特集
» 2004年09月09日 00時00分 UPDATE

Windows運用管理:ノートPC情報漏えい対策のポイント (6/8)

[井上孝司,著]

 リモート・アクセスを使ったネットワーク接続では、接続時のユーザー認証に使用するユーザー名とパスワードを記憶させておくことができる。この機能を使って情報を記憶させておけば、次回からはユーザー名もパスワードも指定しないで、簡単に接続できるようになる。自分だけが使うなら便利な機能だが、ノートPCが第三者の手に落ちた場合、入手した人物がネットワークに自由に接続できてしまうことを意味している。企業ネットワークに対するリモート・アクセスは、LANに対する透過的なアクセスを可能にするので、不正接続された場合のダメージが大きい。そのことを考えると、多少不便ではあっても、持ち歩くノートPCのログオン情報は記憶させるべきではない。

wi-scr07.gif リモート・アクセスの接続画面
リモート・アクセスやVPNでネットワークに接続する場合には、この画面が表示される。ここで指定すれば、ログオンに成功したユーザー名とパスワードを記録し、次回以降は指定しなくても簡単にリモート接続ができるようになる。しかし持ち歩くノートPCでは、接続情報の記録は行うべきでない。
 (1)このチェック・ボックスをオンにすると、接続に成功したユーザー名とパスワードが記憶される。このチェック・ボックスはオフに設定し、毎回ユーザー名とパスワードを入力するようにする。
 (2)記憶した情報を現在のユーザーのみ使えるようにする。
 (3)記憶した情報を任意のユーザーが使えるようにする。

  

Copyright© 1999-2014 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

Focus

- PR -

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。