連載
» 2017年10月23日 05時00分 公開

スクリプトキディとは

スクリプトキディとは、他人が作成したツールやスクリプト(いわゆる、クラッキングツール)のみを利用してクラッキング行為を行うクラッカーの俗称である。

[セキュリティ・キャンプ実施協議会,@IT]

 スクリプトキディとは、他人が作成したツールやスクリプト(いわゆる、クラッキングツール)のみを利用してクラッキング行為を行うクラッカーの俗称である。

 一部のクラッカーは、被害が拡大化、深刻化することで、自らの技量を誇示し、自己顕示欲を満たすことを目的に、インターネット上にサイバー攻撃用のクラッキングツールを公開していることがある。

 そのクラッキングツールを使うことで、誰でも簡単にインターネットにつながった他者のコンピュータに攻撃するなどが行えてしまう。そのため、興味本位やクラッカーへの憧れからクラッキングツールを利用してしまう者がいる。このような者たちを、「スクリプトを使うことしかできないお子さま」という意味で「スクリプトキディ」と呼ぶようになった。

 スクリプトキディによる攻撃は、適切なセキュリティパッチを適用したり、ソフトウェアを更新することで防ぐことができるものも多い。しかし近年ではクラッキングツールで可能な攻撃が増加しており、2016年10月に、スクリプトキディによってDDoS攻撃が行われた例のように、防ぐことが難しいものもある。

関連用語

クラッカー
DDoS攻撃

■更新履歴

【2004/1/1】初版公開。

【2017/10/23】最新情報に合わせて内容を書き直しました(セキュリティ・キャンプ実施協議会 著)。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。