連載
» 2015年03月12日 19時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windowsで画面外に移動してしまったウィンドウを表示領域内に戻す

Windowsを操作していると、ひょんな拍子からウィンドウが画面外に移動してしまうときがある。このような場合には、タスクバーから操作してデスクトップ内部にウィンドウを移動する。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows Server 2003/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2



解説

 Windowsを使っていると、ひょんな拍子からウィンドウが画面外のどこかに消えてしまい、デスクトップのどこを探しても見つからないという状況に出くわすときがある。

 タスクバーにウィンドウ(アプリケーション)のアイコンは表示されているのに、デスクトップにはウィンドウがないという状態だ。最小化されているのかとタスクバー上のアイコンをクリックしても、ウィンドウは表示されない。

 こうしたトラブルの原因は、たいていはアプリケーションのバグのせいでデスクトップの領域外にウィンドウが移動してしまったことによる。

 本TIPSでは、このような場合にウィンドウをデスクトップ上の表示領域まで戻すための手順を説明する。

操作方法

 最初の操作手順は、Windows OSや画面のテーマによって少し異なる。Windows Vista/Server 2008以前の場合、タスクバーで、表示したい(消えてしまった)ウィンドウのアイコンを右クリックし、表示されたメニューから[移動]を選ぶ。

 一方Windows 7/Server 2008 R2以降の場合は、消えてしまったウィンドウのアイコンをタスクバー上で見つけたら、そこにマウスカーソルを乗せて数秒待つ。するとウィンドウのプレビューサムネイルまたはタイトルの一覧が表示されるので、当該ウィンドウのものを右クリックして[移動]を選ぶ。

 キーボードで操作する場合は、タスクバー上で当該ウィンドウをアクティブにしてから、[Alt]キー、「スペース」キー、[M]キーの順番で押す。これで前述の[移動]メニューを選択したのと同じ状態になる。

■Windows Vista/Server 2008以前の場合

Windows Vista/Server 2008以前で、画面外のウィンドウのアイコンをタスクバー上で見つける

■Windows 7以降で、ウィンドウのタイトル一覧が表示される場合

Windows 7以降で、画面外のウィンドウのアイコンをタスクバー上で見つける(タイトル一覧が表示される場合)

■Windows 7以降で、ウィンドウのサムネイル一覧が表示される場合

Windows 7以降で、画面外のウィンドウのアイコンをタスクバー上で見つける(プレビューサムネイル一覧が表示される場合) 画面外のウィンドウをデスクトップ上に戻す(その1)
まずはタスクバー上で、表示したいウィンドウに対応するアプリケーションのアイコンを見つける。次は、Windows Vista/Server 2008以前なら(2)から、Windows 7/Server 2008 R2以降なら(1)から操作する。
  (1)隠れているウィンドウのアイコンにマウスカーソルを乗せて1〜2秒ほど待つ。このときマウスのボタンやキーは押さない。するとウィンドウのプレビューサムネイルまたはタイトルの一覧がポップアップ表示される。
  (2)対象のアプリケーションを見つけたら、それを右クリックしてメニューを表示させる。
  (3)[移動]をクリックする。もし[移動]が選択できなければ、いったん[元のサイズに戻す]をクリックしてから、再度(1)(2)を経て[移動]をクリックする。

 上記の操作をしても画面には何も表示されない。しかし、上記の(2)で選んだアプリケーションのウィンドウが、カーソル移動キー([↑][↓][←][→]キー)やマウスで移動できるモードになっているはずだ。

 ここで、いずれかのカーソル移動キーを1回押してから、ボタンを押さずにマウスカーソルを上下左右にぐるぐると大きく動かしてみよう。すると、隠れていたウィンドウがデスクトップ上に現れるはずだ(分かりにくければ、デスクトップに表示されたウィンドウで同様の操作を試していただきたい)。

 後はウィンドウを適当な位置に移動させてから、マウスのボタンをクリックしてウィンドウをそこにとどめればよい。

画面外のウィンドウをデスクトップ上に戻す(その2) 画面外のウィンドウをデスクトップ上に戻す(その2)
前述の操作をしてウィンドウを移動モードにした状態から、以下の操作をするとウィンドウが再び画面上に表示されるようになる。
  (1)まず、いずれかのカーソル移動キーを1回押す。
  (2)ボタンを押さずに、マウスあるいはタッチパッドを操作してマウスカーソルを上下左右にぐるぐると大きく動かしてみる。すると隠れていたウィンドウがデスクトップ上に現れ、マウスカーソルに追従して移動するようになるはずだ。後は適当な位置でマウスのボタンを押せばよい。

■更新履歴

【2015/03/12】Windows Vista/7/8.x/Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2での操作手順を追記しました。

【2003/12/06】初版公開(対象OSはWindows 9x/Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003)


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2015 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

@IT Special

- PR -
Loading

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。