連載
» 2003年03月19日 00時00分 公開

基礎から学ぶサーブレット/JSP(3):サーブレット/JSPの開発環境を作る (1/5)

[山田祥寛,@IT]

本連載について

本連載では、サーブレット/JSPをシステムデザインという観点からご紹介していくことにします。基本的な構文から、サーブレット、JSP、JavaBeansを適所適時に使い分けていく考え方、そして「必然性」までを実践的な見地から体感していただければ幸いです。


サーブレット/JSPの開発環境を整える

 サーブレット/JSPアプリケーションの開発に当たっては、実行環境として、いくつかのモジュールをあらかじめインストールしておく必要があります。1個1個の作業は決して難しいものではありませんが、ここでの一連の設定はこれからの開発のすべてのベースとなるものです。つまらないところで間違いや漏れがないように、各ステップをしかと確認しつつ進めていきましょう。

 以下は、サーブレット/JSP動作に必要な一連のモジュール群です(各モジュールのバージョンは2003年2月時点の最新バージョン)。サーブレット/JSPはさまざまなプラットフォーム上で動作しますが、本稿ではWindows 2000、Red Hat Linux 8.0環境をベースとしてご紹介することにします(ただし、実際の動作はWindows XP/9xでも確認済みです)。

種類 名称/バージョン 概要
JDK J2SE 1.4.1_01 Java仮想マシン(Java VM)やコンパイラ(javac)、デバッガ(jdb)、ドキュメント生成ツール(JavaDoc)などを含む基本的なJava開発環境
Webサーバ Apache 2.0.44 クライアント−サーバ間のリクエスト/レスポンスを制御するインターフェイス(プラットフォーム)
サーブレット/JSPコンテナ Tomcat 4.1.18 サーブレット/JSPを解析、実行するためのエンジン
コネクタ mod_jk2 2.0.43 Apache−Tomcat間の連携を制御するコネクタ
サーブレット/JSP動作に必要なモジュール

サーブレット/JSPの動作に関わるモジュール サーブレット/JSPの動作に関わるモジュール
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。