連載
» 2005年02月02日 00時00分 公開

Windows管理者のためのWindows Script Host入門:第9回 WshControllerオブジェクトの詳細 (1/3)

WSHでは、リモート・コンピュータにスクリプトを送り込んで実行できる。これにより、複数のコンピュータの集中管理などが可能になる。

[海津 智宏,著]
運用 Windows管理者のためのWindows Script Host入門
Windows Server Insider

 

「運用 Windows管理者のためのWindows Script Host入門」のインデックス

連載目次


 今回はWshController/WshRemoteオブジェクトについて解説する。これまで、Windows Script Hostの標準オブジェクトを順に解説してきた。今回でWScriptに含まれる標準オブジェクトの解説は最後である。

WshControllerオブジェクト、WshRemoteオブジェクト

 今回はWshControllerオブジェクト及びWshRemoteオブジェクトの解説を行う。WshControllerオブジェクトやWshRemoteオブジェクトは、ローカル・コンピュータではなく、ネットワーク上のほかのコンピュータでスクリプトを実行するためのオブジェクトである。これらのオブジェクトを利用すれば、管理者のコンピュータで1つのスクリプトを実行するだけで、ネットワークにある複数のコンピュータ上でスクリプトを実行できる。いちいち複数のコンピュータにスクリプト・ファイルをコピーしたり、各コンピュータにログオンしてスクリプトを実行する必要はない。この機能は、管理者が多数のコンピュータを一括管理する場合などに役立つだろう。ただしこれには、コンソールとなるコンピュータと操作対象となるコンピュータの双方にWSH5.6以降の環境が必要である。

 WshControllerオブジェクトを利用するには、WshShellオブジェクトやWshNetworkオブジェクトと同様に、あらかじめCreateObjectメソッドでインスタンスを作成する。WshControllerオブジェクトのプログラムIDはオブジェクト名そのままの“WshController”である。WshShellオブジェクト(プログラムIDは“WScript.Shell”)やWshNetworkオブジェクト(プログラムIDは“WScript.Network”)は“WScript.”からプログラムIDが始まるが、WshControllerはWSH5.6で追加された新しいオブジェクトであり、名前の付け方の規則が変わっているようだ。

 例えばWshControllerオブジェクトを作成するには次のようにする。

Set objController = WScript.CreateObject("WshController")

WSHオブジェクト・モデル
WSHのビルトイン・オブジェクト一覧。今回は、このうちWshController、WshRemote、WshRemoteErrorオブジェクトを解説する。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。