連載
» 2004年07月31日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:グループ・ポリシーを使って、コンピュータの終了時にコマンドを実行する

コンピュータのシャットダウン時に何らかの処理を行いたい場合は、グループ・ポリシーを使って制御することができる。起動時やシャットダウン時に実行するスクリプトは、[コンピュータの構成]にある[Windowsの設置]−[スクリプト]で指定する。バッチ・ファイルだけでなくJScriptやVBScriptなどのWSHスクリプトも実行可能である。

[山本謙次(Microsoft MVP for Security),デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 2000/Windows XP Professional/Windows Server 2003



解説

 システムを管理していると、シャットダウン時に何らかの処理を実行したい場合がある。例えば、シャットダウン処理を開始したことをリモート・コンピュータに通知したり、一時フォルダの内容をすべて削除したりしたい場合などである。また一部のサービスの中には、慎重に停止しないと不具合を生じるものもある。このような場合は、システムがシャットダウンしてしまう前に、特定のサービスを確実に停止する処理を実行する必要がある。

 グループ・ポリシーを利用すれば、シャットダウン時に実行するスクリプトを指定することが可能だ。プログラムやスクリプトは複数指定することもできる。シャットダウン処理が開始されると、設定したスクリプトが順次実行される。ユーザーがログオンしていた場合は、ログオフ完了後に処理が実行される。処理の流れを図にすると次のようになる。

グループ・ポリシーによるシャットダウン処理 グループ・ポリシーによるシャットダウン処理
グループ・プリシーを使うと、シャットダウン時に、指定したプログラムやスクリプトを実行させることができる。

 ただしローカル・コンピュータのグループ・ポリシー・オブジェクトを使用するので、グループ・ポリシーに対応していないWindows XP Home Editionでは使えない。

操作方法

 シャットダウン時に実行するスクリプトを指定するには、「グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタ(gpedit.msc、以下、GPEditと略)」を起動して、ローカル・コンピュータの既定のポリシーに情報を追加する。

 GPEditは、コントロール・パネルの「管理ツール」には登録されていない。このため起動には、[スタート]−[ファイル名を指定して実行]で“gpedit.msc”と入力する。または[ファイル名を指定して実行]からMMC(mmc.exe:マイクロソフト管理コンソール)を起動して、グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタをスナップインとしてコンソールに追加する。MMCの詳細については、別掲の「Windows管理ツールの共通フレームワーク『MMC』」を参照されたい。

[ファイル名を指定して実行]ダイアログからGPEditを起動する [ファイル名を指定して実行]ダイアログからGPEditを起動する
[ファイル名を指定して実行]ダイアログにgpedit.mscと入力して[OK]ボタンをクリックする。

 すると次のようなGPEditのウィンドウが表示される。

グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタ グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタ
[グループ ポリシー オブジェクト エディタ]シャットダウン時に実行するスクリプトを設定するには、この[シャットダウン]の項目を選択する。
  (1)左のペインでこの項目を選択する。
  (2)シャットダウン時に実行するスクリプトを指定するにはこれをダブルクリックする。

 シャットダウン時に実行されるスクリプトを設定する場所は、[ローカル コンピュータ ポリシー]−[コンピュータの構成]−[Windows の設定]の中にある、[スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)]である。これを選択して、右側のペインに表示される[シャットダウン]をダブルクリックする。なお今回とは逆に、システムの起動時にスクリプトを実行させたければ[スタートアップ]で設定すればよい。また[ユーザーの構成]−[Windows の設定]の中にある[ログオン](ログオン時に実行)、[ログオフ](ログオフ時に実行)も、同じ要領で設定ができる。

 [シャットダウン]をダブルクリックすると、登録されているスクリプトの一覧表示と追加を行う次の画面が表示される。一覧には、スクリプトの名前や所在、この登録画面で指定した引数(コマンド・ライン・パラメータ)が表示される。

[シャットダウンのプロパティ]ダイアログ [シャットダウンのプロパティ]ダイアログ
コンピュータのシャットダウン時に実行したいスクリプト・ファイルはここに追加していく。
  (1)新しいスクリプトを追加するにはこれをクリックする。
  (2)すでにシステムに格納されているスクリプトを表示するには、これをクリックする。

 ここで[追加]ボタンをクリックすると、次のようにコマンドとそのパラメータを指定する画面が表示される。

[スクリプトの追加]ダイアログ [スクリプトの追加]ダイアログ
ここで、スクリプト名を指定するか、[参照]ボタンをクリックしてスクリプト・ファイルの場所を指定する。
  (1)実行するスクリプトのファイル名。
  (2)実行するファイルを指定するにはこれをクリックする。
  (3)スクリプトに渡すパラメータの指定。

 ここで[参照]ボタンをクリックすれば、実行するファイルをGUIで選択できる。デフォルトでは%SystemRoot%\system32\GroupPolicy\Machine\Scripts\Shutdownディレクトリが開かれるので、違う場所にあるスクリプト・ファイルを指定する場合は、ファイルが存在するディレクトリを開いてから、ファイルをダブルクリックして指定する。

任意のフォルダに移動してスクリプトを指定する 任意のフォルダに移動してスクリプトを指定する
任意のフォルダに移動して、実行するスクリプトを指定できる。

 このダイアログでの設定では、バッチ・ファイルだけでなく、JScriptやVBScript、通常のアプリケーション(.exeファイル)も指定可能だ。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。