連載
» 2004年01月01日 10時00分 UPDATE

セキュリティ用語事典:RSA

R. Rivest、A. Shamir、L. Adelman

[@IT]

 代表的な公開鍵暗号方式の1つ。開発者3名(R.L.Rivest、A.Shamir、L.Adleman)の頭文字から命名された。

 RSA暗号方式では、公開鍵で暗号化、秘密鍵で復号を行うだけでなく、秘密鍵で暗号化、公開鍵で復号できる仕組みになっている。RSAは、整数論であるオイラーの定理と2つの素数を使って公開鍵暗号の仕掛けを実現しており、大きい数の素因数分解の困難さを暗号化手法としている。

イメージ図

 インターネットを活用したコラボレーションが活発化すると、電子的な情報交換の相手が不特定多数かつ広範囲になることから、鍵の管理が容易で、相互運用性に優れた方式としてはRSAのような公開鍵暗号方式が最適であり、PKIの基本技術になっている。

関連用語

公開鍵暗号方式
暗号アルゴリズム
暗号化/復号
PKI

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。