連載
» 2004年02月03日 10時00分 UPDATE

JavaTips 〜Eclipse活用編:Eclipseでコードに紐付いたメモを残す

[山田祥寛,@IT]

 コーディング中にメモを残しておきたいというケースが多くあります。例えば、設計仕様として確認しなければならない点、テスト仕様書に反映させなければならないポイント、自分自身のための覚書などなど……コード中のコメントとして残すにはふさわしくないが、コードと併せて残したいメモは多いものです。

 「CoNo」プラグインは、Eclipse上で使用可能なメモ帳です。該当コードが置かれているフォルダ配下に「.cono」フォルダを自動生成し、「(ファイル名).cono」の形式でメモを保存します。コードに紐付いたメモ書きの管理が可能であり、自分自身のちょっとした開発メモを残すのに大変便利です。

操作手順

(1)「CoNo」プラグインを入手する

 「CoNo」プラグインは、以下のサイトから入手することが可能です。その時々の最新安定版をダウンロードしてください。

http://cono.sourceforge.net/

http://cono.sourceforge.net/

(2)ダウンロードファイルをインストールする

 ダウンロードしたCoNo_X.X.X.zip(X.X.Xはバージョン番号)を解凍し、現れた「plugins」フォルダをEclipseホーム(本稿では「C:\eclipse」とします)にそのまま移動します。

 Eclipseがすでに起動している場合には、いちど終了したうえで、再度起動してください(コンピュータそのものの再起動は必要ありません)。

(3)「CoNo」プラグインを設定する

 「CoNo」は非常にシンプルなプラグインであり、利用するに先立って特別な設定は必要ありません。ただし、表示上の設定を行いたい場合には、メニューバーの[ウィンドウ(W)]→[設定(P)]から設定のカスタマイズを行うことができます。

 「CoNo」プラグインの設定は、[設定]ダイアログの左ツリーから[CoNo Preference]を選択することで確認できます。

(4)「CoNo」プラグインを起動する

 メニューバーの[ウィンドウ(W)]→[ビューの表示(V)]→[その他(O)...]を選択します。使用可能なビューの一覧が表示されますので、[その他]→[CoNo]を選択します。

画面

 画面のようなメモが表示されるので、後は適当なメモを自由に書き込むことができます。メモの保存は、オリジナルのコードを保存する際に同時に行われます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。