連載
» 2016年02月10日 05時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるファイアウォール (1/7)

社内ネットワークを守るセキュリティソリューションの基本中の基本、「ファイアウォール」について解説します。

[星澤裕二(PwCサイバーサービス ),@IT]

ファイアウォールとは

 ファイアウォールは、「信頼できるネットワーク」と「信頼できないネットワーク」の二つのネットワーク間のアクセスを制御するために使われる、機器もしくはソフトウェアである。具体的には、社内ネットワーク(信頼できるネットワーク)とインターネット(信頼できないネットワーク)の間を出入りするパケットを監視し、決められたルールを基にパケットを通過させたり破棄したりする。このルールは、ネットワークをどのように運用したいかという、ユーザーの「ポリシー」(ルール)を反映したものだ。

 ファイアウォールを導入すれば、外部の攻撃から社内ネットワークを守り、セキュリティを大幅に高めることができる。しかし、ファイアウォールだけで全ての攻撃を完全に防げるわけではない。例えば、メールなどを使ったコンピュータウイルスの侵入や、ファイアウォールをバイパスするコネクション、未知の脅威、内部的な脅威などを全て保護することはできない。

イメージ
       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

編集部からのお知らせ

@IT編集部では、編集記者を募集しています。ご興味のある方は奮ってご応募ください。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。