連載
» 2004年05月20日 00時00分 UPDATE

基礎から学ぶWindowsネットワーク:第18回 NetBIOS over TCP/IPプロトコル(その1) (1/3)

今日、最適なWindowsネットを設計し、問題に対処するには、NetBIOS over TCP/IP(NBT)の知識が欠かせない。

[デジタルアドバンテージ,著]
連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 
Windows Server Insider

 

「連載 基礎から学ぶWindowsネットワーク ―― Windowsネットワーク管理者への道 ―― 」のインデックス

連載目次


 前回NetBIOSサービスでよく使われている(正確には、昔はよく使われていた)NetBEUI(NetBIOS Extended User Interface)というプロトコルと、それを支えるLLCというプロトコルについて解説した。だがNetBEUIは、ルーティングなどを駆使した大規模ネットワークに向かないし、ブロードキャストを多用するので、ネットワークが飽和しやすいという欠点がある。そこで、より広く普及しているTCP/IPネットワーク上でも利用できるように、NBT(NetBIOS over TCP/IP)というプロトコルが開発された。

 すでに何度も述べているように、NetBIOSはプロトコルではなく、一種のサービス(API)である。そのため、同じサービスを(同じ使用法を)維持できるならば、NetBIOSの下位にあるプロトコルは問わない。実際、NetBEUI上のNetBIOSだけでなく、IPX/SPX上のNetBIOSも存在するし、現在ではTCP/IP上のNetBIOSが広く使われている。またWindows XPやWindows Server 2003では、NetBEUIは(標準的な方法では)インストールすることもできないようになっている。

 今回と次回の2回では、NBTについて解説する。NetBIOSサービスは、ファイル共有サービスを始めとしてWindows上では広く使われているサービスである。NetBIOSのサービスをNetBEUIではなくTCP/IP上に実装することにより、TCP/IPの機能や柔軟性を生かしたまま、従来からのWindows OSのサービスをそのまま利用することができる。管理者にとっては、ネットワーク・プロトコルをTCP/IPだけに限定することができるので、無用なトラブルを避けることにもなり、そのメリットは大きい。

wi-fig01.gif Windowsネットワークにおけるパケットの構造
NetBEUIもNBTも、どちらもNetBIOSサービスを実現するためのプロトコルであるが、そのパケット構造には大きな違いがある。この図では同じように見えるが、NBTでは、サービスのタイプに合わせて、まったく異なる構造のパケットを採用している。NetBEUIプロトコルだけをインストールしたコンピュータと、NBTプロトコルだけをインストールしたコンピュータはお互いに通信することはできない。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。