連載
» 2004年07月02日 00時00分 公開

RDBMSアーキテクチャの深層(1):RDBMS製品のビッグ3、それぞれの“癖”をつかもう (1/2)

本連載はOracleを使ったデータベースシステムの開発・運用管理にある程度の知識を持つ読者を対象に、Oracle以外の商用RDBMSであるMicrosoft SQL ServerとIBM DB2とのアーキテクチャの違いを明らかにし、マルチベンダに対応できるデータベースシステムの設計・開発・運用ノウハウを紹介していく。(編集局)

[鵜原和広, 安間裕,アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ]

はじめに

主な内容

--Page 1--

はじめに

エンタープライズ環境でOracleが選定されてきた背景

--Page 2--

Oracle以外のRDBMSが選定されるようになった背景

本連載の目的

今回のまとめ


 商用RDBMSと呼ばれる製品が世の中にたくさんあることはよくご存じだと思います。数ある商用RDBMSの中でも特別にメジャーな存在としてOracleがありますが、@ITサイトを訪れる人の中には、「Oracleのことなら何でも知っている」という方も多いのではないでしょうか?

 しかし、商用RDBMSプラットフォーム選定の最近の動向として、Oracle以外のRDBMSであるMicrosoft SQL ServerやIBMDB2が採用されるケースも増えてきています。これらは同じリレーショナル・データベース機能を提供する製品ですが、それぞれがまったく別のアーキテクチャから構成されています。それ故、機能が似ているようでも、Oracleとは異なった使い方を考慮しなければなりません。

 本連載では、それぞれのRDBMS間の詳細な違いを網羅的に比較するのではなく、Oracleを軸としてそのほかのRDBMSとの違いに焦点を当て、2つのRDBMS(OracleとSQL ServerもしくはOracleとDB2)間で、特に大きく機能が異なり、注意する必要のあるところを紹介します。

 本連載は以下のような構成となります。

第1回 概要と背景(今回)
第2回 OracleとDB2のアーキテクチャの比較
第3回 OracleとSQL Serverのアーキテクチャの比較
第4回 分離レベルとロッキング・メカニズムの比較
第5回 パフォーマンス・チューニング方法の比較
第6回 運用管理方法の比較および連載全体のまとめ
本連載の記事構成

 さて、第1回の今回は、まず概要ということで、Oracle以外の商用RDBMSがプラットフォームとして選定されるようになった背景について触れてみます。

エンタープライズ環境でOracleが選定されてきた背景

 各RDBMSベンダから出ている資料には、競合他社の製品と比較して自社製品がいかに優れているかについて述べられています。しかし、このような機能的な優劣の比較の情報は、現実のRDBMSの選定に対してはあまり意味がないものでした。

 一昔前までは、エンタープライズ環境で使用する商用RDBMSといえば、Oracleが選定されることが一般的でした。この背景としては、以下のような理由を挙げることができます。

  • OS自体の信頼性という観点でUNIXとWindowsを比較した場合、UNIXに優位性があると思われていた
  • UNIXでの製品別のシェアを比較した場合、Oracleは稼働実績もあり安心できると思われていた
  • サードパーティ製のサポート製品が多く、既存システムとの親和性が高い
  • 解説書(書籍、雑誌、Webサイトなど)が多い
  • Oracle Master資格制度や、無料の試用版、マニュアル配布というオラクル社の巧みな戦略により技術者が多く存在する
  • 特定のパッケージ製品がサポートする RDBMSがOracleに特定される場合が見られた

 これらの理由を見れば分かるとおり、Oracleが選定される「決め手」となったのは、どちらかといえば製品自体の細かな機能の優劣ではなく、「慣れたプラットフォームを使うことで安心できる」というRDBMSに直接かかわる情報システム部門からの主張によるものでした。

 それでは次ページで、ここ数年でOracle以外のRDBMS製品が選ばれるようになった背景を考えてみましょう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。