連載
» 2016年02月12日 05時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるVPN (2/6)

[星澤裕二(PwCサイバーサービス ),@IT]

1分 -例えていえば、専用の自動車

 本社から隣町の支店に機密文書を持っていくとしよう。電車やバスといった公共交通機関を利用する場合、見知らぬ他人と接触することは避けられない。機密文書が盗まれる可能性もあり、非常に危険である。このとき、公共交通機関を使って機密文書を運ぶことは、インターネットでデータをやりとりすることに相当する。

 では、機密文書(データ)を安全に届けるにはどうすればよいだろう?

 あまり現実的ではないが、専用の地下通路を設け、そこを移動するという方法が最も安全だ。この専用の地下通路がすなわち専用線である。だが、そのようなものを用意するには当然コストも掛かる。

イメージ

 つまり、インターネットでは盗聴や改ざんの危険があり、専用線は安全だが高価であるということだ。これらの問題を解決するのがVPNである。VPNは、オフィス間を専用の車で移動するようなものだ。一般道路を使ってはいるが、ほかの人と接触せずに機密文書を届けられるのである。

 このように、インターネット上の拠点間を専用線のように接続して、のぞき見や改ざんなどの不正アクセスを防ぎ、安全な通信を可能にする技術がVPNだ。パブリックネットワークを使って(仮想的に)プライベートネットワークを実現しようというのである。VPNを使えば、インターネットなどを経由しているにもかかわらず、あたかも同一ネットワーク上にいるかのような利便性と安全性が得られる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。