が希薄だ」としましたが、実際にはWindows 9xにも「ユーザー」という概念はあります。といっても、ユーザーごとにデスクトップを切り替えるくらいのことしかできません。

 Windows 9xでユーザーという概念を希薄化させている要因は、権限という概念が存在しないことにあるといえます。どのユーザーも対等の権限を持ち、システムのあらゆる部分を変更でき、他人のファイルでも自由に変更・削除できます。そもそも、他人のファイルかどうかを判断する仕組みを持っていないのでどうしようもないのですが……。

ヒエラルキー構造のWindows NT/2000

 Windows NTやWindows 2000では、もっとユーザーの概念が発達しています。ファイルシステムにNTFSを使えば、ファイル/フォルダ(ディレクトリ)単位でユーザーごとにアクセス権を設定できるので、他人に読まれたくないファイルはそのように設定できます。

 ユーザーの権限については、Windows 9xから大きく前進しています。Administratorsグループに属していればシステムすべてを、Power Usersグループ(標準ユーザー)に所属していればアプリケーションのインストールをはじめとして、システムのほとんどを制御できます。Usersグループ(制限ユーザー)になると、変更できる設定はごく限られたものになり、アプリケーションのインストールすらできなくなります。

 Windows NT/2000のユーザー権限の概念をまとめると、Administratorsを頂点とするグループのヒエラルキー構造があり、どのグループに所属させるかによってユーザーの権限を決定するというわけです。

基本的には2種類しかないLinuxのユーザー

 Linuxでは、ユーザーは2種類しかありません。システムのすべてをコントロールできるrootというユーザーと、それ以外の一般ユーザーです。一般ユーザーはすべて平等で、権限に差はありません。

 権限という観点から見るとWindows NT/2000に比べてシンプルな構造ですが、より重要なことはファイルに対する考え方の違いでしょう。Windows 2000が標準でファイルを「Everyoneフルコントロール」として作成するのに対して、Linuxでは原則としてフルコントロールできるのは自分のみで、他人には読み取りの権限だけを設定した状態でファイルを作成します(編注)。その意味では、よりユーザーという概念を徹底しているといえます。

 また、Windows 2000とは違った形ですが、「グループ」という概念もあります。これは実行権限というよりは、後述するようにファイルに対するアクセス権の観点からユーザーをまとめたものです。

編注:umaskの設定を変更すれば、この限りではない。

rootとAdministrator

 Windows 2000のAdministratorに相当するユーザーは、Linuxにおいてrootという名前になっています。伝統的にrootという名前になっていますが、正確にいえばユーザーIDとグループIDが共に「0」のユーザーです。この条件を満たしていれば、root以外の名前でもシステム全体を変更できます。rootの環境を変更し損ねるとえらい騒ぎになるので、adminなどといったユーザー名を用意して、そちらを使うこともあります。

 いずれにしても、システムに変更を加えるときはrootとしてログインすればいいわけです……と、簡単にはいきません。現代的なUNIXでは、セキュリティ上の配慮からrootはコンソール以外からログインできないのが普通です。個人用途ならたいていコンソールから操作しているわけですが、サーバなどはネットワーク経由でメンテナンスすることも多々あります。これをくぐり抜けるため、ネットワーク経由の場合はいったん別のユーザーとしてログインした後、あらためてrootになって作業します。こうすればパスワードが2つ必要になるので、多少は安全になります。

 一般ユーザーからrootになるときに使うのが、suというコマンドです。rootは別名Super Userなのでその略かと思うのですが、実際には「rootになるため」ではなく、「ほかのユーザーになるため」のコマンドです。引数(ユーザー名)を省略したときはrootになるというだけですから、substituteとか、Switch Userあたりが語源でしょうか。

 設計当初からマルチユーザーでrootが存在していること、suコマンドがあること、この2点がUNIXでのユーザーという概念を自然なものにしています。このおかげでアプリケーションは、「ユーザーが動かしているときはそのユーザーが書き換え権限を持っているファイルシステムしか使わない」のが当たり前ですし、いちいちログインし直さなくてもすぐにrootになれます。

 Windows 2000ではずいぶんユーザーの概念がしっかりしてきましたが、いまだにアプリケーションによってはAdministrator権限がないと動かせないものもあったりしますし、ユーザーを切り替えるにはいちいちログオフ/ログオンの操作が必要です(編注)。そこで、結局適当なユーザー名をAdministrator権限で登録して、それを使い続けるということになります。これではうっかりミスでシステムに重大な損傷を与えかねません。私自身もこうした使い方をしていますが、あまりお勧めできる方法ではありませんね。

編注:Windows 2000には、一時的に異なるユーザー権限でコマンドを実行するrunusコマンドや[別のユーザーとして実行]機能([Shift]キーを押しながら右クリック)がある。これを利用すれば、「ある操作を行うときのみAdministrator権限を使う」ことも可能。

 実は、Linuxでもずっとrootで作業していたのでは同じことがいえます。面倒でも、root以外のユーザーを作って、普段はそちらで作業するべきです。そうすれば、/でrm -rf *とタイプして真っ青になる、ということもかなり防げます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。