連載
» 2004年03月27日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windowsネットワークのマスターブラウザを調査する

Windowsネットワークでは、コンピュータの一覧をブラウズリストという情報として管理している。この管理を行うコンピュータをブラウザという。通常はドメインコントローラがマスターブラウザとなるが、場合によってはそのほかのコンピュータがマスターブラウザとなることがある。現在のマスターブラウザやバックアップブラウザの情報を調べるにはbrowstatコマンドを利用するとよい。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 2000 Professional/Windows 2000 Server/Windows XP Professional/Windows XP Home Edition/Windows Server 2003



解説

 Windowsネットワークでは、例えばエクスプローラ上で「マイ ネットワーク」をクリックしたり、コマンドプロンプト上で「net view」コマンドを実行したりすると、ネットワーク上に存在するサーバマシン(ファイルやプリンタを公開しているマシン)の一覧が表示される。

 このコンピュータ名の一覧リストのことを「ブラウズリスト(browse list)」と呼び、実際にはネットワーク上の「ブラウザ」と呼ばれるコンピュータがこれを管理している。「ブラウザ」にもいくつか種類があり、たとえどれか1台のブラウザがダウンしても、ほかのブラウザが代わって機能し、全体としては最低でも1台以上のコンピュータがブラウザとして機能するようになっている。これにより、ネットワーク上のマシンは安心してブラウズリストの情報を取得できるようになっている。

 ブラウザのうち、アクティブなものをマスターブラウザといい、ブラウズリストを代表して管理している。そのほかのブラウザは「バックアップブラウザ」といい、マスターブラウザがダウンした場合には代わってマスターブラウザとなる。

 一般的には、ドメインコントローラ(のうちの1台)がマスターブラウザとなり、メンバサーバやそのほかのクライアントコンピュータがバックアップブラウザとなるが(OS別で見ると、Windows 9xよりも、Windows 2000やWindows XP、Windows Server 2003などの方が優先度が高い)、何らかの要因によってWindows 9xなどのクライアントコンピュータがマスターブラウザになってしまったりすることがある。この結果、うまくブラウズリストが管理できず、存在するはずのコンピュータが見えない、といったトラブルを招く場合がある。このような事態を把握するには、現在のマスターブラウザやバックアップブラウザがどのコンピュータであるかを調べるとよい。

操作方法

 現在のマスターブラウザ(およびそのほかの種類のブラウザ)が実際にはどのコンピュータであるかを調べるには、browstat.exeコマンドを利用する。これはサポートツール(インストールCD-ROMの\SUPPORT\TOOLSフォルダに含まれるツール集)の1つとして提供されているコマンドである。利用するには、\SUPPORT\TOOLS\SETUP.EXEを実行して、システムにインストールし、その後コマンドプロンプトを開いてbrowstatを実行する。

 browstatの使い方は、単にbrowstat.exeを実行すると表示されるし、「browstat getmaster /?」や「browstat gm /?」といったふうに、サブコマンド名に続いて「/?」を付けても表示される。

 マスターブラウザやそのほかのブラウザの一覧を表示させるには、「browstat status」というコマンドを実行すればよい。

C:\>browstat status …ブラウザの一覧を表示させる


Status for domain D-ADVANTAGE on transport \Device\Nbf_NdisWanNbfIn{4F2A5348-1CAE-4672-834D-BA91C7F2D465}(1)
    Browsing is NOT active on domain.
    Master name cannot be determined from GetAdapterStatus.

(…中略…)

Status for domain D-ADVANTAGE on transport \Device\Nbf_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403} (2)NBFプロトコルのネットワーク
    Browsing is active on domain.
    Master browser name is: SERVER05 …マスターブラウザ
        Master browser is running build 2195
    2 backup servers retrieved from master SERVER05
        \\SERVER05 …そのほかのブラウザ
        \\SERVER04 …そのほかのブラウザ
    There are 5 servers in domain D-ADVANTAGE on transport \Device\Nbf_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403}
    There are 2 domains in domain D-ADVANTAGE on transport \Device\Nbf_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403}


Status for domain D-ADVANTAGE on transport \Device\NetBT_Tcpip_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403} (3)NBTプロトコルのネットワーク
    Browsing is active on domain.
    Master browser name is: SERVER01 …マスターブラウザ
        Master browser is running build 2195
    3 backup servers retrieved from master SERVER01
        \\DAPC76 …そのほかのブラウザ
        \\SERVER05 …そのほかのブラウザ
        \\SERVER01 …そのほかのブラウザ
    There are 30 servers in domain D-ADVANTAGE on transport \Device\NetBT_Tcpip_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403}
    There are 2 domains in domain D-ADVANTAGE on transport \Device\NetBT_Tcpip_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403}



 このコマンドを実行すると、ネットワークインタフェースごとに、現在アクティブなドメイン名と、そのドメインにおけるマスターブラウザのサーバ名とそのビルド番号、そしてバックアップのブラウザのサーバ名が表示される。さらにそのドメイン上でアクティブなサーバの台数も表示される。

 この例では、最初の(1)で「Status for domain D-ADVANTAGE on transport \Device\Nbf_NdisWanNbfIn{4F2A5348-1CAE-4672-834D-BA91C7F2D465}」と表示されているが、これは「\Device\Nbf_NdisWanNbfIn{4F2A5348-1CAE-4672-834D-BA91C7F2D465}というネットワークインタフェースにおける、D-ADVANTAGEというドメインのブラウザ情報」という意味である。「Browsing is NOT active on domain. Master name cannot be determined from GetAdapterStatus.」とは、このインタフェースでは何もブラウザ情報が見つからなかったということを意味している。実際のところ、インタフェース名に「〜NdisWan〜」となっているものは、ダイヤルアップやVPNなどのWANインタフェースなので、通常はこのような結果になるだろう。

 (2)はローカルのイーサネットインタフェース上で動作するNBF(NetBEUI)プロトコルにおける検索結果であり、ここでは1台のマスターブラウザ(SERVER05)と2台のバックアップのブラウザ(SERVER05とSERVER03)が見つかっている。

 (3)はローカルのイーサネットインタフェース上で動作するNBT(NetBIOS over TCP/IP)プロトコルにおける検索結果であり、ここでは1台のマスターブラウザ(SERVER01)と3台のバックアップのブラウザ(DAPC76とSERVER05とSERVER01)が見つかっている。

 このように、(マスタ)ブラウザはネットワークのプロトコルごとに別々に存在している。

 ネットワークインタフェースの一覧を得るには「browstat dumpnet」というコマンドを実行する。

C:\>browstat dumpnet

List of transports currently bound to the browser

     1 \Device\Nbf_NdisWanNbfIn{4F2A5348-1CAE-4672-834D-BA91C7F2D465}
     2 \Device\Nbf_NdisWanNbfOut{3407B45F-F138-413A-8EA7-99CFAC547D12}
     3 \Device\Nbf_NdisWanNbfOut{38EA63A4-37CD-491A-BD12-C717A716A4E0}
     4 \Device\Nbf_NdisWanNbfOut{869CD634-2E42-4278-AB03-567BC1A8E547}
     5 \Device\Nbf_NdisWanNbfIn{A4B00D96-5952-4598-990A-03407CC8D335}
     6 \Device\Nbf_NdisWanNbfIn{4E2027FD-700C-406A-B740-AC9E24A6A0EB}
     7 \Device\Nbf_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403}
     8 \Device\NetBT_Tcpip_{D9E385AA-18B8-4AD4-B03E-C849BAD37403}



 1から6はWAN関連のデバイスで、7はNBF(NetBEUI)、8はNBT(NetBIOS over TCP/IP)のプロトコルをそれぞれ表している(システムのネットワークインタフェースやプロトコルなどによって、この結果は異なる)。この情報を使って、「browstat getblist <ネットワークインタフェース>」としても、ブラウザの一覧を取得することができる。「<ネットワークインタフェース>」には、上記の番号か、「\Device\Nbf_…」という完全表記、もしくは「\」以降の「Nbf_…」や「NetBT_…」という指定が利用できる。

C:\>browstat getblist 7 …NBFインタフェースを指定
Browser: \\SERVER04
Browser: \\SERVER05



■この記事と関連性の高い別の記事


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2016 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Touch Barという新UIを得た「MacBook Pro」、プレゼント!

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。