連載
» 2004年05月18日 10時00分 UPDATE

JavaTips 〜アプリケーションサーバ/コンテナ活用編:Tomcat Administratorでコンテナ管理の負担を軽減する

[山田祥寛,@IT]

 Tomcatでは、仮想ホストの設置、コンテキストの制御、ロギングに関する諸設定などの、コンテナの動作に関するパラメータがserver.xmlに記録されています。

 server.xmlは、XML形式で記述されています。可読性は比較的高いとはいえ、数百行以上にも及ぶXMLファイルをテキストエディタで間違いなく編集するのは、難しい作業であることには変わりありません。

 そうした状況を打開するべく、Tomcat 4.1.xから、server.xmlやtomcat-users.xmlなどをGUIベースで設定することができる管理ツール「Tomcat Administrator」が提供されています。若干動作が重いという難点がありますが、XMLファイルを直接編集しなくても済む手軽さは、Tomcat管理の負担を大幅に軽減します。

操作手順

(1)tomcat-users.xmlに権限を追加する

 Tomcat Administratorを使用する際は、“admin”権限のユーザーが必要となります。「コマンドでTomcatのデプロイ操作を効率化するには」を参考に、あらかじめユーザーの設定を行ってください。

(2)Tomcat Administratorを起動する

 Tomcat Administratorには、以下のURLからアクセスすることができます。

・http://localhost:8080/admin/

 アクセスに成功すると次のような認証画面が表示されるので、手順(1)でtomcat-users.xmlに対して設定した“admin”権限を持つユーザーのID/パスワードを入力します(本稿では「admin/admin」)。

Tomcat Administartorの認証ダイアログ Tomcat Administartorの認証ダイアログ

 認証に成功すると、次のような画面が表示されます。

Tomcat Administratorの管理画面 Tomcat Administratorの管理画面

 画面はフレームで上下左右に3分割されています。設定したい項目を左フレームのツリー状のメニューから選択すると、関連する設定項目が右フレームに表示されます。変更された内容は、右フレームで[保存]ボタンをクリックした後、上フレームにある[変更を反映]ボタンでTomcatに反映させることができます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。