連載
» 2006年01月14日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windowsのpathpingコマンドでネットワークの経路を調査する

ネットワーク・ルートの到達性や品質などを調査するpathpingコマンド。実行すると、経路上にあるルータのIPアドレスやRTT(応答時間)、喪失率などの情報が確認できる。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003



解説

 ネットワーク経路の到達性(指定したあて先まで到達できるかどうか)や混雑の程度などを調査するためには、pingやtracert(traceroute)といったコマンドが利用できる。これらはWindows 9xといった古いOSや、UNIX/Linuxなどでも利用できる基本的なコマンドであるが、Windows 2000以降のOSでは、pathpingというコマンドも利用できる。

 pathpingは、pingやtracertの機能を拡張したようなコマンドである。pingやtracertのように、ICMPのEchoパケットを使ってネットワークの経路を調査するほか、多数のパケットを送信して、その遅延時間や喪失率(送信したパケットうち、混雑などのためにいくら喪失したかの率)の統計値情報を表示するという機能を持っている。ネットワーク経路の品質を簡単に調査することができる、便利なコマンドである。

操作方法

 pathpingの使い方は、オプションなしで起動するか、「pathping -?」とすると表示される。OSのバージョンによってオプションはいくらか異なるが、以下はWindows XP Professionalの例である。

C:\>pathping

Usage: pathping [-g host-list] [-h maximum_hops] [-i address] [-n]
                [-p period] [-q num_queries] [-w timeout] [-P] [-R] [-T]
                [-4] [-6] target_name

Options:
    -g host-list     Loose source route along host-list.
    -h maximum_hops  Maximum number of hops to search for target.
    -i address       Use the specified source address.
    -n               Do not resolve addresses to hostnames.
    -p period        Wait period milliseconds between pings.
    -q num_queries   Number of queries per hop.
    -w timeout       Wait timeout milliseconds for each reply.
    -P               Test for RSVP PATH connectivity.
    -R               Test if each hop is RSVP aware.
    -T               Test connectivity to each hop with Layer-2 priority tags.
    -4               Force using IPv4.
    -6               Force using IPv6.



 基本的な使い方としては、pingやtracertと同様に、調査の対象となるホストの名前やIPアドレスを指定するだけである。

C:\>pathping -n 219.XXX.XXX.XXX

Tracing route to 219.XXX.XXX.XXX over a maximum of 30 hops

  0  218.XXX.XXX.XXX ……自分のコンピュータ
  1  218.XXX.XXX.XXX ……ルートの最初のルータ
  2  220.XXX.XXX.XXX ……途中のルータ(以下同じ)
  3  210.XXX.XXX.XXX
  4  133.XXX.XXX.XXX
  5  210.XXX.XXX.XXX
  6  210.XXX.XXX.XXX
  7  210.XXX.XXX.XXX ……ルートの最後のルータ
  8  219.XXX.XXX.XXX ……最終あて先

Computing statistics for 200 seconds... ……RTTとパケット喪失率
            Source to Here   This Node/Link
Hop  RTT    Lost/Sent = Pct  Lost/Sent = Pct  Address
  0                                           218.XXX.XXX.XXX
                                0/ 100 =  0%   |
  1   19ms     1/ 100 =  1%     1/ 100 =  1%  218.XXX.XXX.XXX
                                0/ 100 =  0%   |
  2   20ms     0/ 100 =  0%     0/ 100 =  0%  220.XXX.XXX.XXX
                                0/ 100 =  0%   |
  3   26ms    19/ 100 = 19%    19/ 100 = 19%  210.XXX.XXX.XXX ……ややロスあり
                                0/ 100 =  0%   |
  4   19ms     0/ 100 =  0%     0/ 100 =  0%  133.XXX.XXX.XXX
                                0/ 100 =  0%   |
  5   20ms     0/ 100 =  0%     0/ 100 =  0%  210.XXX.XXX.XXX
                                0/ 100 =  0%   |
  6   20ms     1/ 100 =  1%     1/ 100 =  1%  210.XXX.XXX.XXX
                                0/ 100 =  0%   |
  7   21ms     0/ 100 =  0%     0/ 100 =  0%  210.XXX.XXX.XXX
                                2/ 100 =  2%   | ……ルータ間でのロス
  8   20ms     2/ 100 =  2%     0/ 100 =  0%  219.XXX.XXX.XXX

Trace complete.



 このコマンドの実行結果は、2つに分かれている。

 前半はtracertコマンドと同様に、指定されたあて先までの経路途中に存在するルータの一覧である。ICMPのEchoパケットを利用し、TTL(Time To Live)を1つずつ増加させながら送信することにより、到達可能なルータを順に検索している。この例では、最終的なあて先に到達するまでに、途中に7台のルータが存在していることが分かる(8ホップ目が最終的なあて先)。

 後半は、見つかったルータに対する通信品質の測定結果である。前半で表示されたルータに対し、ICMPのEchoパケットを連続して送信し、その応答時間(RTT=Round Trip Time。往復時間)と、いくつ戻ってきているかという情報(パケットの到達/喪失率)を測定/計算して表示している。各ルータに対して、デフォルトでは、0.25秒間隔で100パケット送信し、その結果を表示している。オプション指定により、送信間隔を短くしたり(-pオプションで指定。単位は1000分の1秒。最小値は1ms)、送信するパケットの数(-qオプションで指定。1〜255)を変更したりできる。1つのあて先に対して25秒必要なので(0.25秒間隔×100パケット分)、この例のように8つのあて先に対して調査する場合は、計200秒必要になる。

 結果のうち、左端に表示されているのがRTT(応答時間)である。

 真中の列は、そのルータに対するICMPのEchoパケットの送信数と喪失数(戻ってこなかったEcho応答の数)を表す。右側の数値のうち、縦棒(「|」のこと)の左側に表示されている数値は、その前後のルータ間でのパケットの喪失数(の推定値)を表す。

 この例では、途中のルータでいくつかのパケットがロス(喪失)していることが分かる。しかし、最終的なあて先に対する応答時間は20ms程度で安定しているので、特に問題はないと判断できる(ルートの途中にあるルータに対するpingなどは、この例のように遅延が大きくなることがあるが、最終的なエンド・トゥ・エンドの通信にはあまり影響しない)。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。