連載
» 2004年12月04日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windowsのリモートデスクトップで目的のコンピュータに素早く接続する

リモートデスクトップ接続の設定をファイルに保存しておくと、クリックするだけで自動的に接続できるようになる。だがセキュリティ上、これは危険なので、パスワード指定は空欄にしておくか、サーバ側でパスワードの入力を強制するように設定しておくとよい。

[小川誉久,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 2000 / Windows XP / Windows Server 2003



解説

 Windows XP、Windows Server 2003に標準搭載されたリモートデスクトップは(Windows 2000 Serverではターミナルサービスというが、以下まとめてリモートデスクトップと表記)、リモート環境から対象コンピュータに接続し、そのデスクトップを手元のコンピュータのウィンドウ内に表示し、操作可能にする便利なツールである。特に管理者にとっては、LANの内部にある複数のサーバに自分のデスクトップからリモートデスクトップで接続して管理できるので重宝する。

 リモートデスクトップ用のクライアントプログラムは、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[アクセサリ]−[通信]−[リモート デスクトップ接続]から起動できる(Windows 2000の場合は[スタート]メニューの[プログラム]−[リモート デスクトップ接続])。

 これを起動すると次のような接続用ダイアログが表示される。

リモートデスクトップ用クライアントを起動したところ リモートデスクトップ用クライアントを起動したところ
ここで接続先のコンピュータを指定する。
  (1)接続先コンピュータの名前、IPアドレスなどを指定する。
  (2)接続処理を開始する。
  (3)オプション設定時にクリックする。

 ここで接続先コンピュータ名を指定し、[接続]ボタンをクリックすれば接続処理が実行される。

 リモートデスクトップでは、接続先コンピュータの名前やドメイン名、ログオンユーザー名、パスワード、および画面設定などをあらかじめ設定し、これらの情報を拡張子.RDPのファイル(内部はテキスト形式ファイル)として保存できる。接続コンピュータが複数存在するときには、この.RDPファイルをコンピュータごとに作成して、[スタート]メニューやデスクトップなどに配置しておけば、当該.RDPファイルをダブルクリックするだけで目的のコンピュータに接続できるようになる。

操作方法

 .RDPファイルを保存するには、前出の[リモート デスクトップ接続]ダイアログの[オプション]ボタン((3))をクリックする。するとウィンドウが拡張され、各種の設定用項目が表示される。

[オプション]ボタンを押し、設定用ダイアログを拡張したところ [オプション]ボタンを押し、設定用ダイアログを拡張したところ
接続先コンピュータ名やユーザー名、パスワード、ドメイン、および画面設定([画面]タブ)などを設定できる。必要な項目を設定したら、下の[名前を付けて保存]ボタンをクリックする。
  (1)設定内容を保存するには、このボタンをクリックする。
  (2)接続先のコンピュータ名。これは省略不可。
  (3)ログオンユーザー名。ユーザー名やパスワード、ドメイン指定を省略するとログオンダイアログが表示されるので、手動で入力する。
  (4)ログオンパスワード。
  (5)ドメインユーザーアカウントでログオンする場合はドメイン名を指定する。コンピュータのローカルアカウントでログオンする場合はコンピュータ名を指定する。
  (6)パスワード情報を保存するには、これをオンにしておく必要がある。セキュリティのため、デフォルトではパスワードは保存されないようになっている。

 接続先コンピュータ名やユーザー名、パスワード、ドメインなど、必要な項目を設定したら、下の[名前を付けて保存]ボタンをクリックする。するとファイル保存用ダイアログが表示されるので、適当な場所を指定して.RDPファイルを保存する。なおパスワードを保存するためには、(6)のチェックボックスをオンにしておく必要がある。

デスクトップに保存された.RDPファイルアイコン デスクトップに保存された.RDPファイルアイコン
今回は、デスクトップに.RDPファイルを保存してみた。対応するアイコンをダブルクリックすれば、リモートデスクトップクライアントプログラムが起動し、対応するコンピュータに接続する。設定内容を編集するには、アイコンを右クリックして、ポップアップメニューから[編集](もしくは[Edit])を実行する。

 すでに述べたとおり、必要ならユーザー名やパスワード、ドメイン名(もしくはコンピュータ名)までを設定ファイルに保存しておき、.RDPファイルのダブルクリックだけで、リモートクライアントの起動から接続、ログオン処理までを自動実行できるようになる。これは便利だが、万一.RDPファイルのあるコンピュータが攻撃者に乗っ取られた場合は、.RDPファイルが用意されたコンピュータに次々とリモート接続できてしまうことになるので注意すること。ユーザー名やパスワードは空欄のままにしておくか(こうすると接続時に毎回聞いてくるようになる)、関連記事で示しているように、サーバ側の設定を変更して、パスワード入力を強制させるようにする。

 一度設定した.RDPファイルの内容を変更するには、.RDPファイルのアイコンを右クリックし、ポップアップメニューから[編集](環境によっては[Edit]となっている場合がある)を実行し、編集後に上書き保存すればよい。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。