連載
» 2016年02月22日 05時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるIDS/IPS (1/6)

ホストやネットワーク上で不正行為を検知(防御)するIDS/IPSの仕組みについて、5分で解説します。

[星澤裕二(PwCサイバーサービス ),@IT]

侵入検知/侵入防御システム(IDS/IPS)とはいったい何だ

 IDSは「Intrusion Detection System(侵入検知システム)」、IPSは「Intrusion Prevention System(侵入防御システム)」の略である。

 IDS/IPSは、コンピュータやネットワークに対する不正行為を検出するシステムだが、検出後に防御措置を取るのがIPS、防御措置を取らないのがIDSという違いがある。

イメージ

 不正行為は、外部からのアクセスに限らない。内部の何者かが、機密情報などを外部に送信するなどの行為も含まれる。IDS/IPSではこうした行為を検知することも可能だ。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。