連載
» 2004年01月01日 10時00分 UPDATE

セキュリティ用語事典:公開鍵暗号方式

Public Key Cryptography

[@IT]

 公開鍵と秘密鍵の対になる2つの鍵を使ってデータの暗号化/復号を行う暗号方式。

 公開鍵暗号方式では、“暗号文を作り出す鍵”と“暗号文を元に戻す鍵”が異なる。暗号通信をしたい人は、まず独自に2つの鍵のペアを作成する。1つは暗号文を作り出す鍵で公開鍵と呼ばれ、通信相手に知らせる鍵としてインターネット上でもやりとりできる。だれでもこの公開鍵で暗号文を作成でき、鍵を公開している人に送ることができる。暗号文の受け手は、公開鍵とペアになっている、本人だけが分かるように厳重に管理された秘密鍵で復号する。

イメージ図

 暗号化と復号を同じ鍵で行う共通鍵暗号方式に比べ、公開鍵の共有が容易なことや、相手の数に関係なく公開鍵は1つでよいなど、鍵の管理が容易で安全性が高い。公開鍵暗号方式ではRSAが有名。

 公開鍵暗号方式を用いれば、デジタル署名を容易に実現でき、送信者が通信の事実を後で否認したり、他人が偽造することを不可能にするデータ転送が可能になる。欠点としては、鍵のビット長や平文(元のデータ)長を長くとる必要があるため、暗号/復号が複雑化し、処理時間を要することなどがある。

関連用語

RSA
共通鍵暗号方式
暗号アルゴリズム
暗号化/復号
電子署名

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。