連載
» 2016年07月15日 10時00分 UPDATE

ハッシュ関数とは:セキュリティ用語事典

hash function

[@IT]

 ドキュメントや数字などの文字列の羅列から一定長のデータに要約するための関数・手順のことをハッシュ関数という。関数を通して出力される値は、「ハッシュ値」、または単に「ハッシュ」と呼ぶ。“SHA”(Secure Hash Algorithm)などのハッシュ関数が代表的で、いずれも一方向関数であるため、生成データから原文を推定することは不可能である。

 通信回線を通じてデータを送受信する際に、経路の両端でデータのハッシュ値を求めて両者を比較すれば、データが通信途中で改ざんされていないか調べることができる。一方向関数による生成であるため、ハッシュ値を変更しないまま元データを改ざんすることはできないからだ。よって認証と完全性検査によく用いられる。

 あるハッシュ関数がh(“message”)のように表記されるとき、“message”が決まっていれば結果を求めるのは、ハッシュ値を生成するプロセスと同じであるから簡単なことだ。しかし、ハッシュ値から“message”という内容(引数)を推定する(逆算する)ことは、この場合、事実上不可能なことになっている。この逆算過程が確立されると、ハッシュ値を同じくして、まったく異なるデータを意図的に生成することが可能になり、盗聴・改ざんの検知が難しくなる。

関連用語

MD5

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。