連載
» 2018年10月15日 05時00分 公開

IPスプーフィング(IP Spoofing)とは

IPスプーフィング(IP Spoofing)とは、送信元のIPアドレスを偽装し、通信を行う攻撃手法のことである。

[セキュリティ・キャンプ実施協議会,@IT]

 IPスプーフィング(IP Spoofing)とは、送信元のIPアドレスを偽装し、通信を行う攻撃手法のことである。偽装することにより、WebサイトなどのIPアドレス制限を突破したり、またDoS攻撃などを行う際、攻撃元の特定を困難にしたりすることができる。

 TCPにおいては、偽装対象となるIPアドレスを持つコンピュータと攻撃対象の通信におけるシーケンス番号(パケットの順序などを識別するために用いる)を予測する必要があるため、実際には本攻撃手法は困難である。仮にシーケンス番号を推測できた場合、Source Routingオプションを用いてIPパケットの経路を意図的に示すことで、送信元IPアドレスを偽装しつつも攻撃元へパケットを届けることができる。

 UDPにおいては、シーケンス番号が存在しないため、攻撃自体は困難ではない。

 IPスプーフィング攻撃への対策としては、下記などが挙げられる。

  • Source Routingオプションの付いたパケットの破棄
  • 外部から入る、送信元が自ネットワークと同じアドレスを持つパケットの破棄
  • 外部へ出ていく、送信先が自ネットワークと同じアドレスを持つパケットの破棄

 ただし、上記の対策では先述したDoSの根本的な対策とはならないことに注意しなければならない。エンドポイントにおいてIPレベルでの根本的なDoS対策は困難である。

 エンドポイントにおける対策として、攻撃に特徴のあるDoS攻撃であればIDSなどを使用することで緩和できる。SYN flood攻撃に対しては、SYN Cookieを使うことでサーバのリソース消費量を抑えることが期待される。また、ISPレベルであればIngress Filteringを使用し、送信元IPアドレスの偽装を検出し、遮断することも可能である。

 IPスプーフィングを使ったDoS攻撃の対策として、これらのエンドポイントにおける対策に加え、ISPなどが提供するDoS対策サービスを利用するといいだろう。

関連用語

DDoS攻撃

■更新履歴

【2004/1/1】初版公開。

【2018/10/15】最新情報に合わせて内容を書き直しました(セキュリティ・キャンプ実施協議会 著)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。