連載
» 2004年07月27日 10時00分 UPDATE

JavaTips 〜Eclipse活用編:Eclipseでライブラリとソースコードを関連付ける

[青木淳夫,@IT]

 近年、Jakarta ProjectSourceForgeなどで開発されているソフトウェアを利用するケースが増えてきています。このようなプロジェクトで提供されているJava用のライブラリの多くは、クラスファイルを圧縮したJAR形式で配布されています。

 普通に利用するだけなら、ライブラリの使い方を知っていれば十分です。しかし、障害が発生して調査が必要な場合や機能を拡張したい場合には、ソースコードの確認が必要になるケースも出てきます。

 本稿では、Webアプリケーションフレームワーク「Struts」を例に、Eclipseでライブラリとソースコードを関連付ける方法を紹介します。

操作手順

(1)ソースコードを入手する

 オープンソースプロジェクトでは、実行モジュールとともにソースコードも公開しています。今回の例で使用する、Strutsのソースコードも以下のサイトから入手できます。

http://jakarta.apache.org/

 このサイトの左側フレームの[Downloads]から[Source Code]をクリックし、目的のソースコードをダウンロードします。ここでは、Strutsの「1.1 zip」を選択し、任意のローカルフォルダに「jakarta-struts-1.1-src.zip」をダウンロードします。

 なお、ダウンロードしたZIPファイルを展開する必要はありません。ZIP形式もしくはJAR形式なら、圧縮ファイルのままでも内部のソースコードを参照できるからです。

(2)ライブラリとソースコードを関連付ける

 ライブラリとソースコードを関連付けるには、パッケージ・エクスプローラーから「struts.jar」を選択して右クリックし、コンテキストメニューから[プロパティー(R)]を選択します。

パッケージ・エクスプローラーによる関連付け パッケージ・エクスプローラーによる関連付け

 次に、[Javaソースの添付]ウィンドウで、ソースコードをダウンロードした場所を指定します。パスを直接入力しなくても、[ワークスペース(W)]ボタンをクリックして、プロジェクトの場所を指定できます。ソースコードがプロジェクトの配下にない場合は、[外部ファイル(F)]ボタンをクリックしてファイル、もしくは[外部フォルダー(O)]ボタンをクリックしてフォルダを指定できます。

ソースコードの配置場所の指定 ソースコードの配置場所の指定

 [OK]ボタンをクリックすれば、設定完了です。パッケージ・エクスプローラーの場合、ライブラリのアイコンにメモ帳のような形のマークが表示されるようになります。なお、プロジェクトのプロパティを開き、[Javaのビルドパス]の[ライブラリー]から「struts.jar」を開き、[ソース添付]→[編集]を選択することでも同様の設定が行えます。

(3)ソースコードを参照する

 ライブラリの中のソースコードを参照する方法は、ソースコードを参照したい部分にカーソルを合わせて操作を行います。

 ここでは、下記のソースを使用してソースコードを表示させます。

package struts;
 
import javax.servlet.http.*;
import org.apache.struts.action.*;
 
public final class SampleAction extends Action {
    
    public ActionForward execute(
        ActionMapping map,
        ActionForm frm,
        HttpServletRequest request,
        HttpServletResponse response) {
        SampleForm smpFrm = (SampleForm) frm;
        request.setAttribute("smpFrm", smpFrm);
        
        return map.findForward("success");
        
    }
}

(4)クラスを参照する

 SampleActionの親クラスとなるStrutsのActionクラスにカーソルを合わせて、F3キーを押します。

 F3キーを押すと、エディター部に新しいウィンドウが開かれ、該当するActionクラスのソースコードが表示されます。[ナビゲート(N)]メニューから[開く(O)]を選択しても同様の操作が行えます。

クラスの参照 クラスの参照

 拡張子が「java」ではなく、「class」になっていることに注意してください。なお、ソースを表示することはできますが、編集することはできません。

(4)メソッドを参照する

 Actionクラスのexecuteメソッドにカーソルを合わせて、[ナビゲート(N)]メニューから[スーパー・インプリメンテーションを開く(S)]を選択します。 Strutsで提供されている親クラスのexecuteメソッドのソースコードを表示することができます。

メソッドの参照 メソッドの参照

 こうした設定を行うことにより、プログラミング中にライブラリのソースコードを簡単に確認できるようになります。

Profile

WINGSプロジェクト

青木淳夫


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。