連載
» 2016年02月12日 05時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるVPN (3/6)

[星澤裕二(PwCサイバーサービス ),@IT]

2分 - VPNの種類――「インターネットVPN」と「IP-VPN」

 VPNは2種類のサービスに大別される。まず、一般的なインターネットのアクセス回線を利用するVPN接続は、「インターネットVPN」と呼ばれる。一方、一般的なインターネットのアクセス回線とは隔離された、通信事業者が独自に保有する閉じたネットワーク(閉域網)を利用するVPN接続は、「IP-VPN」と呼ばれる。

 インターネットVPNは安定性や信頼性よりもコストを重視している。一般的なインターネットは不特定多数の利用者が存在するため、トラフィック増大による通信の遅延や、通信途中でのデータ盗聴や改ざんのリスクが高い。

 一方で、IP-VPNは閉域網を利用するため、トラフィック混雑時も一定の帯域が保障され、盗聴や改ざんのリスクが低いなど、コストよりも安定性や信頼性を重視している。

 どちらを選択するかは、安定性や信頼性と通信コストをトレードオフして決定する必要がある。

イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。