連載
» 2004年12月21日 10時00分 UPDATE

JavaTips 〜Eclipse活用編:Eclipse 3.0でアサーションを使用する

[BULL,@IT]

 Eclipse3.0.1では、デフォルトでJavaソースのコンパイル時のソース互換性がバージョン1.3になっているため、アサーションを使用したコードがエラーになり正常にコンパイルできません。アサーションを使用したコードをコンパイル可能にするには、EclipseのJavaコンパイラ設定を変更する必要があります。同様に、Eclipse3.0.1上でJavaアプリケーションを実行する際には、デフォルトではアサーションが有効になっていないためアサーションによる実行時チェックができません。アサーションを有効にしてアプリケーションを実行するには実行時の設定を変更する必要があります。

 本Tipsでは、Eclipseバージョン3.0.1において、アサーションのコンパイルを可能にする設定、およびEclipse上でアサーションを有効にしてJavaアプリケーションを実行する方法を紹介します。アサーション自身の使い方については、「プログラムの品質を高めるアサーションとは」を参照して下さい。

Eclipseでアサーションのコンパイルを可能にする

 Eclipseでアサーションのコンパイルを可能にするには、以下ように設定を変更します。

  1. WindowメニューからPreferencesを選び、Preferencesダイアログを表示させる
  2. Preferencesダイアログの左側のツリーから[Java]→[Compiler]を選択する
  3. [Compliance and Classfiles]タブを選択し、設定を以下のように変更し、[OK]を押す
Compiler compliance level 1.4
Use default compliance settings チェックを外す
Generated .class files compatibility 1.4
Source compatibility 1.4

 設定を変更すると、ダイアログが表示されます。フルビルドを行いたい場合は[Yes]を、行いたくないい場合は[No]を選んで下さい。この設定は一度だけ行えばOKです。

画面

Eclipseでアサーションを有効にしてJavaアプリケーションを実行する

 Eclipse上で、アサーションを有効にしてJavaアプリケーションを実行するには、以下のように設定を変更します。

  1. [Run]ボタン、または[Run]メニューから「Run」を選び、[Run]ダイアログを出す
  2. Runダイアログ上で、実行したいJavaアプリケーションの設定を選び、[Argument]タブを選択する
  3. [VM arguments:]に「-ea」オプションを追加し、[Apply]を押す

 設定を変更した後、[Run]ボタンを押すと、アサーションが有効になった状態でJavaアプリケーションが実行されます。この設定は、各Javaアプリケーションの設定毎に行ってください。

画面

Eclipseでアサーションを使用した例

 Eclipseでアサーションをコンパイル可能にし、アサーションを有効にしてJavaアプリケーションを実行した例を以下に示します。

画面

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。