連載
» 2004年01月01日 10時00分 UPDATE

セキュリティ用語事典:CC(情報セキュリティ国際評価基準)

Common Criteria

[@IT]

 直訳すれば共通基準となるが、ここでは情報セキュリティ国際評価基準(CC:Common Criteria)の略、つまりISO/IEC15408のことである。アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダを中心とするCCプロジェクトが1994年以来ISOと連携しながら、既存のセキュリティ評価基準(複数)を基にCCのドラフトを作成し、1999年6月にISO/IEC15408として成立した。

 情報関連システムや情報関連製品に必要なセキュリティ要件が規定されている。情報技術を用いた製品やシステムが備えるべきセキュリティ機能に関する要件(機能要件)と、設計から製品化に至る過程でセキュリティ機能が実現されていることを確認する要件(保証要件)を網羅した要件集。

 セキュリティ機能について、用件に基づき確認する作業のことを評価と呼び、評価を受けるために開発者が準備すべき事項も規定されている。製品やシステムが機能要件をどこまで保証しているかを表す尺度として、保証レベルEAL(Evaluation Assurance Level)と呼ばれる7段階の保証要件のサブセットが定義される。最近ではマイクロソフトのWindows 2000がEAL4の認定を受けたことで話題になった。また、セキュリティについての基本概念の説明とともに、評価対象となる製品やシステムのセキュリティ基本仕様を記述するセキュリティターゲットST(Security Target)や、STのベースとなる文書であるプロテクションプロファイルPP(Protection Profile)についても解説している。

関連用語

ISO/IEC15408
BS7799
ISMS

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。