連載
» 2016年02月12日 05時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるVPN (5/6)

[星澤裕二(PwCサイバーサービス ),@IT]

4分 - IP-VPN

 IP-VPNでは、「MPLS(Multi Protocol Label Switching)」と呼ばれる技術が利用されている。MPLSは、パケットに「ラベル」と呼ばれる2種類のヘッダ情報を付与する。一つ目のラベルは転送経路を示し、二つ目のラベルでユーザーのネットワークを識別する。

 パケットを中継するルーターは通常、転送先情報を保有したルーティングテーブルを保持しており、パケットのヘッダ情報を基に最短の通信経路を選択する。しかし、MPLSでは、一つ目のラベルに転送経路が示されるため、ルーターは経路の選択という処理から解放され、高速大容量の通信が可能になる。

 また、二つ目のラベルにより、ユーザーごとに論理的に分割されたVPN網を構築し、暗号化に頼らないセキュリティを確保できる。

イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。