連載
» 2004年01月01日 10時00分 公開

セキュリティ用語事典:プロキシ

Proxy

[@IT]

 内部ネットワークからインターネット接続を行う際、セキュリティ確保と高速アクセスを実現するために設置されるサーバ。プロキシとは「代理」の意味で、ユーザーに代わって業務を代行するサーバを指す。

 プロキシには大きく2種類の使い方がある。

  1. 社内ネットワークとインターネット間でアクセス制御を行う場合
    内部ネットワークへの不正な侵入を防ぐなどのセキュリティを実現しつつ、内部ネットワークから外部のインターネットへのアクセスを中継、管理するのに利用されている。インターネットから社外へのアクセスは禁止して、社内の許可したユーザーだけがインターネットの特定のサービス(Web、メール、FTPなど)を使えるようにするといった設定ができる。アクセス制御に使うプロキシサーバは、通常アプリケーション・ゲートウェイ型のファイアウォールで動作させる。
  2. 社内ネットワークとインターネット間のトラフィックを軽減したい場合
    クライアントがWebサーバへアクセスする際、インターネットから送られてきたデータを一時的にプロキシサーバでキャッシュしておくことで、クライアントの次回Webアクセスを高速化できる。このため、インターネット上の無駄なトラフィックを低減させる効果もある。

 このようなメリットがあるため広く普及しているが、すべてのアクセスがプロキシに集中するので、このサーバがボトルネックになることがある。このため、運用においては負荷分散などの工夫が必要である。

関連用語

ファイアウォール
アプリケーション・ゲートウェイ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。