連載
» 2005年07月02日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windowsのコントロールパネルの各アイテムをコマンドラインから起動する

コントロール・パネルの各アイテムは、cpl形式のファイルとして保存されている。これをコマンドラインから直接実行すれば、手早く目的のアイテムを実行したり、スクリプトからコントロール・パネルのアイテムを実行したりできる。

[デジタルアドバンテージ,著]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 2000 Professional/Windows XP/Windows 2000 Server/Windows Server 2003



解説

 コントロール・パネルは、Windows OSやアプリケーション、デバイスの各種設定を行うツールの一覧になっている。コンピュータの各種設定やチューン・アップ、トラブル・シューティングに欠かすことができないこれらのツールだが、[スタート]メニューからマウスで該当フォルダまでたどるのは面倒だと感じている人もいるだろう。コントロール・パネル・アイテムの実体は、%SystemRoot%\system32以下にcplファイルとして保存されている。これらのファイルを指定して、コントロール・パネル・アイテムを実行することが可能だ。

コントロール・パネル・アイテムの実体 コントロール・パネル・アイテムの実体
Windows標準のコントロール・パネル・アイテムの実体は、「%SystemRoot%\system32」にファイルとして保存されている。ファイルのプロパティにはApplet、DLLといった表記も見られる。

 コントロール・パネルのウィンドウを表示してアイテムを一覧したときには、各アイテムがメモリにロードされるので、旧式の遅いコンピュータでは、けっこうな負担になる場合もある。、[セーフモードとコマンド プロンプト]で起動したセーフ・モードでも、cplファイルによるアイテムの実行が可能だった。[セーフモードとコマンド プロンプト]では、[スタート]メニューなどが表示されないので、cplファイルを指定した起動方法を覚えておくと便利である。さらにコマンドラインから呼び出せれば、カスタム・アプリケーションやスクリプトからコントロール・パネル・アイテムを呼び出して使う、といった応用もできる。

操作方法

 コマンドラインやスクリプトからコントロール・パネル・アイテムを実行するには、対応するシステム・フォルダ中のcpl形式ファイルを実行すればよい。前述したとおり、デフォルトのWindowsに含まれるアイテムは、「%SystemRoot%\system32」に保存されている。

 cplファイルはDLLファイルであり、コマンドラインで実行する場合、本来はcontrolコマンドのパラメータとして次のように指定する必要がある。

c:\>control main.cpl ……「マウス」アイテムが実行される



 しかしcplファイルは実行コマンドと関連付けられているため、コマンド名“control”を省略してcplファイル名を直接実行してもよい。

c:\>main.cpl ……「マウス」アイテムが実行される



 また一部ではあるが、複数のコントロール・パネル・アイテムが1つのcplファイルとしてまとめられているものがある。例えばmain.cplには、「マウス」と「キーボード」のコントロール・パネル・アイテムの機能が組み込まれている。これらをコマンドラインで切り替えるには、controlコマンドのオプションとして「@1」を指定する。こうすると、cplファイルから実行されるアイテムが切り替わる。例えば次のようになる。

c:\>control main.cpl ……「マウス」アイテムが実行される
c:\>main.cpl ……「マウス」アイテムが実行される
c:\>control main.cpl @1 ……「キーボード」アイテムが実行される
c:\>main.cpl @1 ……「キーボード」アイテムが実行される



 これまでは、cplファイルの名前を直接指定していたが、これらのファイル名は、OSバージョンの変化によって変わってしまうかもしれない。スクリプトなどで使用している場合には、スクリプトの変更が必要になってしまう。こうした互換性問題を避けるため、いくつかのアイテムについては、controlコマンドのパラメータとして、特定のキーワードを指定することでアイテムが実行可能になっている。

c:\>control MOUSE ……「マウス」アイテムを実行する
c:\>control KEYBOARD ……「キーボード」アイテムを実行する



 スクリプトなど、将来にわたって再利用されるコードとして保存する場合には、こちらの形式を使用した方がよいだろう。

 Windowsにデフォルトでインストールされる主要なコントロール・パネル・アイテムと、それに対応するcplファイル、controlコマンドのパラメータの一覧は以下のとおり。

アイテム名 コマンドライン1 コマンドライン2 備考
ユーザー補助のオプション access.cpl    
プログラムの追加と削除 appwiz.cpl    
フォルダ オプション appwiz.cpl @1 control FOLDERS  
画面 desk.cpl control DESKTOP [画面のプロパティ]−[デスクトップ]
画面 desk.cpl control COLOR [画面のプロパティ]−[デザイン]
ハードウェアの追加と削除 hdwwiz.cpl    
インターネット オプション inetcpl.cpl    
地域と言語のオプション intl.cpl control INTERNATIONAL  
ワイヤレス リンク irprops.cpl    
ゲーム コントローラ joy.cpl    
マウス main.cpl control MOUSE  
キーボード main.cpl @1 control KEYBOARD  
サウンドとオーディオ デバイス mmsys.cpl   Windows 2000では[サウンドとマルチメディア]
ネットワーク接続 ncpa.cpl control NETCONNECTIONS  
データ ソース (ODBC) odbccp32.cpl    
電源オプション powercfg.cpl    
スキャナとカメラ sticpl.cpl control SCANNERCAMERA  
システム sysdm.cpl    
電話とモデムのオプション telephon.cpl control TELEPHONY  
日付と時刻 timedate.cpl control DATE/TIME  
自動更新 wuaucpl.cpl    
ユーザー アカウント nusrmgr.cpl control USERPASSWORDS 「control USERPASSWORDS2」でも可
管理ツール   control ADMINTOOLS  
ネットワーク セットアップ ウィザード NetSetup.cpl    
Windows ファイアウォール Firewall.cpl   Windows XP SP2、Windows Server 2003 SP1のみ
セキュリティ センター Wscui.cpl   Windows XP SP2、Windows Server 2003 SP1のみ
ユーザー名およびパスワードの保存 keymgr.cpl   Windows 2000 Server、Windows Server 2003をドメイン・コントローラにした場合
ライセンス liccpa.cpl   Windows 2000 Server、Windows Server 2003のみ
コマンドラインから起動できるアイテム一覧

 また、コマンド・プロンプトをわざわざ起動しなくても、[スタート]−[ファイル名を指定して実行]で表示されるダイアログ・ボックスに直接入力してもよい。[ファイル名を指定して実行]ダイアログは、キーボードからCtrl+Escで[スタート]メニューを表示してRを押すか、Windowsキーがあるなら、Windows+Rで起動できる。

■関連リンク


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。